2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2017年9月20日 (水)

2017大台ヶ原ヒルクライムヒルクライム参戦記(後半)

9/10(日)
 
さて、大会当日です。
 
その前に大台ヶ原ヒルクライムのプロフィールを簡単に。
 
距離:28km
スタート→ゴール標高差:1,240m
簡単すぎますか?
 
    ◆    ◆    ◆
 
朝、4時、アラームをセットしておいたが、鳴る前に目覚めて、いきなり朝飯にパン、バナナ、野菜ジュース。
 
4時半には出発して、5時過ぎに駐車場のある上北山小中学校に到着。
すでにグランドには車がいっぱいで、止めるところがなかなか見つからない。
何とか隙間に駐車。
30分くらいローラーで軽めにアップ。
 
スタート地点までは自転車でも5分くらいで、6時過ぎまでに山頂で受け取る荷物を預けに行かないといけない。
荷物の中は、頂上が寒いので防寒具と食料。パンとかゼリーのプロテインとか。
近年パワーメーターを導入して、心拍を見なくなったので煩わしいので心拍計をつけなくなっていたけど、データをとっておこうと思って、久しぶりに心拍計を引っ張り出して装着した。
 
7時から順次スタートしていくが、6時半くらいまで周辺の道路をうろうろ流す。
すでに選手は集合しているけどあまり長く待つのはいやなので、30分くらい前にようやくスタート地点へ潜り込む。
 
僕はロード一般の部の第1グループなので前のほう。
第1グループといっても、エイジカテゴリーで分かれていなくて、一般ロードが年齢関係なく分けられている。
なので、僕のカテゴリーである、56歳以上の部のライバルはどこにいるか全くわからない。
 
同じ出走グループに練習仲間もいっぱいいて、馬鹿話したりしてリラックスモード。
Fb_img_1505080903004
 
7時から、狼煙があがりチャンピオンクラス、チーム対抗、MTB、女子が順次スタートしていく。
女子がスタートして2分後に僕たちの第1グループがスタート。その後第5グループまで2分間隔でスタートしていく。
 
スタートして8kmほどは平坦基調で集落を抜けるためかなり速いペース。
できるだけ集団の力を借りて足を使わないように、かつハイペースを保ちたいところだけど、1列棒状になると中切もあるので前に位置していたい。
前のスリップに入ろうとして結構足を使ってしまう。しゃあない、イケイケで行っちゃう!
 
少しずつ登り始めて、9kmあたりで劇坂区間が始まる。
18kmまでは劇坂区間として計測され区間賞も設定されているが、エイジ別じゃなく総合順位だけなので僕には関係ない。
 
とはいえここからが本当のヒルクライムが始まると言っていい。
ここで20分半くらいでほぼいつもと同じくらいのタイム。
 
劇坂区間は10%~15%がずっと続く。
この区間はひたすら我慢の走り。
 
最初はよかったけど、徐々に足に来て太ももの筋肉が動かなくなってくる。
明らかに去年の状態と違うのがよくわかった。
2017_05
 
「がんばれ、がまんや。」と心の中で自分を励まさないと、心が折れてしまう。
 
劇坂とはいえ時々斜度が緩むが、緩んだときにパワーを一定にしようとすると、逆に踏み込まないといけないのが、足を休めてしまうのでパワー値が一気に落ちる。
下手すりゃ200Wを切ってしまうこともあるほど。
 
苦しくなってきて、後ろからどんどん抜かれていく。
ゼッケンは2分後のスタートの選手だったりもっと後の選手だったり。
36歳~45歳クラスで優勝したO西君が抜いていったけど、全く異次元のスピードだった。
寺さんに追い抜かれたけどついて行けなかった。去年はついて行って競いながらタイムアップできたんだけど・・・
かなりきつかった。
 
暑さもあって、汗がボトボトとフレームに落ちて、張ってあるタイム表がフニャフニャになってきた。
 
劇坂区間が終わりドライブウェイに合流する地点で59分。プランBのタイムより2分遅れている。
 
この2分遅れを何とか粘るプランCに切り替えや。
 
ドライブウェイで若干斜度が緩み、平坦と下る部分があり、ここで後ろから来た速い選手の後ろについてタイムを稼がないと上位は望めない。
何度か後ろについたが、登り返しで遅れたりついて行けない。しまいにはMTBの選手にへばりつく始末。情けないけど背に腹は代えられない。
平坦でつかせてもらったけど、登りになって追い抜いていく。ごめんなさいね。
 
ドライブウェイに入ってから徐々に空気が涼しくなってきて、汗ばんだ体が涼しくなってくる。
 
ダンシングのたびに足が攣りそう。
 
2017_06
ゴール前の坂でダンシングで最後のもがきをして息も絶え絶えにゴールラインを通過した。
呼吸の苦しさより、足の筋肉が言うことを聞かなくてきつい走りだった。
 
心拍だって150~155。極端に高くは無くて、足がきつくて心拍をあげるような追い込んだ走りができなかったのがよくわかる。
 
サイコンのタイムは1時間27分。プランAより4分くらい悪く、プランBより2分悪い。
練習量から考えると順当なタイムかもしれないな。
 
頂上で荷物を受け取り、汗でびっしょりのジャージからシャツを替えてウィンドブレーカーを羽織る。
 
いつもゴールで振る舞われているにゅうめんがおいしい。2杯いっとく。
仲間が次々とゴールしてきて、自然に集まりワイワイ。
それぞれゴールした達成感があふれる思いだね。
Fb_img_1505101990471
 
下りは何回かに分けて下るが、一番速いグループで下ったので、スタート地点の会場にまだリザルトが出ていなかった。
 
少し待って、入賞者の表示板に張り出された結果を確認。4位に入賞しいていた。
だめだと思っていたので素直にうれしい。
ましてや3位以内は無理だと思っていたけど、3位と7秒差、2位とは13秒差というまれに見る僅差。
しかも、2位はおなじまほロバRCのM原さん。あかんわぁ、と言いながらもキッチリ結果を出すところはさすが。
M原さんが頑張る限りは僕も頑張らないと、と思わせてくれます。
現金な物で、その結果を見て、あと13秒とわかっていたら頑張ったのに、なんて冗談で言ったけど、これも勝負のあや。仕方ないね。
タラレバは言ってもしょうがないとはいえ言いたくもなる。
 
表彰式まで昼ご飯にカレーを食べる。
嫁は早く帰りたかったようで、僕が表彰式に出るのはあまりうれしくないようだ。
まあ、ええけど。
 
表彰台はやっぱりうれしいや!
Dsc_0167
 
まほろばRCで3人が入賞。じじい2人に若者1人。
Dsc_0169
さあ、終わった。
 
来年に向けて傾向と対策を練って、また頑張ろう!
 

2017年9月16日 (土)

2017大台ヶ原ヒルクライムヒルクライム参戦記(前半)

今年も、9月10日、大台ヶ原ヒルクライムに行ってきました。
Dsc_0132
 
毎年楽しみにしている大会で、照準を合わせていますし、第1回大会から途切れることなく出場しているのでコースも熟知していると自負しています。
 
しかし、今年は6月から7月にかけて、体調不良が続き、練習できていなかったので、その間の走り込みができないのはもちろん、そこまで積み上げてきた力さえも底辺まで沈んでしまったような状況でした。
 
そんなこともあり、今年は完走できたらいいや、と思ったりしていました。この時期は・・・

8月に何とか持ち直してきて、1500kmくらい走ることができました。徐々に戻ってきたような感覚はありますが、明らかに去年の状態に比べると力が落ちているのは自分でもよくわかります。
 
一週間前の練習会でいい感じで走れて、塾長やM木さんについて行くことができた。
調子が上向きになると、人間欲が出るもの。1時間30分は切りたいな、と考えるようになり、あわよくば1時間25分に届けば・・・なんてね。
 
前置きといい訳が長くなりましたが、結果は
1時間26分54秒で、56歳以上の最年長クラスで4位入賞することができました。
 
     ◆     ◆     ◆
 
大会当日、朝10時過ぎに嫁と2人で自宅を出発。途中のスーパーで買い出しと昼食。毎年のパターンになっている。嫁が一緒だと買う物がやたら多い。
 
3時頃、上北山小中学校で受付。ゼッケン番号は90番。なかなか覚えやすくていい数字や。
このあたり山また山に囲まれた、限界集落に近い地域で、この日だけは賑やかになるんだろうな。
ゴールのある大台ヶ原は近畿の屋根と言われるところで、日本で最も年間の降水量が多いことでも有名だけど、いい天気に恵まれた。
 
宿泊は会場から20分くらいの下北山運動公園。
自転車の支度をして、足慣らしにちょこっとサイクリング。
会場まで行きたかったけど、あまり疲れるのもなんだかと思って、30分だけ走って引き返す。
道路から見た下北山村運動公園。合宿などが多いようです。
Dsc_0135
 
事前にフレームにタイムを貼り付け。
Dsc_0133_2
距離は劇坂区間の始まりと終わりとゴール。距離とタイムはSTRAVAデーターでとっているので、公式距離とは少し差異があるかも。
左が去年のタイムで、右がおと年。
去年のタイム(プランA)は無理だろうから、目標はおと年のタイムでプランB。
体調的には何とかプランBに近づけるプランCが濃厚かな。
 
最近、夕食はご飯少なめだったのに、カーボローディングや、とか言って、ご飯をおかわりしたら胃がもたれた。この日だけはビールをやめておく。
 
さあ、明日は頑張ろう。
Dsc_0131
続く・・・・

2017年8月22日 (火)

鈴鹿ロードレース参戦記

夏休み後半。

練習としてはほとんどできてないけど、久ししぶりのビッグイベント、鈴鹿ロードレースに参戦してきました。

●8/17木

出勤。自転車で通勤しようかと思いましたが、少し疲れていたので自嘲。
土曜日がレースなので疲れを残したくないのもあり、調整という名のおさぼり。

●8/18金

朝雨が降って、止んでからはなんやかんや用事があり結局走る時間なし。

 

●8/19土

シマノ鈴鹿ロードレースの日

毎年恒例なのですが、会社の自転車部として、2時間エンデューロとチームTTに参戦しました。
もちろんメンバーの中には、個人レースにも参加した人もいます。
その中で僕は2時間エンデューロ4人のカテゴリーにだけ出場。

4人がリレーしていき、2時間内での周回数を争います。

朝から色々レースが行われていますが、僕はこのエンデューロだけの参加なので、昼過ぎにサーキットに入る。

サーキットではすでにレースが行われていて、独特の興奮があります。

モーターレースの時はパドックに入れないけど、パドックが選手のために開放されているので、通常の観客席を向かい側に見るようになります。

Dsc_0092

3Fのパドックに上がり、すでに場所取りしてくれているチームメイトにごあいさつ。

Dsc_0090

あっちこっちの事業所へ転勤になってちりじりバラバラなので、年一で顔を合わす人がほとんどです。

KIMさんとamarinは先日一緒に練習しましたけど、そのほかはお久しぶり!

チームTTがエンデューロの前にあるのでそれに出ているメンバーもいます。

色々な店が出ているのでそれを見て回るのも楽しい。
お安いレーパンをゲットしました。

準備しているとボトルを忘れたのに気付く。
買いに行こうか迷ったけど、amarinがわざわざ駐車場まで戻って余ってるボトルを貸してくれました。感謝です。

ちょっと体を動かしておきたかったので、サーキットの外の道路をちょいと走る。しかし暑い。

軽く流して、少し心拍を上げたかったけど、クラッとしそうだったので早々に切り上げました。

毎年、僕が第1走を務めていましたが、体調不良で練習不足もあり、ちょっと自信がなかったのでKIMさんに1走をお願いしました。

どこを走ってもそれぞれ必死なので、1走だけしんどいわけじゃないけど、1走で遅れたら後で挽回は不可能ですから。

1走がしんどいのは、前方スタートしようとするとずいぶん早く並んでおかないと勝負にならないということかな。後は、落車に気をつけること。

なんせ半端ない数の自転車がサーキット中に溢れかえりますから。
暑い中KIMさんお疲れ様です。

Dsc_0095

スタートを見届けて、スマホで周回ごとのタイムと順位をチェック。最近のITは便利ですな。
集団が通り過ぎてもKIMさんがいるかどうかわからないけど、スマホを見る限りは順調に集団走行している。

KIMさんがピットに入ってきて、次はO石君の出番。ピットでかなりタイムをロスするが、先頭集団に追いついた模様。

次はAMARIN。
仕事が忙しくて、なかなかトレーニングできていないけど、まずまずのタイムで帰ってきて、アンカーの僕に交代。

すでにバラバラで個人タイムトライアル状態。
サーキット上は自転車だらけで、特に登りは縫うように追い抜いていく。
3周走りましたが、このころになると暑かった太陽も西に傾いてきて、サーキットを走る影が長く伸びてきました。

カーブのたびに長く伸びた影が右に左に移動します。

僕の後ろに選手がへばりついているのが、長く伸びた影でよくわかる。
振り切ったろう、と思って加速したけど貧脚の私にはちぎることができず、少し踏みやめたら追い抜いてきました。

しばらく後ろについて行く。ゼッケンは600番台なので僕らのカテゴリーとは違う。たぶん3人のカテゴリーでしょう。

後ろにつくと楽にはなるけど、それより協力してペースアップするほうが得策。
追い抜き際に「ローテーションしましょか!」と声をかけて協力体制を構築。
いいペースが維持できて、ゴールまでローテーションできました。

後半は僕のほうが少しきつくなってきて、僕が後ろにつく時間のほうが長くなってきたような気がしますが、一生懸命引いてくれて感謝です。
あまり長く後ろにいると前の選手が、引き疲れしてわずかにペースダウンするのがよく分かるので、そうなる前に交代する。
交代した彼も僕の様子がわかるのか、結構早めに交代してくれました。僕よりは若そうなので頑張ってもらおう。

途中一人加わって、3人になりました。僕の前に入って3人の真ん中でへばりつきます。「へばりつくんなら、先頭交代しろよ!」と心の中で叫んで、あまり長くツキイチなら言ったろ、と思い始めた頃、離脱しました。

2人になって「もう少し、頑張りましょう!」なんて励ましてもらいました。
口が開いたまま閉じることができないほど追い込んで、2時間経過。

合計14周を走ることができました。

そのままゴールラインを超えて流す。
一緒に走った彼と握手をして、お礼を言って健闘をたたえ合う。ホンマ助かりましたわ。
自転車はやっぱり紳士のスポーツなんだな。

ゴール後退場口のところで、係りの人から、「入賞しているので早めに表彰ステージに集まってください。」と言われて、
「ちなみに何位です?」と聞くと「う~ん。たぶん2位か3位か4位。」
吉本新喜劇なみにこけましたがな。

仲間の待つピットへかえって、確認すると、3位に2分近く差をつけて、ただし1位に1周差をつけられたけど、堂々の2位入賞。

ピット前にチーム全員集合して写真を撮り、いざ表彰式へ。

我がチーム

Dsc_0102

部員全員で記念にパチリ

Dsc_0107

表彰式

20991624_10156479497263222_15053787

表彰式が終わるころはあたりは真っ暗になっていて、花火が上がり始めてました。

戦利品

Dsc_0116

先にほしかったボトルが2本も・・・

写真には入れてないけど、トマトジュースが4人で2ケース。

 

賞品もたくさんいただいて、中でも「バイシクルクラブ」誌の年間購読券がうれしいね。
最近のバイクラは毎月付録がついているので、毎月賞品をもらってるみたいな気分です。
去年もいただいたのですが、そんなのが賞品の中に入っていたのに気付かず、KIMさんに教えられて気付いたのが4月で、だめもとで依頼したら半年だけですけど購読することができました。
今年は手渡しで、期日までに申し込みするように説明してからいただきました。
そこまでさせた犯人は私です。ハイ。

家に帰り着いたのが夜10時。祝杯に発泡酒でも第3でもない缶ビールを一気飲み。最高にうまかった。

さあ、次は来月の大台ケ原ヒルクライムだ。気持ちを切り替えて練習しなおそう。

次の日、高取のヒルクライムでLINちゃんが優勝したとの朗報。

大台ではLINちゃんに負けないように頑張らねば。

 

2017年8月18日 (金)

夏休み前半

夏休みですが、帰省もありあまり走れていません。まあ、ぼちぼち頑張ってます。
 
●8/11(金)68.7km
山の日なんだね。山奥には行けないけど、一応近場で山練。
十三峠に行きました。言わずと知れた関西の自転車乗りには有名な峠。
4kmの距離であまり長くは無いけど、平均斜度9%となかなかのもの。
効率よくサクッと練習してとっとと帰りたかったので、ヒルリピートをしました。
奈良県側から登り、十三峠を越えて大阪八尾に下りまた登り返す。
なぜだか大阪側を表、奈良側は裏十三峠と呼ばれています。
表を四本行っときました。
Dsc_0038_2
この日はたくさんのローディーに会いました。
一本目は後ろから抜かれて追いかけていたら、後ろに別のローディーがついてきて、三つどもえ。
結局最後は僕がちぎれてしまいました。(T_T)
 
stravaのデーター
1本目:20:09
2本目:23:32
3本目:21:18
4本目:30:43
 
1本目が一番いいのは当たり前だけど、その後ヘロヘロで落ち込みがひどいですね。
3本目に少し盛り返した者の、そこでオールアウト。4本目は下まで下って登り返したとたん後悔しました。全く力が入らずしんどい。途中水呑地蔵で止まって給水しました。
それでも1本目はまあまあのタイムで、少しずつ復調できているかな、と思います。
 
    ◆    ◆
 
8/12~13で帰省して、中学の同窓会に参加してきました。なんと43年ぶり。おっちゃんになり、おばちゃんになっていましたが、とても懐かしく、楽しい時間を過ごしました。
3年後にまたするらしい。楽しみだな。
 
    ◆    ◆
 
●8/14(月)48.1km
 
10時頃には帰らないといけないので近くで練習。
清滝峠をまたも、ヒルリピートしてきました。
ここも奈良から大阪に超えていく峠で、通勤で時々通るところです。
やっぱり奈良側が裏清滝と呼ばれています。
本数は決めずに時間を見ながらできるだけ。
結局表の清滝峠を5本言っときました。
距離も2.5km、平均斜度7%と昨日よりさらに短い。
ほとんど追い込まずに淡々と登りました。
 
●8/15(火)72.2km
 
9時頃から、この日もソロライド。
近場の自衛隊駐屯地周辺を周回しました。ツアーオブジャパンのコースになってからはローディーもよく見かけます。
打田~天王を周回したり、うろうろ。
20170815
高低差はあまり長くないけど、平坦部があまりない。
3時間ちょっとで休憩なしの練習でき、サクッと走れていい。
 
●8/16(水)78km
 
今週末の鈴鹿ロードに向けて、顔合わせの意味もあり年に一度は会社のチームで練習しています。
KIMさんに届いた鈴鹿の参加証をもらう目的もあり、この日の設定になりました。
 
直前なのであまり長くきつい練習はしないので、サクッと走れるTOJコース。
僕は2日連続になります。
KIMさん、amarin、LINちゃん、私の4人。京阪奈プラザに9時集合。
TOJコースを一周して、2周目は天王に回り、下りのきついところを逆回りに登ってみました。
Dsc_0072
平坦部分で軽くローテーション。あまりスピードを出さずにうまく回るように心がけると、いい感じで回せて、いかにもチーム練習している気分を味わいました。
走り終わって一息
Dsc_0074
おっさん3人は鈴鹿チームエンデューロ。LINちゃんは日曜に高取ヒルクライム。
頑張ろうね。

2017年8月 7日 (月)

K野塾とまほ練

枕詞のようになったけど、相変わらず猛暑が続きますね。
 
今週のチャリレポです
 
●(7/31)月曜
 
行きだけジテ通。先週メンテのために駅に置いてあるロードを乗って帰ったので、代わりに会社までシクロバイクに乗って行き、帰りは駅において電車で帰宅。
朝から暑くて汗だくだけど、片道だけの自転車くらいがダメージが残らずにちょうどいいわ。
 
●(8/2)水曜
●(8/3)木曜
 
1日空けて2日続けてジテ通。水曜の朝は調子よかったけど、さすがに2日目になるとヘロヘロ。
2日間とも台風の影響か東の風が強く、帰りがずっと向い風。
特に2日目の阪奈超えがフラフラでした。
 
●(8/5)土曜 K野塾87.1km
 
この日は午後からの予定が目白押しで忙しいので、K野塾の皆さんと途中までのお付き合いです。
 
TOJコースを半周して集合場所へGo。
TOJの山岳賞地点で自撮り
Dsc_0024_2
 
般若寺のセブンから月ヶ瀬までノンストップ走。
最初の登りでだんだんばらけてきて、大将がぶっ飛び。
塾長が続く。塾長についていくがきつくて離れていく。M木さんにも遅れる。
 
登りの力がまだまだだな。
 
後ろから来たヒルクライム女子チャンプのリンちゃんに追いつかれて、後ろに回る。
きつい!でもがんばってついていく。
ここで女子高生に負けるわけにはいかない。でもちぎれたら楽になれるのに~。がまん・我慢・ガマン。
登りの頂上まで何とかついけいけた。ほっ。
そこからは、ガツンというちょっとの登りと下りは体重差でリンちゃんが遅れる。
桃香野の頂上で終わって、皆さんと別れて引き返すことにする
 
峠の頂上なので後続のメンバーを写真に撮っておいたけど、遠くて画像が粗かったな。
Img_20170805_133808
Img_20170805_133736
Img_20170805_133436
Img_20170805_133528
 
11時ごろに帰宅。
 
シャワー、昼食のあと、耳鼻科~買い出しと忙しくばたばたした後、大阪へお芝居を見に行きました。
 
鴻上尚史が脚本・演出する舞台です。
Dsc_0031
むっちゃ面白かったです。ボキャ貧な感想でごめんなさい。
脚本・演出の鴻上尚史は中学の同級生なんです。
来週同窓会があって、彼も来るらしくそれも含めて、みんなに会えるのが楽しみです。
 
 
●(8/6)日、まほ練、100.9km
 
日曜日は久しぶりにまほろばRCの練習会に参加。
 
集合場所までは、奈良教育大から山に登って、一台峠を登り針経由。それだけでいい練習になるので、一人でゆっくり走ります。
 
天理ダムに集合すると超久しぶりの、O上くん
170806
この日は暑すぎて身の危険を感じるほどになりそうだったので、途中でお別れしました。
奈良の市街地に降りてくると36℃の表示。
水をかぶりながら、家まで7~8㎞のところでもコンビニ休憩を取って、ぶっ倒れないように帰宅しました。
 
暑い夏だけど、体を壊さないように乗り切りたいね。

«登りもサイコンもボロボロ