2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2017年7月24日 (月)

やっと走れるようになったかな?

めまいの具合がだいぶ良くなってきました。まだ100%というわけにはいかないが、極端な発作は起こらなくなってきたかな。
少し、立ちくらみに近いクラクラがたまにあるくらいです。

 

ジテ通で距離を稼ぎたいけど、まだまだ手探り。

7/19、とりあえず生駒駅まで約9㎞、自転車で行き、電車で大阪。住ノ江駅から置き自転車で会社まで。

帰りも同じで、生駒から宝山寺へ10%の坂を登ってから帰宅。
駅で着替えるのがめんどくさいけど、少しでも通勤時間を自転車に充てることができる。

何とか乗っていけそうだったので、次の20日木曜日に会社まで直ジテ通を敢行。

あまりがむしゃらにスピードを出さず、無理せずに走ったけど、朝から日差しはきつい。
帰りはいやでも生駒山を越えないといけないので、ゆっくり走っても汗だくになるけど、電車で寝てる間の時間を自転車に乗れると思うとやっぱりいいな。
医者に普通以上に水分補給しないといけないと言われているので積極的に飲みました。

●7/22(土曜日) 48㎞

耳鼻科の受診があったので、6時半ころ出発して9時半には帰宅。
生駒駅まで行き、そこから宝山寺の登りを3回往復しました。
2kmちょっとですが平均斜度10%ですからそこそこきついです。ゆっくり登りましたけど。

帰りに生駒山麓公園へ登りました。

山麓公園からの下りでガーミンが振動で外れてしまいました。
取り付け部から折れていたので取り付けできなくなり、ガーミンの底に大きな穴が!

Dsc_0018_2
機能としては、スピーカー部が外れているので音が鳴らないだけで、ポケットに入れておけば動くのは動くのですが、ハンドルについてないと意味ないです。(泣)

休憩も含めて3時間ほどでしたが、暑い時期はこのくらいがいいな。

 

夕方から自転車仲間のT浪さんの結婚披露パーティー。
仲間内のパーティーで楽しいひと時を過ごすことができました。
ずっと薬を飲んでいるのでアルコールは一切飲んでなかったので、久しぶりに飲むビールが超うまい。
余興でローラーでの1分間平均パワー当てクイズ。

Dsc_0005

540Wでました。すごい!

結婚披露宴で新郎がバイクジャージ来てるのはさすがに前代未聞だけど、盛り上がりましたね。

●7/23(日曜) 114㎞

ゴウレンコースの練習会に参加。
ガーミンなしで、走行記録はスマホのstravaで取りました。ついついハンドルにあるはずのサイコンに目が行ってしまう。

大正池はまったくだめだめ。あしやんに引いてもらったり、引いたり。
和束から湯舟までは誰もちぎれないサイクリングペースで気持ちよく走らせてもらう。

猿丸神社からは大峰山を登るルート。
このころになるとさすがに疲れていて、体が重い。
下るところにある弘法大師ゆかりの井戸でありがたい水を被る。

Dsc_0015

気持ちよかった~。
ここの水をボトルに入れ、帰りは首や頭にかけながら走りました。

梅林があるので梅干しの無人販売をしていて、100円で梅肉を購入。夏の塩分補給にいいかも。なかなかおいしかったです。

Dsc_0017

なんだかんだで帰宅が1時ころになって暑い時間だけど、ずっと曇り空だったので灼熱地獄を味わうことなく楽しいライディングでした。

2017年7月19日 (水)

三連休もリハビリライド

めまいで死んでいましたが、何とか復活中です。

土曜日に耳鼻科を受診すると、先週より聴力が回復しているとのこと。
高音域は以前から低いのですが、今回低音域も聴力が落ちていたのが、かなり回復していました。

ただ、以前にかかった耳鼻科と違う病院なのでもともとの聴力がどのくらいか判断できない。
薬をもう一週間続けて再度聴力検査をすることになりました。

軽いめまいも若干残っているみたいです。

先生に運動は大丈夫か尋ねると、しっかり水分補給すれば大丈夫とのこと。

ただ自転車は、ぼ~っとしていたら右の耳が悪いので、右によっていくかもしれないから気をつけるように言われました。何も無いところでよく転ぶのはそのせいだろうか??

 

この3連休は恐る恐るですが、少しづつサイクリングできました。

●7/15(土)、40.4km

自衛隊駐屯地をぐるっと一周して土曜練の集合場所までサイクリング。
久しぶりに皆さんの顔を見られてなんだか安心しました。
通院もあったので、この日はそのまま帰宅。

 

●7/16(日)、53.3km

ゆっくり昨日と同じ自衛隊基地周辺を3周ほど。
アップダウンのあるコースですが、登りはゆっくり。無理はしない。
6時45分ころ出発して9時過ぎに帰宅。
暑い日はこのくらいの時間ならダメージはなくて気持ちいい。

家でゆっくりして、録画していたツールやドラマみて、エアコンの効いた部屋でだらだら過ごす。

7/17(月)、84.9km

祝日、K野塾に参加しました。
塾長の意向で、生駒方面へ。

近鉄東山駅から、フラワーロードという名の広域農道を登って、ジェットコースターのようなアップダウンで信貴山まで。

三郷に激坂を下り、下りきったところのコンビニ前から再び登り返す。

10%~15%くらいの激坂があり、特に登り初めがきつい。
ここはきついので、K林女史にはショートカットで先に行ってもらいました。
ゆっくり走るつもりでも、登りは一生懸命に踏まないとしゃあない。
M木さんや大将にはついていけないけど、意外に登れるのがうれしい。

三郷からのどか村まで登り休憩。
のどか村のトイレの水道で頭と首に水をかぶる。
気を付けないとまた熱中症になったら大変だ。

空は曇っていて、風が気持ちいい。
ソロで登ってきたローディーにシャッターをお願いして写真を撮る。

20170717

のどか村からフラワーロードを下る。もちろんアップダウンもある。

生駒市から帰りは、行きに通った、生駒市から白庭台へ短い山越えルートで帰宅。
この辺りは通勤でも通る道です。
もう少しフラットなコースもあるのですが、そこは坂好きのK野塾ですから。

十三峠にも行きたかったけど、今回はお預け。またこんど行きましょう。

昼頃に帰宅しましたが、少し頭が痛くて、耳鳴りも。耳鳴りはずっとしているのですが、負荷を上げると少し大きくなるような気がします。

めまいがぶり返すことはないようですが、無理せず、でもやっぱり走りたいな。

久しぶりにみんなと走ることができて楽しかったデス。

2017年7月10日 (月)

体調不良の超級山岳

夏風邪が、なんだかんだ言いながら2週間続きました。
咳と鼻がしつこく続きしんどかったです。

ようやく治まってきたので、7/2(日)にソロでソロリと柳生まで走ってきました。

50kmちょっとの距離だし、ゆっくり走ったし、柳生でゆっくり休憩もしたし、ああそれなのに・・・。

帰ってきたら頭がズキズキ。確かに暑かったけど普段なら大したことはないはず。

病み上がりで体力と免疫力が落ちていたんでしょう。気分も悪いので夕方病院へ行って点滴を受けました。

一旦家に帰りましたが、月曜になっても気分が悪い買ったので、再び受診し点滴。

それでもまだよくならず結局、火曜から木曜まで入院。

体調も良くなったので退院してきましたが、何となくふわふわ感とムカムカ感が治まっていなくて、その日の夕方耳鼻咽喉科を受診しました。

以前から右の耳は難聴ぎみだったのですが、さらに聴力が落ちており、耳鳴りもひどくなっていて、いわゆるメニエールのようです。

ついでにここで言っておきますが、僕の右の耳は少し聞こえにくいので、しつこく聞き返すかもしれません。
特に、都合の悪いことはよく聞こえませんので、よろしく。悪口はよく聞こえるみたいです。(笑)
褒め言葉さらによく聞こえるかもしれません。

薬を処方してもらい、ようやく吐き気は少し治まってきました。

金曜日は出勤しましたが、まだ本調子じゃない。

土日は家で保養に努めました。

まだ、完全じゃなくてあまり激しく動くと、たぶん、耳鳴りがひどくなってぐるんぐるん世界が回りそうな気がします。

今でも耳鳴りがしていて、UFOから交信しているのかと思うほど。

薬で抑えているのでテレビを見るくらいは問題がなく、休みの間は映画やドラマ三昧。
ツールもじっくり見ました。

今週くらいからゆっくり再始動したいけど、焦るとろくなことないのでじっくり体を戻していきたい。

筋力、心肺能力ともに落ち切っているので、長期戦で行くしかないだろうと思います。

夏の間は無理しないでおくほうがよさげだし、秋に70%くらいまで戻ればおんの字かな。

心配なのは1か月後の鈴鹿ロード。

チームで出るので迷惑かけるのは必至。

なんせ昨年度のディフェンディング・チャンピオン(エヘン!)やし・・・
やばいなあ。

9月の大台ケ原ヒルクライムは、タイムは狙わず、ゆっくりでもいいから完走できるようにしたい。

これは三味線じゃなく本気です。2ヶ月で去年と同じタイムで走れるほど甘いもんじゃない、ということがわからないほど若くはないので。

それより長期戦で目標を立てて、1年半ほどで大台を迎えるし(大台ケ原ではなくて)、年代別表彰台を狙っちゃおうかな。

↓STRAVAのトレーニング記録グラフ、5月、6月、7月が悲しいくらい練習できていないよぉ~

Strava20170710

まったく!

体調不良の超級山岳ステージ中やぁ~

2017年6月27日 (火)

夏風邪

夏風邪がなかなか治らずに、近年にない体調不良中です。
ずるむけ怪我を除けばですけど。

訳あって3週間ほど自転車に乗れない日が続き、
ようやく練習再開したのが6月14日。

久しぶりのジテ通で2日続けましたが、なんだか喉を痛めたようでした。張り切りすぎたかな。
思いっきり筋肉痛だったし。

17日土曜日のKの塾に喉が痛いながらも参加したのですが、ひどくなってきたので、日曜日は走らずゆっくり家で過ごしました。

翌朝の月曜日、体もだるいし会社を休んで耳鼻科を受診。

とりあえず5日分の薬をもらう。

5日もあれば治るだろうと高をくくっていたのですが、次の土日も咳が止まらず、鼻水もずるずる。

ずっと家にいてビデオで映画見たりドラマ見たり。

すっかりゴロゴロおやじになってしまいました。

今日も未だに咳が止まらず、鼻もでる。一向に良くなる気配もなく、また1週間ほどノーライドな日が続きそう。

そんなわけで6月の後半は全く走れていません。

8月の鈴鹿、9月の大台に向けて走り込みの時期なのにこれでは、さっぱりわやです。

なにはともあれ早く体調を戻さねば!!!!


2017年5月24日 (水)

高原へ再び~曽爾高原ソロライド

平日のジテ通を2日連続すると翌日に疲れ、特に大腿筋の疲労が残り、回復にだんだん時間がかかるようになってきました。
特に金曜日にすると土曜日の練習会が結構きついんです。

先週のことですが、金曜のジテ通帰り、阪奈道路の登りで大将と出会い、一緒に上りましたがついていけませんでした。
田原台で別れる時も今から坂道スプリントの練習をするとか。さすがです。

 

5月20日(土)

そんなわけで、土曜日のK野塾に途中まで参加しましたが、加茂までのローテーションがきつくて・・・
メンバー的に付き切れするわけにはいかないし、(ごめんね)
必死でした。

その後、嫁との約束があったので9時過ぎには帰宅。

54.3km

 

5月21日(日)

土曜日があまり走れてないし、帰宅を2時までということで今度は先週に続きロングライドに出かけることにしました。

今度は曽爾高原をめざし、6時過ぎに出発。本当は5時台に出たかったけど、やっぱりうだうだしてしまった。

教育大から登りましたが、先は長いので淡々と・・・・登っていたのに急に後ろからリュックを背負ったローディーに追い抜かれ、あっという間に離れてしまう。


登りやし、ちょっとだけ?スイッチが入ってしまい追いかけモード。
追いつかないかなと思っていたけど、中盤から徐々に近づいてきて、追いついてからは競り合いになったらめんどくさいので、一定距離でペースを合わす。
それでも、このペースなら抜いても大丈夫だと判断して、一気にパス。
そのまま緩めずに頑張ったら、後ろが見えなくなった。ああしんど。

田原に下って福住方面に右折して、峠越え。ここはゆっくり呼吸を整えて登る。
下りで何やら気配を感じたので、振り返るとさっきのお兄ちゃんがついていた。
いつ来たんか全然知らんかったで。

下りでは先に行ってもらって、さよなら~

福住から広域農道経由、宇陀からR369沿いに急な登りもなく広い道で気持ち良く走れる。
30キロくらいで巡航。
室生寺を通りたかったけど広域農道経由したものだから、そのままR369で行くことになってしまう。

弁財天トンネルの手前で迂回する道があり、サイクリングルート看板に沿って左折すると、
トンネルを迂回して峠越えするルートに出られた。

2107_02

2107_01

結局室生寺ルートとここで合流しました。
奈良県はいたるところに、自転車用の標識が立っていて非常にわかりやすい。
三重県もこうあってほしいな。

ここからの下りは道幅も広く車も少ないので気持ちいい。
少し気が緩んだかもしれないけど、道路の中央付近に寄ってしまって、後ろからクラクションを鳴らされてしまいました。
それはいいとして、追い抜いてきたオートバイの兄ちゃんにいちゃもんをつけられる事も。
こんなに広い道路で、対向車も来てないし、多少邪魔したかもしれないけど黙って抜いて行きゃええのに・・・

R369から御杖村方面に右折して、御杖村側から曽爾高原に登ることにしました。
途中まではきれいな道路でしたが、例のサイクリング看板が右→曽爾高原となっていたのでそちらへ行く。
するとそこは細い林道で、それは涼しくていいんだけど木の枝葉が散乱していて少し荒れていました。

2107_03
まさしくM木さん好みで、慣れていますけど。
家に帰ってSTRAVAを見るとこの区間でKOMでした。
記録が3人しかいないので自慢にはなりませんが、せっかくだから抜かずにそっとしておいてほしいな。
林道を抜けると、みつえ高原牧場があらわれ、曽爾高原へ続く。
牧場の草原はすがすがしく、ツールが通るような感じですが、ちょっと規模が小さいかな。

曽爾高原は若者の団体さんがいた以外は閑散としていて気持ちよかったな。
ここまで一応休憩なし。

2107_05

写真を撮ったらとっとと山を下ります。
登った逆方向に下り、あとは一路照蓮寺湖方面へ川沿いのフラットな道。
照蓮寺湖~名張~山添までは下り基調から平坦路になりで快適に走れる。
名張で以前立ち寄ったコンビニがつぶれて休憩できず。まあええか、そのまま山添村に入る。

山添からは勝手知ったルートだけど、アップダウンが続き、脚に来ます。
布目ダムで補給休憩。ほっと一息。
布目ダム~柳生~奈良
といつものルートでしたが、柳生手前のフラットなところで後ろからビューンと抜かれて、疲れているのにまたもやスイッチ・オン!

登りで少しずつ差を詰めて、フラットなところは少し開けて同じペースを保つと、大柳生からの登りで一気に追い抜き、そのまま突き放しました。まったく大人げないっタラ…。

最後はならやま大通りのアップダウンで1時半ごろには帰宅。
案外スムーズに走れたので早く帰宅できました。

楽しかったけど、やっぱりみんなと行きたいわ。

走行距離:155.2km
走行時間:6:28
獲得標高:3,592m

獲得標高の多さにびっくりそんなに登ったんや。

高原はいいぞ

«青山高原ソロライド