2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2016年8月21日 (日)

2016シマノスズカロードレース(チームエンデューロ)参戦記

気がつけば6月からブログの更新していませんでした。
6月は温泉ライダーの後、骨折した肩甲骨のプレートを外す手術をしたことであまり走れていませんでした。
6月:8日走ってで571km
7月:15日、1,563km

8月はそこそこ走れていますが、なんせこの猛暑でパフォーマンスは落ち気味。

毎年恒例の鈴鹿ロードレース。今年は8月20日、21日の開催で会社のお盆休みの最終日になりました。
連休はまとめて練習するチャンスなのですが、暑いしレースでベストの体調に持っていくには練習しすぎず適度に休養して疲れを残さないようにしないといけないし、加えて嫁のご機嫌も取らないといけないし、2日走って1日休むパターンで火曜日と木曜日はノーライドにしました。

今回はいつものメンバー4人で2時間エンデューロですが(温泉ライダーと同じメンバー)、アマリンが出張で出場できないことになってしまって、娘さんで高校生のLINちやんが代役として走ることになりました。
LINちゃんとは少し前にK野塾にさそって一緒に練習しましたが、小さい体に似合わず力強い走りで、おっちゃん達にも十分ついてきていたので、そこそこ走れるようです。上りに強いのもグッドなポイントです。
1週間前の13日にアマリンと、O石君を除くチームメンバーが集まって天理ダム~一台峠を練習しました。

前置きはこのくらいにしておいて、スズカロードレースはいろいろなカテゴリーのレースが行われますが、僕は20(土)のエンデューロだけの出場。

エンデューロは耐久レースのことで、今回は2時間耐久。4人のチームで交代しながら2時間内の周回数を競います。カテゴリーはソロ、1人、2人、3人、4人、と細かく分かれているので参加人数が多い割に上位入賞のチャンスもあります。また、マイペースで楽しめるので初心者や女子も多いのも特徴です。

LINちゃんは午前中のレディース3周の部に出て、3周目に逃げをかまして、集団には捕まったけどかかんな走りをしているとFBで読みました。頼もしい限りです。

昼頃に鈴鹿に到着。パドックに集まってゼッケンをもらって、1時頃にとりあえずウォーミングアップをするべく外に出ました。が、ちょうど一番暑い時間帯。周辺道路を30分くらい軽く回って、ちょっとだけダッシュしてそそくさと逃げ帰ります。身の危険を感じる暑さですね。

会場には色々な店が出店していてそれも楽しみなのですが、なにせ暑くて軽く見渡してこれもそそくさと日陰のパドックに逃げ帰る。

レースのスタートは16時5分ですが、前のレースがスタートして待機場所が空く15時に自転車を並べて最前列近くを確保。なにせ、出場台数が半端ないので後ろスタートだとそれだけで上位は望めません。
僕は第1走者をまかされているので、スタートまで1時間待つのも重要な仕事なのです。待機場所は日陰になっていたのでよかったけど、だんだん眠くなってきました。

前のレースが全員ゴールすると、いよいよスタートラインまでぞろぞろ移動。歩いて移動しろと言ってるのに乗って行く奴がいて・・・そないににあせることないやろ!
結局3列目からのローリングスタートとなりました。ローリングといっても結構なスピードが出ています。
モーターバイクがバックストレートくらいまで先導して離れたらアクチュアルスタート。
急にスピードが上がるので集団に緊張感が増します。
接触しないように気をつけて走ると、横からどんどんかぶせてきて知らぬ間にずるずる後退してしまいます。先頭まで遠くてかなりの集団になってしまいましたが、つながっているうちは集団なので焦ることはない。
最初の3周はペースの上げ下げがきつくてしんどい。3周くらいかな、前にいる選手がまとめてピットに入ってしまってホームストレートで突然中切れ状態。いきなり前が空いてしまうんだから、あわてて踏み直して前に追いつく。ふ~、これがきつい。

周回するうちに集団が小さくなってきて、いつの間にか振り向くと後ろがいなくなりました。いわゆる集団最後尾。やっべ~
それでも案外最後尾はコーナーごとにインでもアウトでも寄りやすいので、コース取りはしやすい。

そんな状態で、あと1周したら交代、というところで、前に上がるべく最後の追い上げを開始。集団が少し小さくなっているのでスペースが有り、がんばれば前に上がれる。特に下りは皆休むポイントなので、一気に踏み倒してするすると上がっていけました。
いつの間にか先頭に出て最終の下りは5番目くらいのいい位置。ここでさらに踏んでもう一度先頭へでて、ピットロードの手前コーナーで左手を大きく上げてピットインをアピール。
流石にピットに入る選手を追いかけては来ない。よしよし。
ピットに入って次のO石君にアンクルバンドを渡すときに、コースでは集団が通過。「あれ、先頭集団!(やから追いつけ!)」
と発破をかけて送り出して僕の仕事は終わり。

その後、無事集団復帰(それが大変なことなのですが)したO石君が余裕で?周回。

電光掲示板に途中経過が出るのですが、なんと我がチームは4人チームカテゴリーで先頭。よっしゃ、よっしゃ。
O石君が集団先頭で帰ってきてピット。

次は16歳JKのLINちゃん。死ぬ気で走っても死なんから死ぬ気で走れ!とかぶっそうな励ましを受けてスタート。
2位と1分40秒くらいの差をあまり詰められることなくLINちゃんが周回し、ピットに入る。ピットで急に止まったものだからバランスをくづして、足がくがく状態。よくがんばった!おっちゃんが褒めてあげよう!

アンカーのKIMさんに交代。長年やっているので落ち着いて2位との差をキープして無事2時間を走り終えました。

スマホで途中経過がリアルタイムで確認できるので、ドキドキ。1位でゴールできてみんなでハイタッチ。

2016_01

いやー、最高の気分です。

思えば2000年頃からこのエンデューロに我社のチームで出始め、入賞は幾度かしました。優勝争いして数秒差で負けたこともありました。ようやく今回表彰台の真ん中に立つことができ、あこがれのチャンピオンジャージに袖を通すことができました。

表彰式で優勝インタビューをされましたが、待機場所でスタッフがインタビュー内容を事前に聞きに来るんですね。さすが、シマノ。進行もしっかりしてるわ。最年長の僕が答えましたがうまく言えたかしらん・・

2016_05

一人ではこんなところに立つことはできませんが、チームだからこそできたんだと思います。

優勝の賞品が色々ありましたが、共通の賞品以外に2位はヘルメットをもらっていたのがちょっぴり羨ましかったなぁ。こっちはバイクスタンドとトマトジュース1ケース・・・びみょ~
まあ、もらえるもんだから贅沢は言えないな。

これをやってみたかった!

Dsc_0453s

表彰式が終わるとあたりは真っ暗。恒例の花火大会が始まって、そそくさと帰り支度をして、家路を急ぎました。

さあ、夏の終わりのお祭りが終わった。今度は9月の大台ケ原ヒルクライムが目の前。

がんばらなくっちゃ!

2016年6月 6日 (月)

温泉ライダー参戦記、続き

ヒルクライムのタイムはトップと13秒差の23分12秒でした。
後でデーターを見ると300W~400W超えで加速していて、そんなパワーが長持ちするわけがなく、最後はたれてしまいました。抜いたあと300Wまでに抑えて最後に足を残しておくべきだったな。

さて、楽しい夜をすごし翌日はエンデューロ。
会場はホテルアローレという温泉ホテル前をスタートする、1周5kmの五角形周回コース。
道路はさほど広くなく、田園地帯の中を周回する。
直角コーナーと直線のフラットだが、スタートで一気に下り、向こう側で7%くらいを登るところがキモという印象。
試走時間以外にコースを回ろうとすると係員に止められたので、逆向きに往復してウォームアップ。時間になり試走を2周したら既にスタートラインにはたくさんの人が・・・
私が第1走なので、少し焦ったけど真ん中くらいに入れてもらいスタート待機。

スタートまでライダーズミーティングがあり、注意事項やコースの説明、団長の挨拶など。コースが狭く、やたら安全を強調している。気を付けないとコケるのはいやや!

スタートしてまず1周目は先導バイクについて、緩やかなペースでパレード。2周目の登りぐらいからペースが上がりリアルスタートになる。
多分先頭を畑中選手が引いていて、安全のために最初にわざとペースを上げて集団を分断させると、スタート前に説明があったけど、まんまと主催者の作戦にはまってしまい、前方で中切れぎみ。
頑張って追いかけたけど、登りを登りきったあとあたりから前の集団が離れていき、ついに追いつけない距離になってしまう。
私の場合、はっきり言って下りがヘタ。去年の落車の影響が有りどうしても下りが慎重になる。そのため、下りきったところの直角コーナーを立ち上がったところで前と間隔が開いてしまう。ダンシングで加速して追いかけないと離されてしまう。
それ以外の直角コーナーでもかなり足を使ってしまう。
それでも、そこそこのペースの集団で前に行き後ろに行きを繰り返しながら周回。
集団のペースがあまり落ちると嫌なので、平坦の直線では積極的に先頭交代に加わる。「回していこ!」と声をかけ、前に出て、肘で交代を促す。ジロの影響か、ちょっとかっこつけちゃったな。

ここは7%くらいの登り。
08

途中、畑中選手にラップされたけど、スピードの次元が違う印象。追いかける気にもならない。
下りからの直角コーナーで突っ込んで倒れている選手がいる。くわばらくわばら。ますます慎重になってしまう。
ほぼ予定していた時間をその集団でこなし、最後の半周あたりから右側から「次、ピットに入ります!」と言いながら前に上がる。先頭に出てそのまま最後の力を振り絞って加速すると誰もついてこないので、少し集団より前でピットインできた。特にソロの選手はペースのアゲサゲをしたくないので追いかけてこなかったんでしょうな。

ピットでO石君に交代。彼の1周目で私のいた集団に追いついたみたい。よしよし。あとは待つだけ。出番はないはず。応援にまわる。この日は天気が良くて暑い。40℃近くまで上がっていると場内のアナウンス。

O石→アマリン→KIMさんと順調につなぎ4時間のタイムアップ。
06

結果は総合ロードチームでは11位/127チーム中。
企業対抗の部で2位/31チーム中。
惜しかったけど1位と3分以上開いているのでしかたない。
企業対抗で優勝チームは1分間の企業アピールタイムをもらえるということで、うちの会社は世間的にはかなり騒がせているので、何を言おうか考えていたのにちょっと残念だ。
ヒルクライムとエンデューロの合計順位をポイントにした、総合順位は11位/98人となった。
企業対抗は1位のみ表彰対象なので、表彰式は出ずに温泉でゆっくりする。
じゃんけん大会も出ずに、とっとと撤収して帰路へ。

2日間でローカルな中にも、温泉とおもてなしの気持ちが溢れ、アットホームないい大会でした。欲を言えばヒルクライムはもう少し距離ときつさがあったほうがよかったかな。

BS NHK「チャリダー」の放送が楽しみだな。
7月9日(土)だっけかな。夕方6時です。

2016年6月 4日 (土)

温泉ライダー参戦記

ジロが終わりましたね。
山本元喜選手も無事完走できてよかった。
ブログも面白いし、それにしても毎日あれだけのレースをこなしながら毎日ブログを更新するというのが出来そうで出来ない、すごいことだと思います。

さて、それはさて置き、先週5/28(土)から29(日)で、石川県は加賀市で開催されたレースに参戦してきましたのでアップしておきます。

日曜日は4時間エンデューロで会社の自転車部4人で参加しました。
前日の土曜日にヒルクライムレースがあり、ダブルエントリーすると参加費が割引になるしせっかくだからとエントリーしました。

●5/28(土)立杉ヒルクライム

朝5時半にKimさんに迎えに来てもらい2人で出発。
3時間ちょっとで会場がある山中温泉に到着。駐車場から自転車で受付会場がある菊之湯へ。周辺は温泉街なのですが朝はそういう雰囲気がなかったかな。
会場ではNHKの「チャリダー」のテレビクルーが来ていました。

04
番組MCの朝比奈さんがバイクウェアー姿でうろついていました。ヒルクライムに選手として参加するみたいです。かわいいね。顔、ちっちゃいし。
大会MCが温泉だけに和服姿の絹代さん。あまりテレビでは見ることがないけどすっかり自転車タレントですね。昔NHKのテレビ英会話のMCをしていたときよく見ていました。どうでもいいけど。
旦那さんでプロライダー、チーム右京の畑中選手も来ていました。TOJには出てないんかよぉ・・・

受付後一度駐車場に戻ってローラーでアップ後、再び会場へ。
年齢カテゴリーごとにスタート地点までパレード走行。
レース規模としてはこじんまりしていて、50代は30人ちょっとほど。今回一緒に参加しているKIMさん、アマリンも同じ年齢カテゴリー。
カテゴリーごとの一斉スタートなので一番早くゴールした人が1位ということで、自分の順位がわかりやすい。
コースは9.6kmと短め。前半6kmまではほとんど平坦で2~3%の斜度で集団でロードレース状態。
前から10番目あたりでスタート。
先頭を引くのは嫌なので様子を見ながら少しずつ前へ上がる。3番目くらいに上がったところであっという間に集団のまま6km通過。
このあたりから登りが始まり、ようやくヒルクライムらしくなる。といっても後3kmほど。
息吹山ヒルクライムの時に知り合いになったジモピーのK合さんが前いたので、一気にパスして加速。
先頭に出て後続を引き離す・・・はずだったけど
何人かはついてきていて徐々にバラけていったようです。(KIMさん談)
あと2~3kmならある程度スパートしてもいいだろう、と思って一気にペースを上げたのですが後ろにひとりくっついてきている選手がいました。
どちらかというと追いかけるのは好きだけど、追いかけられるのはどうもプレッシャーがかかって好きじゃない。誰でもそうかもしれないけど、この時は特にそう思いました。
一気にあげたので心拍も急上昇したのもあって、ペースを落として後ろの選手を前に出す。
僕のペダリングと逆で、重いギアーをゆっくり回す人でした。クルクル回せばついていけると思ったのですが、少しずつ間があいてくる。あれよあれよという間にあと1km。最後はゆるくなるのでダンシングで加速・・・しようとするけどあいだは詰められず、結局13秒離れてゴール。情けないったらありゃしない。
勝ててたレースなのに弱さが出ました。残念だけどしょうがないな。

ゴールしたあと少し進むと休憩場所が有り、バナナ、スープ、まんじゅう、羊羹などをいただき、しばし仲間と検討をたたえ合う。K合さんが3位に入って嬉しい表彰台をゲット。

休憩後は来た道を下山するのではなく、まっすぐに進み川沿いを20kmほどサイクリング。下り基調で気持ちよく走れる。

会場に戻って、カニ汁などをいただきながら時間になると表彰式。
1位は山岳賞模様(水玉模様)のジャージとはいかず、ハンテン。負けたのは悔しいけど、これは着れないなぁ。
03

最後はじゃんけん大会。お米や酒や自転車が当たりますが全敗。

ヒルクライムが終わって、明日のエンデューロの受付をするために、エンデューロ会場に車で移動。こちらも温泉ホテルですが、結構遠かったな。
会場ではちびっこのストラーダ(ペダルがなく足でける自転車)レースをやっていました。

受付を済ませて、温泉入浴。気持ちええなぁ。
夜は明日のエンデューロチーム4人が揃って、アマリン家で前祝い。地もののお寿司が最高だね。楽しく盛り上がりました。

翌日のエンデューロはまた次に・・

2016年5月21日 (土)

十三峠~宝山寺

午前中は先週の肝臓検査の続き。結果数値も正常で、エコー検査も問題ないとのことで一安心。
再検査はいいけど貴重な練習時間を2週もムダにしてしまった。まあええか。

今週は3回ジテ通できました。
朝からいいことがあるとなんとなくハッピーな気分になりますね。

その1・
中環で水陸両用のバスを見かけました。なんだかタイヤが丸出しで車高が高いバスだなと思ったら、後ろにスクリューが付いていたりして。カメラを取り出す暇がなかったのが残念。

その2・これも中環。
前を走るローディーがいまして、以前からたま~に見かけるハンドルに特徴があるバイクです。実は、その自転車を烏丸でのシクロクロスで見かけていて、通勤の時に見かける人だ!と思っていました。その時は話をする機会がなかったのですが、今週は追いついたので横に並んで「シクロクロス出てましたよね?」と声をかけてみました。
向こうも、キャノンデールのシクロバイクを覚えていてくれたようで、少しばかり走りながら挨拶を交わしました。
別れ際に「奈良のK久保ですぅ」と言ったけど、聞こえなかったかな?

その日はその2つの出来事で、うきうきした気持ちで仕事が出来ました。

2度あることは3度ある、ということでもう一回なんかいいことあるかなと期待したけど、その日は何にもなく・・・。

その時の彼からFBへメッセージが来ました。
名前を覚えていてくれて、検索して見つけたみたいです。いやいや、きょうびのテクノロジーってやつはすごいですね。
やっぱり2度あることは3度あったってことです。

●5/21(土)52.4km、2:42、ave19.4kph

前述したように今日は午前中は走れなかったので、3時頃から走りに行きました。
十三峠を生駒から登り、八尾側から登り返し。
そのあと下って、生駒駅から宝山寺を登っておしまい。

十三峠は21分をようやく切れたぐらいで、いいとこなし。
宝山寺は1.5kmくらいの距離だけど、それなり。

夕方さくっと走っただけでもしないよりはマシってことで、明日はゴウレンで集団走や。
来週のレースに向けてもうひと頑張り!

2016年5月15日 (日)

山練と高速練

会社の健康診断結果が出て、右の聴力が若干弱いのと、HDLコレステロール値が高め(善玉なので問題ないらしい)、心拍が低く徐脈、という以前から引っかかっていた以外は問題なかったのですが(結構あるがな)・・・

今回、肝機能の数値が少し高くて、GOTが44、GPTが48、どちらも上限が30なので要再検査になりました。よくわかりませんがこれって悪いのかしら・・。
ということで、土曜日に病院で採血。とりあえずウィルスは問題なかったようですが、来週、血液検査結果の確認とエコー検査することになりました。2週も続けて練習会にいけないことの方が残念です。

●5/14(土)56.7km、3:05、ave18.3kph

病院から帰ってきて10時半に出発。時間がないので短時間・高強度で十三峠へ登りました。
奈良側から登り大阪側からさらに登り返し。足が重く全くペースが上がりませんでした。
ジテツウの疲れもありそう。
大竹~十三峠が22分台はジテ通用の重いバイク並。4kmで平均斜度が10%ほど。

休憩のあと下って今度は暗峠(くらがりとうげ)へ生駒から登りました。
久しぶりに来るとキツイ!
15%位の斜度の登りで、最大斜度は20%くらい。一番きついところで速度が遅すぎてサイコンの斜度表示していなかったので正確なところはよくわかりません。
stravaのデーターでは、2.9kmで317m登るので平均斜度11%。
体感的には平均斜度はもっとあるやろ!と言いたくなります。
温泉ライダーのヒルクライムは15%位の激坂があるらしいのでいい練習になるかな。

峠の頂上で休憩しているとマウンテンバイクの2人組もきて、少しお話する。
一人は押しが入っていました。マウンテンはギアーが軽いけど車体が重いのできついだろうな。
012

そのあと、更に生駒から宝山寺に登ろうと思っていましたが帰らないといけない時間になったのでそそくさと帰路へ。体力の披露より筋肉疲労が残ります。

●5/15(日)viva練

日曜はviva練。ゴウレンほど人数はいませんが、土曜と打って変わって高速練習。
信号で分かれてT木さん、K山さん、平安高校の高校生、私の4人になってしまい、ローテーションもきついきつい。
T木さんが飛び出し、残り3人で追いかけましたが、全く追いつけず。ゲロゲロ。
和束からはT木さんが後ろのグループのアシストにまわったか、3人でローテーション。
湯船森林公園の登りで、平安高校がアタック。私はクルクル回して追撃するも差はつまらず、KOMは高校生へ。40の年の差に負けてしまいました。若い子はどんどん強くなります。
年寄りはサボるとどんどん弱くなりますし。

下り区間ではほぼ勢揃いで高速ローテ。
途中の短い丘のスプリングポイント。ローテのタイミングで私が先頭になったので、そのままアタック。
頂上で左右から迫るチェーン音が。来た来た!
右からT木さん、左から寺さんに刺されました。ギャフン。たまにはこういうインターバルな練習もええわな。

       ●        ●
今月は28、29日で加賀へ行きます。
土曜日がヒルクライム、日曜日がチームエンデューロ。ヒルクライムは一定ペース、エンデューロはインターバルな練習、前者はいつものことなのでいいけど、後者はあまり得意じゃないので少し刺激を入れるようにしないといけないかな。

«GW最終日はK野塾