2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 梅雨明けはまだ | トップページ | »

2006年7月24日 (月)

グランフォンド吉野行って来ました

今日は、朝から足が重くまるで大リーグボール養成ギブスを足につけている気分でした。

昨日吉野から帰ってPCを立ち上げる元気もなく死んでしまいました。ぼちぼちレポートです。土曜日は時間がなかったので2時間半くらいのイージーライド(ほとんどポタリング)和束~湯船の公園に行かずに左折し裏白峠手前で折り返してきました。行きに顔をぐるぐる巻きにした○ツコ姫とすれ違い。気づいてなかったでしょうが。

さて、日曜日。

天気が心配だったが、スタートしてずっと曇り。時々小雨が降るときもあったがかえって涼しいくらいだった、少なくとも途中までは。今年のグランフォンド、400人の参加者だそうで大きい大会になったもんだ。距離もスーパーロングが180㎞、ロング160㎞、ショート100㎞(ショートじゃないじゃん)で国内屈指の激しい山岳コース。といってもほかのグランフォンドは参加したことないけど。

地図を拝借しました。http://touge10.hp.infoseek.co.jp/

SLがスーパーロングです。

Map4_1 

スタートはスーパーロングから20人ごとにしていく。僕はまほロバの連中と3番目に出発した。開会式で名物のシュプレヒコールおじさんが所用で来ていないのはちょっと寂しい。(シュプレヒコールって今じゃ死語かな?)あの人鈴鹿のスタートのときもやるんだもんなぁ。ショートコースは、先日試走したとき崖崩れになっていたところが復旧していなくてコース変更となり少し距離が伸びたようだ。

吉野山を下り津風呂湖畔は平坦だが細かく曲がっているので注意が必要。路面が濡れているので何度も滑りそうになった。広い道路に出て10人くらいのパックになった。上りで前に出てOさん、あにき、僕が先頭で巡航する。R369をなかなかいいペースで引っ張ってくれる。菟田野で徐々に上りになってきて、途中給水が見えたがパス。トンネルの手前で左に折れると急にきつい上りが始まる。最初はOさんについていったが次第に遅れてきた。頂上を越えて一気に下ったところで最初のエイドがある。柿の葉寿司、おにぎり、バナナ、オレンジ、一通り平らげる。ここでGOURENのM木さんと話をする。腹も落ち着いてトイレに行こうと思っていたら、兄貴が「もういくで~」って言うんであわててついていった。

ここからは3人だけでローカル列車で走る。たまに知らないうちにお客さんが乗ってることもあった。記憶が定かでなくどこの上りか忘れたけど、僕がOさんとあにきに遅れてひーひー言っていたら、落車したひとと遭遇したおかげで二人にやっと追いついた。路面が濡れているし下りはもちろん上りだってグレーチングでタイヤが横滑りすることだってある。

五番関を上りきり真っ暗なトンネルを出たところに2回目のエイドがあり、ここが足切りポイントとなる。僕たちは11:30ころ到着したが足切りは12:10。12時前くらいまでいたがまほロバの姿が見えない。大丈夫かいな。心配になる。後で聞いたところでは、かなりのメンバーが切られたようだ。GOURENのクライマーまで・・。

ここのコースは上りももちろんきつくて長いが、その分くだりもいやになるほど長い。特に路面が濡れているし時々雨も降っていたので必死でブレーキングしないとすぐ膨らんで横滑りしそうになって怖かった。五番関を下った後、洞川温泉街を抜ける。山岳地帯唯一のにぎやかな一瞬だった。天川からは下り基調のほぼ平坦な川沿いのキャンプや鮎釣りを眺めつつ、しかし飽きるほど長く感じた。

後半のポイント今井の峠は距離はないものの脚に来ているのでかなりきつかった。あにきが徐々に遅れてきた。この時、僕たち3人に一人お客さんが乗っていて、コンパクトドライブのお客さんとパワフルOさんが2人並んで僕をちぎっていった。頂上を下り平坦なところで、徐行しながらあにきを待ちつつその人としゃべった。能登の方から来ているそうだ。年も49歳。クライムで負けてるし~。

最後のエイドでは豆腐があり、なかなかうまかった。雨が降りそうになってきた。五條までの長い長い下りでいよいよ本格的に降ってきたので、レインジャケットを羽織り見えにくくなるのでサングラスもはずした。くだりのコーナーは超怖かった。ほとんどフルブレーキ。何人かにびゅんびゅん抜かれた。マウンテンバイクの兄ちゃんがすっ飛んでいく。五條から吉野川沿いの道は車も多くて走りにくい。かなり足にきていて緩やかな坂も激坂に思えた。雨がバケツをひっくり返したようになってきた。太ももにちくちくささる。最後いよいよスタート地点吉野までの激坂で、Oさんがどんどん見えなくなってきたけど、僕も最後の気合で何人か抜た。もう少しで駐車場と言うところで後ろに人の気配。なんとM木さんだった。こんなときにゾンビにならんでもいいのに。やさしいゾンビさんは僕を抜かずに一緒にゴールしたが、僕ならガーッと行っていたかも。もうすっかり負けてるし・・。あんなに激しかった雨はゴールのときにはすっかりやんでいた。ほかの人のサイクルメーターを見たら184kmになっていた。

何はともあれ完走した。しんどさと充実感と筋肉痛がマゾヒスティックな快感になってきつつあります。やっぱ、やめれんわい。

来年はリベンジ組がたくさん参加するでしょうね。

« 梅雨明けはまだ | トップページ | »

「トレーニング」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
おかしいけど来週もう一度走ります。
今度は長老の為です。だって一番走りたいはずなのに走れないなんて・・・
詳しい事はまほロバ掲示板でチェックしてください。
マゾヒスティックなK久保さん、ご参加お待ちしま~す。

お疲れ様でした。
最後にまほロバトレインに引っ張ってもらい、登りでK久保さんが離れていくので、もういっぱいでしたがゾンビ根性が出ました。
レースとは違う苦しくも楽しい1日でした。

吉野お疲れさまでした。シュプレヒコールって中島みゆき以来でんな(爆)。

グランフォンドレポート、心待ちにしてました。来年行きたくなる内容でした。

スーパーロング完走、おつかれさまでした。他のGOURENメンバーはパンクや落車で散々だったみたいですね。ゾンビさん、スーパーロング完走おめでとうございます。


つたないレポートでしたが、みなさんコメントありがとうございます。

TO S木さん
また、あのコース走んの?!!でも行きたいなぁ。鬼嫁からもう鈴鹿までないやろなぁと釘を刺されてまして・・。

TO M木さん
楽しんで苦しんでいただいて誘ったかいがあったってものです。どんどん強くなってきましたねぇ。

TO なさん
今年はスーパーロングの距離が伸びているのでトラブルがあると足きりの可能性が高いようです。といっても180㎞が160kmになるだけなのでそれはそれで立派な距離ですけど。

TO 十三峠マニアさん
中島みゆきのシュプレヒコールは知りませんでした…。

k久保さん、吉野お疲れ様でした。着いていくのイッパイ一杯で・・・ロング嫌いな私としましては後半足引っ張り、ペース合わなくて申し訳ないっす・・・ロングの練習もせなあかんねぇ(>_<):(汗)

今日は昼から夏休みもらい、大和高原から今帰ってきました。ライダー誰も走ってない訳や真夏日で目まいしそうでしたわ(@_@)

当局8月は、白浜8hミッドナイトエンデューロ(遊び)と乗鞍ヒルクラ(20分切り)です。鈴鹿頑張って下さい。土曜の反省会、時間があれば反省に来て下さい(~o~)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98076/2790115

この記事へのトラックバック一覧です: グランフォンド吉野行って来ました:

« 梅雨明けはまだ | トップページ | »