2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

イージーなローラー

昨日は、疲れてPCを立ち上げることなく寝てしまったので、昨日こことです。

ローラーを1時間ほど。先日バイシクルクラブ誌を立ち読みしてたら、冬のトレーニングでローラーのことが書いてあって、とりあえずそのとおりやってみた。要するに冬場は負荷をあまり上げずベース作り。あと、準備期、レース期のローラーメニューも書かれてあってつまりは1年中こげって事ね。

15分アップの後35分心拍を130~135位(約75%)、ダウン10分

でも、すぐ飽きそう。

走行 25km、1時間、Σ647.6km/月

2007年1月28日 (日)

今年のgouren始め

朝起きたら疲労が取れていなくて足がロボットみたいに固まっていた。ずっとシクロの練習とレースが続いていたので今年になって始めてのゴウレン。この時期はLSDだから大丈夫でしょう。

冬場だからそんなに人数は居ないだろうと思っていたら途中合流組みも合わせて20人以上。びっくりだ。泉大橋を降りたところにある神社で4人ほどで待ち伏せ。到着した長いゴウレン列車に乗る。30㎞位のペースで軽めにインナーギアーで回すのにちょうど良い感じ。和束のローソンはパスするのかなと思いきや、一旦停止。

再出発して2列でローテーションしながら進むが、何せ列が長いのでほぼ最後尾にいた僕にはなかなか順番が回ってこない。一度外側から先頭に出て内側で下がるとき最後尾まで戻ろうという意識が強くて前の人との間隔が開いてしまって、店長から「もっと前の人にくっついて密集してください。」との指示。そうか、前に出るより下がるほうが難しいんだ。道が細くて車が来たら1列にならざるを得ず、もう一度先頭に回ってくることは無かった。

湯船公園前の登りでペースが上がったけど、全く付いていけず。今日は最初からあきらめていた。大石までの下りは、新しくできた長いトンネルのおかげでえらく早い。下ってるから良いようなものの、ここを上るときはトンネルより旧道のほうがいいなぁ、と思った。

大石~猿丸神社までの山岳区間も全く精細を欠いて前のグループが離れていくのを見送る。でも、ノープロブレム。今絶好調になってしまったらかえってまずいっしょ。と自分自身に言い訳。山城まで下って解散。同志社前を経由して高山まで十三峠さん、M木さんとしゃべりながら帰る。上りはしゃべりながら上るとペースが上がらないのでしんどい時の常套手段だったりして・・・。

久しぶりにみんなで走るとやっぱり楽しい。やめられまへんなぁ。

本日の走行 99.2km、3時間33分、ave 27.9km/h、Σ622.6km

2007年1月27日 (土)

久しぶりのロード

朝ゆっくり起きたので9時ごろ出発。11時までの予定で1時間行けるところまで行って引き返すことにした。最近シクロバイクばかり乗っていたので久しぶりのロードレーサーだ。車体も走行感もすごく軽く感じる。

いつもの和束を通り清水橋で引き返した。行きは昨日の疲れが足に残っていたがインナーで軽く回すとよく回り調子よく進んだ。引き返してからそれは調子が良いんじゃなくてただ追い風だっただけだということを思い知らされた。下りなのに全然進まないじゃん。特に家が近づいて木津から登美が丘までのR163では向かい風でふらふらしていた。

山を走ると風がほとんど無かったので、久しぶりに風にいじめられた気がしました。

本日の走行 63.4km、2時間18分、ave27.4km/h、Σ523.4km/月

2007年1月26日 (金)

嵐山LSD

今日は、会社が休みで天気もよさそうだし久しぶりにロングライドに出かけることにした。ゆっくり走るしスピードの出ないシクロバイクで7時ごろ出動。先日サングラスをなくしたくろんど池まで行きもう一度現場検証したが見つかるはずも無い。

出かける前に空気を入れた時前輪のエアーが抜けていたので心配だったが、案の定くろんど池手前で完全にぺしゃんこになってしまった。スローパンクかな。シクロ車はエアー圧が低いのでパンク修理もロードに比べるとかなり楽だ。

くろんど池からもう一度戻り、打田~同志社大経由で木津川サイクリングロードに出た。サイクルコンピューターを付けていなかったのでスピードがわからないが終始インナーでペースは遅いけど結構踏んでいる。嵐山まで行きは天気が良いもののまだ寒くて足の先が冷たい。木津川から桂川に変わってしばらく行ったところで自販機休憩。嵐山には10時過ぎくらいに到着。

070126_2 

  2人サイクリストがいた。ここでトイレ休憩をしていたらそのうちの一人が話しかけてくれ、僕もなんとなく見た事がある人だな、くらいに思っていたらGOURENメンバーの方だった。すいません名前を聞きそびれて・・・。自転車の後ろにgourenステッカが貼ってありそれを見たとき思い出した。話をしていたら会社の人からの電話で中断。先に帰っていかれた。

もうすっかり暖かくなってきた。嵐山からの帰りはせっかくシクロバイクだし、なるべく河川敷におりて地道を走る。。犬が土や草の上を歩きたがるようにオフロードバイクはやっぱり舗装路より土の上のほうが面白い。ただちょっとばかり足を使うけど。土手の下の河川敷を走って先週シクロクロスがあった桂川緑地公園まで出てきた。せっかくなので先週のコースを少し走ってみた。まだタイヤの後がいっぱい残っている。コースロープを張ってないと複雑だったコースもただの土手だ。よくもまあうまく作ったものだ。ここで一句

冬晴れに つわもの達の 爪の後

失礼しました。(汗)

そんなことをしている間にだんだん腹が減ってきた。そうそう八幡にコンビニがあったしそこで腹ごしらえをしよう、と自転車道を少し外れたところに行ったら、なんと閉店。Oh,my God!!仕方なく奈良に向かって走るがハンガーノックになってきてだんだん力が入らない。もう昼になっている。京田辺のNetsトヨタの所で自転車道を降りて近くのファミマで腹ごしらえ。焼きそばにサンドイッチにパン。一気に食いすぎて今度は胸が悪くなりそうだった。

けいはんな木津川台を経由して家にたどり着いたのが1時半くらい。疲れた・・・。

本日の走行 約120km??、 ave不明、Σ460km/月

2007年1月23日 (火)

2つのパンの話

昨日はcocologのレスポンスが悪くアップできませんでした。

昨日:ローラー1h・インターバル 約27km

今日:ローラー50min・インナーローでイージー、約24km

Σ339.7km/月

会社の同僚の話です。

彼の息子が行ってる保育園で、ジャムの空き瓶2個にそれぞれパンの切れ端を入れて、片方には「おかあさんいつもごはんをつくってくれてありがとう。」と書かれた紙を貼って毎日優しい言葉をかけていました。もう片方はなんて書いたか忘れましたが、毎日汚い言葉を言ったそうです。1年間毎日続けて1年後に家に持って帰ったら良い言葉をかけたほうのパンは全然きれいで、もう一方はカビで真っ黒だったそうです。同僚も信じられなかったようですが、奥さんが保母さんなのでやらせじゃないとの証言もありホントの事のようです。でも、まあありえないことじゃないかもしれません。農作物に音楽聞かせることもあるくらいですから。笑ったのは、口の悪い、悪ガキがいてその子のはどっちも真っ黒だったそうです。僕も「えー、先生がきれいなパンと入れ替えたんじゃないの?」と思わず言ったけど、○る○る大辞典じゃあるまいしねぇ。

僕の自転車にも、「一生懸命走ってくれてありがとう」と毎日声をかけたらがんばってくれるやろうか?

2007年1月21日 (日)

シクロクロス桂川

今シーズン最後のシクロクロス、京都は桂川に行ってきました。

今年は駐車場がコースに近かったので移動や準備、なんやかんや便利だった。駐車場で十三峠さんに会ったのでご挨拶。ハンドルは無事なおったようでした。

ここのコースはおおむねフラットでスピード勝負とはいえ、半分は川の土手を登ったり下ったり斜面を縦走したりで僕にとっては結構テクニカルで難しく感じる。もちろん後半分は踏み倒しだ!!マスタークラスは今回40人くらいの出走で単独レースとなり、走っている最中はすべて同じカテゴリーのライバルとなる訳で、気が抜けない。スタートして真ん中くらいの位置で進む。平坦なところで少しずつ抜いて順位を上げたが土手の縦走でつるつる滑ってもたもたしてる間に又抜かれ、平坦に戻ってまた抜いてということを繰り返し、前後に数人の競争相手ができた。土手のところで前の人が詰まってこっちもバランスをくづしてもたもた、チェーン外れ。4周目の平坦部分はきつかった。最周回の土手で抜かれて前に2人出たのでゴール前の直線までくらい付く。今日は先週のように大人のゴールはせずにスプリントをかけた。一人抜いて、もう一人とはほとんど同時にゴール。数センチの差で抜いたようだ。

早くもHPにリザルトが出ていた。ゴールで抜いた人とは同タイムだけど一応順位は上。別に表彰台に上れる訳ではなくムキになることも無いかもしれないけど、最後の1秒までムキになることは今の僕の人生の中では自転車レース以外ではほとんどありえない事でそれが又うれしくもある訳で・・。ご褒美として1ポイントだけ付いていた。実はこのポイントの意味もよくわかってないんですけど。ゴール前の直線で抜いた相手の人が知り合いだったのでお疲れ様を言って少し話をした。

楽しいシクロクロスも終わった。来週からはLSDで少しは距離を延ばすことにしよう。

本日の走行 23.7km、1時間37分、Σ288.7km

十三峠さんです。

Vfsh0111 Vfsh0112

2007年1月16日 (火)

ぼけてました・・

シクロクロスのレポートで周回数が間違っていました。4周と書きましたがリザルトでは5周していました。はっきり言って何周走ったか記憶があいまいでした。若年性認知症かしら・・・。自転車で徘徊したりして。

今日は、インナーで軽くローラーをこぐ。1hぴったり。インターバルをすると時間がたつのが早いけど、軽く流すとたいくつして時間が長く感じてしまう。今度は音楽を用意しておこう。

本日の走行 約23km、1時間、Σ240km

2007年1月15日 (月)

シクロのビデオ

昨日のシクロのビデオをネットで見ていました。

http://www.h7.dion.ne.jp/~bikintv/index.htm

C1の走りはやっぱり違うなぁと関心。何、空気圧2.5だって?そんな低いんだ。僕はパンクが怖いんで4.0くらいまで上げていたけどもっと低くするべきなのかな。確かに昨日のコースは思った以上に路面のでこぼこがあって突き上げもきつかった。去年なんか、レース終わったらハンドルが真下向いてたし・・。

京都車連のHPにリザルトもアップされていました。走行率92%で1ポイントついていました。まあまあかな。ふくらはぎはまだ少し痛むけどましになってきたし、来週も良い天気になれば良いなぁ。

2007年1月14日 (日)

関西シクロクロス堺

Vfsh0108

今シーズン2戦目のシクロクロス。写真はチームメイトT津くん。3位入賞おめでとう!!

(まちがっても僕じゃありません)

暖かくて天気も良い。会場は堺の臨海工業地帯にあり、煙突から出る煙もまっすぐ上がっている。レースコンディションは最高かもしれない。加えてここのコースは極端なアップダウンが無くジグザグがあるとはいえ自転車から降りるところはシケインのみで、そんなにテクニックはいらないけどその分ほとんど全開走行を強いられる体力勝負の感がある。

到着してコースを1周して受付。その後もう一度試走。1周2.5kmくらい。結局4周位試走した。10時からキッズとレディース。10時半から僕の出るマスターとC3カテゴリー。今回はマスターが先にスタートし、1分後にC3の若者がスタートするというスタッフもびっくりの出だし。トップの人たちだけかもしれないけどそれだけマスターのレベルが高いということでしょう。名簿で40人ぐらいのエントリーだった。

スタートしてペダルをはめるのにもたもたしてる間に前はすごい人数になっていた。せっかく2列目に並んだのに・・・。1周目GOURENのK治木さんに抜かれ距離を開けられるが、とりあえずロックオン。しんどかったけどちょっとずつ距離は詰まっていって最後の直線で抜くことができた。2周目くらいになると息が上がってきてぜーぜー言い出す。3人くらいで抜きつ抜かれつを繰り返した。一度抜いたのにシケインで抜かれてまた抜き返す。このシケインがいやらしくのぼりに設定してあるので自転車を抱えてシケインを超えてもすぐ乗車できず、そのまま坂の頂上まで走ってあがらないといけない。3周目のシケインを超え坂の頂上まで行ってさあ乗ろうとしたら、チェーンが外れていた。デッドヒートしていた相手は先に行ってしまった。ちょうどそこが会場全体が見渡せる観戦ポイントで「おちついて!OK、(チェーンが)入った!」と声が飛ぶ。一応手を上げて答えた。ありがたいねぇ。何周目か忘れたけど、C3の先頭に抜かれた。おお、まほロバのT津くんがなにやら声をかけて抜いていった。付いていけばと思うもどんどん離れていった。そりゃそうだよね。結局彼は3位入賞。付いていける訳無いか。後何周するんだろと思っていると4周目5周目に最終のジャン。最後なので気合入れなおすも脚がいっぱいいっぱい。マスターは前も後ろも離れているようでスプリントせずゴール。いつのまにやら後ろに付いていたC3野郎が一瞬前に出たがおじさんはあわてないで大人のゴール。あいかわらずぜーぜーが止まらず苦しかった。まだ今でも喉がいがいがする。

ゴール後に気づいたのだけど右足のふくらはぎが痛む。シケインで自転車を担いだときペダルで強打したようだ。今日1日歩くのがつらかった。外傷は全くないけど来週の桂川は大丈夫だろうか?

リザルトが出てないので順位はわからないけど、苦しいけど楽しいレースだった。

本日の走行 25.7km、1時間30分、ave17.1km/h、Σ217km/月

2007年1月13日 (土)

地道(off road)を求めて

起きるのが遅かったので10時過ぎにシクロバイクで家を出る。良い天気だ。

時間があまり無いので近場でということで、とりあえず高山サイエンスタウンからくろんど池方面に向かう。できるだけ地道を走りたかったので山の方に入れる道が無いかきょろきょろ。くろんど池へ上り始めるとこらで田んぼの間に都合のよさそうな道があったので入ってみる。少し登りで軽トラのわだちになったところをトレースしてちょっとシクロっぽく走れる。奥へ進むと最後には道が無くなって行き止まりだったので引き返す事にする。緩やかに下るときペダルに木の枝か何かが引っかかって転倒した。山側だったらよかったのに悪いことに谷側に倒れたものだから土俵から転げ落ちたおすもうさんのようにどてーんとしりもちをついてしまった。自転車はさかさま向いている。幸い土手は笹に覆われていて怪我は無くて澄んだ。

もと来た道に出てくろんど池に着いた。今日はニットの帽子をかぶっていてさっきの地道でサングラスを頭にかけたまま走っていたので、かけなおそうと頭に手をやると、なな、ない。何がって?サングラスが!さっきの転倒で落としたんだろうか。とにかくもう一度戻って現場検証をした。ペダルに引っかかったのは地面から出ているツルだった。引っ張っても切れない。こりゃこけるわ。笹の中を一生懸命探したけど結局見つからなかった。あきらめてもう一度くろんど池に上る。畑仕事していた人が居たけど何度も往復する変なやつと思ってただろなぁ。

くろんど池から枚方のほうに向かう。興国学園のそばに野外活動センターという看板があって上りになっていたので向かってみる。初めての道だ。山を切り崩していて急な上り坂をダンプが何台も通っている。ダンプの出入り口を過ぎてから道路が未舗装の砂利になっている。さらに進むとぷーんと香ばしいにおいがしてきて牛小屋がいくつか現れてきた。堆肥も作っているらしい。野外活動センターの入り口があったので少し入って又戻った。そこから下ると興国学園のすぐ下に出てきた。あまり時間が無いのでそこから引き返すことにした。帰る途中また山に入れそうな道があったので入ってみたが、10分ほどで行き止まり。このあたりは誰か詳しい人と行かないとわからないや。

今日は、高くつく練習(練習というほどのものじゃないけど)だったけど転げまわって楽しく遊びました。ちゃんちゃん。

明日の堺は転げないようにしよう。

本日の走行 31.7km 1時間45分、ave 18.0km/h、Σ200km/月(やっと200kmだ!)

2007年1月12日 (金)

ローラーでインターバル

ローラー1h

アップ15分+ハード3分/イージー2分X6セット+片足ペダリング30秒3セット+ダウン

ローラーの後体重計ったら70.0kgでした。もう一息・・。

本日の走行 約25km Σ168.3km/月

2007年1月 9日 (火)

ローラー

ローラー1h 軽めで定負荷+ウェイトトレ15分。

ローラーの後体重計ったら70.7kg。毎日気にするだけでも増加を防げるかも・・・。

2007年1月 8日 (月)

矢田練

昨日はさあ走ろうと思って着替えた時に外が吹雪いてきたのですぐあきらめてジムでぬくぬくジョグを40分ほど。根性無いなぁ。

07010802

今日は天気も持ち直したので矢田丘陵を榁の木峠~松尾山折り返し~子供の森~追分のルートでトレイルランしてきました。休憩所にこんな看板が何箇所か立っていました。この道は気軽にハイキングできるのでハイカーも多くて、マウンテンバイクにとっても最高のゲレンデということで今日も全部で6~7台の自転車と出会いました。ハイカーにとって自転車は歓迎されてないのかもしれませんね。現に以前通れたルートの北半分は自転車乗り入れ禁止になってしまっているしやっぱり自転車が気を使わないといけないのかなと思います。この前キタさんとこでブレーキを調整してもらって泣きがなくなったので、ハイカーを驚かせずに澄みました。

往きにマウンテンバイクを止めてなにやら草のところを探している人が居たので声をかけたら、サイクルコンピューターを落としたとの事。ちょっと話をしたら、友人が昨日のシクロに出ててえらい吹雪だったそう。帰りの道も大変だったといっていましたが行かなくてよかったかな。この人とは帰りがけに又であって、すれ違いに「ありましたわー!」と言ってきたので「そりゃぁよかった。」と返事をしました。

今日は風が強かったけど山に入ると全く無く、ただ木々の上を吹く風の音だけがやたら激しく思えました。子供の森に降りてきて、「みんなの森 ただし行き止まり」という看板があったので興味本位で入ってみました。ギアー比がぎりぎりの坂で乗ったり降りたりしながらシングルトラックを進むと道がだんだん痩せて笹に覆われてきて、さらに倒木が通せんぼをしていたのでそこで引き返しました。

07010801

降りるとき丸太の橋があって降りて押していたら濡れていてしりもちをついてしまう。

今日も楽しく一人遊びさせてもらいました。この山を本当に堪能するには少しばかりギアー比が足りないかも・・・。

本日の走行36.7km、2時間30分、ave 14.5km/h、Σ118.3km/月

体重 71.0kg

2007年1月 5日 (金)

初出勤、初ごけ、初パンク

今日から出勤。寒かったけど気合を入れて自転車で出勤。会社まで2kmくらいのところで転倒してしまいました。

070105_02

側溝の右が歩道でいつもこの歩道側から左へ入っていくのだがホースを前輪がまたいだとたんツルっと滑って転倒。何でやねんと思ってよく見ると中で水が凍ってるじゃない。写真は帰りに撮ったのですっかり解けてぺしゃんこになっていますが。そんでもってこんな羽目に。↓

070105_03 070105_01

傷は大したことはなかったけど、今年の初ごけ。

帰りはいつもは暗くなっているけど、仕事始めの日は早く帰れるので2時ごろ会社を出てまだ明るい。ちょっと平城旧跡に寄り道して草地を2周くらい走りました。土が軟らかく草も長めなので結構重くて力が要る。細い溝があったのでシケイン越えのように自転車を持って越える。2回目のシケインならぬ溝越えのときちゃんと自転車を抱えればよかったけど、おおちゃくしてハンドルを片手で持って持ち上げたものだから後輪がバウンドし、着地したところが溝の角。コンとリム打ちして、プッシューとエアーが漏れてしまいました。チューブは蛇にかまれたように2つ穴が開いていて、今年初出勤にして初パンク。

今年一年のUnluckを今日のうちに済ませたと思って、今年もがんばりたいと思った次第です。

本日の走行 42.4km 、1時間58分、ave 21.5km/h、Σ103.8km/月

2007年1月 4日 (木)

矢田again

06010403_2 今日も矢田を走ってきた。昨日と同じく榁の木峠から山に入り縦走。大体道もわかったので標識でいちいち止まらないので結構早く進んだ。 天気もよく昨日に比べると路面も乾いていて走りやすい。昨日は押したところでも乗車できるところが多かった。

06010401

昨日と大体同じルートで松尾山のテレビ塔まで行き今日は時間もあったのでそこから法隆寺方面に足を伸ばすことにした。テレビ塔からは笹に覆われた獣道のようなところを抜けると急な下りに出てきた。路面は岩が多くて、木の根っこもぼこぼこしていたので乗車を断念して押して下った。足が滑って下るのも一苦労だ。少し広い道に出てきてそのままいくと舗装路に出てきた。上の地図の右端からさらに行ったところです。舗装路のさらに向こうに山に入る道があったので入ってみた。

06010402_1

「斑鳩の里 法隆寺古事の森」という看板があり法隆寺のほうに下る道のようなので行ってみた。急な下りがずいぶん長く続くので、帰りにもう一度ここを上らないといけないと思うとめげてしまって途中で引き返した。帰りは乗車ぎりぎりできるかできないかという斜度で押したり乗ったりを繰り返した。

来た道をもう一度戻り途中子供の森方面に下った。昨日と違う道だったがくだりが長く石がごつごつしているのでブレーキを握る腕がだるかった。子供の森から舗装路で榁の木峠~富雄川~自宅とのんびり帰った。

山の中ではウインドブレーカーを脱いでいたが、下ってからは風が気になって羽織った。冬は山の中のほうが暖かい。

前のブレーキの泣きが又ひどくなってきた。洗車したのに・・・。下りでハイカーとすれ違うときゆっくりすれ違ったのにブレーキの音に異常にびっくりされた。今度キタさんに見てもらおうかな。

06010404_2 頂上展望台です。

本日の走行 40km、2時間40分、ave15km/h、Σ82.3km

矢田トレイル

予定通り、というか寝過ごしてしまったのでちょっとばかり遅くなったけど矢田丘陵をトレイルランしてきました。

朝飯食べずにあわてて家を出る。外はえらい霧だ。とりあえず富雄川沿いのスポーツセンターにいき当然誰も居ない事を確認してコンビニに引き返してパンとスポドを買った。富雄川からR308を暗峠の方にに向かい榁の木峠から山へ入る。ここから南へシングルトラックのオフロードが矢田寺~松尾寺~法隆寺まで続いている。といっても松尾寺までしか行った事無いが。以前は北へ行くとさらに帝塚山大学の所まで続いていたが今は自転車乗り入れ禁止になっている。絶好のオフロードなのに残念だ。

山に入ってすぐは細くて片側が崖だったり、勾配がきつくて押すところも多い。木の根っこや石が土から出ているところもあり結構すべると怖い。昨日の雨で湿っているのでぬかるんでいるところもありタイヤもどろどろになってきてシクロっぽくなってきた。ところどころ道が枝分かれしていて余りなれてないのでいちいち止まって標識を確認する。

07010304

こんな休憩所(名前を忘れた)に出てきたがよくよく看板を見るとそのまま行くと下ってしまうようなので少し引き返した。

途中マウンテンバイクのおじさんが押していたので声をかけて追い抜いた。矢田峠そばの展望台で休憩。このころには日が差して暖かくなっていた。遠くに生駒山頂が見えその手前はまるで雲海でなんとも言えずきれいだった。下界はまだ霧の中なんだろうなぁ。

07010305

矢田寺を過ぎると道幅が広くなり路面もましで走りやすくなる。ただ、ハイカーも何人か遭遇するので注意が必要だ。松尾寺へ下る所にテレビ塔があり、そこで引き返すことにした。引き返したとき、来るときに出会ったおじさんとまた会って、少しばかり話をした。そんな自転車でよく走れるね。と言われた。否が応でも担ぐ練習が結構できる。帰りは早めに下山しようと思い、光明寺方面という看板を下った。くだりが結構湿っていて怖かった。子供の森に出てきた。何だこんなところに出てくんのかという感じ。子供の森の広い芝生を下って、舗装路に出た。ここから榁の木峠に行くこともできるがもう上りはええわと思って、矢田のほうに下っていった。ここがまたコンクリートの激坂で、一度来た覚えがあるが今度ロードで上ってみよう。

矢田から富雄川沿いに家に帰った。なかなか面白かった。明日も時間があれば走ってみよう。

午後からジムに風呂につかりに行った。久しぶりに体脂肪を計る。

ガビ~ン!!なんと14%台だった体脂肪率が17.9%まで上がっているじゃない。正月食いすぎ!体重71.5kg、何とか70以下に落とさないと後がしんどくなりそうだ。ちなみに身長178cmなので標準体重は69.7kgになっている。

本日の走行42.3km、2時間30分、ave16.8km/h、

2007年1月 2日 (火)

雨です

起きたらやばそうな天気だったけど、やっぱり降ってきたのでず~っと箱根駅伝を見ています。明日はシクロバイクで矢田のオフロードを走りたいと思います。一緒に走ってもいいよとおっしゃる方は8時30分にここの駐車場に来てください。山の中で一人で遭難したらいやですし・・・。

地図URL:
http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E135.45.32.3N34.40.1.1&ZM=10&CI=R

2007年1月 1日 (月)

あけおめ~

新年あけましておめでとうございます。

昨日は大晦日にもかかわらず出勤。しばらくサボっていたので自転車通勤。シクロ用のタイヤのままなのでゴロゴロ。いつもの道も路肩の草や土の部分を走ったり(イヌのうんちに注意!)、佐保川遊歩道もいつもの対岸側が未舗装部分が多いのでそっち側を走りちょっとしたオフロードを楽しんだ。ブロックタイヤがだいぶ減ってフラットになっているけどもう少し我慢して使おう。

今日は朝から初詣と午後からサッカー天皇杯。ガンバ大阪残念!あれだけ押していて点が入らない試合はえてしてワンピンチで負けるものという典型のような試合だった。

明日からぼちぼち初走りとしよう。

みなさん今年もよろしくお願いします。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »