2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 雪 | トップページ | ぶどう坂と十三峠 »

2007年2月 3日 (土)

サルにもわかる自転車用語講座

自転車好きの方以外にも僕のブログを楽しみにしている方もおられて、専門用語がよくわからないと言われましたのでよく出てくる言葉を解説したいと思います。

LSD:Long Slow Distance・・・ゆっくり長く走る練習方法のこと。基礎体力をつけ有酸素能力をアップさせるための基本です。シーズンオフに多いけどシーズン中ももちろんやります。

ケイデンス:ペダルの回転数のこと。同じスピードでもギアーが軽いと回転数が多くなります。普通90回転くらいが効率的といわれています。高回転タイプの人は100から110くらいで回しますがコース状況、勾配にあわせて変わります。 なるべくケイデンスは一定のほうが疲労は少ないと思います。

インナー/アウター:前のギアーは通常2枚ですが、内側の小さいほうをインナー、外側の多きほうをアウターといいます。当然インナーにすれば軽くなりアウターにすれば重くなります。

ロー/ハイ:後ろのギアーは外側が小さくスピードが出るのでハイ、内側が大きくて軽くなるのでローといいます。前をインナー後ろをローにすると一番軽くなり上り坂のときなどに使い、逆に前をアウター後ろをハイにすると一番重くスピードを出せます。

又今度、専門用語が出たら解説したいと思います。

写真は、シクロクロス神戸でもらったステッカー。うれしがってフレームに貼りました。

06

本日の走行:自転車通勤往復 51.2㎞、2時間11分、ave(平均)23.4km/h、Σ(累計)76.2km/2月

« 雪 | トップページ | ぶどう坂と十三峠 »

コメント

全部知ってる用語でよかったです。
知らんかったらどうしようとドキドキしました。

お恥ずかしい。超初心者向けです。
ついでにアウター55の意味も解説しましょうか??

第2弾でぜひお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 雪 | トップページ | ぶどう坂と十三峠 »