2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

チャリ通

休日出勤でチャリで通勤した。朝はまだ肌寒いが、午前中で仕事が終わったので帰りは暑いくらいだった。もう冬のグローブにタイツはいらないくらいだ。

070331

西ノ京の桜が7~8分咲きくらい。

帰りに高の原の公園でなら山会が花見をしているのでちょこっと寄ってみた。山じい、A木さん久しぶりでした。おいしい手料理をちょっといただき、麦のジュースで水分補給。おかげでいい気分で家に帰りました。山じいは昔からのトラだち(トライアスロン友達)で、今や奈良トライアスロン協会の重鎮。60を超えても相変わらずのバイタリティーです。

本日の走行、47km

夜中に突然の雷雨で停電にった。朝にはやんで練習できるだろう。

2007年3月28日 (水)

チャリ通

昨日は1hローラー軽めでインターバル。追い込まずにメリハリをつけるためのインターバルをやる。

今日は、久しぶりのチャリ通。すっかり暖かくなってきていつも通る遊歩道の桜もつぼみが少し膨らみかけている。来週くらいが見ごろかも。この時期は少しマメにチャリ通したい。朝あわてて出かけたのでライトをつけるのを忘れてしまった。幸い仕事が速く終われたので少しでも明るいうちに走られるよう速攻で会社を出た。帰りの1時間のうち30分くらいは明るくて助かった。気をつけないと・・。

本日の走行 45km

2007年3月26日 (月)

ローラーインターバル

昨日は雨で乗れなかったので今日は少しだけローラーで強度を上げた。

15分アップの後3分+2分(リカバリー)のインターバルを7本。ダウンを10分で1時間。1セットごとに1枚づつギアーをあげていった。最初は楽勝だけど4本目くらいからきつくなってきた。なんせ古いチャリなのでギアーが7枚しかありませんもの。

春のレースを思案中。ツールド熊野がアマチュアレースの中では3日間ステージレースとして走ることができるなんてめったにないし魅力的。ただ、2~3泊しないといけないのであえなくパスとなった。4/29のリッツはコースが狭くて怖いしなぁ。5/4に伊勢で新しいレースがあるみたいで50、100、150kmをチームで交代しながら走るらしい。ソロの部もあるし面白そう。コースはなんと1周3kmを36周で100km。目が回りそう。

美山は押さえておきたいところ。いつやろ?

2007年3月24日 (土)

ツールド生駒ソロの部

天気予報では昼ころから雨が降りそうということで、降り出したらすぐ帰れるところを周回しようかと思いながら家を出たけど、周回もなんとなくだるいし、のどか村に行く時間はあるだろうと思いツールド生駒コースにした。

富雄川から榁の木峠ヒルクライムⅠ。平群に下り三郷からのどか村までヒルクライムⅡ。重めのギアーでギシギシ上っていたら後ろから来た人にかるーく抜かれた。ギアーを落として付いていこうとしたけど急に足は回らないもの、あっという間に離れていった。。斜度がゆるくなり少し下るところで近づいたので行けるかもと思ったけど、頂上手前の10%表示の坂でまた付いていけなくなって離されてしまった。

今日はできるだけ時間的にロスを少なくしたいので、のどか村で休憩せずにT字路を右折して下り今登ってきた道に出た。さらに下り広域農道を北に走り、十三峠に上る。一気に大竹7丁目まで下り、そこから呼吸を整えヒルクライムⅢ。今度は無理せずほとんど25T固定でできるだけ足を回すように心がけた。およそスムーズに回るとは言いがたかったけど・・。頂上の駐車場でタイムを見たら20分55秒くらい。この前よりは少しよかったけど、大して変わらない。後半伸びないとなかなかタイムは上がらない。まあ、前半からいっぱいいっぱいだから仕方がないか。十三峠で少し休憩。

Vfsh0126

ここまで休憩なしできて時間的にまだいけそうなので、平群に下った後生駒から暗峠にヒルクライムⅣをすることにした。中腹まで来たところでぽつっと雨が落ちてきたので迷わず引き返す。少し悔いを残して引き返したほうがまた来る口実になっていいだろう。

生駒~富雄と最短コースを通り帰宅。家にたどり着くまでしっかり降ってきてどろどろになってしまった。

本日の走行 70.6km、3時間18分、ave 21.9km/h、

気温 最低10℃、最高17℃、ave12℃。ずいぶん暖かくなってきた。

2007年3月23日 (金)

卓球とローラー

いつも会社の昼休みに遊びで下手な卓球をしていまして、今日はノー残業デーやし、相棒が誘うので仕事が終わって2人で卓球をしました。20分くらいで切り上げるつもりがつい盛り上がって気がついたら4、50分やってしまい、汗びっしょり、足ふらふら。花の金曜、しかも給料日に何やってんねんって感じでなかなか楽しかったです。自転車と違って極端に心拍が上がることはないにしても結構疲れます。でもやっぱり相手をやつけたりやつけられたりするスポーツはどうも苦手です。

汗かきついでに部室でローラー30分。付加を軽くして回転を110~115rpmくらいで。

ところでrpmって、"round per minute" とばかり思ってたけど、"revolutions per minute" なんですね。1分間に何回革命するかってか?

2007年3月21日 (水)

かる~く十三峠

十三峠マニアさんから誘いの連絡が来たけど、いけるかどうかわからないので忙しさにかまけて返事をいなかった。大竹7丁目に8時集合ということは家を6時半くらいには出ないといけない。まずそこが難関。あと、かえって来る時間。昼を軽く越えそうなのが次の難関。いけそうならアポなし参加しようと思いながら結局直前に参加を見合わせた。

朝起きてごそごそしていると、休みのときくらいゆっくり寝かせてとぶつぶつ、神の声が・・・。出かけようとしたら今日は予定が詰まっているから10時には帰ってきてや、と追い討ちが・・・。

とりあえず7時半に出発。富雄川~榁の木峠~平群~十三峠~大竹7丁目に着いたのが9時前。ここまで上りはゆっくりだけど23Tで行けた。日曜日に走って月、火と休んでいるので足に疲れがなくてちょうどいい感じだ。大竹で折り返しもう一度十三峠に上る。ずっとつけていたマスクもメインイベントのこの区間だけ外した。さすがに苦しいもんね。ここも23T固定で最後まで行って21分ちょっと。とりあえずは20分を切りたいもの。まあ、ほかの人のタイムは気にせず自己記録ということで・・。体重があと2kgくらい落ちたらいけるかも。

頂上の駐車場で休憩後平群へ下る。平群から榁の木峠に上るところでマウンテンバイクに追いつき少し話をする。リアのギアーが1枚でフロントが2枚。フロントもリアーもディレイラーが無い。はじめて見るので「1枚ギアーですか」と声をかける。山に入るときにディレイラーが無いのでトラブルが少ないのだそうで、フロントは山に入ったら、手でインナーに架け替えるらしい。チェーンが外れないようにテンションをかけるプーリーみたいなのが付いている。「へぇ~」って感じで感心した。彼は榁の木から矢田のハイキング道に入るのでそこで別れた。写真撮っとけばよかった。

富雄川から自宅に戻ったのが、10時40分ころ。40分はせめてもの反撃ってことで・・・。

本日の走行 60.1km、2時間47分、ave 21.6km/h、

PCを修理してからインストールしていないアプリケーションがいろいろあって、やっと心拍計の管理ソフトをインストールした。それはよかったのだけど赤外線通信用のドライバーが入っているCDが見当たらず結局データーを落とせないままになっている。トレーニングデーターで練習計画を練って・・なんてめんどくさいことをするような人間じゃないけど、練習後にコースの高低差グラフを見るのが自己満足だったりする。

2007年3月19日 (月)

雪と月ヶ瀬

まほロバRCから、月ヶ瀬に行くとの連絡が入ったので久しぶりに参加することにした。

9時に布目ダム集合なので、7時半には出る予定が出発しようとしたら雪が降り出しあわててネックウォーマーを取りに帰った。うだうだしてたら7時45分くらいになってしまった。ヘルメットの下にサイクルキャップかぶってイヤーウォーマーして、サングラスに花粉用マスク。おかげで顔はあったかい。ならやま大通りを通って奈良坂~柳生へ上っていく。家を出ていきなりアップダウンなので急に心拍が上がってなかなかきつい。山を上がるにつれて雪は小さくなってきて薄日が差すと光に反射してきらきらきれいだ。集合時間には間に合わず布目ダムに着いたのが9時15分。誰もいなかった。ひょっとして天理ダム集合だったっけ、そんなはずなかったよなぁ。少しうろうろしたが仕方がないので一人で月ヶ瀬まで行くことにした。布目湖をそのまま上がりダム湖の最上部で左折、急な坂を登ると広域農道に出て左折して月ヶ瀬まで一気に下っていく。下りの道の両側は満開の梅がたくさん植わっていてきれいだ。一気にすっ飛ばして下るのがもったいない。

Vfsh0127

月ヶ瀬に着いたのが10時ごろでまだ観光客もそんなに多くない。今日は寒いし出足が鈍っているんだろう。梅林を素通りして一山超え下ってR25までいってそこで引き返した。月ヶ瀬の茶店のようなところでトイレ休憩。あったかいココアを飲む。もうすっかり雪もやみ晴れている。

月ヶ瀬からまっすぐ柳生へ向かう。この間はゆっくりだが上りがほとんど。柳生~奈良坂までアップダウンはあるものの最後一気に下る。今日のコースはほとんど平坦なところがなくて腰にきた。帰り、たくさんの単車とすれ違った。エンジンつきは気持ちいいだろうな。すれ違ったサイクリストは2人だけ。ならやま大通りは朝と違って車が増えて走りにくい。おまけにアップダウンの連続でクールダウンすらさせてもらえない。今日は脚がぱんぱんになってしまった。

そうそう押熊の交差点で消防車やらパトカーやら止まってると思って近づいたら派手に事故ってた。消火器の粉の後が残ってたから火でも付いたのだろうか?くわばらくわばら・・。

Vfsh0129

本日の走行 109km、4時間33分、ave 23.9km/h

気温 最低1℃、最高11℃、ave5℃、冬に逆戻りしたようだった。

2007年3月13日 (火)

PC復活!

PCが修理から帰ってきました。ようやくブログが更新できるようになりました。コメントがはいってないか会社のPCで確認していましたが、いつも自分の顔が出てきていささかうんざりしていました。全然更新していなくてもアクセスしてくれている人も結構いて、同じ事思ってんじゃないかな。とどさんコメントありがとうございます。よろしくです。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »