2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 花粉と黄砂とアウターとインナー | トップページ | Result »

2007年4月 8日 (日)

ツールド生駒

昨日は、1hローラーをこぎ、夜はPCを立ち上げずに寝てしまいました。5時半には起きないと、呼びかけて遅刻するわけにはいきませんから。

というわけで朝6時半に家を出発。空は曇っていて半そでジャージにアームウォーマーでは少し肌寒い。生駒駅南口には7時前につくとk野さんがすでに待っていて、後からM木さん、K山さん、Sおじさんが到着。なんとおじさんは自宅を5時半に出発したとか。頭が下がります。K野さんはリアに27Tを装着し万全の構えでやる気バリバリ。

07040703

生駒から南へR168の裏道を三郷町まで走る。三郷町の住宅街から信貴山方面へ右折しばらく行ったところで上りの始まる地点の交差点でいったん止まってヒルクライム第1ステージをスタートする。タイムトライアルのタイムは自己計測ということで各自適当にスタート。おじさんとK山さんが先にスタートし、しばらくして僕がスタート。その後、M木さんとK野さんがスタート。いつものことながらスタートしていきなりの坂がかなりきつい。競争するとなるとなおさらのこと。距離は約4kmですが勾配がきつくなったり少しゆるくなったり、一部下りもありで、おじさんとK山さんはまったく初めてのコースなのでコースの変化に戸惑ったと思います。ゴールはのどか村の看板の真下。僕、K野、M木、K山、おじさんの順にゴールしたけどK野、M木両名が同タイムでトップを取り僕と4秒差。

のどか村で休憩後登ってきた道を途中まで下り、広域農道を左折してアップダウンゆっくり北進。途中、4人くらいのサイクリストとすれ違う。シルベストの朝練かも。左折すると十三峠へ上るところでいったん止まって、ヒルクライム第2ステージ開始。

07040702s 

十三峠頂上まで2kmなので距離は短い。おじさんとK山さんが先にスタートして、残り3人でよーいドンで一緒にスタートした。距離が短いので僕がスタートダッシュをかまし2人を引き離したが、結局ゴール前でM木さんのラストスパートでさされ約7秒差をつけられた。k野さんには追いつかれそうでぎりぎり逃げ切った。

十三峠を八尾に下り、大竹7丁目の交差点から第3ステージの開始。今度もおじさんとK山さんがスタートした後、少し多めに時間をとり3人でスタートした。M木さんが前で、K野、僕の順で上るが、結構ペースが速く感じて、中盤からきつくなってきた。M木さんとK野さんの間が少し開いてきて、K野さんと僕の間がさらに開いてくる。心拍165はいっぱいいっぱいの状態。ここはM木さんの圧勝で僕と1分近い差をつけられた。総合優勝はM木さんに決まり。それでも僕にとっては20分を切れて自己記録が出た。競争するときついけどタイムは出るものですね。

十三峠で八尾市かどこかの職員の方と話をしながら休憩。ロードバイクを初めて見たと、えらく感激(関心?)していました。

07040701s

少し雨が落ちてきたので生駒へ下ることにする。広域農道まで下って全員そろうのを待っているとおじさんがなかなか降りてこない。心配してM木さんがもどってみるも会うことができなかった。おそらく道を間違えてショートカットして下ってしまったんでしょう。仕方がないので、「日本国内なら自力で帰れるでしょう」ということにして出発した。近鉄東山駅まで下り榁の木峠を越えて富雄川に出る。前回榁の木の劇坂で無念の足つきしたK野さんがまたもや押して上がってきた。あれ~、27Tついてんじゃないのォ?と突っ込んでしまいました。

富雄でK野さんとわかれ、その後会社から電話があり、止まって話をしたのでM木さんとK山さんとも別れた。自宅に帰ったのが11時で雨が路面を濡らすくらいになっていた。

皆さんのおかげで今日は楽しい練習になりました。また行きたいっすね。おじさん、無事帰ることができてよかったです。それから、S木さん、コメントありがとうございます。ぜひぜひご一緒しましょう。

« 花粉と黄砂とアウターとインナー | トップページ | Result »

「トレーニング」カテゴリの記事

コメント

昨日はありがとうございました。
頑張りすぎたのか、今日の練習会休んじゃいました。
またやりましょう。

今度は地に足つかずに登りきるぞ~。第2回目またやりましょう。

ちゃんとしたステージレースやってますやん!
時計当たるクイズとかおまへんのん?

十三峠マニアさん、今度は一緒に行きましょう。賞品出してくれるスポンサー探しといてね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花粉と黄砂とアウターとインナー | トップページ | Result »