2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月25日 (金)

胸バンド

昨日知り合いの勧めでもう一度整形外科へ行き胸部固定用のバンドを買ってきました。胸に巻いてマジックテープで止めるものです。最初は窮屈でしたが固定される分痛みは和らぎます。しばらくお世話になることにします。

昼休み久しぶりに卓球を15分ほどやって見ましたが、フォアーでスイングすると少し痛むのでバックで当てるだけ。相手も手加減するのでかえってラリーが続いて・・。それなりに面白いものです。

そういえばトライアスロン協会の重鎮、Y本さんは肋骨にひびが入ったとき、運動して血液の循環をよくしたほうがはよう治るんや、といって水泳をしていたなぁ。

明日くらいはおとなしくしておきます。

2007年5月23日 (水)

やっぱりDNS?

昨日45分ほどローラーに乗ってみました。負荷は上げずに回転だけあげて。

自転車の乗車姿勢は問題ないけど、ボトルのドリンクを飲もうと片手で支える姿勢のとき、ちょっとしたタイミングで少し痛みが出ます。やっぱりレースは無理かなと思いかけています。

今シーズン初のレースなんで何とか出たいとは思っていたのですがDNSになりそうです。まあ、人生長いししかたがないわね。C3出場の方、表彰台の一角が開くかもよ。な~んてね。

2007年5月21日 (月)

骨折してました

会社の帰りに整形外科でレントゲンを撮ってもらった。

案の定肋骨にヒビが・・。亀裂が入っているらしい。

2007052001s_1

でも原因がはっきりして一応納得。骨が治るのを待つしかない。1ヶ月か1.5ヶ月くらいかかるらしい。

くしゃみをしたり、笑うと痛む。立ち上がるとき腰をかがめる姿勢も背筋に力が入ってうっとなる。先生の話では、ゴルフのように体をひねる動作はいけないが、自転車ならあまりひねらないから問題ないでしょう。とのこと。

「今週レースなんですけど。」と言うとテーピングの仕方が載っている本を出してきて「こういう風にテーピングすれば大丈夫でしょう、転ばない限りね。」とのこと。

一安心して、ジムへ行ってエアロバイクを30分だけこいでみた。心拍100くらいで超イージーだが特に問題は無かった。明日からローラーで備えることにしよう。ベストパフォーマンスではなくても完走できればいいや。

2007年5月20日 (日)

いた~い!!

ああ背中がかうずく!力を入れると痛い。かがむだけで息が詰まりそうになる。ひょっとしたらやばいかも・・。

今日は、布目には参加できなかったのでgourenへ向かうべく支度し、いつもより30分早く家を出る。開橋スタートだからたまには最初から参加するのも良いだろう。いつものように団地の5階から自転車を立てて下まで下ろす。階段の最後の2段くらいのところで不安定でおよそ歩くのに適していないシューズがずるっと滑った。自転車を支えてるもんだから腰を思いっきりコンクリートの階段に打ち付けてしまった。一瞬息が詰まって呼吸ができない。右臀部の上部ケツの骨のあたりが痛い。たまたま通りかかった爺さんが心配そうにこっちを見てる。こっぱずかしくて平気なふりをする。痛みもそのうち治まるだろうととりあえず出発した。

開橋にジャスト8時に到着。12,3人集まっていた。痛みは少しまし。木津までは細い道でウォーミングアップ走行。木津からいよいよペースが上がり結構きつい。ローテンションの先頭を2回くらいこなしたがその時点で脚が一杯一杯。和束ローソンの手前で着いて行けずに切れて流した。

和束で休憩の後、第2ステージもペースが速く切れないようにするのに必死。最後尾付近でスタートしたがローテで先頭に回ってきてまたもや脚を使い切る。トンネルあたりでたまらず中切れ。後ろの人に先に行ってもらうも完全に集団が2分されてしまった。M木さんが先頭集団を一人で追いかけるも我が第2集団に吸収。湯船の最後の登りでも集団後方でゴール。ああ、きつかった。

湯船から大石までの下りで雨が降ってきて路面も完全にウエット。靴が濡れて寒くなってきた。大石から猿丸神社までのアップダウン区間は雨は止んできた。ここの登りで絶好調の”な”さんにもついていけずさよなら~。後ろから皆さんを見守るだけでした。

街に下りてきてやっと暖かくなってきた。奈良はぜんぜん降ってなかったらしい。

今日はやけに疲れた。お尻の痛みはほとんど消えたけど、その代わり背中が痛む。右の脇の少し下あたり。ちょうど同じ高さの二の腕もすりむいている。傷はたいしたこと無いけど・・。打ち身の痛みだけなら良いけど。ちょうど肋骨のところなのでひょっとしたらヒビでも入ったのかも。肋骨のヒビなら固定しようが無いので日薬しかないなぁ。美山大丈夫やろか?

走っているときはほとんど痛みは無かったのに不思議なものだ。買い物袋を持つのも痛いのに自転車には乗れるなんて、自転車はやさしい運動なのかな。いやいや、ぼくの体のあちこちの傷を見る限りやさしい乗り物とは言いがたいかも。

本日の走行 105.9km、 3時間36分、ave29.4km/h

チャリ通帰り、雨のち和束

続きです。

昼に仕事が終わり食堂で昼を食べる。バイクシューズで会社の食堂をかつかつ歩くのは、人は少ないとはいえやや気が引ける。

会社を出て10分たたないうちに雨がぽつぽつ来たかと思うまもなく、いきなり激しくなって来た。かなり濡れたがスーパーの軒先で雨宿り。奈良のほうの空は少し明るいので止みそうな気がする。案の定20分ほどで止んだ。こんなことならもう少し会社にいればよかった。

また降り出したらいやなのでまっすぐ家に帰るつもりで24号線を北に走る。北からの向かい風が強い。路面はすっかりびしょびしょで跳ねが上がる。走ってて気がついたんだけど、新しい舗装はきめが少し粗いようで水はけが良いので水がたまらず走りやすい。古い舗装はところどころ水が浮いている。これもテクノロジーかな。少し感心した。

雨はもう大丈夫そうだったのでR24から加茂に向かって右折。べただけどかぐや姫の「加茂の流れ」なぞ口ずさむ。美加の原カントリー前を通過し、いつものゴウレンコースで加茂の恭仁大橋を渡る。そこから直進し163を横断、さらに直進。この前鷲峰山に行った帰りに通った道を逆走することにする。雨上がりの茶畑を縫ってアップダウンしながら和束に続く風景はすごくきれいだ。

01

もう少しで和束に出てくる手前で左折すると井手町という看板があったのでそちらのほうに行くことにする。急に斜度がきつくなり25Tでもきつい。ゆっくりぎこぎこ上る。20分くらい上ってやっと頂上。路面に山岳賞と書いてあるが賞の字が消えているようだ。

02

↑写真の向こう側から上ってきました。

大正池に一気に下り、井手町の桜の名所玉水橋からけいはんな経由で帰宅した。帰りは追い風で調子いい。

自転車がどろどろになってしまったのでとりあえず泥だけ落とす。

明日は、布目フェスタに行きたかったけど昼から用事があるのでDNSとしました。もう寝よう!

It's time to go to bed. でおま。

2007年5月19日 (土)

卓球60分耐久

昨日は自転車で通勤しようと着替えたけど、雨が降りそうなのでまた着替えなおして車で出社。根性無いなぁ。大して降らなかったのに。

それなれば帰りにローラーを1時間くらいこごうと思っていた。したら同僚が卓球して帰えろや、って言うもんだから2人で体育館へ。いつもながら誘惑に弱い。(だれかもっといい誘惑してくれ~)ぶっ続けで1時間もやってしまった。もう足ふらふらで集中力が無くなりだんだんイージーミスが増えてくる。汗びっしょりでした。

今日5月19日(土)は休日出勤。自転車で6時に家を出た。夜中に雨が降ったようで路面が濡れていてところどころ水溜りも。はねが上がってやだな。今朝一の仕事が一段楽したところ。帰りは少し遠回りしよう。

2007年5月16日 (水)

ローラー80分耐久

僕の年間の計画ではこの時期もっと体重が落ちているはずだったのにビミョーに増えている。平坦なところでは良いけど登りがきついんだよね。美山のレースをイメージトレーニングしようとしてもあの坂で切れる姿ばかりがイメージされてしまう。

もっと乗る時間を増やせば良いと思うんだけどなかなか・・・、ああジレンマ・・。

ローラーを80分耐久でごまかした。

軽いホイールがほしい今日この頃。

2007年5月14日 (月)

脚張ってます

昨日の練習の影響で脚に張りがある。筋肉痛とまでは行かないけど。

切れかかってもがくのが結構きているのかもしれない。

休養といきたいところだけど軽くローラーを45分だけ回した。負荷をかけずに回転も90rpmくらいでほんのり汗ばむ程度。

やらんよりはましだわね。

2007年5月13日 (日)

gourenのち清滝峠

夕べ、だめもとでよしの・よしの・と連呼するもかなわなかったので、ゴウレンに参加。(子供か!!)

いつものように8時前に出発。西からの風が強く追い風に乗ってペースが上がった。加茂あたりでvivaceのニュージャージ(アメリカか!)と黄色のジャージに追いつき合流。な、さんと鉄道次郎さん。ほどなく後ろからK野さんが追いついて4人で和束に向かう。急にペース上がるもんだから早くも足がぱんぱんに。

和束に集合したのが14~5人くらい。スタートしていきなり追い風に乗って40km/hで飛ばす。ペースがむちゃ速い。途中左のふくらはぎが急に痛くなり力が入らなくなった。最近時々痛むことがある。ごまかしながら走るうちに痛みは治まったけど、それから集団はペースを緩めることなく、前の人に千切れそうになりながら必死で追いつき、また千切れそうになるのを繰り返すうちに力尽きてしまう。清水橋を過ぎたあたりから千切れてしまった。それでも同じ境遇が集まった4人でローテーションしながら何とかペースをつくり湯船頂上10番目に到着。先頭集団の様子など知る由も無い。

湯船から大石までのくだりは向かい風のなか、7~8人でうまくローテーションしながらペースを落とさずに進んだ。後ろについているときは楽チンだけど、1度前に出ると強烈な向かい風でなるべく早く先頭を変わってもらわないと持たない。ロードの練習は切れて独りになると辛いので必死だ。

大石のコンビニ休憩後のアップダウンコースはさすがにローテはしないが、僕の周りの顔ぶれはいつもと同じ。トップは先の方で見えやしない。山城で流れ解散後打田方面にいつもの3人となさんでイージーに流す。今日は少し早いし吉野の恨みもあるのでもう少し回り道することにし、M木さんと一緒に清滝まで上った。R163は車が多くて走りにくい。清滝峠でM木さんと別れて緑の文化園経由で阪奈道路まで行き、阪奈手前を田原方面に下り12:40くらいに帰宅した。

27日の美山ロードまでに調子を上げていきたいが、今日集団から千切れたのが今の僕の力を物語っているようで、4周じゃなく2周のカテゴリーにしといてよかったかなと思った次第であります。

本日の走行 104.4km、3時間39分、ave28.6km/h

ペダル合わせ

嗚呼後悔。もっと早く起きてとっととチャリに乗るんだった。

昨夜夜更かししたので朝ゆっくりしていたら鬼嫁が、手首が痛いから整形外科につれてってとのたまう。歩いていけるやろとぶーたれるも聞き入れてもらえず、仕方なく付き合う羽目に・・・。駅前にできたクリニックモールに初めて行った。3階フロアーがクリニックモールになっていて、整形外科、脳神経外科、内科、眼科、などの医院が入っている。受付と会計は共通で今までに見たことのない形態だった。清潔で落ち着いた雰囲気でいいのだが駐車場が1時間半しか無料にならないのが玉に傷。待ち時間が長かったので車を一回出して再入庫させるはめに。結局、腱鞘炎だと。

診察後、4階5階がスポーツジムになっているのでついでに見学した。ジムスペースは案外狭くマシンが詰め込んでいる印象だが、その分ランニング、エアロバイクの台数は多い。プールはちょうどちびっ子のスイミングスクール中でガラス越しの見学スペースには親が見守っている。一般の人も2つのコースで泳いでいるが、なんだか見せもんみたいで女性はいやだろうな。まあ、僕は行かないからどうでも良いけど。全体的には新しいし雰囲気は良いかも。

昼から昨日取り付けたペダルのクリート合わせもあって少し自転車に乗ることにした。

少し乗っては止まりクリートの位置合わせを繰り返したのであまり距離は乗れなかった。田原から生駒山方面に上っていったら生駒山ろく公園に出てきた。グランドやテニスコート、野外活動センターなどがあり親子ずれでにぎわっている。ここまで初めての道でクライムコースとしてはさほどきつくはないけど近くで気軽に行ける印象。ただ、公園より先は無くて、信貴生駒スカイラインに入ってしまうので自転車では先に進むことができない。確か自転車は乗り入れ禁止のはず。しかたなくここで引き返して帰宅した。1時間半のサイクリング。うーん、消化不良。

明日は、まほロバの吉野ランに行きたかったけど帰りが遅くなるのでNGとなった。GOURENでもんでもらいます。

2007年5月12日 (土)

はや1年

このブログをはじめてちょうど1年になった。

最初は自転車のことがメインだけど書くことがなかったらほかのことでも良いや、と言う思いでこのタイトルを考えた。ご存知のようにランス・アームストロングの本のタイトルのパクリだけどね。

結局はじめてみるとほとんどが自転車のこと。ほかに大して書くことがないし、自転車以外のことだったらかなりプライベートなことや、愚痴になってしまうかもしれない。まあ、ついサボってしまう自分への励ましの意味で続けていけばいいかな。

久しぶりに自転車で通勤。キタからの風が強く少し肌寒い。行きは追い風で調子よかったけど帰りは向かい風。帰りにキタサイクルによって取り寄せてもらっていたクリートを取り付けるプレートを買う。先日シマノのペダルを買ったのは良いけど古いタイプのクリートが付いていたので、プレートを交換しないと取り付けることができなかったワケ。

裏側に入っているこれを

Vfsh0012

これに交換します。

Vfsh0013

↑よく見ると(よく見なくても)たての溝と穴が削れてくっついて軽量化(?)されている。

写真は撮ってないけどかかとも磨耗して多分1gくらい軽量化になっている(はず)。

明日、乗りながらポジションを微調整しよう。

2007年5月 4日 (金)

休日出勤のち流れ橋

GW真っ只中というのに休日出勤でした。しかも7時出社。

自転車で行きたかったので6時に家を出ました。オレンジLOOK号を出そうとしたら昨日パンクした後輪のチューブを換えたのにまたもやエアーが抜けていて、今日はパンクしたらちょっとやばいと思い久々にシクロバイクを引っ張り出してきました。室内保管にもかかわらず少しホコリがかぶっていたけど気にしない。シクロのレースに出たままの状態なのでメーターは付いてなくて、おまけにボトルゲージも付いていません。団地の階段を担ぎやすいけどね。ユニクロの長Tに重いけど歩きやすいツーリング用シューズを履いて出発。

会社への行きはせっかくのシクロバイクだから地道を通ってシクロ気分を味わいました。さすがに道路もすいています。

仕事は昼に終わって会社で昼飯食って、家には夕方に帰るといってあるのでちょっとばかりサイクリングを楽しむことにしました。いつものロードバイクだったら天理ダムから上って山を回るのもありだけど、シクロバイクではちょっと重いしリュック背負ってるしと言い訳しつつ平地でイージーライドすることにしました。

とりあえず郡山からR24を木津川まで行き、木津川の自転車道路で京都に向かい流れ橋まで行くことにしました。さすがに連休だけあって今日はやたら自転車が多い。マウンテンバイクが多くてロードでもどっちか言うとツーリングっぽい人が多い。それにやたら多いのが中高年のおっちゃん。バイクジャージじゃなくTシャツだったりリュック背負ったり・・・。おっと、僕もその仲間だった。それにしてもいつもながらここは風が強い。ある意味峠を走るより気分的にしんどいかも。そういえば知り合いが所属していたトライアスロンチームとすれ違ったなぁ。TAKAMASAとか言う・・。

流れ橋に着くとこれまたたくさんの人が渡ってるし河川敷にも人がたくさん。こんなに多いのを見るのは初めてかもしれない。

070503_2

とりあえず写真だけ撮ってすぐ出発。もう少し進み木津川大橋で一般道に出て自販機でドリンクを補給し自転車道に戻り引き返しました。

いつもゴウレンの時に帰る道に曲がり、同志社前を大阪方面に向かいましたが、いつもの打田の坂を上るのがなんとなく飽きたというかただ単にしんどかったので水取で左折すると夢はんな何とかセンターという看板が出ているので坂になっていたけどとりあえず行ってみることにしました。ちょっとした峠を越えて出てきたら京都フラワーセンターでした。以前来たことがあったのでなんだここに出るんか、と思いながら結局逆戻りする方向に来てしまい仕方ないので、京奈和道の側道沿いにけいはんなまでいきました。よけいにアップダウンの道を通ってしまったような気がします。光台からR163を横断して登美が丘駅を通り4時ごろ帰宅。

結構疲れました。夕方「ゆららの湯」に行き水風呂で下半身のアイシングと暑めの湯につかるのを2SETほど、これが疲れが取れて気持ちいいんです。おっ、体重が70kgまで落ちとんがな。腹減ってましたけど・・。

本日の走行 往 20km、復 70km(ぐらい)

2007年5月 3日 (木)

鷲峰山(じゅうぶざん)クライム

まほロバからお誘いがきていたが、早く帰れる和束に行くことにした。5日はまほ練にいきたいと思っています。

いつも和束に直行しているけどたまには集合場所の山城大橋まで行こうと思い、7:30ごろ家を出ようとしたらごみ捨てやらなにやらで出遅れ。結局ちょっと間に合わない時間になったのでいつものように和束に向かった。少し早いのでみんなと合流しようと加茂町の山城大橋恭仁橋で引き返したら、K山さんに出会い一緒に和束に向かった。K山さんも出遅れたようだ。

和束ローソンで待っていると鷲峰山の方から本体が下ってきた。全部で7人くらいで出発。清水橋ではっさんともう一人がいつものゴウレンコースへ直進、残りはいつもとコースを変えて左折、鷲峰山方面に行くことになった。いつの間にやらリッツで優勝したトドさんが合流した。明日、伊勢の100km耐久に出るそうだ。僕も仕事がなかったら行こうかなと思っていたんだけど・・・。R307に出て裏白峠を超えたところで左の林道へ入る。トドさんはまっすぐ帰って行った。ここからだらだらと林道を登っていく。木々に囲まれて肌寒いくらい。ヒルクライムスペシャル仕様MTBに乗ってきたK治木さんの前輪がパンク。修理する間一休みとなった。交換のときホイールを持たせてもらったらなんと軽いこと。タイヤのブロックも一つ一つ削ってつるつるにしている。中のチューブも透明でむちゃ軽い。樹脂系のゴムらしい。軽くてうすうすでひょっとしてO理研製じゃないかと思うほど。

↓むちゃ軽い! このチューブの補修はできません。

Vfsh0004

林道を登りきり、頂上をこえて鷲峰山の金胎寺でなさんが帰って行った。ここの金胎寺ののぼりがきつくて路面がウェットで滑ってしまう。SおじさんとK山さんが押して上る。

お寺の食堂でそうめんをいただきさあ出発というところで僕の後ろのタイヤがぺっちゃんこになっていた。スローパンクだ。朝タイヤの空気が完全に抜けていたのでやばいかもと思っていたら案の定だ。K治木さんの携帯フロアーポンプのおかげでチューブ交換も早いものだ。

ここから下りは細くてくねっているので気を使う。犬打峠を左に和束ローソン方面に下る。くだりきって和束川の手前を右折して一面の茶畑をくねりながら進む。山から下りると急に暖かくなってきた。初めてだけどなんとも趣がある道を進むと加茂に出てきた。加茂から木津で皆さんと別れR163で12時半ごろ帰宅。

本日の走行 82㎞

2007年5月 2日 (水)

布目まで

朝起きたら外の路面が濡れていて夜中に雨が降ったようだ。空はどよどよ~んとしていたが雨は降らないことにして8時ごろ家を出発した。

時間があまりなかったので布目ダムまで往復することにして、R163で木津(いつのまにか市になったんだね)まで行き、R24から奈良坂経由して、柳生へ上っていった。

今日は連休だけど平日のせいか柳生への道はダンプが多かった。登坂車線に5~6台くらいがエンジンをかけたまま路駐していてゲホゲホだ。「じゃまやなぁ!!」と心の中で文句を言う。峠の頂上を越えれば車も少なくなった。ちょうど田植えが始まっててカエルの大合唱が里山にこだましている。この間通ったときのきれいな菜の花畑はすっかり耕されていた。布目ダムの一番低いところから右回りに最上部まで上る。ツアーオブジャパンの交通規制の看板が出ている。今年も休みとって応援に行こうかなぁ。

Vfsh0003

交差点を左折してそのまままっすぐ広域農道まで登った。ここで10時になったので引き返すことにし、再度布目ダムを下った。

布目ダムから来た道を引きかえし奈良に下る。奈良市内に下りると日が差してきた。ならやま大通りを通って11時30分ごろ帰宅。短い時間だけどちょっとだけがんばったら脚が結構張っている。

体重を量ったらいつのまにか71.5kgになっていた。(体感的)ベストは69kgくらいで、一番調子がいい。27日の美山ロードに申し込んだけどこのままじゃああの上りはちょっときついなぁ。もう少し絞らなきゃ。

本日の走行 85.7km、ave 27.2km/h

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »