2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月28日 (水)

3連休

蕁麻疹も一向によくならなが、寒くなってきたので少しくらい運動してもいいかと、23日(金)と25日(日)の朝2時間ほどサイクリング。家を出て1時間走ったところで折り返す。

金曜日。スピードを上げないように(あげようと思っても上がらないが)25km/h位の速度で、まったり走った。天気もいいし風も無く木津川自転車道はフラットで気持ちいい。結構たくさんの自転車と出会う。
シクロバイクの三船プロが「ちわー」って抜いていった。その後を追うように女子が抜いていく。さすがに女の子に抜かれるとペースが上がってしまう。少しだけがんばって女子に追いついて挨拶をする。自転車で変な親父にナンパされたって思われたらいけないし、僕が話しかけてスピードを落としたので邪魔しても悪いと思ってスピードを緩めて分かれた。結構一生懸命走っているように見えたもので・・・。
R163から登美が丘駅までののぼりがまるで十三峠に思えた。

日曜日も同じように1時間行ったところで折り返す。少しペースが上がって27、8km/hの巡航。流れ橋まで行って折り返した。金曜よりもさらに暖かく気持ちいいがペースをあげたのがたたったかすこし足が張る。

無理せずたまには走ろう。

2007年11月11日 (日)

SACRIFICE

最近めったに本なんて読まなくなって、たまに読むのも雑誌をぱらぱら程度。新聞だけは老眼鏡かけて目を通しているけど。

自転車の雑誌で紹介されていて面白そうだったので探したけど、近所の本屋には置いていなかったので取り寄せてもらった。

Photo

Sacrifice(サクリファイス)って、僕の頭の中のpoorな全部で500語くらいしか入っていない辞書には無い言葉だったけど「犠牲」という意味。(語彙が1つ増えて501になりました。)

ここではチームのエースを勝たせるために自分を犠牲にするアシストの事で、この言葉が小説の最後に重要な意味を持たせることになる。

主人公は日本のプロの自転車チームに所属する若手のホープ・・・とあらすじを言っても面白くないね。架空のチーム名だけど舞台になるロードレースが「ツールド・ジャポン」で、まさに「ツアーオブ・ジャパン」。大阪ステージの後に奈良ステージがあり、富士山ヒルクライムステージが優勝の行方を左右する・・・なんて、リアルで面白い。奈良ステージの描写がほとんど無かったのが残念。

ヒルクライムの練習に暗峠を大阪側から上るとはさすがプロ。十三峠なんて、身近な地名が出てきてヒデキ感激。
練習やレースで走っているときの描写がとてもリアルで面白い。ストーリーもミステリアスで自転車の世界を知らない人でも楽しめると思う。

僕のブログを読んでくださっている自転車乗りじゃ無い方も楽しめると思いますので、お勧めです。

2007年11月10日 (土)

鈴鹿3耐DNS

かれこれ3ヶ月以上たってもじんましんが治らず、激しい運動も医者から止められ、やむなく鈴鹿3耐はDNSとした。参加費がもったいないと思いながらも今はレースできる状態じゃないししょうがないか。

8

事務局から「Suzuka 8h Enduro」のロゴが入った手ぬぐいとソックスが送られてきた。

思っても見なかったのでなんだか複雑な心境。まあ、後になってあの蕁麻疹の時の・・と笑えるかな。

復活の日をイメージする日々です。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »