2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月29日 (土)

めざせ3日坊主

今年も残り3日ほどになってしまった。早いものだ。1月にこけたのがつい先日のように思える。年取っていくと時間の速度が加速しているような気がするのは私だけでしょうか。1年は365日で1日は24時間だけど、基本の1秒間が実は短くなってたりして・・・。

今週のweek dayは25、26日と1時間づつローラーに乗れたがその後2日間乗れなくて、今日は出勤、しかも雨。week dayもせめて3日続けて練習できるようにしたいものだ。
目指せ「3日坊主」だ。

2007年12月24日 (月)

矢田シクロ練

約束どおり矢田丘陵のハイキング道でシクロ練してきました。

待ち合わせは矢田運動公園。9時に2分ほど遅刻して到着。KIMさんと2人で矢田寺まで細い道を上っていく。矢田寺の参道はきついので横から回り込んで境内に出てくる。矢田寺から山道を登っていくがだんだん傾斜がきつくなってきてKIMさんはすいすい上っていくのに、こちらはギアーが足りない。無念の足つきで途中から押しが入る。

山の中では終始KIMさんに遅れをとりながらあっちこっち回る。KIMさんがクリアーできるところでもどうしても止まってしまうところが多くてかなり待ってもらった。タイヤも3年くらい変えてないので真ん中がつるつるでトルクをかけると滑ってグリップがなくなる。その上にギアー比が足りない。僕のリアーは26でKIMさんは36、フロントは僕のほうが小さいとはいえこの差は大きい。もちろん実力差も大きいね。

ぐるっと回って子供の森に下ってきていったん舗装路で榁の木峠にのぼり自販機で休憩。昨日ロードで上ったところだがシクロバイクのほうが重くてしんどい。休憩後榁の木峠から再びオフロードに突入する。今年初めてのオフロードは下りのわだちやコケで滑りやすく何回か転倒した。まあ土の上だからたいした怪我にはならないので泥遊びみたいなものだ。それにしても長い押しでぜーぜー、結構こたえた。

ハイカーの方とすれ違うとき相手が通るのを待っていると話しかけてきた。「自転車でも汗かくの?」と聞くので「ぜーぜー言ってますわ。」と答えた。(少なくとも僕はね)「下りは冷や汗やね。」と冗談を交わしたが僕にとっては冗談じゃないよ。

矢田寺までの長いくだりも途中でブレーキの制動が甘くなって怖い思いをした。矢田寺から舗装路で矢田運動公園まで下りKIMさんと別れた。矢田から富雄川を北に向かって自宅を目指すが北風が強くて、しかも結構足が疲れていて力が入らず軽いギアーでクルクル回さないと進まなかった。ちょうど12時ごろ帰宅。

なかなか楽しいライディングでした。新しくタイヤと気合を入れなおしてまた挑戦したい。ついでにギアーも付け替えようかな。

KIMさんありがとさんでした。

2007年12月23日 (日)

くらがり峠

昨日から降り続いた雨が朝まで降っていて、朝飯をのんびり食べながらTVの「渇~ッツ!」ってのを見ていると窓の外に薄日が差してきた。

急いで身支度して10時前に家を出発。練習時間は昼までの2時間。さあどこに行こう??信楽は時間がないし、流れ橋もきっと水溜りができて走りにくいだろう。こういうときは”何とかと煙”は高い所に行きたがる、っていうし久しぶりに山を登ろう。できたら十三峠に行きたい。

富雄川沿いに第2阪奈まで行き、榁の木峠を越える。路面はまだ濡れていてグリップが弱くて滑りやすい。最初から一番軽いギアーでゆっくり上る。久しぶりに上るので気を使う。道が細いので下ってくる車と対抗するときはさすがに緊張した。

榁の木を超え矢田丘陵を下って十三峠まで行く時間がなかったので暗峠に上ることにした。今日はイヤーウォーマー、ネックウォーマー、シューズカバー、ウィンドブレーカーで防寒対策ばっちりだったけど意外と気温は低くなくイヤーウォーマー、ネックウォーマー、ウィンドブレーカーの順に脱いでいった。それでも暗峠の頂上手前の壁では汗が滴った。劇坂は心肺よりも腰にくる。グレーチングは少しトルクを緩めないとリアーが滑ってしまう。それでも久しぶりのこの感覚がうれしい。

01

峠の頂上で一息入れ登ってきた道を下る。さすがに大阪側に下ろうとは思わない。滑らないように注意しながらゆっくり下った。帰りは時間がないので生駒~富雄を経由してヒルクライムで張った足をほぐすように軽いギアーで高回転を意識しつつ帰宅。

明日はKIMさんと矢田でシクロ練です。バイクが埃かぶったまんまですけど・・・。今日の関西シクロ北神戸はさぞかしぬかるんでたでしょうね。

2007年12月20日 (木)

ローラー練

12月19日

連続のローラー練、1H。

水泳の練習方法で「ピラミッド」というのがあって、インターバルの距離をたとえば50m-100m-200m-300mという風に上げていき、その後200m-100m-50mと下げていく練習方法。距離を伸ばしていくとだんだんきつくなるが、距離を落としていくときもペースを落とさないようにまわすのが結構きつい。

この応用編でチャリ版ピラミッドを試みた。ローにギアーをいれ20分アップの後、5分毎に1枚づつギアーを上げていき、4回上げた後1つづつ下げていく。4枚上げたときが一番きついが、ギアーを下げるときも乳酸がたまった状態で回転を維持するのが結構きつかったりする。ピラミッドは上がるときより下るときのほうがきつい。乳酸除去力アップの効果があるかもしれない。私見ですが。

4枚目が限度でした。ふぅ~
腕にぶつぶつが出てきたが、夜には少し引いた。

2007年12月18日 (火)

週末ライド

今頃ではありますが、先週末の練習です。

土曜日、西からの風が強くてふらつきながら木津川自転車道を流れ橋まで2Hほど。軽くでもローラーってたので軽めのギアーで足はよく回った。

日曜日、前日の風でふらついたので風の影響が比較的少ない近場の山岳コースをゆっくり流す。高山~東畑~けいはんなプラザの裏の道で京奈和自動車道まで行き左折。京奈和の側道は短いアップダウンが続く。下狛ICで左折し、自衛隊~フラワーセンターを通り東畑に戻る。こんなに上り長かったっけ、って感じ。その後少し時間があったのでR163を清滝までヒルクラ。ラッシュの時間じゃないけど車が多くて走りにくい。清滝峠でUターンしてR163を下った。くだりのほうがさらに走りにくくトラックが幅寄せしてきてむちゃ怖かった。通り過ぎて思わず人差し指を立ててしまった。”Fack You !!”

リハビリ走中だけどゆっくり上るのもいいものだ。

夜のまほロバ忘年会では久しぶりに会う人も多く、楽しかった。宴会はあまり得意じゃないけど同じ趣味の老若男女が集まると理屈抜きに楽しいものだ。

今日はローラー1H。アップの後少しだけ負荷を上げてインターバル(5分ハード、3分イージー)を4本ほど。そろそろ心拍をあげていこうと思う。無理はせず徐々にね。

2007年12月14日 (金)

ローラー90分耐久

仕事でストレスたまりまくりで、こんな時はいやなことも忘れるくらいトレーニングするのが一番。

軽い付加でいつもより少し長めに1時間半ほどローラーをこぐことにした。

2、30分ほどたったとき携帯に取引業者から電話が入ってきて「今良いですか?」とのたまう。「あほ~、今自転車に乗ってるとこじゃ!!ボケ~」と言いたいところをぐっと押し殺して、「いいっすよ、何??」と息が切れそうなのをごまかして返事をしている自分が悲しい。

仕事の話をしている間ももちろん足は動かしていたけどね。変な音聞こえてると思ったやろか。

2007年12月11日 (火)

風邪ひいてまんねん

先週のLSDで少しのどを痛め、すぐ治るだろうとたかをくくっていたらだんだんひどくなってきた。金曜くらいからせきがひどくなっていた。

少しましになってきたの息が上がらない程度にローラーを回してみた。

付加をこれ以上ないほど低くして呼吸が上がらないように軽く回すだけ。少しだけ赤い斑点が現れた。あんまり気にしない方が良いような気もする。たった45分ほどだけど少し汗ばんで気持ちよかった。

まほロバの会報の原稿をやっと送った。1年を振り返ってブログをざっと見返すと、怪我ばっかりの1年だった。まだ終わってないけど来年は安全第一といきたいものだ。

少し前、ジムで柔軟選手権という企画をやっていたのだが、これはいわゆる前屈して指先が足より下に何センチまで曲がるかを競うもの。期間中に各自が計測をするものだが、先日結果が出ていたので見ると、記録25cmで、40代の部で優勝していた。柔軟の鉄人という認定証と景品としてバーム1缶、プロテインのサンプル2つをいただいた。たいしたものじゃないがアスリートとしては何でも良いから1等賞はうれしいものだ。バームの賞味期限が切れていたのはお愛嬌?詐称するよりはましか!!

余談になるが、実は、賞味期限に関してはいやな思い出がある。昔僕がトライアスロンをしていたころ、能登半島の先端部で開催される珠洲トライアスロンに参加したときのこと。
大会当日、宿を車で出発。家内が宿の前にある自動販売機で缶コーヒーを買って、行きの車の中でモーニングコーヒーを味わったまではよかったが、会場につくまでにおなかが急降下。どうしても我慢できずに通りかかった交番に駆け込んで事なきを得た。よくよく見ると缶コーヒーの賞味期限が切れており、かなり古かったのが原因とわかった。僕はレース前にそんな脱水を起こすようなものは飲まないので助かったが、家内はそれがトラウマとなって賞味期限には超うるさい人になってしまい、必ず賞味期限を確認するのはもちろん自販機は回転のいいところでしか買わなくなってしまったのでした。

取り留めのないことを書いてしまいました。

2007年12月 3日 (月)

3時間LSD

今日は3時間のLSDと決めていたので、9時に出発。木津川も飽きたので、久しぶりに和束から信楽に向かい湯船森林公園まで行くことにした。

決して力で踏まないでギアを軽くし、極力回すようにペダリングをしたにもかかわらず結構足に来た。

湯船の頂上から朝宮周りで清水橋にもどり着た道を帰るコース。湯船頂上で1時間30分くらいだったのでちょうど良い。それにしても帰りは下りのはずがスピードが上がらず、下り傾斜がゆるくなるとインナーに入れないと回転できない。風のせいもあるがリハビリ走の身には仕方が無いか。

久しぶりに走る和束方面は、天気がよかったが風はひんやりしていた。それでも裏白峠で気温10度の表示になっていたので例年よりは暖かいのかな。山々も茶色くなっており、景色を見るだけで和む。

071202_1

帰りの和束から家までふとももが張ってきて苦しかった。乳酸がたまっていくのがわかる。練習会参加まではまだまだ苦しいか?

家に帰って足首に蕁麻疹が出てきて少し痒かったが、昼飯を食べているうちに跡形も無く引いた。よくわからんわ。

予断だが、今日の野球日本/韓国戦はしびれたねぇ。

2007年12月 1日 (土)

木津川は自転車がいっぱい

先週に引き続き木津川をLSDペースのサイクリング。

9:30ごろ家を出ると、天気も上々。風も無く、負荷をかけずに回転を上げることだけ意識して流した。先週より少しだけペースが速く、30km/hを超えるので、無理せずリミッターを上限30km/hに設定した。その代わり回転を100回転くらいを意識する。(ケイデンスついてないのであくまで体感です。)

以前、トレーニングは盆の上に砂山を盛る作業みたいなものだということを聞いたことがある。高い山を作ろうとすれば盆を広くする必要があり、大半の砂は土台に使われる。盆が小さいのに山を高くしようとすると一時的に高くなってもすぐに崩れてしまう。

3,4ヶ月になるブランクがあるんだから、僕の盆は相当小さくなっているわけで、当分は早く走ることより、器を大きくする地道な作業が必要だと思う。

てな事を考えながら走っていると、十三峠マニアさんとすれ違った。僕は北進、彼は南進。朝の逆光で僕に気づかなかったようで、三角になった目を見て声をかけそびれた。それからマスクをつけたgourenのTさんらしき人にすれ違う。ミフネドットコムのジャージの人ともすれ違った。あれは誰だろ?

今日も流れ橋で折り返す。帰りはやや向かい風でスピードが落ちる。K山さんとすれ違った。帰りもマスクさんとすれ違う。往復してるんやな。天気が良いのでたくさんのサイクリストが走っていた。

今は往復2時間のライディングが心地良い。明日はもう少し時間を延ばそう。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »