2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

もっと光を!

わ~い。送ればせながら我が家にもようやく光が開通したのだ!!

おっ、なかなか速いわって感じ。

2008年4月27日 (日)

まほ練

2週連続でまほ練に参加。昨日は火災報知器の設置に立ち会わないといけなかったのでno ride。おかげで今日ははさら足。

家を7:30に出て、途中コンビニでパンとカロリーメイトを買って、いつもの天理ダムに9時ちょい前に到着。全部で7人くらい集まり、長滝へクライム。39*23Tでゆっくり回す。Y岡君が体調を気遣って三味線弾いていたのでちぎられずに済んだ。福住で休憩ストップするといつの間にかS木さんが合流していた。

福住から下り一台峠を越えて布目ダムへ。一台峠でもS木さんが前日の練習疲れのためぶっちぎることなくしゃべりながらまったり上る。それでも頂上が見えたところでS木さんとY岡君がアタック。付いていけず後ろで見ていた。

布目ダムで休憩後皆と分かれて柳生~奈良坂~木津を経由して帰宅。

先週は柳生のアップダウンがきつかったけど、今日は追い込まなかったせいか調子よく帰ることができた。

93.5km、3h42m、ave25.1km/h、累積登坂1,280m

2008年4月23日 (水)

ジテ通+長滝クライム

4/21(月)

足に疲れが残っていてとりあえずローラーを50分。かる~く。

最近ローラーの時MISIAとコブクロを良く聞いていますが、平井の堅ちゃんの新しいやつを聞いてみました。ゆっくりまわすのにいい感じです。

4/22(火)

ジテ通です。

天気が良く朝出かけはウィンドブレーカーを羽織ったが、帰りは暑くて長T1丁でOK。そろそろ田植えの準備か、田んぼに水をはり出している。その為かムシが顔に当たって目や口に入りそうだ。すれ違ったママチャリのおっちゃんも顔をうつむいて目を細めて漕いでいる。

帰りの明るいうちに天理ダムからまほ練コースの長滝までヒルクライム。一人だとまほ練ほど必死にならないけど後半乳酸が溜まってきつかった。
長滝で折り返して下ってきたら、あにきと遭遇。もううす暗くなっていてほんまの闇練でんな。フラットハンドルにフロントシングルの通勤用バイクで天理ダムまで4往復とか。さすがクライマーですね。

往:20.2km、0:44、ave27.1km/h
復:45.0km、1:55、ave23.4km/h

2008年4月20日 (日)

まほ練

休暇をもらって少し旅行してきたら1週間で3kgも体重が増えてしまった。気が向いたので少しjogしたら途中で太ももが攣ってしまってとぼとぼ歩いたとさ。何時間も走ったんならわかるけどほんの20分くらいなのに。

4/19(土)

朝起きても足がおかしい。軽い肉離れかも。こういうときはストレッチ代わりに足を動かしたほうがいいと自分に言い聞かせて軽い負荷でLSDを決め込んだ。

木津~和束~湯船~朝宮~宇治山田~打田~けいはんな~帰宅

前半GOURENコース、朝宮からそのまま下る。のぼりも下りも心拍は110~130の範囲内。完璧なLSDペースだ。これだけ軽く走ったのに足が張っているが、攣ったような違和感は消えている。

84.3km、3:23、ave24.9km/h

4/20(日)

久しぶりにまほロバの練習会に参加。7:30出発で天理ダムに9時集合。6名ほど集まった。天理ダムから福住までの上り。福住から布目ダムまで下り基調。布目ダムで休憩後サイクルアッタクの下見もかねて神野山に上る。

細くてきつい坂を神野山山頂まで登る事ができて頂上の展望台からは四方が見渡せてなかなかいいところだった。めえめえ牧場からハイキングで着たら気持ちいいだろうな、と思わせられた。

神野山で11時過ぎていたのでみんなと別れて柳生~奈良坂~木津を経由して1時過ぎに帰宅。

前日と違ってアップダウンばかりで足がぱんぱんになってしまった。

階段のくだりで足つりそうだし・・・。

89.8km、3:46、ave23.8km/h

2008年4月13日 (日)

岩船寺経由布目練

4/11(金)

ジテ通、

往:20km
復:33km、帰りに名阪国道天理東から福住までヒルクライム。半分くらいダンシング。

4/12(土)

今日は嫁の用事があったので乗れないと思っていた。朝ゆっくり起きると、行ってきていいと。

むっとしながらも10時ごろ出掛けた。

木津~加茂駅前を通過して岩船寺へと上る。岩船寺から須川ダムへも上り基調。里の桜は散ってしまっていてもここらは今が満開で須川ダムの桜がきれいだ。

Pict0076

須川ダムからもえっちら上るとR369大柳生へ出てくる。消防署の前の桜並木もきれいだった。6月ごろほたるの群生が見られてとてもいい所だ。

柳生を経由して布目ダムまで行く途中ピンクのユニフォームがかっこいい4人のローディーとすれ違う。良く見ると女の子のようだ。真後ろにサポートカーまで付いていてトーシローじゃないオーラがプンプン。きっとアジア大会に出るチームが練習しているんだろう。

布目ダムでも3人のチームが周回していた。大会スタッフが路肩にコーンをセットしていた。ダムサイトではテントの設営もしていて大会の雰囲気が漂っている。当日は満開の桜の元いいロードレース日よりだろう。

Pict0077

写真はスタート・ゴールのゲート。

布目ダムの商店でアンパンを食べてぐるっと1周後、柳生~奈良坂~木津~高の原経由で1:30ごろ帰宅。劇坂は無いもののアップダウンばっかりのコースで結構足に来た。

89.4km、3:34、ave25.1km/h

2008年4月11日 (金)

走ル/羽田圭介

Pict0074 

羽田圭介著「走ル」という本を読みました。高校生が授業をサボって思いつくままにビアンキで旅をする話。ストーリーとしては何の変哲もない、どんでん返しもなく、まるでプライバシー丸出しのブログを読んでいるような内容。でも、その気持ちが良くわかるしいつまでも自転車で旅ができたらいいなぁとつくづく思いました。

本を読み終えて、僕も高校の時ランドナーで四国の田舎から一人でツーリングをしたことを思い出してほんわかしていました。愛媛県新居浜市から徳島~和歌山に渡って白浜~新宮~松坂と紀伊半島を1周し、奈良まで山越え。そこから大阪~神戸まで行き、神戸からフェリーで帰ってきました。帰ってきた日が冬休みが終わった始業式の日で1日だけサボっちゃって・・・。いい思い出です。あのころは自転車は移動する手段であってレースなんて世界があることすら知らなくて。

自転車はこういう「非日常」があるからやめられないんだよね。

そのときのレポートをサイスポに送ったら掲載されてやったー!って感じ。
あの時のサイスポどこに行ったかな??

2008年4月 9日 (水)

ジテ通

4/7(月)

インナー・ロー固定で軽くローラーを1時間ほど。途中で120rpmまで回転を上げたが10分ほどしか持たなかった。

4/8(火)

ローラー90分。(アウター7分+インナー3分)を5セット。足の張りが「練習した」という自己満足感に浸らせてくれる。

4/9(水)

天気がいいのでジテ通。暖かくなってきたので指きりグローブをしたら出かけはまだ寒い。途中からちょうどよくなってきた。前日刺激を入れているからか結構足が回る(気がする)

帰社前に「奈良は今にも雨が降りそうだからはよ帰って来い」コールが家からあり、大急ぎで会社を出る。R24を"around40"ですっ飛ばす。家の近くに帰ってきてもまだ降り出しそうになかったので家を素通りして白庭台駅経由で生駒市総合公園がある山の上に上った。短いのぼりだけど一応ヒルクライムのまねごと。

往:20km、44分、ave27.4km/h
復:35.4km、1:23、ave25.6km/h

2008年4月 7日 (月)

伊吹山HCⅡ

久しぶりにレースに出たもんだからうれしがって少し長くなりますが、走りながら写真を撮ったのでアップします。

受付です。

Pict0051_s

集合場所からスタート地点までは行儀良く一列で

Pict0054_s

スタートを待ってます。

Pict0058_s

前の組がスタートしたところ。

Pict0059_s

コースは全線2車線の広い道路で前方まで見渡せる。

Pict0062_s   

下から上ってくるのも良く見渡せる。

Pict0064_s

ほとんど個人TT状態で精神的にはきつかったがペースの会いそうな赤い人にロックオン。しばらくついていく。後半下るところもあり、下って勢いで上るところで少し離されてしまった。

Pict0066_s

左上にゴールが見えてきて俄然元気が出る。ここらでさっきの人に追いついてダンシングでイッキ抜き。右上に見えているのは伊吹山頂上。残雪の影響でゴールが12km地点に短縮された。

Pict0067_s_2

ゴールまでの直線。声援がうれしい。

Pict0069_s

ゴール後まほろばやgourenの仲間と歓談して、さて下山しようと思ったら放送で僕が10位と聞こえた。入賞なんてするとは思ってなかったのでびっくり。あわてて賞状をもらいに行った。カテゴリー分けが細かいのでラッキーでした。賞品として金色のポテトチップスはご愛嬌だね。kimさん6位入賞。

Pict0073_s

あにきの7位は不本意そうでした。ほかにも同クラスのk山さんが4位(おしいねぇ)。k治木さんがMTBで2位。みんながんばってます。いい刺激になります。

それにしても残念なのがS木さん。優勝した人より後からスタートして追い抜いたのに4位になっていたらしく抗議も受け入れられなかったとか。こいういうタイムトライアル競技は計測ミスがたまにあるみたいで・・。かくいう私も以前3位の表彰を受けて、後で送られてきた成績表では4位になっていたことがありましたから。

私の10位は間違いじゃないよなぁ。ポテチ、食ってしまったど。

伊吹山ヒルクライム

伊吹山ヒルクライム、無事完走してきました。

前日は会社の方の定年祝いがあったが、嫁の体調不良でどたきゃん。病院で点滴に付き合っていた。レース前にあまり飲み会はしたくないがサラリーマンは仕方ないよなぁ、と思っていたけどおかげで体調は万全になった。

当日は前日まで心配されていた雨もまったく心配なしのピーカン。朝6時に家を出て8時には会場がある関が原に到着。

受付は8時半から。久しぶりのレースの雰囲気にいい天気とあいまってうきうき気分だ。受付後、カテゴリーごとに招集がかかり、僕のD-5は10:30集合。それまで会場の周りをアップしたり、顔見知りと挨拶したり。

第1回大会だが、エントリーが2000人もあり、年齢カテゴリーで40~49才のDクラスは年齢順にD1~D5まで分かれている。ちなみにD-5で約100名くらいのエントリー。K山さんとSおじさんが同じグループだ。「もう少しで50グループ」とでも言いましょうか・・。

集合場所からレーススタートの伊吹山ドライブウェイ入り口までは、スタッフが先導してゆっくり進む。スタート後頂上まで運んでくれる車にデイバックを預けスタートを待つ。11:30ごろからゼッケン順に10名ずつ30秒おきにスタートする。朝食を食べてからずいぶん時間がたっていてスタート前におなかがすいてきた。デイバックにゼリーやパワーバーを入れていたけど車に預けてしまったので後悔。ハンガーノックにならなきゃいいけど・・。

背中のポケットにはバンク修理道具とデジカメをしっかり入れる。タイヤも普段の練習用のまま。今日のレースのテーマはあくまで楽しむ事だ。怪我せずにね。

2008年4月 5日 (土)

ジテ通2回目

4/4(金)

携帯のカメラが壊れたのでデジカメをデイバッグに入れてチャリで出勤。

西ノ京で写真を撮る。
Pict0048_s

どこも桜が満開。

帰りはけいはんなの木津川台へ寄り道。昔のけいはんなロードのコースをアウター・ハイに入れ、50rpmくらいでゆっくり上り、上まで行ったらインナーでまた下る。2周ほどして、今度はけいはんなホテル前をまたアウターで登り光台幼稚園からインナーで下り、そのまま登美が丘駅経由で帰宅。

ウメチカさんが目撃していたのは気づかなかった。

往:20km、45分、ave26.1km/h
復:34km、1:25、ave23.9km/h

2008年4月 3日 (木)

桜のジテ通

4/2(水)
久しぶりに自転車通勤。桜も満開だし、途中にある西ノ京の遊歩道の桜がきれいなので自転車で通りたくなったわけで。
桜を写真に収めようと自転車を止めたけど、携帯のデジカメが立ち上がらない。しゃあないなぁ。天気もよく気持ちよく出勤。

帰りはチャイム・アンド・ゴーで会社を出た。以前より出勤時間が早くなった分退勤時間も早いのでまだ明るい時間が長くなった。ええこっちゃ。

せっかくだから天理東インターから名阪国道沿いの細い道を福住までヒルクライム。右手に名阪国道を見上げ、途中から名阪をくぐり左手に見上げるようになる。福住インター手前で名阪の真横に出てくる。
序盤はそこそこの斜度だが、終盤アスファルトがコンクリートに変わるところから激坂になってきてシッティングでは登れなくなってしまう。ダンシングで時速7kmの世界。
30分くらい登って、福住から天理ダム経由で天理市内に戻るころに薄暗くなってきた。
名阪天理東からいつものルートで帰宅。

往:20km、47分
復:42km、1時間54分

毎日はできないけどたまにはなかなか楽しい。

2008年4月 1日 (火)

鷲峰山(じゅうぶざん)クライム

3/30(日)

GOURENに参加。和束まで一人でのんびり走っていると、開橋スタートの本体が追い抜いてきたのでそのまま合流。昨日の疲れが足に残っている。和束まで何とか付いていこうとしたけど途中で切れ、あっちゃんと2人で交代しながら和束到着。15人くらい集まっている。

昼前から雨が降り出すとの天気予報で早めに終わるためか、それとも来週の伊吹HCのためか、湯船の交番から左折して林間道を鷲峰山までヒルクライム。途中の3差路までは初めての道だ。ばらけていたので前も後ろも離れていて、それでも前方に見えるチューブラーおじさんに追いつこうと気はあせるが距離は詰まらず後半は逆に離れてしまう。後ろから誰か来ていて追いつかれそうで必死になってしまう。K山さんでした。シングルギアーで高速もヒルクラもこなすとは尊敬です。

林間道は吉野のグランフォンドを思い出す。ひんやりしていい感じだが、この時期杉林のど真ん中を走るなんて、花粉症の身としては「ありえねぇ~」って感じ。マスクもし忘れていたので鼻プンプン飛ばしながら走った。

三差路から鷲峰山の鉄塔まではなさんに追いつきそうで追いつけず、結局離されてしまう。今の自分の実力がよくわかる。

鉄塔でT木君がパンク修理。グレーチングが多く木の枝や小さい落石もあるので気をつけないとパンクしやすいコースだ。

犬打峠で2つに別れて僕らは左の和束へ下る。舗装がきれいになっていた。和束のローソンで休憩後雨がぽつぽつ来ていたので本降りになる前に早々にお先に失礼する。ここからは家まで1人。雨が降り始めていたので必死で帰った。路面のしぶきが上がるほど降る前に何とか帰宅できたので助かった。

それにしても目ぇかゆ~いよぉ。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »