2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月27日 (火)

美山ロード

5/24(土)

美山の前日。朝から雨の予報だったので朝寝するが、起きてみたら降っていない。2時間ほど打田、天王方面を周回しその後、清滝峠に登る。大阪側に下り折り返して田原を経由して帰宅。少し刺激を入れた。

5/25(日)

夜から降り続いた雨が朝まで上がらずテンションが下がりっぱなし。それでも意を決して家を出発したのが6時過ぎ。美山に到着したのが8時20分ころか。駐車場入り口でT田、S木さんと会いあいさつする。駐車場がいっぱいで止めるところがなくて仕方なく路駐する。
9時7分スタートなので大慌てで受付をし雨の中周辺道路でウォーミングアップ。早く並んだほうがいいのは分かっていたがアップせずに走るのはきついのでぎりぎりまでアップする。C3集合場所に行くともう満杯で最後尾に並ぶ。C3とC3S(40歳以上)でざっと300人くらい居るだろうか。後ろから見るとすごい人数だ。

スタートの合図があってもしばらく動かない。ようやく走り出してもすでになが~い列になっている。今日のレースは安全第一、こけない事。登りでがんばること、をテーマにする。1周目のトンネルの手前で前方がなにやらごちゃごちゃしていると思ったら落車だった。巻き込まれているK山さんの姿が一瞬見えた。後で聞くと1周回ってリタイヤしたらしい。ついてないね。怪我がたいしたことなくてよかったです。

最後尾ともなると集団というよりほとんど1列で前の選手も油断すると中切れ寸前となるので注意が必要だ。少しずつ前に行くように努力するがなかなか出来ない。登り区間でかなりの人数を抜くことが出来た。峠を越えて雨はやんでいるとはいえ下りの路面はウェットで滑りやすいので慎重に下った。横からさっき抜いた選手がかっとんで行く。あわてないあわてない。

2周目はすっかりばらけていてなるべく早いペースの人に付く。いいペースのC3の選手に付いて何人か抜いた。抜いた選手が付いてきてると思ったら後ろは誰も居ないので2人だけだ。悪いので前を変わろうと横に並んだらペースをあげたのでまた後ろに付く。回転よりもパワフルなペダリングだ。2周目の登りで前に出るとその選手が遅れ出したので前を走る選手を目標にがんばる。2人ほど抜く。もうこのころは前も後ろもそんなに人が居ない状態だ。ゴール手前で1人捕まえて抜いて無事ゴール。

成績は大したことないが自分なりにがんばれたし楽しめた。怪我しなくてALL OK.

後のC2のレースを見てC1の前に会場を後にした。

美山には何度か来ているが有名なかやぶきの集落を見たことがなかったのでプチ観光した。レース後で腹が減っていたので、道の駅で美山牛乳を飲み、美山シュークリームをほおばり、美山ヨーグルトを食べた。昼はかやぶきの里で美山そばを食べる。食後に自販機でコーヒーを買ったら美山の水を使ったコーヒーだった。たまには観光気分もいいものだ。

リザルトは今日確認したら31位/完走69人、でした。まあこんなもんですわ。

2008年5月18日 (日)

GOUREN&補習

布目ダムではサイクルフェスタ。TOJと同じコースを同じ距離走るらしい。きついなぁ。しらびそヒルクライムもあったらしい。

そんなの関係ね~、ってことでいつものように午前中に家に帰れるGOURENを選択。

開橋に集合したのが13人くらい。和束から湯船間はクラス分けしてスタート。僕はC3+C4チームで先発。C1+C2組は3分くらい後でスタートするといっていたが・・。C3+C4は5人でローテーションする。ペースはそこそこで後ろに付くと楽できる。と思って前に出るとこれが結構きつい。前を引くのも2分が限度ですな。30秒くらいでクルクル回すのがいいみたい。おじさんとなさんが途中から消えて頂上ゴールで3人の仕掛けあい。後から出たC1+C2組のトップ2人が抜いていきその後ろからヘロへロゴールした。

猿丸の上りでは湯船でかわしたチューブラーおじさんにしっかりリベンジされ抜かれてしまった。

ゴウレン解散の後、来週美山だし久しぶりに天王の坂を登る。大将が元気だ。長期離脱して怪我までしたとは思えない。GOUREN本ちゃんより補習のほうがきつかったような気がする。

3月後半からちゃんと練習できるようになってきてようやく乗れてる感じがする。調子は悪くない。でも、美山はやっぱり安全第1で怪我しないように走りたい。足元すくわれないように・・・。

2008年5月 6日 (火)

GW終わり

5/5(月)

さん主催のロングにさんのストップにより参加できず、連日の練習で疲れてもいたしおまけに雨が降りそうだし、軽くリカバリーライドとした。

木津川自転車道路流れ橋まで、帰りは打田経由で2時間ちょっと。

46.4km、1h47m、ave25.8km/h

5/6(火)

gouren参加。いつもは和束待ち伏せだが、少し早起きして正規の集合場所である山城に行った。15人ほどでスタート。途中いつの間にか一人抜け2人抜け大石のコンビに休憩では10人ほどになっていた。連休中毎日走っている人は最後の日くらい家族サービスでしょうね。

和束でT柱さんが合流。怪我も癒え元気そうだ。ってか負けてますしオイラ。
和束~湯船は道が広くなるところまでは無茶は無く整然と走る。以前の事故で安全第1走行となったようだ。アタック解禁となったポイントでお約束通りちぎられ、いつのまにかiwaiな女の子と2人だけになってしまう。2人で交代しながら集中力を維持。彼女とは和束手前でも3人で交代しながら走った。

猿丸神社では半分が大峰の林道へ消えていき、最後は5人ほどになった。こんな所、すごく合練らしくて好きです。

115.3km、4h06m、ave28.1km/h、積算登坂1,005m

今年の連休はよう走った。530kmほどで前月実績比60%。失速しないようにがんばろっと。

2008年5月 4日 (日)

和束TT

5/4(日)

日曜通常のgourenに参加。開橋集合だが疲れているので和束のローソンまで直行。すでに20人近く集まっていた。

忘れていた。今日は和束TTの日だった。着いたらいきなりなさんにゼッケンシールを渡されいやおう無く参加することになる。昨日の筋肉の張りがまだ残っているのに。まあいいか。

30秒間隔で11番目、一番最後スタートだった。前は十三峠マニアさん。スタートしてあっという間に見えなくなる。きつい、心拍が最高調。監督のバイクが後ろから追いかける。時々横に来て発破をかけられる。僕のへばりを見かねてか前に出て少し引いてくれた。最後は「もっとふまんかい、われ~!!」「・・・これ以上・・・」

後ろからTTには参加していないprestの連中が集団で来て湯船の上り口で追い抜かれた。k野塾長が千切れたのは昨日の疲れのせいだよね。

皆さんごめんなさい、今日は反則技を使ってしまいましたので僕のタイムは参考値ということにしてください。

ああしんどかった。でも、猿丸神社へ向かうアップダウンも昨日に比べればぬるいと感じた。だからといって早く走れるわけじゃないけど。

85.0km、3h0m、ave28.3km/h、積算登坂755m、
練習中の気温 ave27℃、max34℃

和束~針ライド

5/3(土)

帰ってきてブログを書く元気も無く就寝。

gourenの掲示板に告知があったので山城大橋に8時丁度にたどり着く。8人くらいで和束までイージーに。途中から茶畑のアップダウンでゼーゼー言う。

和束で監督とK野、M木さんが待っていて針のほうに行くということだったので後から来たzippyな方たちとそちらに参加させてもらった。

和束~加茂(下り快調)~岩船寺(上り)~大柳生(上ったり下ったり)~鉢伏峠(上る)~三間峠(下って上る)~針(下って高速コース)

柳生から鉢伏峠に抜ける道は初めてだったけどなかなかいい。コースの状況は暑さと血液が脳に回ってなくて記憶が飛んでしまっているのであしからず。

針で休憩後一気に柳生まで下り岩船寺方面に来た道を戻る。浄瑠璃寺方面の分岐で僕だけ分かれて失礼した。

それにしてもk野君引く引く。上りとくだりしかないようなコースで、のぼりになるとスイッチが入るものだからすぐ千切れてしまう。「今日はゆっくり行きますよ。」と言っていたのはただの挨拶だそうだ。大人ってうそつき!!

zippyな方々も初めてのコースに戸惑ったようですが気に入ってくれたみたいで奈良市民としてもうれしいです。一人女の子が居たがペースは合わないながらもよく付いてきたと感心した。

帰ってきたのが2時前で遅い昼飯を食べて少し昼寝をした後、起き上がろうとしたら内ももが攣ってしまった。やっぱり一人で走るのとは負荷のかかり方がぜんぜん違うと痛感した。走りも気温もあつかった。

136.3km、5h10m、ave26.3km/h、積算登坂1,685m(このコースでこのaveはすごい)

2008年5月 1日 (木)

イージーライド

昨日の疲れが残っているので2時間だけイージーライドとする。

木津川自転車道を流れ橋まで往復。インナーでくるくる回す。スピード上げるな回転あげろ。をモットーに。以前読んだ本「セカンドウィンド」に自転車チームの監督が言った言葉で「ペダルは踏むもんじゃない。回すものだ。」を思い出した。当たり前といえば当たり前だけど難しかったりしてね。

イージライドの時はウエアーもやる気ない格好で、Uクロの長Tに下は普通のジャージー。レーパンなしでも大丈夫だった。

心拍計だけはちゃんとつけといた。ほとんど110前後で登美が丘の駅までの上りで120くらいだった。

54.8km、2h07m、ave25.1km/h、積算登坂205m

行ったりきたりあがったり下がったり

振り替えで今日から実質的に連休の始まり。寝起きに心拍を図ったら49拍/分だった。疲れは無い。練習してないんだもの。

朝一に用事を済ませて、11時に出発できた。天気が良く暑いくらいだ。なさんのブログを見て同じコースを走りたくなって逆回りすることにした。

自宅~木津~浄瑠璃時~岩船寺~大柳生~レイクフォレスト~大河原~童仙坊~和束~大正池~井手町~けいはんな~自宅

岩船寺から柳生までの道で以前と違う道を行ったらだんだん細くなってきて少し迷いながらも柳生に出てこられた。レイクフォレストを抜ける道も行ったことが無かったのでリゾートホテルまで行ってしまい引き返すが、山の中でまたもや迷ってしまう。田んぼの中の細い道が行き止まりになっていたり、結局もとの道に出てきたり、レイクフォレストから離れていくはずが「レイクフォレスト2km」の看板があったり、うろうろしながらようやく木津川にかかっているコンクリートでできた橋を渡って大河原の駅に出てきた。

大河原からR163を少し進むと左童仙坊の看板があったので左折する。思ったより広い道でコミニュティーバスも通っている。直線的に上っているので傾斜はゆるく見えるが結構きつい。多分10%ちょいくらいかな。依然僕が童仙坊から下った道はもっと細くてくねっていたので違う道のようだ。童仙坊から和束までは下るはずが微妙にアップダウンがありいやらしい。ようやく和束のローソンまでたどり着き中で休憩。ここまで休憩しなかったので足の裏がしびれている。以前からロングライドをするとしびれてしまう。靴のフィット性だろうか?

休憩後、裏大正池を上る。足が疲れているからか大河原からよりこっちのほうがきつく感じた。峠の「山岳王」の文字がほとんど消えていた。さびしいなぁ。井出町までの下りはここまでののぼりで酷使した腰が痛い。無理できんなぁ。

帰宅したのが3:45。足パンパン。夕方の買い物が超きつかった。

93.1km、4h20m、ave21.4km/h、累積登坂1,740m

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »