2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

足いっぱいいっぱい

ゴウレンに参加した。昨日は榁の木峠~のどか村~十三峠、と久々の生駒ヒルクライム。足の張りが少し残っている。

山城へ時間ぎりぎりに到着。急いだのでアップになってない。14~5人くらい集まっていた。寺さんも来ていた。第1ステージの大正池クライムは、トドさんの後ろについて前半の緩い部分でずっと引っ張ってもらう。かなりいいペースで、きつくなると気持ちが折れそうになったがなんとか粘って付いていく。乗馬場あたりからキムさんM藤さんが飛び出して先頭を行くバッファローを追いかけていったが僕は付いていけず少し離れた。それでも最後の杉林のあたりで結局バッファローさんに追いつきそうで追いつけず2番目に山頂を通過。

今日の足を全部ここで使い切ってしまったような気がした。

和束ローソンでシルクロードのグループが休憩していた。そこから何人か引き返し組みと分かれる。湯船までは最初はまとまって走っていたがだんだんペースアップ。中切れしてへろへろになった。久しぶりにお会いしたカントクがちぎれている僕を単車で引っ張ってくれて集団復帰できたけど、湯船の登りでふたたび戦線離脱。なんか久しぶりにきつい練習をした気がした。マウンテンバイクのM木さんにも離されたのは情けない。

viva太郎さんと数人が朝宮の以前カキ氷を食べたお茶屋さんで休憩するが、寄らずに大石に向かう組とに分かれる。僕は後者。早く返れるほうがいいしね。どっちにしようか一瞬迷っているうちに直進組は行ってしまったが、カントクがまたもやバイクで引いて集団復帰させてくれた。それにしてもバイクの後輪のすぐ後ろに付くのはむちゃくちゃ楽だけど接触しそうでちょっと怖い。

最後はM木さん、K山さん、T木君、バッファロー、の5人になった。

猿丸は素通りしていつものルートで帰宅。今日は足がパンパン。いい練習になった。

104.2km、3h54m、ave26.6km/h、登坂1255m、

練習中の気温max20℃、ave17℃、min14℃。かなり涼しくなった。

2008年9月27日 (土)

十三峠

Vfsh0080

今日は久しぶりに十三峠に行ってきました。

2008年9月23日 (火)

k野塾追試編

朝5:30に起きたらさすがに嫁に文句を言われた。めげるもんか・・・。

7時前に加茂駅前ローソンにK山さん、なさんも加わって5人の坂バカが集まった。コースは

加茂~岩船寺~須川ダム~鉢伏峠~水間峠~R369~一台峠~田原~大柳生~須川ダム~岩船寺~加茂

080921_1s

先週の一台峠を逆から登るコース。斜度はきついが距離が無いので始めての塾生には肩透かしだったよう・・。おとといのゴウレンは途中解散状態、昨日は仕事で休養十分。足はフレッシュな状態で塾長のペースに何とか付いていけるが、長いのぼりになると遅れがちになる。短い上りでは塾長のペースが上がっていいインターバルトレーニングになった。R369ではローテーションしたが緩やかに登るのが結構きつかった。

↓短いけど急な坂。お茶畑がきれいです。

080921_2s

秋の奈良の里山は稲が金色に光って、栗や柿が実り、走っていて気持ちよかった。

1年中で一番いい季節かも。短いかもしれないけど。

皆さんありがとうございました。

2008年9月21日 (日)

予報はずれGOUREN

開橋に8時集合。今日は遅刻せずに早めに到着。

久しぶりの寺さん。リハビリ走で挨拶に来たようで、元気そうでよかった。体重は変わってないけど足が細くなったとか。ぼちぼちやりましょう。

10人ほどでローテーションしながら、途中で2組に分かれて和束まで。和束で休憩していると北の空が黒くて今にも降りだしそう。VIVA太郎さんの判断で岩船寺のほうに行きましょう、と言う事になった。大正池方面に行く3人と分かれ加茂~岩船寺~般若時~加茂へと登って下ってくる。登りで先頭グループについていけなかった。

加茂から鹿背山へ細い道をポタリングペース。一旦解散して州見台の白星の前を通って木津~高の原経由で帰宅。結局雨は降らずそれどころか薄日が差すくらいだった。

雨が降らないときのレインシューズカバーは、足が熱くなった。

K野と火曜の約束。7時に加茂駅前ローソン。坂バカたち、あつまれ~!!

一台峠逆登りコースです。しかも家には早く帰れる家庭円満ライドとなっています。

2008年9月15日 (月)

キタノ塾落ちこぼれ組み

キタノ塾に参加しました。

7時に加茂駅前集合だったので6時前に起き、何とか6:30には出発できた。遅刻しそうだったので少し急ぐが、昨日の疲れが足に来ていてオイルが切れたチェーンのように動きが重かった。7時ちょうどに到着。すでに塾長とM木さんがコンビニの中で待っていた。

3人で岩船寺~須川ダム方面に上る。出発して登り出していきなり息が上がってしまい少しずつ遅れる。平坦なところで追いつき登りでまた遅れの繰り返しだ。

須川ダムから以前は鉢伏峠に出てきたが、きつそうな登りを見つけて前日地図で調べた、とかで細い道を下り茶畑の劇坂を上る。水間峠の上り口に出てきて少し奈良側へ戻り一台峠を登る。ここは塾長もゆっくり合わせてくれた。一台峠を下りR369を左折。水間峠を超えて大柳生~須川ダムへと戻る。ルートがややこしくて説明しにくい。まっ、いいか。

僕のボトルが空になったので須川ダムで自販機休憩を入れてもらう。休憩後少し登ったところのわき道でトイレ休憩。(小休止です・・)つれ○ョンってやつ。

岩船寺からの下りでR子姫と遭遇。挨拶する。

加茂から美加ノ原CCの側をとおり、木津を経由して帰宅。

足が張っていて終始遅れながらも楽しく走れた。早めに出発して早く帰ることが出来たのも、GOODでした。(10:40ごろ帰宅)

塾長、M木さんどうもありがとう。またよろしく。

走行:84.5km、3h47m、ave23.3km/h

2008年9月14日 (日)

gouren

9/14(日)

今日は奈良サイクリング協会の琵琶湖1周の日。行きたかったが丸1日家を空けることが出来ず断念。明日はゴウレンの淡路島1周。当然行けず。くやしいのう。

という訳でgourenに参加した。山城に8時ギリで到着。今日は9人くらい。

山城から大正池を通るヒルクライム。昨日下った所だ。k山さんがぶっちぎってあっという間に見えなくなり、久しぶりのM木さんにも追いていかれ、前を行くなさんに追いついてK治木さんにへばりついて後半追い抜く。当たり前だが一人で走っているよりきつい。

先にTOYOのチームが走っていたので何人かパス。頂上でTOYOさんが何人か後続を待っているようだったが挨拶してすぐ下る。和束ローソンで休憩後いつものGOURENコースを朝宮~大石と下り、猿丸神社でいつもの帰り道コースと、大峰山ヒルクラ組に分かれた。僕もクライマー5人の大峰山組みについていく。おしゃべりしながらゆっくり登るが足に疲れが来ていて微妙に長く感じた。

郷の口まで下ってきて、昨日と同じ打田をM木さんと2人で通ってM木さんと別れて高山サイエンスタウンを通って帰宅。

100kmを超えて登坂が1500mを超えている。今日は結構疲れた。足がパンパン。

明日は北野塾いくよ~。天気が微妙。昼間で持ったらいいけど・・。

走行:113.7km、4h34m、ave24.9km/h、登坂1515m

天気予報うそつき

9/13(土)

天気予報は曇りのち晴れだった。朝起きてどんよりした雲だが雨は降っていないしTVの天気予報でも大丈夫そうだった。唯一嫁が、「雨降るで~」と予言したが無視して出かける。嫁は雨がにおいで分かるらしい??

加茂から浄瑠璃寺に登りそこから岩船寺に向かった。少し雨を感じる。微雨って感じ。そのうち晴れてくることを信じて、須川ダムまで行ったくらいで本格的にじゃじゃ降りになってきた。レインシューズカバーもレインコートもましてや泥除けさえ付けづに出てきた。携帯が濡れないか心配。このまま山のほうに行くと雨に向かって進んでるようなものと思い、引き返し加茂駅前まで下りてきた。

駅前のローソンで缶コーヒーとパンで一休み。オレンジの「ローソン+」という看板のコンビニだ。中にイスとテーブルがあるので少しゆっくりしているうちに小ぶりになってきた。無事だった携帯をコンビニの袋に入れて出発。

さてどっちに行こうかと空を見上げて北の空が明るいので、和束まで茶畑を通っていくことにした。茶畑ではすっかり雨がやんで晴れ間も見えてきた。

和束の手前で左折して裏大正池を登る。結構きついがゆっくりゆっくり。峠を超えて大正池を下り山城まで流す。

途中にある乗馬場です。

Photo

山城から東畑、打田を経由して帰宅。

自転車がどろどろで帰ってからが大変だった。

走行:76.6km、3h25m、ave22.4km/h

2008年9月12日 (金)

久しぶりのジテ通

久しぶりにジテ通。

帰りは6時過ぎるとだんだん暗くなってきてずいぶん日が短くなってきた。

福住まわりで山の中を帰るわけには行かなくなってきた。

けいはんなに寄り道。木津川台から光台のほうに上って、光台の交番から東光小学校まで登り、左折してくだり次の信号を左折して元のところに戻る周回を6周ほど。左回りなので止まらずに周回できる。(一応信号はあるにはあるけど・・・)

登りをダンシングクイーン~♪、下りを流し(おやじ1曲やってくれ!)のインターバルだ。1周ちょうど5分ほど。

Photo

ちょっと負荷をかけたかっただけだが、鈴鹿も終わって当分レースの予定も無いのに今更なにしてるんやろ。と自問自答。レース前にやったらよかったかも。それでもローラーでインターバルするよりはましかも。

ロングライドしたいなぁ。

2008年9月 8日 (月)

☆白星(はくせい)

 ☆白星(はくせい)
8/7(日)
サッカー日本vsバーレーンを見ようとam3時に目覚ましをセットしたが、なぜか鳴らずにそれでも4:30ごろ目が覚め後半を見た。勝ってるやんと安心していたら終了間際にオウンゴールもあり2点も入れられひやひやもん。しっかり勝ちきってほしいよなぁ。
安心して2度寝してしまい7:30にあわてて家を出る。
開橋でK治木さん、T木君、M藤さん、トドさんがいて僕が到着してすぐ出発。今日はこじんまりしている。加茂までT木君とトドさんが交代で結構速いペースで引く。とりあえずがんばってついていくだけ。加茂から和束まで茶畑のアップダウンを進む。
ここはばらばらそれぞれのペース。とりあえずT木君には何とかついていく。
和束で休憩の後湯船の交番までは私も一応ローテーションに加わる。湯船の交番を左折して鷲峰山(ジュウブザン)を目指す。途中で力尽きて遅れてしまった。
鷲峰山の寺に登って山々を眺めながらソーメンをいただく。空気もいいしなかなかうまい。護摩法要の日らしくて山伏の装束の人や、お参りの人でにぎわっていた。1年で一番人が増える日のようだ。
鷲峰山を下り犬打峠で別れ、K治木さんと2人で和束から再び茶畑を通り来た道で、加茂に下った。
K治木さんが最近サイクルショップが木津に出来たというので帰り道だしよる事にした。
洲見台の新興住宅街の中の一角にある「白星(はくせい)」というなかなかきれいな店だった。
マトリクスの辻選手(兄、弟)とお父さんと、お兄さんの奥さん(べっぴんさんです)がやってるらしい。
(すんません、その辻選手のこともよく知りませんでした。)
12時オープンなのに11:30ごろ行って店長さんといろいろ話が出来た。
開店したてということもあって店中花だらけで、自転車をディスプレーした花屋のようだ。なんでも、学校の教員、ゴルフのレッスンプロからの転進らしい。
良い自転車ばかりでコチョコチョくすぐられた。午前中、辻選手は練習に出ているので今は店にいるときを見計らって行けばいろいろ話が出来るかもしれない。なかなか楽しみな店だ。

写真の自転車は売り物ではありません。お客さんのです。念のため。

2008年9月 4日 (木)

私だけでしょうか

鈴鹿でお好み焼きとカキ氷売ってたガイジンさん、BOSSのCMのおじさんに似ていると思ったのは・・・・。

トンネル工事の後は鈴鹿に出張ってきたんやろか・・・?

「この星には自転車好きがやたら多い。」とか言って・・・たりして。

2008年9月 2日 (火)

鈴鹿ロード1時間サイクルマラソン

8/31(日)

前日と打って変わって良い天気で暑いくらいになった。
1時間サイクルマラソンのスタートまでウォームアップに、またサーキットの外の道路に出て亀山方向に走る。機嫌よく走っているとR306に出た。地理がわからないがそのまま左へ行けばぐるっと回ってサーキットに帰れるだろうと方向を定めて進む。道路標識が津市になってそのまま進むとR23まで出てしまってちょっとあせってきた。左折すると鈴鹿方面なのでR23を北上する事にする。ようやく鈴鹿市に入ってサーキットロードを左折して無事サーキットに戻ってきたときはほぼ1時間経っていた。えらい長いウォーミングアップで汗だくになってしまった。
今度は最前列に並ぶ事はできなかったが一応真ん中より前。同じ職場のS岡さんとしゃべりながら待った。

写真はKIMさん提供。Thanks.

R0011307s

1時間サイクルマラソンは個人で1時間内の周回数を競う。このレースも600名以上おり最後尾まですごい数だ。昨日のようにローリングスタートするがペースが超遅い。
しかもいつまで経ってもローリングで引っ張るので選手から「はよせぇよ」と声が出て、一同苦笑。スタートはホームストレートだが周回するのは奥のコースを半周なのでほとんど1周するくらいでようやくアクチュアルスタートとなった。
サーキットを半周なので昨日のエンデューロよりコース上の密度が濃い。先頭集団の中で前へ前へ行かないとだんだん後ろへ追いやられてしまう。周回ごとに少しずつポジションを上げていくが、油断するとすぐ横からかぶさってきて気がついたら前に大勢の人になる。あまり横に広がるとゆっくり走っている人が邪魔になって走路を選ぶのに苦労してしまう。
中にジーパンにTシャツで走っている人がいた。フラットバーも先頭集団に混ざっている。平坦なところでダンシングするもんだから走路がふらついて危なっかしい。片腕の無い選手がいた。片腕でうまくバランスを取っていて全然ふらつかずまっすぐ進んでいる。ボトルを取るときは一瞬両手放しになるが後ろから見ているとわからないくらい自然だ。すごいなあと関心。障害は個性と24時間TVでいっていたのを思い出した。
後2周くらいのところで一気に前方にポジションを上げ1時間経過後周回せずにホームストレートのゴールに向かう。ゴールスプリントはなかなか前にいけずに後退してしまった。これは実力、仕方が無い。まあ、集団ゴールできたし走りもまあまあ集中できたのでよしとしよう。ジーパン君に抜かれたのはいささか悔しかった。
トドさんが表彰されるのをカキ氷を食べながらぼんやり眺めた。さすがGOURENのスプリンター。
その後、KIMさんのオープン3を応援して、昨日のエンデューロの賞品をもらって、ホテルの風呂に入って、今年の鈴鹿は終わった。
リザルトを確認するとトップから約4.5秒遅れ。先頭集団7秒以内に135名。強烈だ。

鈴鹿ロード2Hエンデューロ

8/30(土)2時間チームエンデューロ

朝から雨。テンション下がるけど毎年恒例のチーム2耐はがんばらねば。

昼ころ鈴鹿に到着し受付後、KIMさんにゼッケンを渡しウォームアップ。サーキットの外でアップしたら少し道に迷ってしまった。今年も会社の自転車部で参加した。

相変わらず雨は断続的に降っており、選手待機場所のほとんど先頭に並んだのは良いが、体が冷えてきてだんだん足ががくがく震えてきた。待っている間コース上はチームTTをしていて、ゴール前のラストスパートが面白い。でも寒いから「はよして」って心の中で叫んでいた。

ようやくローリングスタート。600名くらいいるらしい。すごい列だ。スタートして全選手がスタートを切ってようやく先導のバイクがアクチュアルスタートの合図をする。結局シケインを上がったところでスタートとなった。

大集団の中で前方にかなりの人数。顔と足に雨がちくちくする。雨で下りが怖くてブレーキかけまくる。前に上がろうとするが下りでどんどん前に行かれてしまう。ヘアピンでイン側の選手がお約束のようにスリップし、落車発生したが、そのときは大外を回っていたので巻き込まれずにすんだ。安全に走るのにはコース取りも気を使う。イン側とアウト側では大違いだ。最初は周回遅れを少しずつパスして行ったが、周回ごとにコース内はいろんなペースの選手で埋め尽くされ、縦長になってきた集団は端っこを走るようになる。

去年は4周目で集団から切れかかったけど今年はそれでも5周目までは集団後方をキープする。5周目後半で前の選手が中切れを起こし何とか追いかけたが下りで少し離れてしまう。なんとか先頭が見えるくらいの位置でピットに流れ込みKIMさんにアンクルバンドのセンサーを渡す。

KIMさんが走っている間、冷えたのでトイレに行き、パドックで少し休憩。KIMさんが3周走る予定なので時間を見計らいピットで待っていると十三峠マニアさんが目を三角にしてピットに入ってきた。スタートのときに見かけたのでずっと走っていたようだ。さすが。

KIMさんがピットに入ってきて私が3周走る。今度はほとんど一人で集団走行というわけには行かない。ただ、下りは自分のコース取りが出来るのでブレーキなしでも下れる。シケインの登りで勢いよく登っていく選手がいたので追いかけることにしてペースを上げた。結局差は開かないまでも捕まえることは出来なかったがおかげで集中して走れたように思う。

最後にもう一度KIMさんが2周走り13周でゴールした。ゴール前で2時間のカウントダウンをみんなでする。なかなか盛り上がる瞬間だ。14周目には少し足りなかった。

わが自転車部の他のチームも全員集合して写真を撮って解散。KIMさんと私は入賞の可能性があるのでリザルトを確認に行くが出るまで時間がかかるということだった。結果は明日確認することにして十三峠マニアさんのアミューズが2位の表彰されるのを見て、ホテルに帰った。

次の日に確認すると8位で入賞。靴下をゲットすることが出来た。一応入賞は狙っていたとはいえ素直にうれしいものだ。

2008年9月 1日 (月)

鈴鹿ロード

鈴鹿から帰ってきました。

2hエンデューロ2人の部、8位入賞!!パチパチ

1hサイクルマラソン、集団ゴール。パチパチ。

詳細は後で・・・。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »