2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月25日 (日)

関西クロス桂川

怒涛の3連チャンを締めくくる桂川大会。先週のパンクと言い、いまいちついてないので今日はがんばりたいところ・・・だった・・・。

前日に京都車連HPでコースイメージは予習しておいたが、前日の一夜漬け練習ができずちょっと不安。

8時過ぎに家を出たが、雪が降り出して京奈和道も路肩が白くなっている。雪のレースになるかと心配したけど、京都市内はピーカン。寒いけど日差しがあるので苦にならなかった。

試走してC3を応援、今回も早めに自転車を並べ1列目をゲット。ゴウレンの仲間が練習で会場まで来ており、一緒に観戦したり。僕のレースは11:40頃スタートなのでさすがに帰ったようです。

コースは前半グランド周辺のど平坦。意外とここが風もあったせいかしんどくて、単独ではロードレースで集団からちぎれたようなきつさがある。グランド区間の最後に先週お目見えしたシマノステップがある。関西シクロ名物になるかな。平坦なので乗車できないことはなさそうだが、ある程度の速度でクリアーしない限り、担いだほうが早い。

後半は1メートルくらいの高さの土手を上がったり下がったり、スラローム区間が続く。去年ほどじゃないけど滑りやすいキャンバーもある。走るほうも見るほうもここがポイントで、ギャラリーも多い。

<写真はC3のキャンバーです。知らない人ですが撮ってみました。>

Vfsh0053

<階段を横切るところ・前が詰まると押すしかない>

Vfsh0054

スラロームの後折り返してシケインを超えてコントロールラインを通過する。

レースのほうは高校選手権が最前列に8人くらい並んで同時スタートとなった。もちろんM2の後ろはレディースが並ぶ。あまり早くに並べすぎたのでアップした後体が冷えて足の筋肉が少し震えてきた。

スタートして高校トップも含んで6から7番目くらいを走る。

シマノステップはやっぱり担ぐ。スラローム区間の階段を横切るところは1周目は下り、あとは足を突きながら過ごす。ちょっと急な登りがあるが4周したうちの3周目にようやく乗車したままクリアーできた。降りた後乗るのがへたくそなのでなるべくなら降りたくない。

周回ごとに垂れてきて力が入らなくなってきた。冷えた後一気に心拍が上がったので筋肉が硬直しているような感覚だ。言い訳にしかならないけどね。前を追っていかないといけないのに後ろから追い上げられる展開。まほロバのあにきにもパスされた。

試走の時から右のペダルが泥で詰まってはまりにくかったが、レース中もなかなかはまらなずあせった。シマノステップで走った後はまらず、そのままスラローム区間に突っ込んだり、上りのところを土踏まずでペダルを踏んだり・・・。

最終周7、8番手くらいだったが、スラローム区間に入るところで痛恨のコースミス。前と空いていたのでミスに気づかずそのまま行くとコースロープで行き止まり。あちゃ~!

引き返して順位を下げてゴール。昨夜のイメトレでは先頭を走っていたのに・・・orz

今日も楽しく苦しませてもらいました。

シクロクロスって漢字で書いたらきっと「死苦六苦労州」って書くんじゃないやろか。

2009年1月18日 (日)

Flat tire in 関西クロス堺

関西クロス堺大会に行っていきました。

前日の土曜日、例によって(ほとんど毎週の恒例になっていますが)午前中矢田練。朝から右目がシバシバすると思いながら走りましたが、だんだん痛くなってきました。子供の森の水道で目を洗いましたがだんだん痛みがひどくなってきて、家の帰りは目を開けるのもつらくなってきました。

走ってるときも、なんだか横に寄ってきたり、なんでもないところでふらついたり・・・。たまらず午後から眼科へ行くくと、異物がまぶたの裏に張り付いて眼球がこすれて傷ついていたみたいです。痛みはとれた物の寝るまで右側がぼやけていました。

◆         ◆

朝起きると眼はもうすっきりして、いざ堺へ出陣。

奈良から堺へは高速で40分ほど。早いもんだ。シャープの堺工場が建設中で手前にDNPと、コーニングの工場もデーンと構えている。そのため例年よりコースが狭くなったようだ。その分コンパクトなレイアウトになっていてコントロールラインの高いところからほとんど見渡たすことができる。

到着したらユースのレース中。次のC3Aに先週に引き続き出場しているM本クンとKIMジュニアを応援する。

レース合間にコース試走した。今回の目玉は何といってもシマノステップと呼ばれるこの階段?平坦基調なコースに階段があらわる??

Vfsh0030

写真はユースのレースです。段自体は低い木ですが一番下のステップ間隔がちょうどホイールベースくらいしかなく1段目をフロントが超えてリアタイヤが越える前に次の段が来るのでなかなか難しい。試走の時真ん中くらいまでうまく超えられたが結局引っかかってしまった。試走の2周目で再トライ。2番目のステップで前輪が引っ掛かりジャックナイフから前転する転倒をしてしまった。右太ももの横をしたたか打ちつけて超痛かった。

痛みは引かず歩くのがつらい。右足がびっこ状態になって歩かなくてはいけない。やば~い。

自転車に乗るのはいけそうだ。自転車は大腿部の前面を使うので側面部はそんなに影響しなさそうだ。でも担ぎが心配。

僕のマスター2の前のレース、C3Bがスタートする前にスタートラインに行ったら、後ろにもうマスター2の自転車が並んでいる。なんぼほど早いねん。まだ1時間以上あるやん。しゃあないので僕のも並べる。3列位まで並んでいたが、1列目を数えると7台ある。ラインは8台分。おっ、一番前あと1台置けるやん、ラッキー。最前列端をゲット。今日はまほロバのあにきき事M原さんも出ている。

後ろに工場群が見えてます。

Vfsh0040

スタートして長めの直線だったのでうまく6番目くらいのポジションにつく。ここはほとんどが芝で、アップダウンがない代わりに重くてパワーコースだ。下りがないということはほとんど休むところがなく踏みっぱなし。芝の下もかなりバンピーであまり空気圧をあげると自転車がはねてしまう。スタート前に2.5気圧くらいに合わせておいた。

先頭の1人がだんだん離れていき、2番手集団が5人。その最後尾に付く。何とか離れないように必死。前の選手がその前と離れたり近づいたりするので中切れしてしまったらやばいと思いタイミングを見て抜いた。

番手争いをしていると周回ごとに実況で名前を呼ばれるのがうれしい。快感になりそう。

〈シマノステップ〉走れ~!!

Vfsh0042

〈2番手争いのパック〉

Vfsh0043

心配していたシマノステップも痛みを感じずに駆け上がることができ、(もちろん担ぎ)シケインも問題なさそう。ここのシケインは上りになっているので越えた後も頂上まで走らないといけない。1周目のシケインの後、担いでいた自転車を下ろしたときチェーンが外れあせった。集団には何とか追いついたのでよかったが、2周目からはシケインの前に1枚シフトアップするよう気を付けた。これでチェーン落ちのリスクも回避できるはず。

先頭がどんどん逃げ、姿も見えなくなった分、2位争いがし烈になってきた。少しずつ前に行き、4周目で3位。前の人がヘアピンで滑って2位集団先頭に上がる。よっしゃ、表彰台が見えてきた。

〈シケイン〉まだ2位集団先頭です。

Vfsh0046

後ろから追いかけられる気配のまま最終周回へ。このままもつれてもゴールスプリントで勝てる・・・と思っていたのに・・・・

栄光のゴールまであと3分の1周のところ、松林の入り口でフロントが石でリム打ち。プッシューといういやな音。痛恨のパンクであっという間に後続に抜かれた。もう少しなので何とか走行したが、フロントがこんこん当たるし、カーブで滑ってゆっくりでも走りにくい。

何とかゴールラインを通過。DJのがらぱさんに「パンクした~!」と訴えた。「あ~、もったいない!」と言ってもらえて、少し慰められた。

ゴール後、2位に入った選手に祝福の握手。なんと先週ゴールスプリントで僕を刺したおっちゃんじゃない。形容するのはやめときますが・・・。パンクしたのはしょうがない。勝負は時の運。がんばったし、いいレースができてよかったとも思う。

自分の順位はもうわからなくなっている。順位はこの際どうでもいい気分。でも気になるので関西クロスのHPを見てみるけどね。

帰ってチューブ交換しました。蛇にかまれたような穴が2つ。これじゃあ仕方がないわ。

Vfsh0052

【Special thanks 】M本クン写真ありがとう。

2009年1月14日 (水)

NCAイベント

奈良県サイクリング協会で、新しいイベントを検討しているらしいです。

●山添エンデューロ 名阪国道山添IC近くの上津ダムを周回するらしいです。

●高取町ヒルクライム 高取城までのヒルクライム

http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E135.49.49.6N34.25.31.9

まだ、企画段階らしいですがぜひ実現してほしいものです。

奈良県サイクリング協会(NCA)HP

http://www.nara-cycling.org/

2009年1月12日 (月)

関西クロス希望が丘

関西クロスも後半戦。

今年初めの大会、希望が丘に参加してきました。
会場は12月の野洲川大会のすぐ近くで、大きな運動公園の一角。
道中、前日から降った雪が大津位からうっすら積もっている。
会場の広い芝生広場は一面真白で、今日は泥んこ覚悟。

Vfsh0028
駐車場から会場までは広い芝生広場を横断するが、この芝生は自転車乗車禁止になっている。
会場と駐車場を行ったり来たりしにくいので、リュックを背負って会場に行った。ちょうどC3の1レース目をやっていた。
まほろばからM本クンとKIMジュニアが出ていて応援する。

Pict0088
コース近くにいた方にポンプを借り空気圧調整。3気圧位にしたが、もっと低くてもよかったかも。
C3は人数が多いのでC3AとC3Bの2レースに分かれる。私の出るM2はC3Bの後なので、コース試走はC3Aが終わった後しかない。
C3Bがスタートしたらもう次のM2はスタート位置に自転車を置いておかないといけない。
今回は先頭の端をゲットできた。
荷物をC2に出るまほろばのT津クンに預けてついでにあつかましくもカメラをお願いする。
感謝です。
試走は2周ほどしたが、ぬかるんでいるところが多く、乗車できるかどうかぎりぎりの急勾配が何箇所かあり、ここが僕にはむつかしくて試走で全くクリアーできなかった。
スタートして直線路は幅がなく水溜りの洗礼を受けながら、10番くらいで最初の急勾配の上りに突入。
ここで登り切る直前で失速して足付き。もたもたしてるうちにどんどん抜かれた。
上にあがり少しフラットの後、上りのキャンバー。ここも油断すると足を付いてしまう。
ここの上る入り口が狭いので1周目は前が詰まってしまう。
思い切って降車して担いだほうが速かったりする。2周目は担いで登った。
次は一瞬ずり落ちるように下ってすぐ上るところがある。ここは降車しないと登れない。
上ると車が通るこのコースでは広い道に出る。ゆるく下っているのでスピードが出る。
少しだけ休める区間だ。
次にシングルトラックの下り。ここは慎重に、無難にこなす。
シングルトラックを抜けるとスタート地点近くに戻ってくるので応援が嬉しい。
芝生をくねくねするが、スピードが出るところ。1周目で前を行く選手を抜いた直後にヘアピンに突っ込み曲がったところで前輪が滑り肩から転倒した。
無理して一人抜いてもこけて3人くらいに抜かれたらせわないや。
今度はやや上りのシングルトラック。木の根っこがごつごつやや滑る。
シングルトラックの後、上の道路に出て高速の下り。砂利もあり調子に乗ると滑りそうになるし、微妙な凹凸がありハンドルが少し暴れる。
一番奥の折り返しのあと、松林をくねくねしてホームストレートでコントロールラインを通過する。大体14、5番あたりをうろうろ。
2周目からはコントロールライン直後に直角に左にシケインがある。シケインもぬかるんでいて3周目に乗車するときに失敗。後ろのタイヤに乗ってしまった。

写真を見ると後ろの雪がだいぶ融けてきてますね。下はだいぶ耕されてますけど。

Pict0098
ギャラリーが多いところなのでちょっとカッコ悪かった。
4周して前も後ろも離れているし、ゴール前で流したら後ろからスプリントしてきて刺されてしまった。
流すのはゴールしてからにしないといかんなぁ。反省。反省。
結果は14位で今季ワースト。
それより悲しいのは抜かれた相手のおっちゃん(みんなおっちゃんやけど)がちょっとおなかが出ていたこと。
そういえば上りでその人を抜いたなぁ。
今日は集中が切れて順位云々より、納得するレース内容ではなかった。

来週の堺は集中して走るようにしよう!!

レース後が大変。ドロドロの自転車をそばの川で洗う。

おじいさんは川へ洗濯に・・。

おばあさんはジャージの泥が落ちないと嘆いていました。pout

Pict0101

だいぶきれいになりました。手え冷てえ~。

Pict0102 

2009年1月10日 (土)

矢田練

今朝はかなり冷え込んで足の先が冷たいけど、矢田練に行きました。

榁の木峠からエントリーして、いつものように矢田峠~白石畑~松尾山をまわって榁の木峠に出てくるコース。

昨日の雨でとこどころぬかるんでいて木の根っこを超えるのに滑ってしまいます。ふかふか落ち葉も湿っていて慎重に。時々雪が舞ってきました。

よくわからないかもしれませんが雪が降ってます。

Vfsh0029

さすがに今日はハイカーも少なくて、その点では走りやすい。

3人のジョガーとすれ違いました。トレイルランニングってやつですね。僕も昔はよくここをランニングしていました。適度なアップダウンと土の上のランニング、楽しいんですよね。帰りにもまたすれ違いました。

こんな看板があります。MTBと歩行者の共生は大事です。シクロバイクとジョガーの共生もね。

Vfsh0033

階段の担ぎの練習も。階段の右側の細いところが乗れそうで乗れないんです。

Vfsh0028 

榁の木峠から出てきて、それまで脱いでいたウィンドブレーカーを着ていたら、kimさんが上ってきて、少し話をする。今から榁の木にエントリーのよう。

明日は希望が丘クロスに行きます。

今日以上にドロドロでしょう。今日はこの程度。

Vfsh0034

会場までの道路のほうが心配ですが。チェーン持ってないし。

条件が悪くなって参加者が少ないほうが、有利になると思っている俺って、コソク??

2009年1月 9日 (金)

通販

円高の影響で海外のパーツをかなり安く買えるようで、まっきいさんにアドバイスをもらいながら検討してきました。

wiggleというサイトで、ホイールとカセット、ペダルを発注。カセットとペダルはシマノのduraなので逆輸入という形だけど、6掛け位の値段です。

ホイールのストックが0となっていたので、いつ届くかちょっと不安。でもすごく楽しみです。

バイクもいろいろ迷いましたが、清水の舞台から飛び降りたつもりで思い切ってKUOTAに決めました。

ショップにはありませんので取り寄せですが、僕のサイズ(550くらい)が1台だけあったとのことです。少なくとも私の周りであまり乗っている人を見掛けないのも、へんこな私としてはプラス要因だったりします。

高いお金出して速くなるかどうかは別もんですけどね。

2009年1月 5日 (月)

初ジテ通も矢田

今年の初出勤でジテ通。シクロバイクで出動した。

タイヤを付け替えずブロックタイヤのままなのでゴーゴー音が出る。

仕事は午前中で終わっでたので帰りにキタサイクルに寄ったら今日まで休みでした。

そのまま郡山城を通って矢田に向かった。

2009010503

せっかくシクロバイクだから山を走ろう。

矢田寺から上っていつものコースをぐるっと回って、榁の木峠から出た。

矢田名物劇坂下りで、背中のリュックがずり上がってくる。

今日は足の筋肉が粘っていて後半たれてしまった。昼にお餅を2つ食べただけだったのでいささかハンガーノック気味だったせいかも。

先日気づいたが、シューズのスパイクのここがなくなって釘が刺さったみたいになっていた。(なんていう名前かわかりません) なおしとかなきゃ。

2009010501 

昨夜、ネットで先週の神戸クロスの動画を見て、イメトレばっちりだったけど現実はねえ。

見てるとこんなところまで乗り越えるんだと感心しきり。

http://www.h7.dion.ne.jp/~bikintv/index.htm

2009年1月 4日 (日)

矢田練

矢田練
今日も矢田練。昨日は矢田寺からエントリーしたけど、今日は時間がないので榁の木峠から入ってぐるっとまわって、また榁の木峠にもどってきた。下りのバランスも少しは良くなったような気がする。でもシクロでこんなきつい下りはないんだよね。来週からシクロクロスも3連チャン。何とかM1に上がりたいものだ。

2009年1月 3日 (土)

初走りは矢田

ようやく初走りできました。

寒いし矢田でクロス練です。

いつもの休憩場所で同じくクロス練の、M本クンと出会い、一緒に走る。

おかげで楽しく走れました。

前回こけた現場。今日はばっちり下りてきました。

20090103

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »