2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月26日 (木)

身体測定

っていっても自転車の寸法測定ですが。

会社の帰りに立ち読みしたバイクラに、適正なポジションについて書いてあったので少し気になったわけです。今まで、自転車のポジション出すのに、寸法を測って合わせたことはなく感覚ののみで微調してきました。今回新しい自転車を作るのに今までのポジションを一応測っておいて基本的にそれに合わせるようにして、ハンドルのみ少し近くなるようにしました。

まず、サドル高さを見ると、ローラーに固定されている初めて作ったクロモリのロードと今のオレンジlookで、クロモリが720㎜、lookが730㎜。乗り込んでいって少し高くなったのかな。今度のバイクは730㎜にしました。

股下寸法を測ってみると810㎜。換算係数が0.893(ヤクザ)だと記憶していたので計算すると。あくまで記憶ですので間違っているかも。

810X0.893=723

でなかなか合ってるじゃん。と思っていたけどバイクラ誌には0.88となっていたのでそうすると

810X0.88=713

うーん。2㎝の差は大きいか小さいか??

それからシートの先端からブレーキブラケットの握りまでをBとして、さっきのシート高をAとすると

B÷A=0.96

くらいがいいらしい。(シルベスト店長)

さっそく測ってみると

640÷730=0.86

となってハンドルが遠すぎる計算になる。0.96にしようとすると

730X0.96=700

でざっと3㎝くらい長いことになる。これでもlookより2㎝も短くしたんだけどね。

明日もう一回本屋に行ってもう一回確認してこよう。(買わんのかい!!)

なんやかんや言っても貧乏人根性で体を自転車に合すんやろなぁ。

2009年2月22日 (日)

KUOTA納車

昨日、ニューチャリを取りに行ってきました。

完成したバイクを眺めてにやにや。帰ってから買っておいたペダル(LOOK KEO)の取り付け。ペダルレンチ出して締めつけようとしたら、LOOKには使えなくて。えーっ。しゃあないから六角レンチでクランクの内側から締めようとしたら今度は合う六角がない!とりあえず手で回すだけ回しておいた。

Vfsh0060

それから、クリートをシマノからLOOKに交換。ほとんど一番前につけて固定。これ以上前にはできないけど、感覚的には深めの踏み位置なんだよね。まっ、いいか。

サイクルコンピュータはステムに付けるタイプなので、少し乗ってステムの長さが問題なければ取り付けることにする。あとはボトルケージとサドルバッグを付けた。

さて、本日軽く1時間ほど乗ってみた。のどの調子がまだ悪くて、あまり心拍をあげると気管が痛いのでもうしばらくは本格的な練習は自嘲しておく。

家を出てすぐ近くのホームセンターで六角レンチ180円也を購入してペダルを締め付け。これで安心。

Vfsh0061

乗った感じ、車体もホイールも軽く、おまけに決選用タイヤのせいもあり、踏みだしがすごく軽い。トルクはかけてないけど足があれば進む感じがする。剛性が高い分足がへばった時果たしてどうなるか、乗り込んでみないとわからないところでしょう。

ホイールとタイヤは決戦の時だけにしておかないと、練習でこの軽さに慣れ切ったらいかんな、とも思う。今は嬉しがってはくのは良しとしておこう。

今乗っているLOOKのポジションより少しハンドル位置を近くしてもらったので、フォームが少し楽になった。下ハンも持ちやすくていいかも。

サドルの高さも同じにしたけどシートピラーのロゴが一部隠れてしまって、KUOTAのKがひらがなの「く」になって「くUOTA」になったのはご愛嬌。

Vfsh0064

発音は同じだからええって事。

ってゆうか、イタリア人はもっと足が長いってこと??

おいらの足が手の長さに比べて短いってこと??

2009年2月19日 (木)

風邪ひいちまった

Gouren090215

この前のゴウレンで撮った写真。保存できてないと思っていたらちゃんと入ってました。

ぼけてなくてよかった。まだ余裕あったからね。

2,3日前から風邪ひいたようでのどが痛いです。週末までにはましになってほしいな。

2009年2月15日 (日)

Gourenのち北野塾

Gourenに参加。7時に開橋集合。今日は15名くらい集まった。いつもと違うルートを行こうという提案があったが、とりあえず和束ローソンまでいつものルートで、いつもの通り2組に分けて走った。

和束で休憩の後、塾長が柳生方面に行くというのでそっちの乗っかった。同行した塾生が全部で6名で

和束~笠置大橋~柳生~針~福住~柳生~加茂

のいつもの北野塾と逆回りのルート。今日のメンバーでは僕の足が一番弱いようで、坂できついのはもちろんだが、だらだら緩めの登りで踏み込んでいかないとついていけなのでなかなかきつかった。

柳生へスローペースで走っているときに一番前に出て、携帯で写真を撮ったのに後で確認したら登録するのをミスっていて画像が残ってなかった。残念。

足に乳酸たっぷりな練習会でした。Thanks all.

花粉の薬を飲み始めているので、軽い水鼻程度ですが、目がかゆくて・・・。

暖かくなってきて梅の花が咲き始めているのに、いやな季節が始まった。

めげへんぞぅ。3月になったら月が瀬まで梅見ライドしましょうね。 To All。

4h11m、104㎞、ave 24.4km/h、登坂1,340m、2,106kcal

2009年2月12日 (木)

ここまで使わんでも

20080212

20年以上前に初めて買ったロードレーサー。25年くらいかなぁ~。30年はたってないと思う。う~ん、忘れた!

シフトはレバー式だしフリーも7速です。値段も確か10万円ほどで買いましたがアルテがついています。

今はローラーに固定したまま。汗でさびさびですが、十分トレーニングできます。

タイヤがすり減っても外を走るわけじゃないからとことん使ったら、こんなになってしまいました。ここまで使わなくても・・・。古いチューブラーが出てきたのでつけ替えたら、妙にスムーズに回りました。

2009年2月11日 (水)

LSD祭り??

K野塾です。「LSD祭り」と御誘いのメールがきて、この前と同じく7:30に開橋集合。今日は4名。

僕が11時には帰りたかったので近くを走りましょう、ということで、けいはんな~打田、天王、あたりを周回。時間は短いけど、上りと下りしかない、やっぱり中身はK野塾でした。

出だしは上りで遅れることもあったけど、だんだん調子が良くなってきました。

20080211

心拍がいっぱいいっぱいになってから、呼吸を大きくして上半身の力を抜くと粘ることができるような気がする。シクロクロスで30分間とはいえ高心拍で追い込んでいたので、少しは効果が出たかな。

ただ回転をあげてで登るのはまだまだです。

写真は交野からくろんど池に登るM木、K野両名。さすがに息が上がっていたので手がぶれました。まってくれ~ぃ

11時前にはくろんど池で休憩して解散。

今日もいい練習ができました。

3h38m、78.9㎞、ave21.6km/h、登坂1,410m、1,679kcal

2009年2月 8日 (日)

Gourenヘロヘロ編

今日はゴウレン。今朝は昨日に比べて温かく、家を出てすぐの下りもさほど寒さはない。加えて天気もいい。

山城自動車学校前に8時前に到着。全部で20人ほど集まっている。

ライダーズミーティング中。

Gouren090208_2

ミーティング後、半部に分けてスタート。まずは大正池へヒルクライム。

Gouren090208_3

後ろのグループで出発したが先行グループに追いついてしまった。結局登りに入ってそれぞればらけてくる。僕の周りの数人はどちらかというとお茶らけながらゆるゆる進む。

勾配がきつくなるところで、T浪クンが頂上まで行ったあとターンバックしてきて再び一緒に登る。さすがミフネドットコムや。

和束のローソンでそのミフネチームのFOCUSの試乗会。かっこいいです。カンパです。コーラスです。クランクまでカーボンです。

Gouren090208_1

さて、和束で数人が先に帰り、出発。10人くらいでローテーションするがだんだんペースが上がってくる。時々苦しくなるががまんがまん。湯舟の登り前の平坦区間でローテが僕の前のジョニーさんになった時、ジョニーさん、いきなりペースアップ。そこまでいっぱいいっぱいだった足が回らずちぎられてしまった。必死で追いかたが離れていき湯舟の登りの途中であきらめてゆるゆる頂上に到着。汗と鼻水が混ざったのが垂れ流しで顎から滴った。
みんなシーズンオフは無いのか?

湯舟頂上でさらに先に帰る人が離脱。今日はH田クンの結婚式なので参加する人が多くどんどん途中リタイアする。朝宮の交差点でも何人か帰って、結局6人になった。

その6人で大石のコンビニに下る。今日も向かい風がきつい。途中から4人でローテ。風がきついので先頭であまり長く引けない。2列になってぐるぐる短いスパンで回す。ペースが落ちないが前に出る時と、下がって後ろに着くときに加速するのでかなりきつかった。チッポクンは「楽ですね」というが私はヒーヒーだった。ただちぎれるともっとしんどいので我慢して付かないと。

大石のコンビニではトイレ休憩だけしてすぐ出発した。和束で買っておいたヨウカンを半分食べる。

コンビニで休憩していたチームミフネの方以下3人と一緒になり、猿丸ののぼりから郷の口まで走る。

郷の口から山城まで下るところで3人でローテしていた時のこと。向かい風だが下りなので結構スピードが出ていた。後ろから来た車がクラクションを鳴らしながら強引に我々を抜いていった。追い抜き際になにやら叫びながら。抜きたくていらいらしていたんでしょう。こっちも車並みに速いですからね。少し行ったところの信号待ちで車が並んでいるわきを前まですり抜ける時、我々の一人が目でご挨拶をしたようだった。メ○チとも言うかな。

信号の前まで来て後続を待つ間にさっきの車が前を通った。向こうもご挨拶したいのかこっちを見ていた。Mフネチームの方が丁寧に挨拶したかったのかドライバーさんに呼びかけたが、そのまま去って行った。なんて言ったかって?それは、書けません。せっかく仲良くなろうとしてたのに・・・。でも、面白かった。

さて、解散して一人の帰り道。突然ハンガーノック。打田の登りが力が入らずいつものように登れない。何か食べたくても店も、自販機もない。ふらふらしながらたどりついた自販機であったかいココアを飲んで何とか生き返った。

今日の練習は上りもしんどかったが下りのローテもきつかったので、筋肉が悲鳴をあげていてかなりエネルギーも消費したんじゃないかと思う。

4時間10分、104.8㎞、ave25.1㎞/h、登坂1,315m、2,252kcal

2009年2月 7日 (土)

LSD?の会

塾長よりLSDやるよとのメールがあり、開橋に7:30集合。ちょっと早いけどがんばって早起き。久しぶりの北野塾に目覚ましより先に目が覚めた。遠足みたい。

今朝は天気がよくその分冷え込んで集合場所まで下りが多いので膝が冷えて寒かった。

塾長以下6名が集まった。ほぼいつもの登り好き?(別名坂バカ)

加茂駅前ローソンまで確かにLSDペース。ローソンでコーヒーとあんこもちをいただく。

コースは加茂カントリー~柳生~三間峠~柳生~加茂

加茂カントリーではゴルフ場の真ん中を突っ切る道で、両側のグリーンと網で仕切られているだけ。今にもボールが飛んできそうなシチュエーションだ。ここの登りがきつくて思ったより長い。出だしからいかにも北野塾らしい。

寒い時期なのでみんな、ごりごり踏むより、クルクル回すのがよくわかる。ほとんど平坦なところがないコースで、登りではなんとかついていくようにがんばるが、時折遅れがちになってしまう。

きつかったのが柳生の里から三間までのだらだら登り。いい調子でくるくるまわしてついていくがちょっと勾配がきつくなるところで切れてしまった。

後続待ちと信号以外は休憩なしで、LSDの会とはいえ刺激的ないい練習になった。

4時間06分、93.2km、ave22.7km/h、累積登坂1,430m、2,329kcal

練習中の最低気温が、-2℃を記録していた。さぶ~

2009年2月 6日 (金)

KUOTAもキターーーーーーーーー!

入荷したフレームを拝みにホイールとタイヤ、サドルを持ってショップに行ってきました。

Framekom

思ってた以上にダウンチューブが太くて迫力ものです。なかなかかっこいいじゃない。

持ち上げてないけどかなり軽そう。チューブをギュッと押したらへこんでしまいそうな感じ。

剛性も高そうで、僕みたいなのが乗っていいものかとも思いますが、おそらく生涯最後のレーシングバイクになるだろうし、この際いっときましょう。僕にとって自転車界のランボルギーニのようなものです。

それでもコンポがDURAやレコードじゃないところが自分らしくていいんです。ってゆうか予算オーバーやしぃ。

まだBBとブレーキくらいしかついてないけど、拝ませてもらいました。パンパンpaperpaper

あと、ハンドルが入荷したら組立てできる状態です。

通販で買ったパーツを持ち込んで組んでもらうのに気がひけますが、いやな顔せずやってくれる店長に感謝です。

2009年2月 4日 (水)

wiggleがキターーーーーーーー!

Wiggleから待ちに待った荷物が届きました。

Vfsh0057_2

中は

Vfsh0059_2

fizik, Fulcrum,  shimano cassette ,All from UKです。

ホイールは2way fitで、クリンチャーとチューブレス、どっちも使える優れものです。取説の英語に苦労しますがなんとなくわかるところだけ見ていると、チューブレスを付ける時筆で石鹸水をつけないといけないみたいでめんどくさそう。タイヤはユッチンソンしかテストしてないから保証せんぞー、みたいな事書いてました。まだ2社しかないから仕方がないね。各社出そろったらもっと安くなるのに。とりあえず去年レースでしか付けなかったPro3を付けておくかな。

チューブレスタイヤはまだ高くて定価で10K円ほど。ウエパーでも6k。UKのサイトで3k台。

ネットで買うかなぁ、とTOTAL CYCLINGを覗いたらこの前まで掲載されていたユッチンソンのロード用チューブレスタイヤが載っていませんでした。売れてしまったのかも。

うーん。

2009年2月 2日 (月)

この冬の成果・シクロ雑感

シクロクロスも最後の1戦を残し個人的にはフィニッシュです。

シクロクロスの場合クリテリウム形式で2~3kmを周回するのですが、カテゴリー別に周回数が決まっているのではなく、競技時間をカテゴリー別にきめて周回するやり方をしています。最初のスプリットタイムでそのレースの周回数が決められ、コントロールラインに残り周回数が表示されます。ですからトップのスプリットが早いと周回数が増えるわけで、C3よりM2のほうが周回数が多かったなんてこともあるわけです。(何周目に決めるかはよく知りませんが・・)トップがゴールした後は周回数が少なくてもそれは完走になりトップとの差が-1周とされます。

マスター2(M2)とカテゴリー3(C3)は30分、M1、C2は40分、トップカテゴリーのC1でも1時間が基準です。30分くらいだからずいぶん短いイメージですが、実は最初から最後まで心拍が最高潮に上がりっぱなしでかなりきついレースです。ただダメージが残らないし、テクニックも必要で、必ずしもロードの強い人が勝つとは限らないので、だんだんはまってしまう面白さがあります。またやりたくなるんですよね。たとえゴールしてえずきそうになっても・・・。

転んでもほとんどけがをしないし、泥んこになって転げまわるのも大人の泥遊びみたいで楽しかったりして。

とはいうもののこの冬の成果?がこれです。

Vfsh0059

すねが傷だらけで短パンになるとカッコ悪いです。すね毛をそる意味が身にしみてわかります。怪我はしないけど傷はできるってことかな?

そしてこれ

Vfsh0058

関西クロスのワッペン。優勝者が金色、2位がシルバー、3位はブロンズ色をもらえます。

今シーズンは10戦中7戦に出て、表彰台は2位1回、3位1回。あと最後の金色が取れそうで取れない。あと一歩で届かないとろろが自分らしいとも思います。表彰台に上がっても賞品も賞状もなくてあくまで栄誉だけ。それはそれで純粋に楽しいんです。

今年からマスタークラスはM1とM2に別れて、M2の1位しかM1に上がることができないので、最初のうちはM2で表彰台が近くていいや、と思っていたけどだんだん欲が出てきてなんとかM1に上がりたいと思うようになってきたのもそれが一つの要因かもしれません。

来年は(も)M1目指そう、と心に誓うのでした。

2009年2月 1日 (日)

ロードモード

最近、シクロバイクばかり乗っているが、最終戦にどうやら参戦できそうもなくなってきた。

そろそろロードモードに切り替え、久しぶりのゴウレン(正式には第1と第3日曜はVIVACE練習会らしい)に参加した。

矢田練のときは朝ゆっくり起きて8:30から9:00ごろ家を出ていたが、ゴウレンは8時集合。朝ばたばたして大急ぎで支度するが、家を出ようとしたら手袋の片方が見つからない。仕方ないので軍手をはいて出動。軍手はすーすーしてちょっと寒いので2枚重ねて、左は黒いグローブ右は白い軍手といういでたちになった。いつもはシクロバイクにボトルゲージも付けていないので、その習慣でボトルもつけ忘れた。

途中、なさんと一緒になり、開橋にちょうど8時に到着。おー、ぎょうさんおるわい。寒いのにみんな熱いねぇ。

6人と8人くらいの2つに分かれてスタート。後ろのグループに入りローテーションしながらLSDペース。日が差しているので寒さは感じなくいい感じ。集団走行が久しぶりだったので前との間隔にちょっと緊張した。

交差点や合流道とかでだんだんばらけて、最後3人で和束ローソン到着。休憩後リスタート。今度はやや長い隊列。先頭から最後尾に下がるときはやや時間がかかる。LSDペースだったのにそれでも少しずつペースが上がってきて、最後の湯舟森林公園頂上の登りでやや遅れてゴール。

湯舟から大石までは下り基調だが向かい風時々横風が強く、踏まないと失速してしまう。

先頭の数人グループから遅れていたのでM木さんと2人で交代しながら追いかけた。前に出ると急にきつくなり、早めに交代して後ろに下がると足が止まるほど楽。

大石から猿丸神社までのアップダウンでは、先頭で僕と塾長がしゃべりながら走っていたら後ろから一戸団体が固まりでぞろぞろ。ゆるゆるペースにしてしまったようだ。オフシーズンだからまあいいでしょう。

帰りに木津川サイクリングロードに入ろうとしたら、ちょうど木津川マラソンの最中で橋の下をランナーが走っていた。河川敷のグランドがスタート・ゴールになっている。風が強くて走りにくいやろうな。ここのマラソンは吹きさらしだからいつものことだけど・・・。木津川CRを迂回して帰宅。

久しぶりに100kmを走って帰ってきて、昼飯のあとそのまま座椅子に座ったまま別大マラソンを見ながらうたた寝。ふとももがぴくぴくしていた。

楽しい練習会でした。手袋は玄関の隅に落ちていました。あわてちゃダメですね。

101.4㎞、3h48m、ave26.6㎞/h、登坂1,025m

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »