2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月25日 (日)

gouren

朝から暑すぎる~
吉野も暑いやろなぁ。
ゴウレンもやたらアツく、8時山城に20人くらい集まっていました。
ミフネチームの方が5人くらいいたかな。さすがみなさん強いです。
大正池ステージではほぼ最後尾固定。ひたすらA田さんに引っ張ってもらいました。
昨日走ってないので足はフレッシュなはずですが、あまり変わらないのが悲しい(T_T)
和束~湯船ステージは5人くらいでローテを回していましたが、増えたり減ったりしながら清水橋の後少し勾配が出てくるところあたりでお約束通り千切れ雲。これまたA田さんと2人で回しながら何とか頑張りました。
今日のゴウレンは最初は多かったけど、だんだん減ってきて、最後の猿丸神社では10人くらいに。頭からかぶった水が冷たくて気持ちいい。日焼け対策でロングスリーブのジャージを着ていたので、腕に水をかけると走っている時も涼しくて気持ちがいい。30分くらいで乾いてしまうけど。
家まであと30分くらいのところの自販機で水を買って、1/3飲んで1/3ボトルに入れ1/3を首と腕にかける。もったいないと思いながらちびちびかけました。気持ちよい。
今度からボトルを2本にして水を入れないとだめだな。
汗のせいか太ももの、ゴムが当たる部分が、みみず腫れみたいになってしまいます。接触性のじんましんのようです。2,3日で収まるのでいいけど、見た目がいやです。やっぱひざ下のレーパンがいいのかな。

2010年7月22日 (木)

吉野はDNS確定

先週週末のブログもさぼったまま今週も終りに近づいてしまってますが、日曜はVIVA練、月曜はK野塾補修編2時間ほどのあと、けいはんなロードを観戦しました。

今更詳しく書いてもしょうがないですね。

今週末は吉野グランフォンドの予定で、スーパーロングに選手としてエントリーしていましたが、嫁の様子が悪く行けなくなりました。

暑いさなかですが皆さん熱中症とパンクには注意して挑戦してください。

KUOTAのポジション調整で、5mmほど上げたサドルに馴染んできたので、古いLOOKも同じように上げようとしたら、シートピラーが動きませんでした。長年動かしてないのでフレームとピラーが固着しているようです。たまにグリスアップしてあげないとだめですね。

2010年7月17日 (土)

k野塾

今日梅雨明けということで、暑い暑い。
開橋に5分遅刻して到着。今日のK野塾は7人ほど。

加茂~岩船寺~須川~大柳生~柳生~水間
登りでことごとく遅れて、最後尾キープでした。いいわけじゃないけど安物のホイール(前後で約15K円)はあまりにも重すぎる。練習用にと思ったけど、皆についていけないようじゃ練習にもなりませんな。それとも0のホイールがあまりにも軽すぎたのか??
特に柳生~水間はだらだら登り基調ですが、ローテーションでスピードも出て、後ろに下がったらついていけず全く見えなくなりました。

水間~針~福住~大柳生~岩船寺~木津
水間から針間でまたもや集団とすっかり離れてしまい、針テラスのコンビニで休憩してるとばかり思って到着したら誰もいませんで、引き返して針の交差点を左折したところで皆さん休憩中でした。すんまへん。
加茂~木津でまっすぐ帰らず美加の原カントリーの前に迂回するルート。塾長、流しましょうと言ったのに結構しんどかったです。

12時半ごろ帰宅。暑くて持参した饅頭がのどを通りませんでした。今度はバナナのほうがいいかな。3連休の初日はきつかったです。3日間持つかしらん。

110㎞、4:22、ave 25.2km/h、登坂1405m、CCのデータでは、気温がmax 43℃ ave33℃になってました。
みなさん、夏に負けないように!!

2010年7月10日 (土)

久々土曜塾

1ヶ月くらい北野塾には行って無かったでしょうか。久しぶりに参加しました。
大台仕様のフルクラム0のホイールには20mmのタイヤがついたままなので、練習用にとFSAの超重いホイールに交換。自転車を持ち上げただけでその重さがはっきりわかります。
きょうの北野塾は、明日天気が悪そうなので少し遠出をしようということで、
加茂~柳生~月ヶ瀬~伊賀上野を回り、多羅尾~湯船~和束
というコース。

100710_103748

はっきり言って、重さと暑さに参りました。
T木さん、秘密兵器のおかげか調子悪いとか言いながら、登り快調。いつものクライマーが集まったので登りになると置いていかれます。ただ登りはしんどくても開き直って自分のペースで登ればなんとかなるし、頂上で待っていてくれるからまだまし。
平坦な区間では、いつもの気心が知れたメンバーなので、自然にローテーションが始まり、これまた自然にペースが上がり、休ませてもらえない。伊賀上野から休憩したコンビニまでの平坦な区間では、車も少ないのでほぼ2列の美しいまでのローテーションでした。ここは少しずるをして最後尾に固定させてもらいました。
湯船から和束までいつものゴウレンコースの反対で、やや下り。抜け出して独走する寺さんをM木さんと塾長と私の3人で追いかける。グッドなコンビネーションでローテして追いかけましたが和束近くなってようやく追いつきました。ここで足を使い太ももピクピクです。

次の目標は鈴鹿ロード。スピードについていく練習に少しばかり重点を置きたいです。

午後からキタサイクルによって、信貴山のヒルクライムの申し込みをしてきました。今回は珍しくwebエントリーでなく、現金を添えて申し込み用紙でエントリーするようです。今では旧式の申し込み方法ですがなんだかほっとします。少なくとも、数分で定員いっぱいということはないでしょうね。

2010年7月 6日 (火)

大台ケ原ヒルクライム

当日の朝は雨も小降りになってました。
4時半に起床、5時朝食。着替えて最後のウェイトダウンして、荷物を預けに行く。6時から20分くらいホテルの玄関のひさしの下でローラーでアップ。駐車場の車のハッチを開け、その下で3本ローラーでアップを試みるHこさんは、ローラーが雨で濡れてしまい滑って落車しそうになって諦めたのはここだけの話・・・。
6時半にスタート地点に行き第3グループの最後尾あたりでスタートを待つ。忙しかったけどやっと一息。去年私より1つ上の順位でゴールしたM木さんも同じグループで、一緒にスタートを待つ。今年はついていけるやろうか?
7時から各グループ2分置きにスタート。
最初は村の中を通りほぼフラットの細い道。ロードレースさながらですが集団は長くなって先頭なんて見えない。M木さんの後ろの位置で少しずつ前に上がっていく。
平坦区間が終わるといよいよ登り始める。だんだん斜度がきつくなるが、前から落ちてくる選手を抜きながら前へ前へ。まほロバのチームメイトも何人か追いつきパス。頂上行きの荷物に入れ忘れた携帯をポケットに入れていたので、追い抜き際になさんをパチリ。このときはまだ写真を撮る余裕がありました。
追い抜いたとき後ろから私の名前を呼ぶ人がいたけどすんまへん、だれかわかりませんでした。chocoさんが声を掛けてくれた「まって~」って。そりゃあ~た、待てまへんわ。
後ろにいるはずのM木さんが見当たらない、まあそのうち追い抜かれるやろ。
劇坂区間の後半は腰が痛くなってきてややタレぎみ。フラフラしてたら笑いながらM木さんが抜いていき、その後だんだん離されていった。
ようやくドライブウェイに出てきて斜度がゆるくなる。それでも腰の痛みもありペースが上がらない。この辺りでは頂上が近いので雨でなく霧になっている。
平坦や下りもあり、ここでアウターでペースを上げないと・・。何とか前にいる選手に追いつき、コバンザメのごとく張り付く。しぶきが顔にかかって前が見えにくいけどそんなことかまってる場合じゃない。後ろから抜いてくる選手がいたのでそっちに乗り換えてまたへばりつく。登りになったら私が前に行く。そうこうしてる間に前方にM木さん発見。追いつきそう!!
残り数キロで追いつき下りで私が前に出る。最後の登りでダッシュするM木さんについていけず4秒くらいの差でゴール。練習会でもいつもこのパターンでやられてますので順当と言えば順当かも。
ゴールしたら足が攣りそう。腰もバシバシ。
目標の1時間30分を切ることができず去年より2分以上悪い。順位も5つダウン。
1分は体重増分で、1分は加齢分、端数は練習不足分という分析をしております。体重増の原因の一つに練習不足があるわけですが。
来年またがんばろう・・・っと。

2010年7月 3日 (土)

上北にて

上北にて
大台HC前日、雨です。明日は少しはましになればいいけど。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »