2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月27日 (水)

いまさら土日の練習

今頃ですが土日の練習です。って、めんどくさいので写真をアップしておきます。

土曜はK野塾です。万灯呂山に登りました。いい眺め。ロードですが、シクロバイクでも面白いです。
101023_082130

日曜。おっくんに誘われシクロ練に参加しました。
集合にはまだ早かったので、榁の木峠からエントリーして松尾寺まで矢田を走りました。
101024_084853

集合場所の手前のコスモス畑があんまりきれいなのでちょっと寄り道。
101024_090305

法輪寺の駐車場に集まりかけてます。つわものが集合しました。10人以上いましたね。すげ~。
101024_093627

アップにとか言って、矢田丘陵を走りました。くしくも集合前に私が走ったコース。シクロバイクばっかり10人以上。こんなに集まるところ、ほかに無いやろなぁ。
101024_105427

矢田から戻ってきて、近くの池の周りを、まずゆっくり(っていっても結構速かったっす。)2周。その後模擬シクロレース形式で5周回。フラットなコースですが重い芝や土手登りもあり、なかなかきついです。皆さん早いのなんのって、半周くらいでついていけなくなりました。スタート前です。
101024_112121

周回後に1周流しましたが、Tの内ゆー選手のお兄さん、降車、乗車の反復練習を後ろから見させてもらいましたが、超上手で、真似したら○マを打ちました。いてぇ~
おかげで楽しい練習ができました。
また、よろしくお願いします。

2010年10月18日 (月)

関西クロスプロローグ山城

いよいよ関西クロス、プロローグですが始まりました。

家から自転車でも1時間で行けるところなので、前日の午後から自走で会場へ行き一応試走する。こんな泥セクションもあり試走ではここはパスする。前日からどろどろになりたくないもんね。

この泥セクションは到底乗車不可能。

夜、タイヤをパターンの小さく、幅も35mmから30mmに付け替える。ところが朝起きると前輪がスローパンクしている。タイヤをはめるときにチューブが噛んでしまったもよう。仕方がないので先日買ったチューブに取り換えるとなんと、今度はバルブが短くて空気が入らない。最悪!!

会場に行ったらチューブくらい売っているやろ、と自走をやめ車で向かった。

小物を置いている店と完成車の展示のテントがあったが、あいにく今日はチューブを持ってきてないと、絶望的なお言葉。今日は見学だけにしようか。

うろうろしていたらオックンが予備のチューブを持っている人を探してくれて、さらに大将がホイールごと貸してくれるというので大将に甘えて、何とかレースには出られるようになった。おっくん、大将ほんとに有難うございます。

コースはスタートから道幅が2mくらいしかなく、並んだ時点で4,5列目だったので、スタートからシングルトラックへの突っ込みで勝負あった。狭い河川敷の草を刈ったコースで狭くて重い。なかなか抜きどころもない。1周が1km程度しかなく、その間に水路超えあり、泥セクションあり、崖登りあり、シケインありで1周4分くらいの間に最低4回は担がされる。テクニカルで結構しんどいコース設定。ようこんなところにコース作ったなあ、と感心させられるわ。

水路のセクションでは板をしいていて、その上に水がかぶさってしまっているので、板が次第にずれてしまい、足をついたら泥に埋まってしまい、そのままドブン・・・。観戦者から「あ~!」という声が聞こえる。やっちまった、と思ったけど、負け惜しみじゃなく、かえって開き直って、これこそシクロクロスや!と、なんだか楽しくなった。レース後顔中泥だらけの人もいて、サングラスの後だけがきれいなのが妙に面白い。

結果は集計システムの不調とかで後日HPでアップ、ということなので、表彰台以外はわからないけど、先頭はおろか自分の現在のポジションもわからない状況。まあ、勝負に絡んでないことは確か。

一夜明けた今日、妙に肩、腕の筋肉痛が残っている。

楽しい、大人の運動会でした。

2010年10月11日 (月)

矢田練

矢田練
まだまだ暑くてシクロクロスの気分じゃないけど、来週は山城でプロローグ。KIMさん、M本クンと3人でシーズン初の矢田クロス練でした。
久しぶりの矢田はなかなか手ごわかったです。

2010年10月 6日 (水)

信貴・生駒ヒルクライム

奈良サイクリング協会主催のヒルクライム第2弾に参加しました。
じもぴーですし、ローカル大会ですので入賞6位、あわよくば表彰台をひそかにもくろんでいたのですが・・・。
会場までは自走で行こうか迷いましたが、午後から雨の予報なので車で行くことに。
会場で受付して、自転車を組み立てて、トイレを済ませて、塾長がいたので挨拶して。さあ、ローラーでも出してアップしようかな、と思ったら、あれれ、靴がない!! 一瞬頭が真っ白。時間は7時過ぎ。スタートは8時半から始まって、私は8時55分。大急ぎで家まで取りに帰る。車をぶっ飛ばして無事会場に戻ったのが8時。間に合った。
すでに選手はスタートに並んでいたのでとりあえず一番後ろに並ぶ。アップもしていないので、集合している後ろでちょろちょろ乗る。
20人1組でスタートするが私は最終組で4人だけ。さびしい。スタートリストにM原さんの名前があったけど、来ていないみたい。

スタート前
101003_082008

101003_084736

以下の写真は先日下見で走った時に撮ったものです。スカイラインは自転車禁止なので走っていません。

スタート後すぐ右折。ぐぐっと登り始めます。
100920_093319
いきなり10%超えの坂。コンクリートに○模様。
100920_093334
乗馬場の横を通ります。
100920_093517
登りきってここを右に行くと、一旦下ります。
100920_093934
ぐっと下って少し登ると広域農道に出ます。ここを左折。
100920_094022
広域農道の橋を渡ります。

100920_094141
看板のところを右折。
100920_094324
細い道を登ります。
100920_094404
登りきったところで一旦下り。
100920_094640
また登る。右に曲がるとスカイラインまであと少し。
100920_094813
信貴生駒スカイライン、通称シギスカ入口。普段はゲートが閉まっています。
100920_095122

最後のスタートなので後ろから抜かれることはなくて、前の選手をどんどん追い抜いていく。目標にする選手もいないし、とにかく心拍が90%から落ちないように、かつ95%を超えないようにする。スカイラインはきつい上りはないけど、下って登っての繰り返しなので、下りで休みすぎないように言い聞かせる。個人TTの世界。
ゴール近くでダンシングでスプリンすると、最後は下りで生駒山頂遊園地の駐車場にゴール。
タイムを見ると35分58秒。いいのか悪いのかよくわからん。
下山後リザルトを見ると36分00でクラス5位。なんとか第1目標は達成というところ。

頂上は風が強くて、スタート前に荷物を預ける暇がなかったので寒い。地面にねっ転がると案外暖かいんです、これが。
下山途中に後輪が派手な破裂音を上げてパンク。アチャー。荷物を上げてないのでポンプもチューブも持ってない。ひこさんがチューブを貸してくれたので修理。ひこさんありがとう。今度会ったときに返します。
空気を入れていたらまたもや派手な破裂音とともにリパンク。チューブが噛んでたんでしょうか。
スタッフの車が通りかかったので、修理は諦めて車で下山する。
101003_104834

下山後腹ごしらえ。100円単位で1000円分の食券で好きなものを食べられるという方式。それもいいねぇ。かやくご飯300円、うどん300円、おでん3品200円、ペットボトルのお茶とスポドで200円。いやあ、腹いっぱい。

食後は体育館で表彰とふれあいパーティー。入賞しているので一応最後まで参加。
アトラクションで太鼓演奏、高校生のブラスバンド演奏。ここまでは良かったけどおばちゃんの盆踊りが始まった時はトイレと、缶コーヒーブレイクさせてもらいました。
表彰では、我らがM木さん、クラス3位で表彰台に。私が5位で20秒の差があるが、練習で勝った試しがない人にレースで勝った試しがないのは当然か。その差は簡単には埋まらないものです。
101003_135747
1位、2位の方もすっかり顔なじみで、1位Y中さんはヒルクラではいつも負けて、シクロクロスでもこの前負けたし、2位のT田さんはシクロクロスでは勝てるんだけどヒルクラではいつも負けている。結果は正直なものです。

表彰式後ラッキー抽選会。選手が帰っているみたいで当たった番号の選手がいない。仕方なくじゃんけん大会で賞品争奪となった。じゃんけんにも負けて何にももらえずにすごすごと会場を後にしました。
いつもは走れないスカイラインも走れてなかなか楽しい大会でした。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »