2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

K野塾とイージーライド

土曜日はK野塾。7人ほど集まりました。先週行ったコースをおさらいしましょう、ということで生駒方面登り練となりました。

コースは開橋~東畑~けいはんな~生駒市街~R168~東山~信貴フラワーロード(広域農道)~三郷で登り返し~のどか村~広域農道~十三峠(登り返し)~生駒~榁の木峠~富雄

先週より足が重くて登りになると足が回らず、ケイデンスが50を切ってしまい、ほとんど回してない状態。一人では時々走るコースですが、クライマーがそろうとやっぱりきついです。広域農道ではジェットコースターのように下って、また登る頂点ではダッシュに近いモガキ入るし・・。のどか村の登り、十三峠の登り、皆さんからすっかり遅れてしまいました。もう少し楽に登れるようになりたいです。

日曜日

前日の夜、まほロバのシクロクロスと駅伝の反省会ということで飲み会があった翌朝。寝起きがしんどく、足の疲れもあったのでゴウレンはパスして一人でLSDをすることにしました。コースは岩船寺から登って、柳生~布目~水間~鉢伏峠を回って帰ってくる、いつもはK野塾で走るコース。アップダウンはありますが心拍を70%くらいで抑えてゆっくり走ってきました。

気温が一気に上がってきて花粉も本格的に飛び始めたので、先日、某UKサイトで買っておいたRESIPROのスポーツ用マスクを試してみました。見た目結構いかついね。

K野塾とイージーライド

口の前に空間があり、ふつうの花粉用マスクと比べると呼吸はすごく楽です。排気バルブが付いて内側にフィルターが付いています。ただ装着するとき首の後ろで止めるようになっていて、前傾姿勢で顔を上げるとマスクが下に引っ張られる感じになるので、鼻をぎゅっと抑えられてしまいます。やっぱり耳の後ろで止めるほうがずれにくいでしょうけど。

サングラスの曇りもあまりなくて使えると思いますが、いかんせんこのままドリンクを飲むことができないので、止まって外して飲むことになります。今日のように気ままに一人でLSDでしたら、いつでも止まれるし、まだそれほど暑くないのでしょっちゅう水分補給する必要がないのでいいでしょうが、きつい練習会や気温が上がるとちょっときついかなと思います。通勤ランなんかにはいいでしょうね。おかげで夜になっても鼻のぐずぐずはありませんでしたが、目は痒いです。

布目ダムでアミューズの方々が2時間耐久をやってました。マニアさんから一緒にどう、と誘われましたが、今日はLSDと決めていたので心を鬼にして(嘘です!)お断りしました。2時間布目を回ってから、家に帰る自信がありませんでしたし・・。女子もたくさんいました。女子は1時間だそうです。

2時間耐久スタートしたところです。

K野塾とイージーライド

今週は平日にローラーも含めて一度も自転車に乗ることができず、休みの練習で疲れてるだけのような気がします。ちょっとでもいいからペダルを踏まないとだめですね。

NO RIDE NO WIN です。

2011年2月13日 (日)

ロード始めました

ロード始めました

シクロクロスも終わってロードに乗るぞ、と張り切っていた3連休でしたが、金曜日は積雪10cmの雪に。土曜日には雪も上がってきたので午後から出かけました。ところが段々雪が降ってきて、引き返したら今度は雨に変わってきて、すごすご家に逃げ帰ってきました。

日曜は今年初めて、何か月ぶりかのゴウレンに参加。天気は良くなったものの気温はあまり上がらず、日陰は濡れた路面が凍結して時々つるっと滑りそうになり肝を冷やしました。そのためスピードを抑えてくれていたし、大正池を回避したので、私としては非常に助かりました。

写真は湯船県境。雪がまだ残っていて路面が凍結していました。

昼近くなって帰る頃には路面もいい感じ。それにしても久しぶりに乗るロードのタイヤがやけに細く感じてしまいました。

心拍はあまり上がってないのに、きつい時で80%くらいでしたが、心拍以上にきつく感じるのは、足ができてないからでしょう。長い上りを追い込むにはまだまだかかりそうです。

109.4km、4h16m、ave25.6km/h、Ascent1135m

2011年2月 7日 (月)

関西シクロクロス千秋楽@桂川

いよいよ関西クロスも最終戦。前日は試走に行きたかったけどやっぱり行けず。昼から2時間ばかし矢田を走りました。恒常的な練習不足はもう仕方がないと、悟りの境地です。

前日の夜HPを確認すると、今回のエントリーが600名を超えて、おやじカテゴリーのM2が2グループに分かれるとか。それによってオープニングレースのM2の出走時間がいつもと変わる。私の組は第2グループ(M2-B)でした。

試走時間が少なくなるので少し早めに到着するよう出発し、7時過ぎに到着。7時半から開門ということでしたが、既に車は入場していました。試走も少し早く始まりました。

コースは前半グランド周辺のフラットコース。ただ、高速な分踏み倒さないといけないし、コーナーに砂が浮いていて滑りやすい。案の定試走でアスファルトのコーナーでスリップして落車してしまいました。他にも多くの人がスリップしていたみたいで、その部分のコースは少し手直しして、芝の部分で回るようになっていました。一安心ですがもうちょっと早くしてほしかったです。

後半は土手を登ったり下ったり、ジグザグ走行。キャンバー、階段登り等、テクニカルになります。階段を横切るところでは、キャンバーを登りながらなので、担ぐか、乗って越えるか微妙でした。

写真は階段を横切るM本君です。

関西シクロクロス千秋楽@桂川

レースは、スタートでうまく飛び出し、4~5番手でしたが、意識はしませんが高速コーナーでの突っ込みが甘く、ブレーキングのたびに1人抜かれ2人抜かれ、ずるずる後退。

急な土手登りも最初の周回は、前後に選手が詰まっているので安全策でおして登る。階段横切りもしかり。ストレートで加速して何人か抜いて追い上げ、コーナーで詰められそうですが、がまんがまん。

3周目くらい(何周目かよく覚えていません)の階段横切りで、乗ったままクリアーに成功したのはよかったのですが、階段出口から斜めに登る部分、いわゆるキャンバー、でフロントのタイヤが外れてしまいました。パンク対策としてチューブラーを導入したのですが、接着が甘かったかな。外れたタイヤを手で戻す間に何人も抜かれました。ここのセクションは応援も多く、すぐ横で、「焦るな!行ける行ける!」と声が聞こえます。視野が狭くなっているので誰が行ってるかはわかりませんが、とても励みになります。

抜かれた人を目標に追い上げ、ストレートで2人くらい、土手の登りで押している選手の横で乗車クリアーで追い抜く。「ナイス~!」というKIMさんの声が聞こえましたヨ。

結局10位でフィニッシュ。こんなはずじゃなかったという気持ちもありますが、練習不足では仕方ないでしょう。今の力を出し切ったので、楽しく終わることができました。また今日も足にすりむき傷を作ってしまいましたが・・。

まほろばのT津君が3位入賞。おめでとう。

レース後2位に入ったM岡さんとメール交換。シクロクロスで知り合って先日の池連でご一緒させてもらいました。来シーズンは私の目標の一人になります。これからも宜しく。

まほろばクロスチームのみなさん、お疲れ様でした。

池練ではユーロの皆さんと練習ができて本当によかったと思います。

そのほかいろいろな方と知り合うことができ、いろいろありましたが楽しいシーズンでした。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »