2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月27日 (火)

また回る!@@;)

もう、書くのもいやになるけど、また回っちゃいました。@@;)

いったいどうなってんでしょうな。

木曜くらいからふらふらして、土日に休養して火曜の朝にはすっかり良くなったけど、今回はなんとか仕事休むことなく復帰しできたので助かりました。

自転車に乗らないと、買い物するか、お菓子ほおばりながらテレビ見るか、本読むか、でだらだら。月曜日には体重が2㌔くらい増えています。はぁ~。

******************

別ネタですが・・・

左岸/江國香織と右岸/辻仁成、を読み終えました。

Photo Photo_2

2人の作家のコラボです。幼なじみの茉莉と九、それぞれの人生を描いています。この2人の作家の本は初めてでしたが、なんか良かったですねぇ。かなり好き嫌いは分かれるかもしれませんが。

「辻仁成と江國香織の奏でる二重奏ふたたび。愛を信じることができるあなたに贈る大きな希望の物語。」だそうです。

調子に乗って、この2人の作品「冷静と情熱のあいだ」を図書館に予約しました。

この2冊の間につなぎのつもりで読んだ「阪急電車/有川浩」が妙にさわやかに感じてしまって。

Photo_4 

脱線ついでに、有川浩(ありかわ ひろ)って女性だったんですね。(ありかわ ひろし)かと思って「ストーリーセラー」を読んだけど、どうりでなんだか女みたいな人やなぁ、と思っていました。

どうでもいい話で、すいませんでした。

2012年3月21日 (水)

月ヶ瀬再び

そういえば「七瀬ふたたび」という本、昔読んだなあぁ。超能力者の話。まあ、それはどうでもいいけど。

3/20(春分の日)

7時半ころ家を出発。空気は冷たく真冬のウェアーでちょうどいい。イヤーウォーマーをし忘れたので下りで耳が冷たい。

今日も目的地は月ヶ瀬。天気もいいしのんびり走ろう。浄瑠璃時から岩船寺へ登ってR369へ出る。最初の浄瑠璃時の登りがしんどい。ゆっくり走ればいいか。

R369の布目ダムへの分岐から月ヶ瀬までのひと山がきつい。ここもゆっくり登っていたら、後ろからT木さんが「うぃーす!」と追い抜いてきて、続いてK野塾長が。奈良坂から月ヶ瀬まで行って折り返すらしいので、K野塾に合流して、えっちらこっちらついていった。

出かけは月ヶ瀬でまた焼餅でも食べよかな、と思っていたけど、お二人はノンストップで折り返すとのことなのでそのまま金魚の糞になりきる。ああ、焼餅が・・。

後ろからきた本日のK野塾メンバーTらさん、K山さん、げんごろうさんとすれ違う。一人で走っている大将ともすれ違う。

K山さんが追いついてきて4人グループになるが、登りでT木、K野組に遅れだし、K山さんと二人で交代しながら走る。前の2人との距離が縮まりそうで縮まらず、柳生の信号で赤になってしまう。また離れてしまったので、下りで踏み込んで追走。K山さんはついてきてない様子。よく走る道なので地の利ですな。

今度は大柳生の信号で前の2人が止まっていて、もう少しまで近づく。登りで気合入れてようやく追いつく。登りでも追いつけそうでなんとなくスイッチが入ったみたい。扇原の縦パスか!?前半ゆっくり走ったので足が残っていただけですけど。

それから奈良坂のセブンイレブンまでは必死のぱっち。リハビリ中のはずがえらいがんばってしまいました。やっぱりみんなと走るのが楽しいわ。

7-11で全員集合して再出発。木津でまだ11時過ぎだったので、木津川CRから三木山駅経由打田を回って12時過ぎに帰宅。

100㎞ちょっと越えで足パンパンで、耳鳴りもひときわ大きくなったけど、楽しく走れました。

2012年3月19日 (月)

月ヶ瀬

先週冬のジャージとタイツとシューズカバーを買いました。なんでいまさらという感じですが、安かったし、まあ、来年フル活用するということで・・。

Photo Photo_2

土曜日は朝から雨降ってたのでおとなしくして、一日だらだらすごす。

体が腐りそうだったので、夕方少しランニングでもしてみた。45分ほどですがハムストが張ってきてギブアップ。しんどかった。

日曜日は曇りの予報だし、ゆっくり月ヶ瀬まで往復してきた。まだまだリハビリ中。

ようやく梅が咲きだしてます。

月ヶ瀬

言わずと知れたアップダウンの多いコースですが、ゆっくりでもいつものところを走れる喜びもあります。買って1回しか着てないウェアーを着て家を出ましたが、木津で道路わきの外気温表示が13℃、ウェアーのスペックは5℃。少し暑いので登りでファスナー開けて、下りで閉める。

月ヶ瀬で焼餅を買って休憩。一人ローディーが休憩していました。

帰りはそれまで降ってなさそうで降っていた弱い雨が、だんだん本気の小降りになってきた。(変な表現でんなぁ)

ウェアーが正解でした。撥水性もあるので体に雨がしみこむ事も無く、キャップをかぶっていたので顔も濡れないので案外快適に走れる。タイツは前半分は防風性と撥水性があるけど、後ろ側は発汗性のため、お尻に水がしみて少し冷たい。

山を下って家が近くなると雨も弱くなってきたのでおおむね快適に走れた。ただ、帰りの登りはヘロヘロでしたが。

まだまだ、ゴウレンならびにK野塾についていけそうもありません。まほ練も考えましたが、朝起きるのが少し遅れたのでDNS。

もうしばらくはじっくり走ろう。

約88㎞走行

2012年3月12日 (月)

リハビリ走

土曜日に耳鼻科に行きましたが、1週間試した難聴の薬の効き目も無く、聴力は戻らず、耳鳴りも結構大きくなってきました。ジー、という耳鳴りにキーンという高い音が加わり、2重から3重奏になっています。

体はどうも無いので日曜日にゆるりゆるりとサイクリング。木津川自転車道を幸橋までイージーペース。心拍計も付けず、サイコンも速度は関係なく現在時刻表示のまま。まあまあ気持ちいペース。あまり負荷が無いので3本ローラーに乗ってる気分です。

途中、なさんとすれ違い。なさんもリハビリ中なんですね。

↓昨年の台風で壊れて、工事中のながれ橋。

あ

帰りに少し時間が早かったのでけいはんなから鳥谷池まで登っていると、M木さんが下ってきました。少し話をして一緒に、自衛隊1周を流す。自衛隊駐屯地の中を横切るのぼりで太ももがピクピクしました。筋肉が弱りきっているのが身にしみました。

ぐるっと回ってきてゆるい登りで、M木さんと話をしながら走りましたが、息が切れているのをごまかすように走りました。そそくさと分かれて家路へ。

80㎞くらいですが、体力の衰えが半端じゃないです。

家の血圧計で血圧を測定してみると、起立時に下がってなかったので一安心。

ただ、心拍が安静にしても60~70くらいありました。過去に測定した記録を呼び出してみたら、45くらいで、スポーツ心臓も人並みになってきたか。それが普通や、と嫁は言うのですが、アスリートはこれではだめだめちゃんなのです。筋肉も心臓も弱ってますな。体重も増えているということは筋肉が落ちて脂肪も増えているはず。

おまけに耳鳴りがよりいっそう大きくなって、頭に響いて、少し頭痛がします。様子見ながらぼちぼち行きたいね。

2012年3月 6日 (火)

突発性難聴と起立性低血圧

先週、またもやめまいぐるぐるでダウンしてしまった。半日休暇を含めて2日半休み、土日も自宅で完全休養。それでも薬のおかげか、吐き気やむかつきが無かったのでまだまし。前回から1ヶ月弱しか経っていないのに、また来たか。やんなるで。

突然の発作のために取っておいた、めまい止めやメニエルの薬が、ちょうど日曜日に切れてしまった。日曜日には治まるだろうと踏んでいたのに、まだふらつきがあるし、いつもの耳鼻科はやってないし。

「こんな時はTウンページ」ということで、ペラペラめくると、日曜でもやっている耳鼻科が近くにあった。とりあえず薬だけもらうつもりで出向いて行った。

初診なので聴力検査。何度もやっているので分かっている。ヘッドフォンで音が聞こえたらボタンを押してください。耳鳴りが大きいので混ざって聞き取りにくいんだよね。

データグラフはいつも見るのと同じ。横軸が周波数、縦軸が聞こえるレベル。左耳はほぼ水平で満遍なく聞こえている。右耳はグラフの真ん中あたりから右下がりに。要するに高音域が聞こえにくくなっている。

医者いわく、メニエルでは普通低音が聞こえにくくなる。高音が聞こえないのは突発性難聴です。とのこと。

えっえ~~???って感じ。ホンマかいな。そうかいな。

同時に検査したのが血圧。まずベッドに横になり測定して、その後立って測定。2回ほど繰り返し。結果は安静時の最高が110くらいで、起立時の最高が90くらい。

もともと血圧は低いほうで、よく立ちくらみするのは起立時の血圧が低いからというのは知識的には知っていたが、数字で見るのは初めて。安静にした後起立すると、脳貧血を防ぐために血圧は15くらい上がるのが普通だそうで、逆に下がっているので一瞬貧血状態になるようです。

私の年齢だと、血圧が高くて医者から塩分控えるように言われている、なんて言う人が大半。おいらはそんな心配あるかいな、などと高をくくっているとそういうことらしい。

つまり、今回のめまいはメニエールではなく、起立性低血圧と突発性難聴が原因だ、と断言された。とりあえず難聴治療のためのステロイドを投与するので1週間飲むようにとのこと。

同じようなデーターなのに医者によって言うことが違うと、何がホントなんやろ、と分からなくなる。反面、治らないとされているメニエールじゃないということはひょっとしたら治るかもしれない、などと安直な気持ちも沸いてきたりして、フクザツ・・。

とにかくしばらく様子見、ということです。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »