2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月27日 (月)

折れた!

ああ~、れーしんぐぜろが・・・・

2012_2

長い間ブログを更新していませんでしたが、元気です。

鈴鹿ロードを目標に盆休みもよく走れました。

鈴鹿は3年ぶりのチーム2時間耐久。のみです。第1走者を任されていたので集団から後れないことが第1目標です。なおかつ前のほうで引き継ぐことができれば・・と・・・。

しかしながら調整ミスでしょう、鈴鹿の2日前くらいから腰を痛めました。当日走れないほどではなさそうで、痛み止めと筋肉の張りを取る薬で多少ましになりました。

昼ごろ鈴鹿に到着して、チームのみんなと久しぶりに会う。チームの若手エースで東京勤務のO石君とは初顔合わせ。会社のチームジャージじゃなく、ガーミン・シャープのジャージを着ている人が多い。

準備してからアップにサーキットの外を周回。空はピーカンで昼ごろは特に暑い。物足りないくらいでやめとく。

4時スタートですが、前のレース(チームTT)がまだ並んでいるうちに、もうエンデューロ参加の選手が並び始めている。ゴウレンのT木さんを見つけて一緒に先頭付近に並んで、1時間以上待機。アップと待ってる間に飲んでしまってボトルの中が無くなりかけてきましたが、O石君が気を利かせてドリンクを持ってきてくれたのが、とてもありがたかったです。服に吹きかけるとヒヤッとするスプレーも結構効きました。KIMさんも集合前から待機場所で待っていてくれて、大助かり。

頭に載せていたサングラスが見当たらなくてあたふた。レース後落ちているのを発見しました。久しぶりのレースにてんぱってたかも・・・。

スタート位置は3列目くらい。後ろは第1コーナー(最終コーナー)くらいまで人がぎっしり。

スタートしてすぐ前方で落車。危うく巻き込まれそうになりながらも逃れる。あぶない、あぶない・・・。

T木さんから3周まではしんどいけどそれすぎたらペースが安定するから楽になる、といわれていたので序盤は我慢、我慢。登り、急激な加速、前が詰まりブレーキング、また加速。インターバルな走りに最初は戸惑いましたが徐々に慣れてきて、シフトのタイミングもつかめてきました。集団の中から少し後ろくらい。T木君の背中を探しながらあまり大きく離れないように時々、外から前に行く。楽をして集団の真ん中にいると外からどんどん前に出るので知らない間に後ろのほうに追いやられる。一時はT木さんのすぐ後ろまで上がった時もありましたが、縦長くなった時いつの間にか離れてしまいます。

周回ごとに集団が小さくなってきて走りやすくなり、目標周回数までは問題なく行けそう、でした・・。

鈴鹿のコースを走ったことのある方は分かっているでしょうが、自転車レースの場合、ゴールが下りだと危険なので、自動車レースと反対方向の反時計回りに回ります。ですから、いわゆる第1コーナーは最終コーナーでその手前のダンロップコーナーから豪快に下っていきます。

冒頭の写真の原因になった事故は、その下りに入る少し手前のややフラットなところでした。右の端を走っていると前方の選手が大きな音を立ててパンク。急ブレーキも間に合わず前の自転車にはすってしまい、落車してしまいました。今思うとコースアウトしても良いから、右によけたらよかったかもしれないけど、とっさのことでどうしようもありませんでした。終わった、と思ったね。

お尻が痛いけど大きな傷は無い。あらら、フロントのスポークが折れている。リスタートしようとすると、チェーンが外れていたのでその場で直していると、後ろから来た選手が突っ込んできました。単独で走っているのになんで??

思わず「前を見て走ってよね。」というと、「コース上で立ち止まったらいかんわ。」そんな感じで言い返されました。俺が悪かったんやね。まあ、こっちもそれどころじゃないので、なんとかリスタート。

フロントホイールが左右にふれて、折れたスポークがカラカラ音を立てる。ピットまでは下りだったので慎重にスピード殺しながらようやくピットに入り、KIMさんに交代。

表彰台を目標にしていたのに、悪いなという思いでしたが、これもレース。仕方ないね。

引き継いだKIMさんが、予定の時間を過ぎても帰ってこないので、トラブったんじゃないかと心配しましたが、3走のあまりんに無事交代。ピットロードの入り口がいつもより手前にあったので、入り損ねて1周余分に走ってしまったらしい。あまりんもなかなかのタイムで帰ってきて、その時点でクラス5位。4位とは30秒くらいの差で、3位とは3分開いている。3位はあきらめ4位狙いです。

最後のO石に引き継いだのが2時間に残り9分ほどで目標の14周にあと2周。1周に9~10分くらいかかるけど、ピットのタイムロスを含めると8分台ペースで走らないとタイムアウトになり14周目に入れない。

2時間の少し前になるとカウントダウンが始まりますが、その30秒前にO石君が通過。感動しますね。「行ったで、行った!」ってね。

結果的には4位で、表彰台は逃しました。入賞の賞品にタオルと賞状をいただく。前は靴下だったのに経費削減がこんなところに・・。まあ、気は心といいますから。

色々ありましたが楽しかった。ちょっとホイールは高くついて、お尻も痛かったけど。嫁にはインケツやなぁ、と言われましたが、私はあくまでポジティブに。来年またがんばりたいです。

このメンバーで

2012_1

2012年8月 6日 (月)

自転車部練習会とゴウレン

オリンピックで寝不足気味です。

特にサッカーは、夜中の試合をビデオに撮って後で見ようと思っていても、朝のニュースで結果が分かってしまうので、夜中に起きてライブで見てまた寝る、というパターンになってしまっています。

男女とも勝ち進んで、うれしい悲鳴という感じです。

そんなわけで今週の夜練は1時間づつ2回。(どんなわけやねん)

清滝峠を大阪まで往復(2クライム)と、生駒運動公園の登りを3往復(6クライム)。いずれも20kmほどです。

●8/4(土)109km

会社の自転車部で集まって練習会をしました。天理ダム9時集合で5人。

120804_1037041

7時に家を出て、奈良坂からR369を柳生方面に登って、途中右折し福住まで南下。10分前に天理ダム到着。3つほど山を越えました。

KIMさんが届いたばかりのガーミン・シャープのジャージを着てくる。なかなかかっこよろしいです。ヘルメットが黄色いので色彩が信号です。

120804_0911221

長滝~福住のヒルクラ。出発早々M口さんがチェーン落ちで出遅れて、道を間違うアクシデントがあり、「後ろ来ないなぁ。」とKIMさんと話しながらゆるゆる登る。鈴鹿の作戦会議などをしながらイージーペースで走るとあっという間に登りきってしまいますね。

120804_0936311

福住で全員そろって、ローテーションしながら布目ダムへ下る。いつも一緒に走るメンバーではないので、なかなか思うようには回せませんね。曇りがちで下界と比べてずいぶん涼しくて気持ちいい。

その後、神野山まで登り、私はそこでタイムアップ。皆さんと別れて柳生経由で12:30ごろ帰宅。また集まって走りましょうね。

●8/5(日)ゴウレン99.9km

土曜日の夕方、K山さんのお見舞いに行ってきましたが、改めて安全に走らないと、と思いました。

集合してからのライダーズミーティングでも、安全に走りましょう、ローテに入れない時は勇気をもって離脱しましょう、との声がで出る。まったくです。

開橋から和束まではなんとか付いていけましたが、巡航での心拍がすでに150を超えており、これは私にとってはレッドゾーン。足に昨日の疲れが残っています。

和束で休憩後そそくさと一人で出発。和束での面子を見て今日は付いていけないのが見え見えでしたから。安全のためにもね。

一人だとスピードに乗れず25~30km/hくらい、ケイデンスを100rpmくらいで巡航。当然インナー縛りです。縛りたくは無いのですが・・。

たまにはLSDもいいやろう、と自分で納得。湯船の頂上についてすぐ後続の先頭が到着しました。ぜぇぜぇ言いながら。

大石までの下りは高速でのローテ。登りよりきつい!

猿丸までそれなり。解散後、打田の登りは塾長がじわじわ~っとペースを上げ、生かさず殺さず、千切れそうで千切れないきつ~いパターン。KOMポイントの手前の車屋の前あたりであきらめました。

12時ごろ帰宅。足パンパンです。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »