2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月26日 (月)

土日の練習

●11/24(土)103km

K野塾に5人ほど。
塾長も塾頭もいなかったので、私がコース決め。シーズンオフだし、急坂はできるだけ避けたコースで距離を稼ぐことにしました。
加茂~岩船寺~須川~柳生~水間~針
岩船寺まではいつものヒルクライムはそれなりに。
柳生~針まではできるだけローテーションするつもりでしたが、終盤少し勾配があると崩れるのは仕方ないか。
121124_0937511_2
針で休憩の後、福住から大柳生まで下り基調。天気が曇っていたので寒い。ウィンドブレーカーを着て来たらよかったと後悔。奈良に下ると大分暖かく感じます。
夜、職場ではない会社がらみの忘年会。食いすぎて苦しい~
●11/25(日)106km
ゴウレン。
最近便秘が続いていて、仕方ないので前の夜に便秘薬を飲んで寝たら、おなかが痛くて4時ごろ目がさめる。一応出るには出たけど、走っていてもおなかが痛くなってなんだかしっくりきません。
日曜日は、沖縄組みがいないこともあって、人数は少なめ。10人くらいかな。
LSDペースにしてくれるかな、という期待がありましたが、そうはイカのキ○タマ。
大正池の登りでは、先行組から遅れて、なんとかウメチカさんにへばりつく。バッファローも先頭に加わって、2人の列車です。前に出ないと悪いな、という気持ちはあるのですが、出られない。申し訳ないけどただ乗りさせてもらいました。中途半端な勾配は、マイペースで登らせてくれないのでかなりしんどいです。
和束~湯船は清水橋まではローテーション。清水橋から何回か付き位置に回り、時々ローテーションに加わるパターン。湯船の登りで切れましたが、まあ、こんなもんでしょう。
3連休のうち2日走れて上出来。
平日往復18kmくらいですが、ジテ通でちょっとずつでも乗っています。
練習というにはおこがましいほどですが、屁のつっぱりくらいにはなっているのかなという感じがします。力がアップしているわけじゃないけど、少しは足が回るかも知れません。はたして塵を積もらせて山になるでしょうか・・・。

2012年11月19日 (月)

ゴウレン

●11/18(日)103km

土曜日の雨もやんで、日曜はゴウレンへ。路面はまだウェットです。
和束から湯船まで、半数くらいがショートカットコースへ行ったもんだから、先頭からちぎれた私は、湯船頂上でほぼ最後尾でした。千切れてから湯船まではKの木さんと2人でローテ。少し長めに引いてもらいました。
湯船から大石も同じくKのきさんと2人。
大石から猿丸までも、ショートッカット組が大半で、ここもKの木さんと2人だけ。まるで2人で練習してるみたいでした。
今週は土曜日に乗れてないから、せっかくの練習会をショートカットしたらもったいないような気がするんですよネ。
正直言ってスピードもパワーもいまいちで、全般的にへたれていましたけど。
流れ解散の後、帰り道は一人。
121118_1102451_2
少し早めに帰れそうだったので、いつもの打田を登らずに、久しぶりに天王地区へ迂回することに。
M木さんと遭遇。ゴウレンへは来なくてもちゃんと走ってまんなぁ。
くろんど池を経由して帰宅しました。
土曜日に走ってないと、足がフレッシュだけど、パフォーマンスは足が疲れているときと大して変わりないような気がするのは、気のせいではなさそうです。

2012年11月13日 (火)

パワーメーター

サイクルコンピューターはPolarのCS600を使っていますが、ケイデンスセンサーのバッテリーが切れ、クロス車のスピードセンサーもバッテリー切れ、どちらも電池交換ができないので新しく買うしかない状態でほっといています。

おまけに、8月にレース会場で心拍センサーを紛失して、今はスピード、距離を確認するだけのサイコンになっています。それでも、今まで走る時は必ず心拍計を装着していましたが、無けりゃ無いであまり違和感が無いのも不思議なものです。

スピード、ケイデンス共センサーが定価6,000円もするし、また2,3年後に買わないといけないと思うと、購入に二の足を踏んでいます。、心拍用9,450円も買わなきゃ。

バイク2台分だと

6,000x4+9,450=33,450円

安いサイトでガーミンEdge800が買える値段です。

この機会にGarminがほしいな、なんて迷っています。GPSも面白そうだし・・・。Polarは通信規格が独自なのでほかのセンサーと互換性が無いのも×ですね。

そんなところに、ネットでこんなパワーメーターを見つけました。

http://www.stagescycling.com/stageone

クランク取り付け型のパワーメーターです。

Ultegra3up10x8

メーカーで取り付け済みのクランクごとの販売で、シマノ、カンパ、SRAM、キャノンデールの金属クランクに対応しています。重量なんと20g。

なんといっても値段が安い!

デュラで(9000)$949(76,000円)

        (7900) $899(72,000円)

アルテ $799(64,000円)

105 $699(56,000円)

パワーメーターの価格破壊かも?

キャノンデールはPrice:TBA と書いてありましたが、意味分かりません。

今までSRAMは高くて、バッテリー交換が大変(メーカーに送らないといけない)。

パワータップはレースと練習のホイールの使い分けすると、レースでのデーターが取れない。

というデメリットがありましたが、これだと電池も市販品で簡単に交換でき、クランクを付け替えるだけで複数のバイクに対応できる。重量も軽いのでヒルクライムでも違和感無く使えますね。

来年1月の発売のようです。精度もパワータップと変わらないみたいだしヒットするような気がするなぁ。同時期にパイオニアも出すようですが、値段高いし、シマノ9000しか対応して無いみたいなのでどうかな?ってところです。

通信規格がANT+とBluetoothにも対応しているのでいろんなサイコンはもちろんスマホでも使えるというのが新しいですね。私はスマホは持ってないのであまり関係ないけど・・。

マグネット無しでケイデンスも計測できるらしいです。ということは、ガーミンのGPSで速度を計測したらセンサー無しでケイデンスとスピードが計測できるという事かな。

これなら手が出そうかな。ただ、私の今の年齢と実力と練習量で本当にパワーメーターが必要なのか?効果はあるの?という部分で只今考察中です。

だれか背中押して~

2012年11月12日 (月)

吉野ツアー途中まで

●11/10(土) 130km

予定していた足の郷ツアー。朝早く、7時出発でしたが9人も集まりました。

私は午前中の予定でしたので途中離脱でした。

開橋~奈良坂~教育大

教育大横のコンビニで補給して、鉢伏峠に登りヘリポート下を右折、福住まで。Paul、T木さん、Kコイさんらがひっぱり、登りはなかなか速いペースです。

↓一直線ですが結構登っています。

121110_07583311

福住までももう一山。

福住から南へ広域農道を通って、R369へ出る。広域農道は緩やかですが登っては下り下っては登りの繰り返しで、登りでアウターのままクリアーするか、インナーに落とすかビミョー。足にきますね。

R369でT木さんと、K野塾長が左折、針方面に離脱。私も迷ったけど、まだ少し時間が早そうなので本隊について行く。

香酔峠を越え、10%の坂を下る。このあたりからどこで引き返そうか思案しながらも一応下ります。榛原市内に入る手前の交差点を右折すると、橋の下に棚田の風景が見渡せる。少し行ったところにコンビニがあったので休憩。

121110_09115111

この後のルートを確認しています。

121110_0907441

後ろ髪引かれて、ロンゲになりそうでしたが、いい時間なのでここで引き返すことにしました。ここからが楽しいのに・・・。ジグジョ~!

来た道を引き返し10%の坂を登りますが、一人だと追いかける相手もいないので淡々として、ずいぶん楽です。

そのまままっすぐ針~水間~柳生と平坦か下り基調のコースを、クルクル回転重視で走りました。

柳生で休憩して、大柳生~岩船寺へ下り、木津からサイクリングロードを走りましたが、

加茂~木津の間であしやんとすれ違い、手を振って挨拶。

時間が若干早いので少し遠回り。なんだか頭がぼおーっとしてきました。血糖値が下がっている気がします。要はハンガーノックの前兆かな。久しぶりの感覚です。三山木駅そばのコンビニでメロンパンを食べて復活。同志社前から打田の坂を登る。

打田の登りの途中でまたもやあしやんとすれ違う。あしやんがUターンして、一緒にしゃべりながら2人で登る。来週のエンデューロのためにバイクの調子見みたいです。

頂上で別れて、昼過ぎに帰宅。

足の郷、登りたかったなぁ。

日曜は5時半に起きた時に雨は降っていませんでしたが、今にも降りそうやしモチベーションが最低でだらだらすごしました。一度迷い出すとだめですね。どうも気持ちが弱いです。

2012年11月 9日 (金)

駅までジテツウ

大阪に転勤になって1年半たちます。

遅ればせながら今週から、自宅から駅までですが、自転車通勤を始めました。

今まで、最寄の学研奈良登美が丘駅までは2kmくらいなので、徒歩で15、6分。たまに駆け足(ジョギングとは似て否なるものですが・・)で行っていました。6時30分に家を出て、幸いなことに始発駅なので6時49分の電車に余裕で座ることができます。

とりあえず駅まで自転車だと5分で着いてしまうので、少し遠回りしていつもの時間に乗りました。駐輪場120円はバス代190円(片道)と割り切って。帰りは20分くらい少し回り道して帰宅。大して運動にはなりませんね。

いろいろ作戦を練って、自宅から生駒駅まで9㎞弱を自転車で通勤してみました。いつもの電車が生駒に止まるのが、6時59分。自宅から生駒まで25分+駐輪場から駅まで2分。いつもの時間に家を出て、ぴったりで乗車成功。仮に1本遅れても遅刻はしないのは確認済み。

道路はもっと車が多くて走りにくいかなと思っていましたが、思いのほかすいていました。駐輪場ではおっちゃんが「おはよう!」と言って70円を集金してくれる。「いってらっしゃい。」と送り出し、帰ってきたら「おかえり。」って。

登美が丘駅の駐輪場は出口ゲートで、「リョウキンヲ、トウニュウシテクダサイ。」と四角い機械がおっしゃる。120円入れると出口の自動ゲートが開き脱出、というアンバイ。確かに経費はかからないけど、どっちが良いとも言えないね。

初日は遅れたらいけないので一生懸命ペダルを回し、駅の階段も駆け足で、しかも奈良線とけいはんな線の改札が別とは知らず、ピンポンピンポン鳴って改札を通れずあたふた。やっと乗れた電車の中で汗たらたら、ハンカチで汗を拭う変なおやじでした。

次の日からは最短コースを歩き、スムーズに乗り込み、余裕で有川浩を読む。さすがに座席には座れないのでそこは割り切らないとしゃあないです。かつて、巨人の星の星飛馬は電車の中では決して座らず爪先立ちしてたとか。あれ、長島重雄だったっけ。王貞治だったっけ?

それはいいとして、ビジネスシューズに、スラックスのすそをゴムで止めて、走りやすい格好じゃないし、トレーニングとは言いがたいですが、往復約19Km、50分程度の通勤フィットネスを続けたいと思います。

2012年11月 6日 (火)

足の郷~吉野ツーリングのご案内

練習会で話がありましたが、次の土曜日(11/10 大安)にロングライドのお誘いがありました。吉野グランフォンドの難所で有名な足の郷を目指すそうです。

集合;7:00、開橋

7:30ごろ奈良教育大南側コンビニ経由しますのでそこで待ち伏せも可。

福住経由で足の郷を目指し、吉野~桜井~で帰路へ。

距離は150~160kmくらいになるようです。獲得標高2000m級?

トンネルがあるのと、万が一遅くなった時のためにライトがあったほうが良さそうです。

私はとりあえず福住くらいまでは行く予定です。全工程いけるかどうか只今検討中。日曜日は雨っぽいからできれば行きたいなぁ。

2012年11月 5日 (月)

土日でエグゾースてっど

●11/3(土)

いつもの練習会。こういうメンバーです。後姿でわかりますか?

T川さんがこのあと岩船寺で離脱して4人でした。

121103_08392011

コースは

岩船寺~須川~笠置~柳生~水間~ヘリポート~大慈仙~岩船寺~木津

このコースは笠置~柳生の登りがポイントですが、ここでは中盤くらいまでなんとかくらい着いて、まあ最後はお約束どおりT木さんとM木さんに遅れてきました。

後ろについてる間にこそ撮り

121103_09215711_2

ここまで

121103_0927291 

もうひとつの肝は柳生~水間までの平坦だけどだらだら登る区間。中途半端にしんどいです。厳しい登りではないので4人でローテーションしますが、ちょっとした登りで千切れそうになりマイペースで登るヒルクライムに比べると、かえってきつかったりします。それでも、少し千切れそうになると、ありがたくも、緩めてくれて生かさず殺さずええ練習させてくれます。

ポラールの電池が切れてしまって、途中で表示が真っ白けになってしまいました。電池なくなるのはやくね~。100kmくらい走ったことにしておこう。

帰ってぬるめの風呂につかるとそのまま寝てしまいそうでした。zzz

●11/4(日)100.2km、ゴウレン

日曜日はゴウレン。たまにはまほロバ練習会に行こうかなと思っていたのですが、出発が遅れたのでやんぺにしました。

ここのところ日曜は走れなかったので、久しぶりの2日連続練習です。

前日の筋肉疲労は残っていますが、お風呂効果が少しはあるようです。

和束まで2グループくらいに分かれてローテーションでしたが、面子の中では私が一番足が無いようで、息も絶え絶えで付いていくも途中であきらめる。一人でTTスタイル。

和束から離脱組みもあり、人数は減りましたが清水橋まで持たずにまたもや千切れる。

千切れる前に一人で走っている白いジャージの人を抜いたのですが、その人もグループに入り追走します。私がへろへろになってる時大分引っ張ってもらいました。

湯船まで、結局うめちかさんと2人でローテーションとなりました。よせばいいのに頂上手前でアタックしてしまい、先着したのはよかったけど、この時点で残ってる在庫が全部売り切れてしまったようです。

白いジャージの方は(Oかさんとか言ってたかな)最後まで一緒に走りましたが、カントクに拉致られる運命に・・・。25才の青年です。親父チームからは「俺の半分やんけ~」とか「俺の娘より若い~」とか羨望混じりの突込みが入りました。私の半分いってませんけど。なにか?

大石までの下りでもう足が売り切れていて、ローテーションにも入れず、今まで下りだけは千切れること無かったのに・・、ちぎれ猿、いやいや、ちぎれ去る。

練習会後の帰り道、うめちかさんとなさん3人で打田を登る。私が先頭だったので足がいっぱいでゆっくり登りました。なさんが前に行ったら多分付いていってないと思います。軽くクールダウンしているように見せかけて、完全に乳酸たっぷりの足でほとほと疲れ果てていました。

まあ、それが楽しくてうれしくてやめられないんですけどね。

家の前でポラールが99.9kmになっていたので、200mくらい行き過ぎて帰宅しました。せこいわ~。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »