2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月29日 (火)

十三峠&ゴウレン

●1/26(土)十三峠、58.5km、3:00、ave19.5km/h

年取ると夜中にトイレで起きてしまいます。ほんでもって、TVの目覚ましは止めてしまって2度寝してしまいました。8時前ごろにようやく起きて、のそのそ出発したのが9時前。

そんなに時間がないし、久しぶりに十三峠に行くことにしました。

榁の木峠を越えて、平群から十三峠に登る。風が強くてふらふらします。一番軽いギアーで(といっても39-25T)10%~15%の登りをゆっくり。

十三峠から大阪側に下り登り返し、一応タイムを測りました。追い風参考、20:54(3.97km)でなんとか21分切り。去年いつ登ったか忘れたけど落ちては無いようで、まあまあ。感覚的にはたれずにたんたんと走れたのは良かった。

ちなみに十三峠は

標高差 :375m   距離 :4.0km
平均斜度:9.2%  最高斜度:14.7%

と関西ヒルクライムのHPにありました。何人もサイクリストに会いました。寒いのに結構走ってるねぇ。

http://hillclimb-west.seesaa.net/article/123731843.html

頂上でfacebook用の写真を撮った直後、岩に立てかけた自転車が強風で倒れて岩にフレームが当たり塗装に傷が2箇所。黒い地が見えてしまう。かなしい~。

自分撮りなんぞ・・・。

130126_1035531

頂上は風が強くてゆっくり休憩できる状況じゃなかったので、少しフラワーロードへ下って捕食休憩。

その後はフラワーロードから三郷に下りまた登り返し。ここは最初に15%くらいが続くので前半がきつい。

のどか村まで行こうと思いましたが時間がないので再びフラワーロードを通って生駒経由で帰宅。

●1/27(日)ゴウレン、103.3km、4:01、ave25.7km/h

日曜はちゃんと起きました。でも、枕元に用意していたボトルを忘れてしまった。アルちゃんが始まったか??とりあえず、集合場所のコンビニでペットボトルを買っておく。

メンバーは少なめで5~6人くらいでスタート。途中合流組みも何人か。

前日の疲れはあまりない。大正池の登り区間は少し無理してO君についていく。でもやっぱり最後までは無理でした。途中で切れて頂上まで一人。後からスタートしたN脇君が追い抜いていく。後から聞くとO君を抜いたらしいです。

頂上付近で振り向くと千切れていたはずの誰か?が見える。僕が後半たれてきた証拠かな。

23分44秒は、先々週とほぼ同じ。そんなもんかな。

和束からは5人くらいでいつものようにローテーション。MASI乗りの初めての人も加わりました。O君が先頭に出るとペースが上がるので前に出たくても出られない時も。N脇君が遅くスタートして後ろから追いかけていたので逃げるつもりでペースを上げたらしいです。湯船の登りでちぎれて、というかそこまで何とかちぎれずについていけて、遅れて山頂ゴール。

大石までの下り。スプリントポイントでN脇君が飛び出し、ゲット。私がその後に続きダンシングしたら背中に入れていたペットボトルが落ちて、後ろにいたうめちかさんが「落ちた~!!」と叫ぶ。ペットボトルに気を取られているスキに2着をゲット。せこ~

大石~猿丸は、N脇君、O君、MASI、私の4人がゴルフ場経由。後はショートカットコース。私が一番遅れましたが、曲がるところを間違えた間にMASI氏をパス。これもせこい。

解散後は、Kのきさんとうめちかさん3人で打田経由で帰宅。

今週もいい練習ができました。

次の日曜は久しぶりにシクロクロス最終戦の桂川に出ます。シクロの練習はしてないので、テクニックはだめだめちゃんだけど走力はそれなりにできてきてると思うし、欲はかかずに楽しんできます。土曜日が雨っぽいので泥のクロスになりそうです。

2013年1月24日 (木)

茶の道ヒルクライム

FABU projectが新たなイベントをするみたいですね。

大河原から童仙坊に登る1stステージと、和束から鷲峰山へ登る2ndステージのヒルクライムレース。ステージ間はサイクリングでつなぐ、ヒルクライム&サイクリングのイベントです。

練習コースだし、自走でいけるし、冬場のモチベーションアップで、春の目標にいいかも。

http://www.fa-bu.com/fabu/watsuka-hc.html

塾生諸君、みんなで出ましょうよ。

2013年1月21日 (月)

和束~湯船~大石、2連チャン

この週末も寒かったですね。朝の氷点下が当たり前のようになって来ました。

朝は寒いけどジテ通も週に3回くらいできていて、今週は2回ほど。体がいい感じです。

●1/19(土)土曜練、95.4km、3:56、ave24.2km/h

開橋にはT木さんとK山さんと私の3人。とりあえず加茂まで走る。

加茂でPaul、あしやん、が合流、T木さんが離脱。4人になりました。

結局、凍結が心配なのでゴウレンコースを走ることにして和束方面へ。-5℃の気温では吐く息が白く、後ろから見ると煙を吐いて走ってるみたいです。

K山さんが、先週は凍結が無かったという鷲峰山(じゅうぶざん)へ登る、ということなのでそちらに一緒に行くことにしました。Paulは初めての道らしいけど、おいしい登りを我々のちんたらペースに合わせてもらうのは悪いと思い、簡単にルートを説明して、先に言ってもらうことに。「Go ahead !」と一言言ったら、羽が生えたようにかっ飛んで行きました。

スイッチ入れてもうた・・・。

途中、山の中で左折して鷲峰山に登る道で、積雪があり凍結していました。Paulは先に行ったんやろか、それとも道間違えたかな・・・と思いながらも雪の中に自転車のタイヤ跡らしきラインがあるので、自転車を押して少し進む。引き返してきたPaulと無事合流できたので先へ進むのをあきらめ、大石へ進むことにしました。ふかふかの雪の上は乗れるけど、下りが凍結していたら危ないですから。

大石で休憩後、猿丸への登り区間。ここは何とかPaulにくらい着いて最後まで付いていけました。親指を立ててPaulの「good job !」の合図。デヘヘ・・・。

時間もいつもより遅かったので打田へは回らず最短で帰宅。

走ったルートデーター

●1/20(日)ソロ練、83.7km、3:12、ave26.0km/h

ゴウレンへ行くべく家を出ましたが、程なくタイヤがペチペチ石が挟まったような音がしだす。ロードタイヤに石が挟まるわけが無いのでいやな予感。見ると画鋲が刺さってる。さすがチューブレス、すぐにはパンクしません。画鋲を抜くとプシュッと音が出ましたが、その後は空気圧が急激に下がる気配は無い。

すぐに家に引き返して、ホイールごと交換しようとしましたが、通勤で使っているシクロバイクはカセットが9速だったのでNG。互換性がないと不便やなぁ。

あきらめてチューブレスタイヤを外して、チューブを挿入。タイヤが新品じゃないのでレバーを使わずに手で装着できました。家にあるフロアーポンプを使ったので空気充填もラクラク。

リスタートしたのが8時すぎ。ゴウレン本体に合流は難しいかも知れないけどとりあえず出発。和束ローソンに黄色いマイヨジョーヌカラーのN野さんのバイクが止まっているのが見えたので、N野さんはここで離脱して本体は先に行ったんだろうと踏んで、先を急ぐ。清水橋で左折して大石までショートカットしました。

一人なのでほとんどインナーで、軽いギアーでくるくる。ケイデンスも100回転を目処に。LSDペース走と割り切ります。心拍だって、130~140b/min。まるで、ディーゼルのように低回転な心臓です。

大石コンビニも誰もおらず、もうみんな出発したんだろうと思い、持参したあんこもちを急いでほうばりトイレを済ませて、速攻で出発。猿丸~打田、といつものコースを走り、結局最後までソロ練習となりました。まあ、たまにはいいでしょう。

家にはいつもより30分くらい早く帰り着きました。それで気がついたのですが、ひょっとしたら、清水橋でショートカットした時に練習会の集団を追い越してしまったかもしれません。追いかけることばかり頭にあって考えてませんでした。

おかげで疲れ方が全然違いました。いつもは練習会後の風呂で気を失うように寝てしまうのが、ピンピン元気でしたから。インターバルがかからず一定ペースで、平均速度26km/hもまあまあというところです。

2013年1月14日 (月)

連休

●1/12(土)天王方面周回
72km、3:08、ave23.1km/h

午前中は用があったので、11時頃家を出発。
前日が新年会で朝はちょっとしんどかったので、ちょうどよかったです。
くろんど池から天王へ、先週の逆回り。天王の交差点、先週いーすとさんと出会ったところで前方にM木さんを発見。天王を周回しているとのことなので、打田を登って天王から下るコース周回をご一緒させてもらいました。
1周20分そこそこで適度な坂で、下りも短いので体が冷えずいい感じ。4周して、今度は逆に天王の20%を登り終わり。
M木さんはそこで家路につきますが、私は少し時間があったので一緒に清滝峠を越え、大阪に下る。四條畷で折り返して、清滝峠をまた登って帰宅しました。
最後の清滝峠はちょっとしんどかったけど、おかげで気持ちよく走ることができました。
清滝への163号線がバイパス工事しているようで、完成したら自転車ももう少し走りやすくなるかもしれませんね。
コースデータ

●1/13(日)ゴウレン
102km、3:59、sve25.6km/h

2013年はじめのゴウレン。
寒かったね。朝の気温-5℃、練習中の平均気温が0.4℃でした。
それだけ寒くてもウィンドブレーカーを途中で脱ぎましたからね。つくづく、最近のウェアーは良くなったと思います。ハイテクですね。
大正池へのヒルクライムは、序盤は先頭集団について行ったのですが、徐々に離れてきて、K野塾長とPaulと3人になりました。先頭集団についているときは心拍が150を超えており、私としては苦しい領域。3人になってからは140台に落ちて4,5拍落ちるだけで随分楽になります。最後はPaulにちぎられましたけど、23分29秒でしたから、まあ、自分としては上出来です。
和束休憩を飛ばして湯舟までは10人くらいのローテーション。
私の前がT川さんでその前がN脇君でしたが、この2人が先頭の時は少しペースが上がります。特に後半、T川さんが先頭の時一瞬中切れしそうになるので、スピードに乗る前に早めに前に出て自分のペースまで落とします。この時が一番しんどい。
そんなこんなでも抜け出す人もなく順序通り綺麗なローテで、これまたいい感じで回ります。湯舟公園中盤まで残れて上出来。またPaulに刺されましたけど。
大石までの下り区間ではたぬき坂の登りで少し中切れして、追いつけず楽しみにしていたジルベールの丘スプリントには参加できませんでした。
帰りの打田は塾長とKのきさんと3人でちんたら。
今週もいい練習ができました。

データです。

2013年1月 7日 (月)

奈良~福住

●1/5(土) 80.4km、3:35、ave22.4km/h

家を出たのが8時過ぎだったのでいつもの練習会には合流できず、一人でゆっくり走りました。

岩船寺~須川~福住

練習中の最低気温が-2℃と冷え込んでいて、日陰で濡れている路面は凍ってるところも。

福住へ下るところで、ポールを先頭にM木さん、Kのきさんの3人とすれ違い、そこでUターンして、ついていきました。そこまでゆっくり目でたらたら走っていたのに一気にペースが上がりゼーゼー。やっぱりこのメンバーで走るとぜんぜん違うなぁ。

休憩無しでハンガーノックになりそうで、信号待ちで急いでミニ黄な粉もちを食べたら、口がかじかんで動かない。喉詰まりそうでした。

帰りは下りが長くて超寒いです。足先ビリビリ!

コースはこれ

2013年1月 4日 (金)

天王~くろんど池、2人練

●1/4、54.3km、2:27、ave 22.2km/h

午前中、車の洗車。といってもディーラーに持って行って洗ってもらっただけですけど。自転車もやってくれないかなぁ。
午後から、この前走った天王~くろんど池を2周回。2時間半ほど走ってきました。
家を出てすぐに雪が舞ってきて、ひどくなると嫌だなと思っていましたが、次第に止んできました。路面さえ濡れていなければ風当たりの少ない山道が正解です。
1周目の天王の激坂登ったところで、まほロバのシクロ仲間、いーすとさんと出会って、一緒に2周回。
一人だとあまり追い込めませんが、2人で走ると、気合が入って思わぬところでいい練習になりました。

いーすとさん@天王
130104_150238

2時間ほどで1000m登りました。
帰宅したのが4時少し前。流石にこの時間は寒くなってきますね。
ぬるめの風呂で30分くらい寝てしまいました。zzz

2013年1月 2日 (水)

新年初走り

130102_120852

●1/2 98.3km

今年の初走りをしてきました。気まぐれで行ったので一人です。
正月位は朝ゆっくりして、お雑煮に餅3個食べ、9時半ころ出発。
K野塾コースで月ヶ瀬までいき、そのまま山添まで足を伸ばす。ぐるっと水間を回って帰ってくる山岳コース。
風が強くて後半へばりました。心拍は抑え気味で、平均で115、大体130くらいで巡航。上りでも140くらいでした。山岳LSDとでも言いましょうか。

追い込んでなくてもバテちゃうんですね。心拍より筋肉が持たない感じです。

月ヶ瀬の川沿いの道は、日陰のウェットな路面は凍結しそうで少し注意が必要です。暖かい時間帯だったので融けていましたけど。
コースはこれ
http://connect.garmin.com/activity/257007649

帰ってきてから少し左ひざが痛みます。
くるくる回せずごりごり登る坂は注意しないと、膝に負担が大きいかもしれないなぁ。

今年は怪我のないように楽しく走りたいものです。

皆さん、今年もよろしくお願いします。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »