2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

ヘロヘロの3日目

ガーミンユーザーならご存知でしょうが、ガーミンのクラウドアプリケーションでデーター管理メニューで、「ゴール」という機能があります。練習目標を設定 してどのくらい達成できたか、進捗と結果がわかるというものです。私は1ヶ月の走行距離を1000kmに設定していますが、結果

12月:82%
1月:93%
2月:65%
3月:105%
4月:105%

3月と4月でなんとかクリアー。このペースで続けられたらいいな。

●4/29(月)106.6km、4:22、ave24.3km/h

いつもの土曜練メンバー。連休3日目で各人疲れが出ているということで基本(あくまで)LSDペースで、というコンセプトのもと集まりましたが・・・。

http://connect.garmin.com/activity/305379529

昨日走ったコースを一部逆向きに走るコースでした。昨日は少し肌寒かったけど、今日はポカポカして気持ちいい。

できるだけ激坂のないコースを選んでいましたが、なんせ足が言うことを聞いてくれませんで、終始みなさんから遅れて、オーイ待ってけろ~、と心の中で叫んでいました。
ほかの人も疲れているはずと思うのですが、特に柳生~水間~福住間は平坦基調、ややゆるい登りあり、の集団ローテーション区間で、ついていけず。仕方ないのでローテーションを回避して金魚のフン状態も、少し登るところでちょっとでも離れるとズルズル遅れてしまいました。

130429_1118231

ちぎり合っているわけじゃなく淡々と走っているのに、なんとも情けないです。
まあ、こういう日もあるでしょう。


2013年4月28日 (日)

1年ぶりのまほ練

●4/28(日)105.8km、4:34、ave23.1km/h

今日のコース

たまにはまほロバRCの練習会にも出ようと前から思っていましたが、なかなか行くことができす、顔を出したのは1年ぶり。去年もそうでしたが面識のない方が多くてややアウェイ感があります。それでも、自転車好きが集まれば走っていれば楽しいんだから関係ないけどね。

天理ダムに9時集合。7時ごろ家を出て、
木津~奈良~鉢伏~福住~天ダム
のコースを取る。昨日の疲れが足に残っていて登りで力が入らない。軽いギアーでゆっくり登れるところはいいけど、ヘリポートから福住までの坂はほとんどゆっくりした立ちこぎでした。
少し早く到着したので天理ダムの周辺をウロウロ。
ダム湖は干上がってました。
130428_0835021

集まったメンバーは自転車に乗り始めた方から、超ベテランのM原さんまでバラエティーが豊富。店長の娘さんも・・。

天理ダム~長滝~福住
は3kmの登り。M原あにきが飛び出し、その後1人が少し離れて、その彼に追いつこうと頑張ったけど結局追いつけず私は3番手。
前の2人が頂上で折り返してきたので、私も頂上で引き返して後続を迎えに行く。初心者の方がなかなか上がってこないので半分以上下ってしまい、これ以上下ると2往復しそうな勢いだったのでキリのいいところでまた登る。
福住で休憩後はぐぐっと下って、一台峠を超えて布目ダム集合。店長と娘さんと初心者のかたは平坦(下り)コースに分かれる。
一台峠はあにきが男前のアウター縛りでずっとダンシングで登る。私ともうひとりがその後についていく。私より年上ですがさすがです。
ノーマルクランクに23Tのカセット、う~ん、男前!!

後ろから来た何人かがなかなか下ってきませんでしたが、下りで落車したようでした。
幸い大した怪我は無いようで、ハンドルが少し曲がっていたのでみんなで寄ってたかって修正です。
20130428_1

一台峠の下りは、路面が悪くてウェットなところもあるので少し滑りやすいかも。

布目で休憩後、一行と分かれて大柳生~奈良坂経由で帰宅しました。
ほかのメンバーは、神野山を登って針で昼食の予定で、私は例によって昼には帰りたかったので失礼しました。

帰りは風が強くて、2日続けての大和高原は甘くなかったです。
20130428_2

自宅手前でややハンガーノック気味でした。
今日もヘロヘロ。明日は走れるかしらん・・・。

2013年4月27日 (土)

GW初日

●4/27(土)101km、4:09、ave24.3km/h

GW初日です。
でも、いつもの土曜。朝8時には開橋に集合。出かけに心拍計のセンサーバンドが見当たらなかったので、心拍表示は無し。
今日は7人でスタート。T川さんとあしやんが途中離脱で5人で練習でした。

加茂~岩船寺~柳生~月ヶ瀬
月ヶ瀬手前を右折して広域農道~布目~水間~大柳生~奈良阪

コース

今日もアップダウン満載の山岳コース。高低図を見るとギザギザの山です。
Kコイさんが積極的に引きペースを上げます。
フリーが12-25Tなので、(練習用のホイールにはこのギアーがついていてそのままにしています)10%くらいの登りは、ケイデンスが下がってきてしまいますが、そこはなんとか粘って、少しゆるくなりケイデンスが70位に上がると追い込んで登れました。心拍計が無く、リミッターが切れてしまったか???
去年の今ごろに比べるとかなり走れるようになった気がします。パワーメーターとかあるとそのへんが数字でわかるんでしょうが・・・。
前半調子に乗って登りで追い込んだので、帰りの大柳生あたりの登りではM木さんの引きについていけず太ももつりそうでしたヨ。
かなりインターバルな走り方だったからね。

GW中にどんだけ走れるやろ・・・

2013年4月20日 (土)

K野塾

ダイエットしてるわけじゃないけど、前年同期に70kgあった体重が、今年は67kg台を推移していました。それが停滞期をすぎたのか、3月ごろに66kg台になりこの数日は66kgを切る数字になりました。地味にジテ通でのカロリー消費と花粉症の間アルコールを控えているのも要因かも。夏ごろにはまた戻るかもしれませんが、今は体が軽い感じがします。妙に鎖骨が浮いてきてますけど・・。

●4/19(土)112.9km、4:30、ave25km/h、獲得標高1,656m
今日はK野塾。久しぶりに塾長が参加して6名でスタート。あしやんが途中離脱して5人になる。
加茂~須川~大柳生から南下して水間峠へ。大柳生から水間は小刻みにアップダウンがあるので結構足に来る。いつもは逆方向に下る方が多かったので、案外きついなぁ、って感じ。

水間峠
130420_0955281
水間~針へ南下し休憩
針~福住~大柳生~木津

よく見ると今日のメンバー、塾長、M木さん、K山さん、G藤さん、私。塾長以外全員50代。こんな元気な50代が揃うことは、自転車以外ではなかなかないだろうなぁ。間違っても腹なんか出てる人いないし。
足が揃っているので手が(足が)抜けず、太ももパンパンになってしまいました。
いい練習になりました。

コースはこちら

2013年4月16日 (火)

びわいちについて行きました

●4/14(日)156km、5:13、ave30.0km/h

毎年恒例になりました。ゴウレンのびわいち。山城大橋集合で自走して琵琶湖1周のロングライド。山城から240km+各々の自宅、の距離なのでかなり過酷です。それに加えて毎年ペースが速い。平地でローテーションすると40km/hの巡航です。

11名の参加で、私は昼ころには帰りたかったので、近江八幡の長命寺まで一緒に走り、そこから折り返して単独で帰りました。

琵琶湖大橋のコンビニ休憩。

130414_0832101

左側は琵琶湖が望め気持ちいい景色のはずなのですが

視界は前の人のお尻だけ。

130414_0848201

帰りは向かい風がきつくて個人TT状態は少しきつい。

大石のコンビニで休憩した後、猿丸神社の登りでプレストのジャージに追い抜かれ

意地でついていく。猿丸神社でその方は後続待ちのようなのでお先に進む。

郷の口当たりでさっきの人のグループ3人に追い抜かれ、しばらくついていく。

おかげで山城までの下りは楽できました。

1時ころには帰る、と言っておいたのですが、12時20分ころには家にたどり着き、ちょっと損した気分。とはいえあと40分走るか?といわれれば、きっと、its enough ! もうええわと答える私でした。

前半の平均速度が33km/h、と貯金がありましたがトータル平均30km/hをキープすることが出来大満足。それにしてもフルコース走ったみんなはえらい。

本当はみんなとフルコース走りたかったな・・・。

2013年4月 8日 (月)

雨の週末

●4/6(土)50.6km、2:07、ave23.9km/h

雨の予報なので、降り出すまでに近場を走りました。

自衛隊駐屯地~天王地区を3周ほど。途中、前方に白いジャージに青いパンツのローディーを発見。塾長かもと思って追いかけましたが、近づくと全く別人でした。

おなかがすいたので休憩してたら雨粒がポツッときたので、あわててバナナを口に押し込み降り出す前に逃げ帰りました。セーフ。

今日着たジャージ。

130406_0846151

ロードバイクに乗り始めたころに初めて買ったジャージです。かれこれ30年近く前。

きょうびの高機能ジャージとは材質も伸縮性も劣りますが、春の時期は熱と汗の発散姓の無さがちょうどいい。耐久性は抜群ですね。

ネットで検索してたら、レトロジャージシリーズで復刻版が発売されてました。ロードレースのことなどよく分からずに買ったのですが、PDMは1980年代にデルガドやグレッグ・レモンなどが在籍して活躍していたチームみたいです。

CDが出る以前の「クロムテープ」というロゴが時代を感じさせます。

ネットでヒットした写真です。

20110126_786694

ノーヘルやし・・・。サングラスがペドロ・デルガド、右がベルナール・イノー、だそうです。名前しか知りませんけど。

よく見るとデルガドはクリップペダルでイノーはビンディング式で、ブレーキワイヤーも内臓式みたいです。イノーさんのほうが最新式だったんでしょうね。ちなみに僕の初代ロードバイクも左のような感じでした。

●4/7(日)87.5km、3:55、ave22.3km/h

朝起きた時は雨は降っていませんでした。路面は濡れていましたが、徐々に回復すると信じて出発。8時に開橋に行ったけど誰もいないので今日はLSDにしよっと。

少し雨が落ちてきたけど気にならないレベル。それより風が強くて時折ふらつかされる。和束でトイレ休憩。冷えているので近いわ。風から逃げようと、湯船交番から鷲峰山へ向かいました。

林道に入ると風はぴたっと止みましたが、徐々に路面が木の葉や枝に覆われてきて、アスファルトが見えないところも。それがずっと続いています。前夜は強烈な台風並みの低気圧が通り過ぎたらしいです。バキバキと枝を踏みながらパンクしないように慎重に慎重に。

木が倒れて道が通せんぼになっているところもありました。

130407_1012111

頂上から下りにかけては路面はましでした。ペダルをこがないと寒くて・・・。冬場に来たときは凍結していたのでそれよりはましさ、と言い聞かせます。

和束にもどり。またトイレ休憩。やっぱり冷える。

今度は向かい風の中帰路へ。家が近づいてきて少し日もさして来ました.。

自転車銀座の和束もさすがにローディーの姿は見かけませんでした。そんな物好きおらんわなぁ。

2013年4月 2日 (火)

resproマスクを改良してみました

花粉の季節に愛用しているRESPROのマスクですが、少し改良してみました。

というのもこのマスク、首の後ろに回して止めるようになっていて、密着性は良いのですが、前傾して顔を上げる姿勢だと突っ張られて鼻頭が押さえつけられ、ほおの部分が下に引っ張られる状態になります。ただでさえ目がたれていて歳のせいか顔の肉もたれてきているのに、これ以上不細工になるのはいやだ~、ということで・・。

何気なくネットを見ていると同じような事を考えている人もいましたね。不細工になるのがいやなんじゃなくて、ほおが突っ張るのがいやだ~、ということですが。

http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1692&forum=66

こんな写真を掲載していました。

Pyonmaru_1269503200000_respro

こりゃよさげと思って私もやってみました。

上の人は靴紐を利用していますが、たまたま大き目の輪ゴムがあったので、切ってつないでこんな感じです。止めている部分はホッチキスでパチッ。

130401_1504471_2 

これでつっぱりはましになりました。ゴムなのでドリンクを飲む時も下に引っ張ってずらせば何とかなるし、いい感じです。ただ、ゴムが目の下に当たるのでほおの所にゴムの後がついて、外すとちょっとかっこ悪い。ところが、昨日のジテ通で、引っ張りすぎてゴムが切れてしまいました。ちょっと強度不足でした。100均でゴムひも買ってこようかな・・。

素直に耳留め式にしてもいいかも。今度やってみよう。

スワンズから、そのあたりがよさそうなマスクが出ているみたいですが、レビユーを見ると激しい運動には息苦しいみたいです。排気弁の差ですかね。

J_mass_1330933985000_ssm004

レビューはこちら

http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=9336&forum=66

2013年4月 1日 (月)

ワイヤー切れ

週末は花粉がひどかったですね。

山々の間にまるで煙のようにもうもうと立ち上る花粉の中、めげずに乗ってきました。好き好んで走っているとはいえ何とも花粉の季節、早く終わってほしいものです。

130330_1001341

そんな土曜日、塾のメンバー8名で月ヶ瀬を目指しました。今年は茶の道HCのコースばかり走っていたので、梅の見ごろが過ぎてしまいそうで、是非月ヶ瀬の梅林を見たかったのですが・・。

この前からリアディレイラーのシフトが調子悪く、先週のヒルクラの前日に近所のショップで見てもらうと、エンドが曲がっていたので直してもらいました。その時は調子よくなったのですが、またシフトがずれて、がしゃがしゃと勝手にシフトしてしまいます。止まった時にワイヤーの張りを調整してよくなったので走り出しました。

布目ダムへ曲がる手前くらいで今度は、いきなりシフトしなくなったので見るとシフトワイヤーがブレーキレバー側で切れていました。仕方がないのでワイヤーを外してリアをトップ固定でしばらく進みましたが、登りで足つきしてあえなくギブアップ。39T-12Tはちょっとばかしきついです。

皆さんと別れて引き返しました。帰りは下り基調とはいえしっかり登りもあり、ケイデンスは30rpm代で競輪選手のようにごりごり、これも筋トレと割り切って何とか家までたどり着きました。

シロウトさんのために説明しておきますと、ケイデンスというのは、1分間のペダルの回転数のことです。センサーをつけて計測しています。30回転/分だと2秒かかってペダルが1回転ですから、超遅いですね。普通は、平地で90回転、登りで70回転くらいですから。

もう一つついでに説明すると、リアディレイラーというのは後ろの変速機の事です。ワイヤーが切れると一番小さくて、一番重いギアーから動かなくなります。ひえ~

キタサイクルに持って行き修理依頼。すぐに直ると思っていたら、ワイヤーを取り外した時、ディレイラー側のワイヤー取り付けねじが緩んだままになっていたようで、ねじが外れて無くなっていました。

たかがねじですが、ワイヤーを止めている数ミリほどの小さい板を締め付けているのでその板もなくなっていました。スモールパーツといえど発注しないと代わりのものがなかったので自転車預かってもらうことに。ワイヤーを外したらしっかりねじを締めるのを忘れたらいけませんな。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »