2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 土曜ソロ練 | トップページ | グランフォンド・レポ続き »

2013年10月 7日 (月)

山岳グランフォンドin吉野スーパーロング

「山岳グランフォンドin吉野」に行ってまいりました。
グランフォンドという言葉をググッてみたらこういうことだそうです。

10年ほど前にイタリアで誕生し、近年では日本各地でも同名のイベントが開催されるようになった“グランフォンド”。イタリア語でグラン(大きく)+フォンド(移動する)という言葉の通り、150〜200kmの距離を走る本格ロングライドイベントだ。

本場イタリアでは、2〜3つ峠を含む累計標高差2000〜5000mを超すハードなコースで実施される大会も多く、中にはジロ・デ・イタリアと同じ上り ルートや、イタリアの名選手マルコ・パンターニの出身地を舞台に9つの峠(!)を越えていくルートが設定されている大会などもある。

というわけで、吉野をスタートするグランフォンドは、ショートコースで84.5km、積算標高1142m、ロングコースで159km、2880m、スーパーロングコースだと、195.2km、4036mにもなり(主催者発表)、多分日本では最もタフな大会だと思います(筆者感想)。本場に負けてませんね。

私のガーミンデーターでは194.5km、3265mになっていました。台風による道路状況の影響で若干迂回したためだと思います。

高低差グラフのように、10km以上続く登りが2回あり、大小様々な登りが選手を苦しめてくれるMな坂バカにとってはたまらんコースな訳です。おまけにさんざん登らされたあげく、最後の最後に吉野山を登ってゴールにたどり着くというシチュエーション!たまりません。
Photo

私と、M木さん、Kのきさんでスーパーロングに挑戦してきました。レースではありませんがタイムリミットがありますのでうかうかしていると完走さえできないことになってしまいます。

M木さんとKのきさんは前泊でしたので受付だけお願いしておき、私は当日の3時半起き、4時出発で6時のスタートに間に合わせました。サンキューです。
朝、受付済みのゼッケンを受け取ったら、スタート前のチェックでほかの人の番号と入れ替わっていたというハプニングがあったのはご愛嬌。まあ、そのまま走りましたけど。
天気は曇り。心配されてた雨もなく、いいサイクリング日よりです。

スタート前、整列して順番に出発していきます。制限時間の厳しいスーパーロングは、早くから自転車を並べていました。
131006_0555511

131006_055628

M木さんの経験で、パンクした時は共倒れしないよう、置いていく事にしました。一人のパンクならどうにかなるけど、2人、3人がパンクすればそれだけで完走は危うくなります。

続きはまたあした。

« 土曜ソロ練 | トップページ | グランフォンド・レポ続き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土曜ソロ練 | トップページ | グランフォンド・レポ続き »