2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 山岳グランフォンドin吉野スーパーロング | トップページ | めえめえ牧場まで行ってきました »

2013年10月 8日 (火)

グランフォンド・レポ続き

グランフォンドから一夜明けた朝は、体がバキバキ、腰が痛くて、太ももとお尻が筋肉痛でした。ただし、体重は前より増えていました。
なんでかって?エイドには、おにぎり、柿の葉寿司、バナナ、アンパン、ジャムパンなどなどあり、各エイドでは、一通り全部食べ(1個ずつとはいいません!)、ポケットに入れて、走りながら食べ・・・。
いや~、よく食べました。後半は足が疲れてきましたが、お腹はいっぱいでしたから。

スタートしてから、Kのきさんが好調でいいペースで引きました。途中、三船さん率いるスタッフが合流してついていく。無理のないペースで、上りでも200Wくらいで淡々とペースを作ってくれる。さすがブルベで鳴らしているだけあります。

三船列車です。
131006_0641221_2

最初の峠を下ったところが、たかすみの里エイド。三船さんはあっという間に出発していきました。さすがです。
我ら3人も10分くらいで補給してとっとと出発。平坦基調のところで走りながらバナナなど食す。
最初の難関、超級山岳の前にKのきさんがパンク。約束通りM木さんと私は先に行くことにしました。その登りは距離が7kmに標高差が700mくらいですから、平均斜度10%くらいあります。200~240Wを目安になるべく淡々と登ります。この山岳コース攻略するにはタンタンというのがキーワードですね。
上りも長いけど、その分下りも長い。雨こそ降ってなくて、時折霧雨程度ですが路面はウェットで、おまけに大石、小石の落石、グレーチングの段差、路面の凸凹が激しく、スピードを殺さないと危ない。ビビりすぎたのか、M木さんとどんどん離れていってしまいました。あっちこっちでパンク修理している人をパスしました。
下ってようやくM木さんに追いつく。
大迫ダムのエイドから次の山岳までのR169は、ゆるく登りながら、ループ橋もあり、雄大な景色を眺めながら走る。このあたりは長いトンネルも多い。私のガーミンのサイコンはスピードセンサーをつけていなくて、GPSでスピードや距離を測定しているのでトンネルの度にポーズになってしまいます。
R169を右に山道に入るといよいよ第2の難関、天川村まで抜ける距離10km、標高差600mの峠が始まります。頂上の行者還トンネルを抜けると関門があります。この峠は上に行くほど斜度はゆるくなりますが、この時点で結構足に来ていて決して楽に走らせてはもらえません。M木さんと2人でペースを合わせてここも淡々と。腰に疲れが来ていて時々休むためのダンシングなんぞします。

この関門でゼッケンにスタンプを押してもらえます。制限時刻の11:45に30分ほど残して通過しました。距離にして半分の約100kmですが、後半は下りが多いので一安心です。
ここで足切りに会うと天川村からショートカットして帰らされるわけです。それでも150km位にはなりますけど。

天川村まで長い下り。登りでかなり追い抜いたけど下りでは抜かれてばかりでした。
天川のエイドから野迫川エイドまでは緩やかな下り基調で、M木さんと先頭交代しながら飛ばします。
と、そこまでは良かったのですが、私の後輪が無念のスローパンク。ここも約束通りM木さんに先に行ってもらい、単独になる。修理は10分くらいで終わりましたが、何台も自転車が通り過ぎる。結構気をつけて走ったのですが、大台の時に使用したヒルクライム決戦用の軽量チューブだったのがまずかったです。軽さよりも耐久性ですね。

野迫川エイドは折り返しポイントになっていて、エイド手前でM木さんにスレ違いました。休憩時間も入れて20分くらいの差でしょう。
この野迫川は高野豆腐の発祥の地らしくて、エイドにも豆腐と豆乳が出されました。これがまたうまい。冷奴に醤油をかけて食べその醤油を豆乳に投入して一気飲み。2杯いっときました。タンパク質補給や。

野迫川からは吉野川へ下るわけですが、その前にもう一山超えないといけません。さっきまで登りで抜いた選手にエイドで先に出発したのか、また登りで追い抜いて、同じ人を何度も抜いたような気がします。いや、別に自慢じゃなく・・。
五条への下りはまるで天空をかけているような豪快さがありました。割と道幅があり、くねっているのでブラインドコーナーは気を使うけどかなり気持ちいい。
五条の黒駒というエイドで最後の補給。お腹いっぱいです。
エイドの係りの人が、ゴールで豚汁がでるからおにぎりをいれたらいいよ、とラップに包んだおにぎりをくれた。これが大正解でした。
あとは平坦基調を30kmほど走ればゴール。エイドで一緒になった人と交代しながらたれずに走れました。最後の吉野山の坂を登って3:30ごろ、トータル9時間35分くらいで制限まで約1時間を残してゴールでした。M木さんが3:17分ころゴールしたそうです。
豚汁2杯、おにぎり入りを食べて、Kのきさんを待ちました。
4:35、Kのきさんゴール。制限時間に5分オーバーで惜しくも完走扱いにはなりませんでしたが、ゴールまで走りきったことには間違いないし、OK牧場でしょう。どうも、途中で体調を崩したようでした。

ガーミンのデータです。GPS測定なので若干誤差があります。

距離:           194.46 km
タイム:          8:24:19
平均ペース:      2:36 min/km
平均スピード:    23.1 km/h
高度上昇値:    3,265 m
カロリー:         2,967 C
平均気温:      19.9 °C

平均パワー:                        138 W
最高パワー:                        470 W
最大平均パワー(20 分):       228 W
左/右バランス:                49/51 %
Normalized Power (NP):        182 W
Intensity Factor (IF):          0.825
Training Stress Score (TSS): 571.8
Work:                              4,184 kJ

長々とお付き合いありがとうございます。
来年は超スーパーロングにすると主催者が言ってました。
どんだけMやねん。また挑戦したいなぁ。

« 山岳グランフォンドin吉野スーパーロング | トップページ | めえめえ牧場まで行ってきました »

コメント

GFスーパーロング完走おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。
今年は路面が悪くなっていた足の郷が、直前の台風で更に悪化し、選手の方はかなり苦労されたのではないでしょうか?
今年完走されたのはスゴイです!台風の後、SL回収担当の主人とコースチェックに行き、開催できるのかと心配していましたが、選手の方の素晴らしいサイクルテクニックで事故無く終わりました。
そして惜しくもタイムアウトになられた方、私としては完走した方全てに完走証をお渡ししたかったのですが...ぜひ来年リベンジを!

最後になりましたが、大会参加ありがとうございました。これからもより良い大会の開催を目指していきます。
来年の御参加を心よりお待ちしています。

スタッフのかたからわざわざコメントありがとうございます。
ブログの更新をさぼっていて、コメントに気がつきませんでした。失礼しました。
何年かぶりに参加しましたが、スタッフの皆さんに支えられて完走できました。ありがとうございます。
きびしくて温かくていいイベントです。時期的にも以前の真夏開催にくらべて走りやすかったです。来年もぜひ挑戦したいと思います。

おはようございます。
とりあえず、退院することができました。
ご心配をおかけし、大変申し訳ありません
でした。また、ゴウレンに顔出しできる
様にリハビリ頑張ります!
以上、退院のご報告でした^_^

ブログ拝見していますヨ。
退院おめでとうございます。
リハビリは大変でしょうけど、焦らずに頑張ってください。
元気になったらまた一緒に走りましょう。

バイク撮影
当日の写真どうぞ。(写ってるかな?)
http://work.mutsumiya.cc/modules/d3blog/details.php?bid=425

http://work.mutsumiya.cc/images/2015_07_GF.html

ばあやんさん、ありがとうございます。
残念ながら今年は出場していませんが、仲間が何人か写っていたので楽しませてもらいました。来年はぜひとも参加したいと思っていますので、その折りは撮影をお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山岳グランフォンドin吉野スーパーロング | トップページ | めえめえ牧場まで行ってきました »