2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月23日 (日)

ソロ練2日

ぎっくり腰で1週間全く乗らず、今週のジテ通も2回だけ。恐る恐る腰に痛みが出ないか確かめながらのジテ通でした。なんとか自転車に乗るのは問題なさそうですが、日常生活で同じ姿勢を続けると腰にだるさが出ます。腰に負担をかけないよう注意が必要です。

●2/22(土)99.7km、3:40、ave27.1km/h、

リハビリライドで嵐山までサイクリングロードを往復してきました。

140222_102122
行きは上ハン持って150wくらいのぬる~いペース。出力を基準にペースをつくると、スピードは上がったり下がったりしますが、疲れずに一定負荷で走れます。
久しぶりの嵐山です。アップダウンがなくてある意味つまらないのでずっと来ていませんでしたがリハビリにはいいね。
途中、同じくリハビリ中の寺さんと出会い少し話をしました。回復は順調そうでした。
帰りは少しペースを上げ170w~200wくらいのペース。結果的に行きと帰りが同じくらいの時間で気持ちよく走れました。

●2/23(日)96.7km、4:01、ave24.1km/h

http://connect.garmin.com/activity/449844183

ゴウレンの日ですが、速いペースについていけないだろうしあまり無理はしたくなかったので一人で走りました。
近場で、天王~打田を右回りに4周回。1周20分くらいでアップダウンはありますが短いサイクルなので無理のないペースです。ただ、打田の登りで後ろから数人のグループがきたので追いつかれまいと頑張ったのがちとしんどい。
一休みしたあと、今度はくろんど池に行き、またまた周回。

くろんど池に行く手前で羊が草をはぐんでました。
140223_1012051
ちょっと癒されますね。

マイペースで走っていると2周目に後ろから5人グループに追い抜かれたので、思わずついていく。なんか抜かれると頑張ってついて行くのがサガになってるみたいです。ところがこの人たちなかなか速いペース。
私が1周12分くらいなのに、ついていくと10分台。特に下りで踏み込まれるとかなりきつい。案外登りではついていけるんですが、下りの一瞬の登り返しやコーナーでの加速で離れてしまい、登りで必死に追いつくというパターン。これは足に来ますね。
1人、また1人と脱落していき、4人になる。4周目の登りでひとりがアタック、たまたま私が先頭で追いかけたらかなり足に来ました。登りきったあとのコーナーで車がいたので減速したら、3人の加速についていけずそのままズルズル離れてしまいました。
ここで諦めて周回から離脱、クールダウンがてら自衛隊周辺をぐるっと回って帰宅しました。クールダウンとはいえすっかり足に来ていて登りではフラフラでした。
この分なら練習会にも出られそうです。
山の雪が溶けたら、4月の伊吹山ヒルクライムに向けて登坂の練習しなきゃ。

別に意味はありませんが、ふち子さん on the Garmin in front of  Garmin-Sharp
140223_185145

2014年2月13日 (木)

ぎっくり腰!

トラブルは突然やってくるものです。

もっとも、予定してたらトラブルとは言わないでしょうけど。

夜中につまずいて足の指の骨折が治ったと思ったら今度は・・・。

月曜の朝、家を出る直前鞄を取ろうと腰をかがめた瞬間、

ピチッ!と腰が音を立てて、いえ音が出たような気がしただけですけど。

いわゆるぎっくり腰というやつです。

やべっ、と思ってゆっくり身を起こし、何とか出勤。もちろんジテ通なんてできません。

会社の診療室で湿布と痛み止めの薬をもらって何とか家まで持たせました。

「明日休みでよかったですね。」といってくれ、「ほんまですわ。」

と返しましたが、本音は「せっかくの休みなのに自転車乗れんやん。」

さすがに口には出しませんけど。

幸い動けなくなるような症状でもなかったし、次の日が休日ということで家でじっとおとなしくオリンピック三昧。ああ、今日はゴウレンの日やな、行きたかったな、皆走ってるやろな・・・

ネットで検索すると、ぎっくり腰というのは、腰の筋肉の肉離れみたいなものらしいです。3日間はアイシングと安静が大事らしい。腰痛体操とか、ストレッチとかはもってのほか、温めるより冷却するほうがいいらしいです。

発症は一瞬の出来事ですが、何らかの原因があるはずで、あれがいかんかったか、これがいかんかったか、色々考えてますが、喉元過ぎれば忘れてしまうんでしょうね。以前から腰痛は何度もあったのに全然学習してない、オレ。

今日は3日目。昨日の休養がきいて大分ましになってきました。仕事も一応問題なくこなせます。まだ違和感があるので養生しないといけません。

今度の土日はどなんしょう?(もちろん自転車)、LSDならできるかな?

と、仕事よりそっちのほうが心配なのは、これを読んでるチャリバカ諸氏ならわかってもらえると思います。そういう生き物なんです。

自転車に長く乗った時に、腰に疲れがきやすいのは確かで、もう少しポジションを見直したほうがいいのかもしれません。

それと、練習前後のストレッチをもっとまめにすべきかな。以前、ランニングしてる時はまめにストレッチしていたんだけど、自転車ではあまり神経質にはやってなかったのも良くないかもしれません。背筋の筋トレも急には良くないかも。

完治するまでは、オリンピック三昧かな。

2014年2月10日 (月)

びしゃびしゃゴウレン

先週の週末は日曜日に乗れなかったので、いつもはあまり乗らない月曜日も張り切ってジテ通しました。

帰りに宝山寺でヒルリピートを5本ほど。距離が600m、高低差40mですから平均勾配6.7%です。前にトライして4本で足が売り切れたので、やや抑え目にして5本はできる強度で、距離が短いのでオールダンシングです。(ダンシングオールナイトではないです) まあ、お遊びみたいなものですが、通勤バイクにもパワーメーターがあったらな、とふと思ったりして。どっかに安いパワータップ落ちてないかな・・・。

土曜は1日中雪が降って、さすがに自転車は乗りませんでした。

●2/9(日)ゴウレン、

山城集合でしたが、少し遅れたので途中で合流。11人くらいかな。

大正池には行かず木津経由でした。融けた雪で路面はびちゃびちゃ。雨も降ってないのに前の自転車のしぶきがかかって、サングラスに水滴が付いて見にくくなるし顔もびちゃびちゃ。口をあけて走ってたら口の中がざらざらしていました。

と、ネガティブな事を書いてしまいますがそんな中でも走れてよかったと思うのが自転車ばかのサガでして。Mなこともまた楽しけり、な訳です。

和束以降は路面に雪が残っているところも多く、減速しながらだったので私としては置いて行かれなくて良かったかも。

湯船の県境への登りは雪のワダチのところだけ路面が見えていて、そこを選んで走らないといけない場面もありました。気温がそれほど下がってないので凍結していなくて、それほど危険という状態ではなかったですね。

大石までノンストップですが、大石のコンビニでもトイレから出てきたらあっという間に出発。ショートカットコースが定番になったようです。

山城で皆さんと別れて、打田の旧道を一人でのんびり登って帰宅しました。旧道は林道っぽくて少しきついけどわりと好きです。

さすがに山城以降は道路も完全に乾いて田んぼに少し雪が残るくらいでした。

休憩が短めだったのでいつもより30分以上早く帰れましたが、外で自転車を洗車してから部屋に入りました。一度帰るとやる気なくなりますし。

濡れたウェアーを脱ぎ捨て、腹が減ったので買っておいた菓子パンをかじりながら、風呂につかると冷え切った足先がジンジンして痛いくらいでした。

2014年2月 3日 (月)

K野塾

先週からの喉の痛みがもうひとつ治りきっていなくて、ひどくならないうちに治そうと、平日はノーライドにしました。たまにはそういう時もあっていいでしょう。週末にはウズウズしてきましたけど。

土曜日はK野塾。

●2/1(土)98.3㎞、4:00、ave24.3km/h、獲得標高1,431m

天気予報では暖かくなるとの事で、薄手のジャージにしようかと迷いましたが、朝は氷点下。さすがにやめときました。

帰るときには14℃まで上がっていましたから、気温差16℃。

集まったのはいつものメンバー7名ほど。

コースは

加茂~岩船寺~須川~笠置~柳生~水間~大柳生~般若寺~木津

登りポイント

         距離  高低差 平均斜度 タイム   平均速度 平均パワー 最大パワー

①岩船寺   :3.8㎞、 175m 4.6%    11分20秒  20㎞/h   258W  447W

②笠置・柳生 :2.4㎞、 177m 7.4%    8分59秒  16.2㎞/h   271W  437W

③柳生・水間 :ローテーション走で最後にスプリント(計測なし)

●全体    :98.3㎞、1,461m        4時間:00分 24.5km/h     147W  758W

この辺りが今日のポイントでしょう。岩船寺コースはやや平坦な部分があるので平均パワーは落ちますが

①は、なやさんが早がけ逃げ切り山岳賞!

②は、M木さんがゴール前、まくりの山岳賞!

③は、平坦から緩く登るスプリントポイントで鼻の差なさんポイント賞!

ということで私は2番手、3番手に甘んじていました。それでも2年くらい前は、からむこともできませんでしたから、多少は進歩でしょうがもう一息レベルアップしたい。

↓水間で休憩

140201_101118

日曜日は、前日から雨の予報で、最初から走れないとあきらめて朝寝を決め込む。それでも、先週は雨の中走ったのに、走って走れないことはなかったような・・・。この辺が気持ちの弱いところです。

午後から嫁との用事につきあいながら、いい天気がうらめしい・・・。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »