2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月24日 (木)

Rapha Rising 達成

Rapha Rising の8800m、達成できました。

4日目(7/22) ノーライド休養

5日目(7/23) ジテ通行き:276m、35.1km

             帰り:757m、35.6㎞

6日目(7/24) ジテ通行き:283m、35.1km

Rr201411024x600

この時点で合計9,453m 382位/42,378名という実績。

順位はこの際あまり意識は無いけど、とりあえず達成できて一安心。

ただ、スマホで計測するとガーミンの数字より多めに出るので、本来ならまだ未達となるところ。今週の土日も頑張って登るとしよう。

昨日、十三峠を登って帰ったら、今朝は足が張り気味。いつもは車の流れに乗ってスピードが出る所も思うほど出ず、かったるかった。

コンパクトクランクに慣れ切った足に、通勤用の自転車のノーマルクランク(39T-25T)での登りはきつくて、まるでアウター縛りのように感じる。実際はインナー・ロー縛りなんだけどね。

2014年7月22日 (火)

8800mまであと一息

9日間で8800m登るイベント、"Rapha rising"

ゴウレンメンバーでも何人か参加しており、気合が入っている。すでに達成している人もいてひときわ熱くなっている様子。

1日目(7/19・土) 1,258m、39.8km

2日目(7/20・日) 3,182m、117km

3日目(7/21・祝) 3,695m、131.6km

累計8,135m 174位/41,180名

       ●           ●

●1日目は、朝から用事があったので、2時間だけ朝練。清滝峠を大阪側に下って3回ほど登ってきました。

●2日目

VIVA練に参加。和束までは必至のパッチのローテで付いて行ったものの、和束コンビニで休憩している間に皆出発してしまっていて、どうしようか迷いましたが、単独で鷲峰山に登ることにしました。一瞬激しい雨にあい、山はやばいかなとも思いましたが、その後は晴れて、じりじりと熱くなってきました。

鷲峰山を下る途中のお茶畑では収穫の最中。

067

068

鷲峰山を下って、今度は郷の口から大峰山に登ることにする。登る途中でRapha risingに挑戦中のO西君に追いつく。前日に6,800mという驚異的に登っているので足にきている様子。彼の友達と、I本君をパスして。viva練帰りのS籐さんとすれ違う。猿丸まで下り、折り返してまた登る。猿丸からの登りのほうが楽ですな。

●3日目

先週のローカルレースで一番になったのを記念?お祝い?して、K野塾で「K久保さんの優勝を祝う練習会」なるものをしてくれました。なんかくれるとか、めしをおごってくれるとか一切ありませんが、おめでとう、の言葉だけで十分。この日だけは素直に受け止めておきましょう。土曜日が仕事でいつもは参加できないI本君も初参加。いらっしゃ~い。

12人くらいで6時15分スタート。途中なさんが途中離脱。

コースは加茂~R163~木屋(こや)峠を童仙坊まで登る。童仙坊からよくわからないけど、三国林道やら、なんやらを通り御斎峠を登る。

076

photo by あしやん. Thanks!

御斎峠からは湯船~和束~木津と下る。最後は東畑を登って昼ごろ帰宅。

梅雨が明けて暑い日でしたが、コースの大半が林道の木陰になっており、夏は涼しくて走りやすい。ただし、細かいアップダウンが続き、足には決してやさしくない。

湯船でドイツ帰りのD口君と出会い合流。

なんやかんやで獲得標高も稼げたし、おかげで楽しく走れました。

そうそう、stravaのデーターを後で見ると、童仙坊の登りで私がKOM(キング・オブ・マウンテン)になっていました。2位にはPaulの名前が。Paulから「nice kom !」のメッセージが来ていてなんだか嬉しいです。ローカルでデーター数が少ない登りは結構上位にきているようです。

     ●     ●

先週の雨のレースでガーミンがPCに認識しなくなって、走行データーを計測表示はできるのですが、転送できなくなりました。仕方がないので、STRAVAを使ってスマホで計測してアップデートしました。

ガーミンより数字が多めに出るようです。どっちが正しいかは良く分かりませんがSTRAVAでは補正がかかっているかもしれません。逆に森の中などでガーミンでは傾斜表示が消えるときがあるので、衛星の捕捉状態が一瞬途切れて実際より少なくなるようです。

ちょっと、もうけた感はありますがとりあえずあと一息で目標達成です。

2014年7月19日 (土)

STRAVAが面白い

Facebookの書き込みで、9日間で8800mを登ろう、というイベントを知り、面白そうだしモチベーションアップにと、登録しました。ネットで走行データーを転送するとランキングされるというもの。

今日7/19から始まり28まで。STRAVAというサイトに登録して参加できます。参加費無料、
達成したら記念のTシャツを有料ですが購入することができるらしいです。あくまで権利があるだけですが・・・。達成ステッカー(バッヂ?)はもらえるらしいです。
今日の時点で世界中で38,050人の参加になっていました。日本では383名。
ランキングデーターが見られますが、今日初日にして日本のトップはなんと、8,956m!すごい人がいるもんだ。

ちなみに私は今日、嫁の通院に付き添ったので朝練2時間ほど、清滝峠を3往復ほどで、1259m、185位/385名となりました。
ゴウレンで登録している中ではO西君が5位、Kのきさんが10位。
まあ初日なんで焦らず地道に登りましょう。
練習仲間の皆さん、是非いかがでしょう?
http://www.strava.com/challenges/rapha-rising-three-ranges

この企画の元になるSTRAVAというサイトは、基本的にはスマホでサイクリングやランニングの走行記録を管理するアプリです。それなら他にもいろいろありますが、これの特徴は色々な人のデーターがネットによって見ることができるということ。仲間をフォローしておくと、誰がどんだけ走ったかが分かり合えます。これだけでもすごいモチベーションアップです。
スマホで記録しながら走ってもいいし、ガーミンなどのGPSデーターをPCに直接転送することもできます。
クラブを登録することもでき、Paulがゴウレンのグループを作ってくれ、kimさんがまほロバRCのグループを作ってくれました。ぜひ登録してみてください。

もう一つ特徴は、モチベーションを上げるための仕掛けが多いこと。今回のクライミングチャレンジもそうですが、月間走行距離や、一回の走行距離、などのチャレンジがあり、達成するとデジタルバッヂがもらえるみたいです。

最大の(?)特徴。上りのタイムが自動的にランキングされること。誰かが今日走ったコースのここからここまでという具合に登録しておくと、そこを走ったタイムが自動的にランキングとして表示されます。
例えば、十三峠など有名な登りではデーター数も多く、最近私が登ったデーターは20分35秒で64位/166でした。トップにはKOM、自己新はPRと表示されます。そういえばPaulがどこかの峠でKOM取ってたなぁ。スイスで頑張ってるのがよくわかります。コメントを入れたりでき、SNS機能もいいですね。親指を立てたマーク、FBなら「いいね」が英語で「kudos」で日本語で「スゴイ」となっているのが面白い。

残念なのはPCサイトは英語なので最初よくわからないこともありました。スマホのほうは日本語対応ですので、こちらはわかりやすいので大丈夫でしょう。

STRAVA仲間が増えたらいいな。

詳しくはこちらで
http://www.strava.com

2014年7月14日 (月)

若杉ヒルクライム

しばらくブログをサボっていましたが、K野塾でまた「あじさいロード」に行ったり、ゴウレンに参加したり、いろいろ書きたいことはあるものの、録画しておいたW杯も見たいし、ツールもまだ第2ステージしか見てないし、いろいろ忙しく過ごしています。
久しぶりにヒルクライムに参加してきましたので、参戦記などしたためてみます。

      ◆      ◆      ◆

Kのきさんに誘われて、つい2週間前にエントリーした「若杉ヒルクライム」。人気のある大会はネットで募集するとあっという間に定員に達してしまう昨今、いかに知られてないローカルレースかが伺われます。

前日の土曜日(7/12)は、嫁の通院に付き合わないといけないのもあり2時間だけ軽く走っておく。上りもまったり、ゆっくり、間違っても追い込んで足に疲れが残らないように。

当日は5時すぎに、Kのき号にピックアップしていただいて、レッツラゴー。会場は岡山県の山の中ですが、高速がつながっているので2時間ほどで到着。案外近くて日帰り参加が楽でいい。おまけにエントリー費も3000円と格安。

中国道を走っていると雨粒が落ちてきて、途中から豪雨状態に。2人して気が滅入ってくる。
会場の駐車場に到着してもしばらく車の中から出られませんでした。
026s

とりあえず受付して、自転車の準備、雨の中でしたが、軽く20分くらい走っておく。
11kmのコースですが、悪天候による道路状況悪化のため7kmに短縮される。いいのか悪いのか、短くなると最初から飛び出すのでかえってしんどいんだよね。
受付の場所からスタート地点まで約2kmをパレードラン。といえば聞こえはいいが、整列して移動するだけのこと。雨は少し小降りになってきた。
スタート地点で年齢カテゴリー別に1分間隔でスタートする。この雨でDNSが多かったんじゃないかな。50代は20人くらい。この人数なら表彰台を狙わない手は無い。なんせ初めてのコースなので、スタート前に周りの選手にコースの斜度を聞いてイメージを作る。6%~8%で、最大でも10%位のこと。

2列目に並んで50代の部が一斉にスタート。タイムトライアルとはいえ一斉スタートなので自分の順位がはっきりしていてレースプランはイメージしやすい。
序盤は傾斜はゆるく、フロントをアウターに入れ5番手位に付く。常に先頭が見える位置で展開するのが今回の作戦。いきなり一人飛び出す。ここは無理して追わない。
私の場合、終盤の粘りは自信があるけどスタートダッシュはからっきし苦手。心拍の立ち上がりが超しんどい。
いよいよ登り始めてインナーに入れ、4番手の人が少し遅れてきそうだったので前に出る。
2番手の選手にもスタートダッシュで離されている。
とりあえず2番手のスペードマークのジャージを追いかける。前のグループの選手が入り乱れているので2人を見失わないようにジャージの色をインプットしておく。小柄な人でいかにもクライマー体型にもかかわらずアウターでガシガシ踏んでいる。少しずつ少しずつ間隔を詰めていくとようやく追いついた。先頭の青いジャージも見えていて、スペードさんが追いかけていくオーラがありありだったのでをあえてパスせずついていく。
中盤で先頭のブルーさんに追いついて、3人パックになった。とりあえず2番手で前に出たスペードさんについて行く。
雨は上がってきたが、上に登るに連れて霧が濃くなってきて、前方の景色がよくわからなくなってきた。
残り3kmくらいだったかな、スタッフのベストを着た活きのいい若い人が我々を追い抜いてきた。仕事を終えてゴール地点まで練習がてら走るのかな。これ幸いとすかさず後ろにつく。この辺はゴウレンでイヤッちゅうほどやってるんでお手の物。急にペースが上がるがなんとか食らいつく。
キツイ・・ガマン・ガマン!!ここは頑張りどころ。心の中で励ます。
ゴール1km前くらいから少しずつ離されてきたが、後ろを向くとスペードさんもブルーさんも付いてきてはいなかった。練習仲間のI本君に追いついたので背中にタッチ。彼の「後1km切ってますよ」の声に元気が出た。
コバンザメのように後ろについてばかりだったけどカテゴリートップでゴール。息が苦しく気道が痛かったけど、喜びが痛みも、そこまで追い込めたという満足感に変えてくれる。
ゴールで振舞われたトマトがうまかった。
今回ゴウレンチームで参加した、O西君、I本君、Kのきさん4人で写真を撮って下山。さっきまでやんでた雨が強くなってきた。
下って、受付で振舞われるニューメンが冷えた体に美味しかった。
表彰式は開会式をした室内のゲートボール場。こんな施設、初めて見た。

043s_3  
寒かったんで表彰式前に着替えてしまったのがちょっと失敗かな。

O西君がカテゴリー3位で表彰台。と言いたいところだけど、風呂に入っていて表彰式に遅刻は練習会のネタにしておきましょう。

商品はこれ
057s

ローカルでアットホームな大会で楽しかった。

秋に同じところで、違うコースらしいけどまたヒルクライムがあるそうです。
みなさん、いかがです?

そうそう、タイムは24分25秒でした。距離は7km、標高差563mです。

2014年7月 1日 (火)

まほ練あじさいロード

先週のまとめです。

ジテ通は月曜と火曜に2回だけ。そのかわり2回とも帰りは十三峠。2回とも黄金のタレタレで、前週より1分以上遅いタイム。良かったり悪かったり。波があるもんです。

     ◆        ◆

さて土日は

●6/28(土)K野塾、107.8km、4:08、ave26.0km/h、獲得標高1,260m

天気が悪く夜降った雨で路面はウェット。後ろに泥除けを装着して出動。

集合場所にはK山さんだけ。Kコイさんも来たけど10分ほど走ってサヨナラ~。翌日トレイルランニング大会だそうです。加茂のローソン(略してカモロー)でKのきさんが合流して3人になりました。

雲が低く今にも降り出しそう。南の山は降ってきそうなので北へ。思案の結果、和束~童仙坊へ登ることにしました。

和束~堂仙坊~三国林道へと林道を走るので、路面はぬれているがさわやか。このコースは登り切ってからも細かくアップダウンが続きます。

20140701_120147

途中少し道を探しながら、(こういうとき道マニアのM木さんがいないとこまります)多羅尾からR308へ抜けて行きました。

コンビニで休憩した後は湯船から木津までゴウレンコースを逆走。下り基調なので3人でローテーションしてびゅんびゅん飛ばす。

途中、N川さんとすれ違う。

木津でK山さんと別れて、東畑を登ってkのきさんとさよなら。

     ◆        ◆

●6/29(日)まほロバ練習会、124km、5:01、ave24.8km/h、獲得標高1,994m

今年2回目のまほロバRCの練習会にお邪魔しました。

集合は9時に天理ダム。集合場所までがいい練習になるので7時前に出発して、教育大前からまったり登る。今日も雲が低く、登っていくと薄い霧状態になっている。

水間トンネルをくぐり、針~福住~天理ダムと走り、ちょうど9時に到着。

練習会は十数人いたのでそこそこの集まり。若い人が多く、私が最年長で、半月ほど若い店長。

まずは長滝から福住まで約3kmのヒルクライム。名前があやふやで申し訳ないですが、一人アウターで踏み踏みが飛び出す。パワーをみると瞬間的に380W!

これはとてもじゃないが持たん、といったん後ろに下がり、2番手集団で追いかける。一人高速回転で追いかけ始めたのでついていく。中盤で高速回転クンが遅れ始めたので、私がフミフミさんを単独で追いかける。後半追いつき後ろに付く。重いギアー対クルクルは、斜度がきつくなったところでクルクルの私(パーじゃない!)が追いつき、緩くなったところで少し離れるパターン。結局頂上でダンシングされて2番手ゴールとなりました。ああ、面白かった。

福住で休憩後、神野山ICまで名阪沿いに走る。4人くらいがんがん飛ばすのでついていく。基本的に下りですが、小刻みにアップダウンがあり、登り返しは足に来る。登りとはいえペース配分よりパワーがものをいうので遅れないようにするのが精いっぱい。

まほロバ練習会では基本的にローテーションという文化?は無いようで、というよりローテーションが有効なコースじゃ無い、と言ったほうがいいかもしれませんが。先頭はちぎったろう、抜いたろう!後ろからは、女子も含めて楽しく走ろう、と合流地点で待ち合わせる、というパターン。老若男女、剛脚貧脚が一緒に練習するにはいい練習会だと思います。

神野山ICから山添ICまでを迂回するように広域農道があり、あじさいロードと名付けられている道を通ります。広域農道というからにはご多分にもれず、ジェットコースターのように直線的に下って登ってを繰り返す。

20140701_120245

20140701_120313

道の両側に咲くアジサイがとてもきれいで、ここはさすがに競争せず写真など撮りながらゆっくり走り、山添村役場で休憩。

20140701_120342

ここで皆さんとはサヨナラ。

布目ダム~柳生~般若寺を経由して帰路へ。一人での帰路はちんたらサイクリングモードで、1時前に帰宅。

久しぶりのまほ練でしたが、いい練習になりました。また今度、気が向いたら行きますので、遊んでやってくださいね。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »