2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 夜練 | トップページ | 清滝ソロ練 »

2015年7月14日 (火)

べべこRIDE

小さいころ、四国のとある私の田舎では「べべこ」、あるいは「べえべえこ」という言葉があり、子供たちで遊ぶときによく使いました。

近所のガキ連中が遊ぶ時、小さい子供、まだ遊びのルールに入るには小さすぎる子供は、べべこといって、ルール上いない子として一緒に遊びます。仲間はずれではなく、鬼ごっこをしても決して捕まえないし、かくれんぼで見つけてもあえて捕まえない。

本人はお兄ちゃんやお姉ちゃんに遊んでもらって、きゃっきゃ言って楽しんでいるわけです。

さて、今週の土日はケガ明けで初の練習会に参加しました。

土曜日はK野塾。日曜日はゴウレン。そのどちらも50のじじいが「べべこ」として参加させてもらって、いっぱい遊んでもらいました。

●7/11(土)109km、4:11、

viva練のコースを9人、途中離脱2名。久しぶりにみんなと走れてよかった。

あまりきつい登りはなく、ローテーション走。最初だけ一緒に回る。

和束の茶畑の登りでついて行けず、和束コンビニからはずっと付き位置。みなさん、いないものと思ってください・・・・。

「k久保さんは付き位置でいいですから。」というお言葉がありがたかったこと。

あしやんが調子が悪かったらしく、遅れてきたので、私にはちょうどいいペース。集団に千切れてから2人で走ることができた。

登りでは、なさんが調子が悪く、一人にならずに済んだ。

●7/12(日)108km、4:25、

山城集合のゴウレン。C3メンバーはグランフォンドに行っていて、早い人ばかりの顔ぶれ。

大正池は出だしの激坂で遅れて、計測スタートする電光掲示板を通過した時には集団ははるかかなたに見えなくなってしまう。金魚のフンにもなれず完璧な一人旅。だれか落ちてくることも望めそうにない。ペースも上がらず25分もかかって山頂通過。

この区間の平均出力が206wしか出ていないということは、FTP200以下ってこと??この数字が今からのベースになるのかな。

和束にたどり着いた時にはすぐに、1組目がスタートしてしまう。

どうせ遅いから、一人ですぐにスタートする。後ろから2組目と3組目が追い抜いてきたので最後尾に飛び乗る。きついけど何とか付き位置をキープ。べべこにはべべこの意地が・・・・

清水橋あたりでちぎれてガーミンアルカンシェル君と2人になった。意地だけで着いて行けるほど甘くは無いってこと。今度は彼が付いてきていなかったのでまたもや一人旅。

今度は、後ろから知らないトライアスリートが抜いてきたのですぐに後ろに付いていく。少し前を引いてまた後ろに回るが、後ろから見ると立て踏みになってきてきつそうだったので、湯船の登りで追い抜いて、軽めにくるくる足を回すと離れて行った。

大石まで一人旅。大石のコンビニに着いて、コーラを飲み終わる前にみんなは出発。ほとんど休憩時間がなかったけど、大急ぎで追いかける。

猿丸神社までの登りで、徳之島トライアスロンで女子年齢別3位のK林女史に追いついたので、並んでトライアスロンの事などを話しながらまったり登る。とても助かった。

本当はスタートからK林さんと一緒に走ろうと思っていたけど、先行スタートしていたのでまったく追いつけなかった。

山城セブンでようやくみんなと一緒に休憩できた。101師匠が肩にパットを入れているらしくネットで見つけたらしい。二度と怪我をしないように私も探してみよう。

帰りは一人でいつもの打田を登ろうとも思ったけど、暑くて後頭部がずきずきするので熱中症になったらいかん、と思って、迂回して帰宅した。

まだまだ満足に走れる状態じゃないけど、それにしてもハンパない暑さでフラフラになりそうだった。これからは体調に気をつけないと。

●7/13(月)25km、1:07

整形外科へ通院の日で休みを取る。午後から走ろうかとも思ったが、暴力的な暑さがヤバそうなので、6時前~7時ころに1時間ちょっとだけ走った。夏は涼しいうちに走るのがいいね。

清滝峠を大阪側に下って、登り返し。最初は240Wをキープしようと思っていたけど、途中から斜度が緩くなってからギアーを上げることができず、200Wくらいまで落ちた。

シャワー、朝食の後病院へ。主治医いわく、骨は順調で、これからはどんどん肩を動かすようにとの事だった。

« 夜練 | トップページ | 清滝ソロ練 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜練 | トップページ | 清滝ソロ練 »