2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

K野塾・月ヶ瀬温泉ライド

●8/29(土)112.3㎞、4:20、ave25.9kph

翌日が乗鞍ヒルクライムなので、クライマーが多いK野塾は少なめで、塾長、M木さん、U田さん、私、それに今回初参加のM泉さんの5名。M泉さんは年も若くて、背は高いけど体が軽そう。聞くと、身長は私より少し高く、体重が9kgくらい軽い(それって自転車1台分やん!)。案の定登りは強かったです。

今日のメインは月ヶ瀬温泉までのノンストップ走。長めの登りの後アップダウンを繰り返す。

若い人が参加してくれたので、我れらが塾長が超張り切って、最初の般若寺からの登りでぐいぐい引きます。

ここで着いていかないと後がしんどい。特に登りの後下って、柳生からは平坦区間もあるので、そこでローテーションしないと単独では精神的にもきつい訳で、必死のパッチで着いて行きました。

無事月ヶ瀬までは一緒に行け、最後の月ヶ瀬温泉への登りで少し遅れ。M泉さんが細くて長い脚をフルーム並みの高回転で登っていきそこには着いて行けませんでした。

U田さんが少し遅れて、ここで休憩。帰りは来た道を大柳生まで。

大柳生~岩船寺経由、浄瑠璃時~木津のルート。解散してからM木さんと東畑を登って帰宅。

日曜日の天気が雨の予報だったので、足を残さなくてもいいわということもあって、ハードな練習になりました。

日曜日は中途半端な天気で、外は降っていそうで降って無く、予報では雨マーク。朝から寝る気満々だったので、すっかり出そびれ。いっそのこと思いっきり降ってくれたらあきらめもつこうに、外を見ては走ったらよかった・・・とぶちぶち考えてしまいます。

大台まであと2週間。今週は少し追い込んで走りたいけど、どうも天気が中途半端。ローラーができない環境なので、できることをするしかないね。

2015年8月25日 (火)

宝山寺ヒルリピート

●8/25(日)

鈴鹿の2日目はレース予定がないので、いつもの日曜日。ただし、10時には帰らないといけなくなってしまい、近場で練習となりました。

次の大台に向けて登りの練習をしたいので、そうだ、朝でもヒルリピートをやろう!

ということで、家から20分そこそこで行ける所で、生駒駅から宝山寺までのヒルクライムをリピートしてきました。

生駒駅から宝山寺までは約2kmで平均勾配10%を、軽いギアーで淡々とSSTペースで登ります。

ケーブルカーの終点駅から無人の料金所を通過して、さらにくねくねと登ると宝山寺の駐車場。そのまままっすぐ信貴生駒スカイラインの合流地点まで登り下りを流し気味に走り、料金所(ここは人がいて自転車は入れない)のところでUターン。下ってくるとだいたい20分くらい。

3本登って下ったところで自販機でスポドを買おうとしたら、小銭が無い。しまった、食べるものはバナナ2本も持ってきたのに小銭入れを忘れた!

仕方ないので4本目登った後、宝山寺の駐車場内に入り、休憩所があったのでそこの水道で水を補給させてもらう。助かった。

バナナと水道水で元気が出たところで5本目。

あまりペースは上げていないし追い込んでいないけど、昨日の鈴鹿インターバール走のおかげで足の筋肉に張りがありだんだん踏めなくなってきたので、ここいらで堪忍することにしてちんたら帰宅。

いつもはこの駅まで自転車で行き、駐輪場に自転車を預けて電車で通勤し、帰りは駅から宝山寺に一回登ってから帰宅しますが、通勤には重いシクロ車を使っていて、荷物もありギコギコ登っていますが、たまにKUOTAで登ると軽く感じます。おかげでSTRAVAで自己記録でした。(遅いけど・・・)

2015年8月23日 (日)

鈴鹿ロード2時間チームエンデューロ

●8/22(日)

鈴鹿ロードレース、2時間チームエンデューロに行ってきました。毎年会社のチームで出場しています。いつもの4人。
鎖骨を骨折してから、今年はダメかなと思っていましたが、なんとか順調に練習できるようになってきたので出場することにしました。

去年はまさかの豪雨でレースが中止。一昨年は先頭争いに負けて惜しくも2位。
一昨年の自分と比べると格段に力は落ちているのは分かっていたので、なんとか次のライダーにつなぐことだけを考えました。

いつものメンバーで、1走:私、2走:O石、3走:あまりん、4走:KIMの順。

鈴鹿サーキットに12時半ころに到着。天気は曇り。暑さがなく絶好の天候。
駐車場からサーキット周辺の道路を周回して、会場入りする前にサクっとアップを済ましておく。久しぶりのレースに緊張するけどとりあえず自転車に跨れば気持ちが落ち着く。

会場入りして久しぶりに会うメンバーに挨拶。O石君とは一年ぶりの再会です。

11221456_10154128413443222_82046001

第1走者のノルマはとりあえず先頭集団から遅れずに次につなぐこと。すなわち自分のためにもチームのためにも絶対落車しないことが第一。過去には先頭集団の中で中切れしたことや、接触によって落車して、スポークが2本くらい折れた状態でピットになんとかたどり着いた経験もあります。

先頭集団に残るにはスタート位置も大事。一時間以上前から待機場所に自転車を並べて、最前列をゲット。待ってるあいだが長くてなんだか眠くなってくる。
スタートラインから後ろを見るとスゴい人数。最後が見えないくらい。
11873695_10154128409598222_33777867

スタートしてしばらくはローリングで先導バイクがペースを抑え、シケインを超え少し下って、裏ストレートあたり(だったと思う)でバイクが離れてアクチュアルスタートになる。急にペースが上がって高心拍に慣れるまでがきつく感じる。
下りは落車を避けて、どうしてもブレーキングで減速してしまい後ろからどんどん抜かれ、空いたスペースを詰めるのに、ゆるく登っているホームストレートで踏み、シケインの登りで踏み少し前に上がるという展開。登りでは追いつけるのでなんとか切れずに集団後方に付けた。
きつめの下りコーナーでタイヤが滑るイメージがどうしても払拭できずに思い切って下りで踏めない。
集団の中でも走行ラインは常に端で、中央で行き場がなくなるリスクを避けたが、逆に風の抵抗も受けてしまう。ヘアピンコーナーは外側、デグナーは内側を走行。
前者の後輪とこっちの前輪が横になるのもハスる原因になるのでできるだけ避ける。意識は前、横、時には後ろにも注意しないと。後ろを見るのは、俺集団の最後尾?と思ってのことですが。
後でデーターを見ると、400~500Wと100Wを繰り返すインターバルの走りになっていて、正直余裕のない周回になってしまった。以前はもっと余裕があり、前に上がろうと思えば上がれた。練習の積み重ねが足りん!
これ以上周回して集団からちぎれたらあかんと思って、ピットに入って次のO石君と交代。ピットの中に入って、見つけられず少し通り過ぎてしまった。

O石君が先頭集団に復帰は流石にできなかったが、力強い走りで3位、4位、5位争いをしているようで、1位2位からは少し水を開けられているもよう。自分がもっと粘って、前の方で入ることができたら・・と思うが今はこれが精一杯。O石君が途中でボトルを落としたようで無給水はきついだろうによく頑張りました。
その後個人TT状態で、あまりん→KIMさんとつないで無事14周を走りきって2時間が終了。

今回は2チーム出場しました。

11903839_692204124244108_3254912022

スマホでラップごとに通過順位とタイムを確認でき、ピットのタイミングで順位が微妙に変わるのではっきりしないが大体4位あたりをウロウロしているよう。
今回は表彰台は無理かなと諦めかけていたが、最終で3位になっていたのでハイタッチ。
以前、速報で3位になっていたのに最終結果を確認すると4位になっていた苦~い経験があったので最後まで安心はできない。
表彰式会場で係員に直接各確認してヨッシャー!!
半分諦めていただけに嬉しかったねw。

表彰式でシャンパンファイト! ペリエですが・・・・
11951354_800471826732124_5886524771

優勝は一昨年優勝したKYB。強いね。あのチャンピオンジャージ、一度でいいから欲しいな。
じゃあ、来年も頑張ろう、とすっかり暗くなった表彰式を後にする。
鈴鹿はこのレースだけの出場でしたが、最高の一日でした。
さあ、明日からは大台ケ原ヒルクライムに気持ちを切り替えよう。

レースの直後、同じエンデューロに出ていたG藤君と会ったが、突っ込まれて落車したらしく、痛々しい姿になっていました。怪我がひどくなく早く治るよう祈ってますよ。

2015年8月17日 (月)

盆休みの日記

休みだけは長い会社で、土日含めて連続9日間の連休でした。

夏休みの絵日記は最後にまとめて書いてしまう、子供のころからの習慣がいまだに抜けていないのか、今頃ですが、9日間を振り返って書いておきます。

トータルとして、9日中6日間走ることができました。その前の2週間で走らなかった日は一日だけだったので普段より走る頻度としては少ないかもしれません。距離は平均100kmで、合計617kmでした。結果的にたまたまとはいえ、2日つづけたら休養となったのは疲れを残さずいいペースだったかもしれません。本当は1時間でも回復のためのリカバリーライドをしたほうが良かったかもしれませんが、これ以上は贅沢というもの。

総じてまあまあってとこかな。ケガ明けから、強度の高い練習にはついて行けてませんがそこそこ距離は稼げているので、ベースづくりは徐々にできている感じがします。

神野山めえめえ牧場入り口

061

           ◆             ◆

●8/8(土)119km、K野塾、奈良~月ヶ瀬~針

 暑かった。K林女王を迎えて山岳コース。

●8/9(日)99km、ゴウレン

 集合に遅刻して大正池は単独走。ちんたら27分もかけて走る。遅!カテ3で走り久しぶりのS田君とバトる。

●8/10(月)嫁、通院のため走らず。

●8/11(火)90km、ソロ練

 一人でのんびり、月ヶ瀬~広域農道~神野山をぐるっと回って~布目方面

●8/12(水)110km、K野塾

 この日は私のナビゲートで、レイクフォレスト~大河原~三国林道~童仙坊~和束

50代爺さん達+トラ女王

●8/13(木) 嫁が熱中症の症状で病院へ。点滴を受けて回復傾向。

●8/14(金)93.7km、北野塾途中まで

 笠置~柳生~水間で一行と別れて早めに帰宅。昨日の今日なので・・・

●8/15(土)練習なし

●8/16(日)110km、K野塾

 ゴウレンの日だが、乗鞍組の山岳練に参加。

山城~大峰山~富川林道~朝宮~鷲峰山

富川林道は初めてだったが、距離が長いがずっと木陰で涼しかった。T川さんの特訓コースらしい?

帰りの道で鈴鹿のためのHIITを8本1セットいっといた。

         ◆             ◆

今週末は恒例の鈴鹿ロード。会社のいつものメンバーと走る。本当はそのためには山岳練より、集団走での高速走やインターバルをするほうがいいのだが、やっぱり好きな練習のほうをチョイスしてしまう。

今週はHIITかインターバルを1回か2回入れて、短時間、高強度で疲れを残さないように気をつけよう。

2015年8月 3日 (月)

viva練

ここのところのあまりの暑さに、PCの電源を入れるのさえだるくなって、おまけにモデムが熱を持つので暑いと嫁から苦情が・・・・。

とかなんとか理由をつけて、ブログを更新するのもずいぶんさぼってしまいました。

ケガ後の練習量はそこそこできていますが、パフォーマンスはまだまだ上がらず、まだ6割くらいでしょうか。

パワーメーターのバッテリーが切れてワット表示しなくなった。登りの時は目安にしていたので少しさみしい。本格的なパワトレはしていないんだけど。

●8/1(土)59km、2:23

用事があり9時過ぎには帰りたかったので、6時半ごろに家を出る。北野塾の集合まで1時間ほど走って岩船寺まで一緒に走らせてもらう。

練習時間が短いので登りは頑張ってみる。登りはまあまあだけど平坦の高速ローテがきつい。もともとあまり得意じゃないけど、長くなると着ききれしそうだ。

9時過ぎに帰宅すると体のダメージが少なくて暑さにやられるということもない。夏は無理せずこのくらいがいいな。

●8/2(日)viva練、126km、4:50

土曜日にいつもの練習ができなかったので、少し早めに出発しようと4時半ころに目覚ましを掛けていたが、だらだらしてしまって、結局5:45に出発となった。

集合が7時半なので1時間半ほど打田~天王あたりを周回。早朝は昼間の暑さに比べるとまだ涼しい。

開橋から練習会。今日初めて参加するという若者が一人。なんと16歳という。最近10代がぼちぼち増えてきたが、20代がいなくて40~50代がまだ多いのは日本の現状の縮図かも。しかし40歳も離れてるとは・・・

最終グループでその高校生を交えて走ったが、和束までですでにゼーゼー、黄色信号が点滅。和束~湯船間で少しメンバーが入れ替わったりするが、途中で千切れてしまって、またもや一人旅になった。この辺がまだまだ。

月末の鈴鹿チームエンデューロまでには、もう少しまともに走れるようにしないと。

大石までの下り、カントクの単車で50kmペースで引いてもらった。

それでも大石に到着すると、すぐに第一グループが出発してしまった。

数人でゴルフ場の坂を登る。猿丸神社で水をかぶり、山城セブンの店内で涼み。

帰りは打田をクスさんとまったり登る。後ろに池ちゃんがいつの間にかいて、いつの間にかいなくなった。お~い。

暑くて一人だと嫌になってしまいそうで、2人で登れたので助かった。

昼前には帰宅したけど、なんせ暑かった。サイコンの温度表示が39.9℃になっているには驚いた。熱中症にならないように気をつけないといかんなぁ。

ボトルは2本用意して、1本の保冷ボトルにスポド、もう1本は保冷タイプではないけど水を入れ、前日から凍らせておいた。

保冷ボトルのほうは2時間くらいは冷たい。というか最初は凍ったままなのでなかなか飲めない。通常ボトルはすぐ融けるが、保冷ボトルのスポドが融けるまでの間、冷たい水を飲むことができる。練習後半の暑くなってからはもっぱら水を首や頭、腕や足にかけて体を冷却するように努めた。飲まなければ井戸水でも、コンビニのトイレでも for freeで調達できるのがいいね。

7月は1200km走ることができたが、質の高い練習はできていない。今は少しでも走りこんでベースを作ることを心がけよう。

8月は、鈴鹿、大台に向けて上げていきたい。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »