2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月20日 (水)

関西シクロクロス・堺

1/17、堺

前日の土曜日午後から時間ができたのでシクロバイクでちょっと走りに出ました。

田んぼのあぜ道を通り、道路に出たとき段差でフロントを取られ転倒して尻餅をついてしまう。大した怪我はないけどサドルのレール片方がサドルから外れた状態で曲がってしまいました。治そうと一旦サドルを外したのはいいけど、治らなくて今度は取り付け出来なくなってしまいました。仕方なくサドルなしで1時間も走れずに帰宅。家にあった古いサドルに交換して何とか翌日は走れそう。お尻がちょっと痛いけど。

尻に突き刺さらなくてよかったわ(>_<)

さて、今回の堺クロスは、先週希望ヶ丘で4位になったのでマスター3Aで第1シードでした。
第1シードといってもスタートリストの一番最初に名前が載るだけで、最前列は10人並べるので1番も10番も条件は同じなんですけどね。

朝の試走に余裕を持つために、車を運転しながらおにぎりとサンドイッチ&コーヒーで朝ごはんを食べ、直前のコンビニでトイレを済ませておくのがなんだかルーチンになっています。会場が近づくとアドレナリンの影響か腸の調子がいいんですw。ああ、スッキリ。

堺の会場は海に突き出た広大な埋立地の中の広大な芝。なんにもないのでオールフラットな甲子園なら2~3個くらいの広さかな。(なんで広さを説明するのに東京ドーム何個分と言うんだろうね)
なんにもないところにコースを作っているのであっちえくねくねこっちへくねくね、とにかくコーナーや、ターンが多い。それだけじゃあ面白くないってことで、ステップとシケインは当たり前だけど、土をわざわざ耕して人口の砂場が出現し、1周に3回も通る。この砂場をどう攻略するかがキモになるでしょう。
ちょっとだけ松林のあいだを抜ける所もあります。

全体にパワーコースで、あまり経験がなくて、ロードが強い人がパッと勝ったりするので油断ができない。

空気圧を2.0弱に調整して、8時から50分間の試走時間を目一杯使ってコース確認。問題の砂場は失敗と成功が半々くらい。2番目の砂が少し長くUターンしているので走ったほうが早そう。1番目と3番目は走ったほうが早いかもしれないけど、状況によって乗れるようなら乗っていこう。

スタートラインでMCのがらぱさんから第1シード選手としして名前をコールされる。ちょっとだけ優越感&プレッシャーがかかる。
名前を紹介されたので応援の仲間に一応手を挙げて!
Dsc_1239s

スタートダッシュは先週よりうまくいったもののやっぱり出遅れ。
6番手辺りでせっかくの最前列の中でも遅れ気味。前の選手にはなされずに追っていけば大丈夫と言い聞かせる。

この写真では5番手くらい。多分ここが先頭。
12508964_935925883152282_4233826544

その後ろにこんな感じで続く。
12507457_935926009818936_3972473775

ステップです。ここも5番手くらいですね。
Dsc_1257s

中盤、この3人のパックになり、前の人を抜きパックでは先頭を走ります。右の隅に小さく見えている白い人をこのあと抜くことができました。
Dsc_1269s

1度は後ろのピンクの人に抜かれましたが、好きスキを見て抜き返しました。そのあとは「いっぺん前に出たら前に行かすかい!」という気持ちで、後ろからぴったり来ているのはわかってたけどめいっぱい踏む。

こちらはシケイン、顔がこわばってル・・・

12507168_1131636316847492_598626746

砂場は、1周目の最初のところで前の選手がへたったので途中から走らされましたが、2周目、3周目は乗って超えることができました。2つ目は予定通り真ん中まで乗ったまま突っ込んで、勢いを殺さないように降りて走る。3つ目も何とか乗車のままクリアー。

砂場は走ったほうが早いか、大して変わらないかもしれないけど、砂から出てから乗って加速するロスを考えると乗ったまま超えるに越したことはないと思います。ただ、途中で止まってしまうんなら最初から走ったほうがマシです。ですから、突っ込んだら最後まで気合で脱出しないといけない訳です。

隣は走っています。こっちは気合で乗車。ここでは変わらなくてもこのセッションを脱出したあと加速して前に出ることができます。後半タレにくいしね。

12508894_935931216485082_2619687388

途中から1分差で先にスタートのC4の選手が混じってくるので、なかなか抜きにくかったり、自分の順位もよくわかりませんでした。聞こえてくるMCのガラパさんの実況によると、3番手争いをしているらしい。とりあえず前にいるM3の選手は抜いていきましたが、2位までが昇格できるはずなので、「3位じゃあかんねん!タレるな!」と心の中で叫び、最後まで踏ん張ることができました。

ゴールしてからもてっきり3位とばかり思っていて、昇格はお預けと思っていましたが、チームの仲間が2位のはずやで~、と言うし、とりあえず表彰式を待つ。やっぱり2位のコールを受けたときは嬉しかったね。1位じゃなくてもいいんです。昇格が目標でしたから。

20160119115851

関西シクロクロスのブログに表彰式の時のインタビューも掲載されていました。

http://kansai-cyclocross.hatenablog.com/entry/2016/01/19/120708

ほんでもって、昇格者リストを見ると3位の人も昇格していました。50人以上が完走したレースは3人昇格できるんですね。

まほロバのKIMさんもAズマさんもM2で、ゴウレンではクスさんも初シーズンでいきなりM2に上がっていて、僕だけM3で寂しい思いしていましたが、ようやく最終戦の桂川はM2でみんなと一緒に走れることになりました。なによりそれが嬉しい!

最後尾スタートなので上位は望めないけど、楽しんで走りたいですね。

SNS経由でたくさんの写真をいただきました。ありがとうございます。

M2でゴウレン、クスさん3位、L1でまほロバH田さん3位おめでとう!

2016年1月11日 (月)

関西シクロクロス・希望ヶ丘

●1/10
関西シクロクロスシリーズも1月に3レース残すのみとなりましたが、ここからが私の本番。
前回の烏丸大会で14位だったのでようやくシードスタートができました。
(シクロクロスはスタート位置が前のほうが断然有利なので、前回のレース順位でスタート位置が決まります)

いつも何かしら忘れ物をしてしまうのですが、今回は空気圧ゲージを持ってくるのを忘れてしまいました。空気入れは、ゲージが壊れてただ空気を入れることが出来るだけの古いのを持ってきていて、精密な空気圧ゲージで測るので問題ないと思っていました。
仕方がないので会場の駐車場でたまたまそばに止めてあるお兄さんにフロアーポンプをお借りする。
かたじけない。ついでに空気圧はどのくらい入れています?と聞いてみると2.5くらい入れるとのこと。ちょっと入れすぎかな、とも思いましたが人それぞれなので自分のやり方をゴリ押しするのは良くないと思い、お礼だけ言っとく。一応2.0くらい入れときました。
その後キムさんにお会いしたのでゲージを借りて測定。きっちり2.0でした。気持ちだけ減らしておく。

試走は8時キッカリから。試走開始のアナウンスがあるまでスタートラインでみなさん待っていました。最初、なんでスタート位置に並んでんのかなと思いましたよ。8時50分までの試走時間いっぱい使ってコースを回る。結局4周走りました。
試走で、細い登りのシングルトラックは大渋滞を起こし、そこだけ歩いて通る羽目に。
天気が快晴で、下も乾いていて、ドロドロな部分がないのでグリップはしやすいのですが、いかんせんアップダウンが多くてテクニカルなコースには間違いありません。

私の出るマスター3(CM3)は10時半スタート。30分くらい前からスタート待機場所でしばし待機。ゼッケン番号が一人ずつ呼ばれ、スタート位置についていく。前列10人のうち最後に私の番号が呼ばれ、ぎりぎり最前列スタートとなる。

レースは30分で4周となる。
まずは年齢別なしのカテゴリー4がスタートして、30秒(だったと思う)後に私が出る40歳以上のマスター3がスタート、そのまた30秒後にレディース2がスタートするという混走です。
スタートの時カメラに気を取られてカウントに気づかず、いきなり号砲がなってしまい慌ててしまいスタートダッシュ失敗。クリートをはめるうちに10番手以降になってしまう。

スタート10秒前。緊張感なさすぎ!

Kibougaoka2016_1

スタート直後。前に10人くらいいます。グリーンにイエローが私。
24211152031_af6623643f_h

直線で強引に何人か抜くが、細かいコーナーや登りで前が詰まってしまうことも多い。
今回は結構強引に走りました。コーナーのインから入って体が当たるくらいに追い抜いたり、抜かれそうになっても絶対譲らない。
この先下りながら細くなっていて少しむつかしいところで、前でこけると途端に詰まる。仕方なく担ぐ人も。おいおい、とっとと行けよ!って感じ。
24293629895_9a364fc59b_h

23665396194_a4ca7b746f_h

だんだんバラけてきますが、今度は先にスタートしたC4の選手が行く手を阻む。
特にシングルトラックが登り基調と下り基調の2箇所有り、どちらも前に遅い人がいると追い抜けない。
登りの時たまたま前にC4の選手がいて、追いついてしまったので後ろから「頑張れ!行け行け!おいおい止まるな!」と思わず声を上げてしまう。ゴメンね。
下りでレディースが前にいたので「ごめん、行かせて!」といって譲ってもらいました。若い女の子に「行かせて」はないかな・・・「ありがと~」と行って抜かせてもらいました。俺が言うと妙にいやらしい。いえいえいやらしい意味じゃなく・・・

これは下りシングルトラックの出口で、少し広くなっています。担いでるお兄さんはパンクかな。かなりバンピーでバイクを抑えないと暴れます。口もあくっちゅうねん。
24292024205_cc109b252a_k

こういうステップが2箇所あります。乗ったまま超える人もいますが出来ましぇん。若干登っているので結構しんどい。本当は肩に担いだほうが走りやすいね。1周目は担いだけどだんだん余裕がなくなるとバイクを持ち上げるのをサボってしまいます。こんな時はカーボンバイクが欲しくなるけど、贅沢は敵なのです。
Kibougaoka2016
終盤ここに写っている3人で4位争いをしていたみたいです。
私が追いついて追い抜いたのですが、チェーン落ちが2回ほどあり、その度にに順位が入れ替わりました。

今回は登りで登りきれずに途中で止まってしまうことはあったけど、こけることがなかったので比較的スムーズに走れたと思う。
車が通れる幅の広い砂 利の下りがあり、そこは結構スピードが出るのですが緩やかにカーブしているのがくせもので、滑りそうで怖い。
案の定、前を走る選手が滑って転倒。ぎりぎりを かすめて何とか当たらずに済みましたが、その人の腕を踏んでしまいました。痛かったかな?ごめんなさいね。どうしようもなかったもので。

先ほどの4位争いは、最後の方でたれてきているのがわかったので気合で追い抜く。あとはタレるな、がんばれ!と自分で自分を鼓舞しました。

レースは、登り、下り、加速、急減速、担ぎの繰り返しで終盤は徐々に疲れてきます。というかゼーゼー状態ですが。
最終周回、順位を教えてくれている人がいて4位くらいなのがわかりました。前にはC4の選手が2人、3位の人は見えてなくてそのままゴール。

ああ、疲れたけど楽しかった。

あとでリザルトを確認すると、3位とは40秒くらいの差で後ろの5位とは7秒差。表彰台を逃しましたが面白いレースができました。

今年からカテゴリー2位までが昇格して、次のレースから上のカテゴリーで走ることができます。
来週は堺ですが、最前列中央でスタートできるので何とか昇格を目指して頑張りたい。
がんばれジジイ!

FBやなにやらで色々写真が掲載されていて、いただきました。シクロクロスは選手と観戦者が近いので写真も多く、その点もいいですね。

2016年1月 7日 (木)

若草山クロス練

●1/7、18.5km、1:09

有給休暇。

夕方少しだけ時間ができたので若草山までクロスバイクで登ってきました。
東大寺周辺はYOUがいっぱいだ。

20160107

2016年1月 4日 (月)

新年

1ヶ月もブログの更新をサボってしましましたが、ほぼ順調に走っております。
2015年の走行距離を集計すると、

1月;122km
2月;1,138km
3月;1,258km
4月;1,264km
5月;753km
6月;104km
7月;1,294km
8月;1,506km
9月;1,469km
10月;1,678km
11月;1,128km
12月;1,453km
合計;13,149km

5月~6月は全く走ってないけど秋に距離が伸ばせてますね。距離を走ればいいってものじゃないけど、地道に乗り込むしかないよね。

さて、新年は1日、2日くらい家に居なさいとのお達しで、おとなしく過ごしました。2日は嫁実家に置いてある3本ローラーで少し乗りましたけど。

3日は初のviva練。
普段の日曜日に参加できない方もいたりして、30人くらい集まって、大賑わい。途中スローパンクして、今年初のパンク初めを済ませました。

2016

4日は私の呼びかけで、矢田でシクロ練。キムさんとジュニア、Aずまさん、H田さん、矢田は初めてのクスさんの5人で矢田丘陵地帯を走りました。
久しぶりの矢田はシングルトラック(自転車1台が通れる細い道)の下りにビビって、「谷側に足を着くと危ないよ」と言った私がバランスを崩して谷側にずっこけてしまったり、楽しませてもらいました。
エンドがちょっと曲がったみたいでディレイラーがうまくチェンジしなくなってしまいました。今週末までに調整しておかないと。
もう一つおまけに、山から下ってくるとまたもやスローパンク。タイヤに穴があいていました。2日続けてパンクに見舞われてしまいましたが、どっちも仲間に助けられました。
今年のキーワードは、ナカマかな。
今月で最後のシクロクロス3連戦。頑張って楽しみたいデス。

明日から仕事じゃ!

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »