2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月 3日 (水)

関西シクロクロス最終戦・桂川

関西クロス千秋楽、第11戦になりますが、CM2で参戦してきました。

●1月30日(土)
前日ですが、映画「パンターニ」を見てきました。ジロとツールで優勝した英雄のドキュメンタリーです。ドーピング疑惑で選手生命を絶たれ、最後はホテルの一室で誰にも知れず亡くなっていた、英雄の悲劇。重い命題ですが心に残る映画でした。
大阪では十三駅そばの映画館で上映だったので、自転車で往復。映画館で輪行袋に入れて持ち込んだら、映画館の方が預かってくれました。感謝です。
行きは淀川サイクリングロード、帰りは163から清滝。往復76km。先着50名にバンダナがもらえたんだけど、64番。残念。

●1月31日(日)
桂川クロス。会場まで自走で行こうと思っていましたが、金~土にかけて降った雨でドロドロ確実、後先のここを考えてやっぱり車で行きました。

いつものように8時から試走開始。桂川のコース河川敷でほぼ平坦ですが、2m位の高さの土手を横に走るキャンバー区間がキモのコース。
予想通りコースの大半がぬかるんでいて、泥クロス状態。試走で既に自転車が泥だらけになってしまう。用意のいい人は一度洗ってからスタートするみたいですが、僕はその余裕がなくドロドロのまま。今回からCM2に昇格したので第1レース。9時スタートで試走直後のスタートとなる。

シード選手から順番にスタートラインに並んでいく。昇格したての私は当然最後尾。なんと70人もいる。C3がスタートした1分後にアンダー17、その1分後にマスター2スタートなので、本当に一番後ろにいるわけで、前にはすごい人数。
Dsc_1405

出だしはロケットスタート、といきたいところだけどどうにも前に行けない。
抜いたり抜かれたりで終始同じ選手がバトルしていたような気がします。
自分が早いんだか遅いんだか全くわからないまま、泥に悪戦苦闘するなんともレポートしにくい展開でした。
ということで写真でお楽しみください。

シケインを超えたところ。応援のお姉さんも泥だらけです。
Dsc_1413

Dsc_1415

拡大するとこんなにドロドロ。ブレーキが泥で見えません。自転車も重くなります。
Dsc_1415c

これはゴール手前にあるストレート。ジュクジュクで押す、担ぐ人の方が多いです。強引に乗車しましたが後輪がすべって進まない。押している人に抜かれました。(´;ω;`) 最後は意地ですわ。1周目は乗車できましたが、2周目以降は諦めて途中から押しました。
Dsc_1419

最後だけ担いで走る。最初は走ってるんだけど、途中から歩いてたかも。本人は走ってるつもりですが・・・。
Dsc_1465

これをUターンしてゴールに向かいます。ここに写っている外人さんと終始抜いたり抜かれたり。スピードが上がるところでは私が抜いて、泥でヘタうちしてる間に抜かれての繰り返しでした。最後はこのまま逃げ切り。
Dsc_1468

無理やり乗って行こうとしてスタック気味につまる。コースロープからはみ出してまんがな!
24099709233_76b0c7c43c_z

そして押す。乗車してる人もいてる。後ろでさっきの外人さんが詰まってます。俺のせい?
24431023390_d7d4a1b284_z

てなわけで、70人中で50番でゴール。もう順位なんて関係ね~、って感じ。大人の泥遊びでした。

KIDSも頑張ってました。かわいいね~
12669611_1139039089440548_604429227

ゴール後、会場に洗車用のホースが用意されていたのでとりあえず泥を落とす。
しかし、洗車待ちの列が出来ていて、待ってるうちに次のレースが終わっていたから、かれこれ1時間くらいかかったんじゃないかな。

帰ってからもう一度洗車。これでようやく今日のシクロクロスが終わった。
12647490_752918658172654_7652142875
クロスタイヤを外して、ロード用に付け替えて、また通勤に活躍してもらいます。

今シーズンのクロスは後半だけの参戦でしたが、無事CM2に昇格できたし、いいシーズンでした。
初めての方と練習が出来て、レース会場で挨拶を交わすこともできました。

この日キタサイクルつながりで「ブログ見てますよ。」と声をかけて下さり、その夜FBでつながったり・・。ありがとうございました。またよろしくお願いします。

さあ、今度はヒルクライムだ!

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »