2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

菰野ヒルクライム参戦記(スタートまで)

3月27日、菰野(こもの)ヒルクライムに行ってきました。
印象としては運営がとてもスムーズで、ホスピタリティの感じられるとてもいい大会でした。

忘備録として記録しておきます。

結果は31分59秒、50歳~59歳、7位/124名
結果についての考察は後にします。

201602

三重県菰野町の鈴鹿スカイラインを登る、距離7.8㌔、平均斜度8.4%、標高差660mと、ヒルクライムとしては距離が短め。

激坂はないものの、10%程度の斜度がほぼ一定していて、コースレイアウトとしては伊吹山の前半に似ているかな。どちらもスカイラインということで車で走るのを楽しむ道路、という意味では同じ目的で作られた道だから似てしかりかもしれません。

レースに向けて、水曜日にジテ通で少し距離を乗りましたがそのあとは軽く回して足休め。土曜日も少しは乗りたかったけど、家のご奉仕でノーライド。サラ足の状態でした。

朝4時半にKのきさんをピックアップして、2人で向かいます。朝食は車の中でおにぎり&サンドイッチ&バナナ。名阪国道~亀山~下道ルートで有料道路を使わないケチケチで、2時間で会場である菰野町役場に到着。

会場に着いたら既に受付を終えた寺さんとU田さんに会いご挨拶。係りの人に駐車場を教えてもらい、近くの小学校に車を停める。支度して、もう一度自転車で会場向かい受付。この大会は2部に分けて進行していたので、既に前半の選手が集合して出発を待っているところでした。
この時に山頂で受け取る荷物を預ける。ので、スタートまでは防寒具を着ておくとそれを預けることができない。ちょっと、要注意です。後で考えると、更衣場所があるのでそこに置いておくこともできたかな。はたまたバイクラックに吊っておくとか。

もう一度駐車場に戻りさくっとローラーで30分ほどアップ。天気はいいけど少し肌寒い。ロングタイツに上は長袖アンダーに半袖ジャージという格好。

時間になったので8時頃会場に集合。2回目の開会式?とレース説明が行われる。
寺さん、U田さん、クスさん、ゴウレン仲間はみんなオヤジグループなので同じ後半の部になって心強い。女子も一番最終グループなのでO橋さんも一緒。
開会式の時、O橋さんにアドバイス。スタートで周りのペースに惑わされたらダメ、マイペースでスタートして中盤から頑張り、最後の1キロでもう一度上げる、最後はさくっとスパート。
なかなか偉そうだったなぁ。これはO橋さんに言ったけど、自分への心づもりを言葉にしただけです。

と言いながら、そのやったらあかんと言った事を僕がやってしまって、後半へばってしまったのはこの後で・・・。

この会場からスカイラインの入り口にあるスタート地点までは自転車でパレード走行。年齢カテゴリーごとに先導バイクのあとをついて行く。前のスタートの45~50.歳グループが出発してしばらく待機。時間をあけて我々の50~59歳グループが出発。
スタート地点に到着してしばらくして15人ずつスタートしていきます。
ここまで、受付で長い列を待たされたり、スタートでごった返したり、長い時間待ったりすることなく進行していくのでストレスなくスタートできました。スタッフの気遣いを感じられ、すごくありがたかったです。

長くなったのでレースは後にします。

2016年3月15日 (火)

K野塾と激坂練

●3/12(土)K野塾、104.7km、4:19、ave24.2kph、1427m up

ここのところ暖かくなってきたと思ったら、また朝は冷え込みました。 こんな時は着る服に迷います。
とりあえず冬の5℃以下対応のジャージ上下にイヤーウォーマー、ネックウォーマー、シューズカバーのフル装備で出発。

この日は、K野塾長、K山さん、あしやん、の4人で出発。加茂までローテーションでいつの間にか誰か一人多いぞ、と思ったら後ろから追いついた大将でした。
あしやんが加茂で離脱、加茂からKコイさんが参加。
ルートは加茂~須川~柳生~水間~針。
柳生と針で休憩して、福住~奈良教育大へ下る。
前半、大将が登りできつそうだったのに水間あたりからなんだか元気になってきて、がんがん復活してきました。いつもの力強さが見られたかナ。
金曜日に乗っていないので脚は元気で、調子は悪くなかったんですけど。

奈良の教育大前の交差点で皆さんと別れて、郡山のキタサイクルへGo
頼んでいたレース用のタイヤとチューブを取りに行きました。
ミシュランPro4 Service Courseに、ブリジストンの60gくらいの軽量チューブを購入。 ヒルクライム専用で使うならもっと軽量タイヤがあるけど、今シーズンはヒルクライムからエンデューロも含めて、シクロクロス以外のレースは頑張ってもらいます。
もっとも、レース用なのでほとんど磨耗しません。前のタイヤは2年以上使って、ええかげん練習用におろしたらいきなりパンクしたし。

●3/13(日)ゴウレン、98.5km、4:37、ave21.3kph、1881m up

日曜はゴウレン。
4月からの自転車保険料を幹事にようやく渡せました。これで安心して怪我ができる・・・いやいや怪我はもうしたくないです。
序盤の大正池TTは無謀にも先頭のグループについて行きました。最初だけですけど。
パワーメーターのバッテリー・ローが表示されついにパワー値が出なくなってしまったので、ペースを確認できず最初のペースが完全に速すぎたようです。
集団について行くときは感覚的には300W以上出ていたと思います。他の人にとってはいいペースでしょうが私にとっては完全にオーバーペース。
えい、いてまえ!てな具合に最初は無理がきいたのですが、だんだん千切れてしまい、ついに見えなくなってしまいました。
振り返ると後ろも離れていて誰も見えず、完全に一人旅。後半苦しくなり、体感パワー200W落ちでタレタレ。
タイムも前回より1分以上悪い23分ちょい。ダメダメちゃんでした。一人だとあかんなぁ。
昨日、調子いいと思ったのは思いすごしみたいです。
菰野ヒルクライムを2週間後に控えていて、山を登りたかったので、和束から皆さんと別れてヒルクラの練習へ。
大橋さんも菰野に出るので一緒に行くことになりました。 菰野のコースはよく知らないけど、とりあえず劇坂をヒーヒー言いたいマゾマゾな気分。
和束から南へ木屋峠を超えR163を左折。笠置大橋そば切山のホテル前から登ります。
10%から15%くらいの劇坂が続く3.7km、平均斜度9%(stravaデーターより)を淡々と登ります。
大橋さんもきついけどがんばりました。 三国林道に到着して、私はもう一本行きたかったので、和束に下る大橋さんとお別れ。

下に笠置大橋が見えます。

059
今登ってきた坂を一気に下り、R163を左折、今度は大河原の南山城町役場から三国林道までの劇坂を登りました。
さすがに2本目は脚に力が入らずペースは遅い。ここも距離4km、平均斜度10%となかなかきつい。

童仙房山荘で休憩。
058

三国林道から和束に下り、裏大正池をいったろか思ったけど、時間が11:30頃になっていたのでまっすぐ帰宅することに。今日のところは勘弁したろか・・・。

夜、菰野ヒルクライムをググってみました。平均斜度8%の8kmで、最大斜度も12%くらいなので今日のような劇坂ではなさそうだけど、そこそこきついかも。
斜度が緩いところで3~4%のところもあるけど、わりと平均的に登っているので一定ペースは保ちやすいかな。参加者のブログにstravaデーターがあったので参考に見てみると、ウメチカさんの「いいね」を発見してしまいました。おんなじもん見てるんやなぁ。

2016年3月 7日 (月)

月ヶ瀬再び

なでしこ惨敗でオリンピックもほぼ消えてしまい、金曜の晩はよく寝つけませんでした。

おごれる平家は久しからず、ということでしょうか。チャンピオンもいつまでもチャンピオンでいられるわけじゃないってことでしょう。それでもがんばってほしいですね。

●3/5(土)109km4:42ave23.2kph1783m up

 

平日仕事の時は朝5時半に起床して、6時半に自宅を出ます。当然起きた時、外はまだ暗い。休日も同じ時間に起きることにしています。少しゆっくり目に支度して、練習に出るのが7時ごろという感じです。

 

土曜日はK野塾に参加。先週に引き続き月ヶ瀬梅林まで行ってきました。

月ヶ瀬からさらに足を延ばして阿山へ豚丼食べに行くということで、月ヶ瀬から帰る組と豚丼組に分かれましたが、私は帰宅組。

家を出るとき何も言ってないのに、今日は午後から予定が目白押しよ~、とうれしそうに嫁にくぎを刺されて、あえなくすごすご引き返したってわけ。

帰宅組は昼ころに帰れるけど、豚丼組は2時から3時くらいになりそう。

 

月ヶ瀬へのコースは登って下っての繰り返しでいい山岳練習になりますね。一人だとなかなか頑張れないけど、みんなで走るとつい力が入っていい練習になります。260Wくらいを目安に登ると私にとってはL4レベルのいいトレーニングになるようです。

  612

月ヶ瀬の梅はほぼ満開でとてもきれいでした。この辺りは古くから梅の産地なので大きい木が多く、桜かと思うほどです。帰りはあしやん、Kわいさん、G藤(宇治)さん、ワタシの4人で少し写真など撮りつつ、ペースを落とし目で帰ってきました。

梅の花もまだ楽しめそうです。

 

●3/6(日)まほ練、108km4:3523.4kph1611m up

日曜はまほロバ練習会に参加。

9時集合なので、7時に出発して、奈良教育大から福住までえっちらこっちら登るルートで集合の天理ダムまで。

前日の疲れもありあまり出力が上がりません。200Wくらいで淡々と登ろうと思っていましたがそれさえ届かず。

今日は少ないと言っていましたが、7名ほどの参加。

天理ダムから福住まで長滝を登るところは、ようやくスイッチが入りました。やっぱりみんなと走ると違います。

Stravaのデーターでは1240秒でまあそこそこのタイム。平均パワーが256W260W狙いで走ったのでこれもまあまあでしょう。ゴウレンならへたれかもしれないけど。

その後は、布目ダムまでサイクリング~布目ダム1周(10㎞)して皆さんとお別れしました。

 

帰 宅後、シャワー~昼食のあと、ちょっと昼寝をと布団に横になったら爆睡してしまいました。嫁に起こされた時は、当然外は明るくて、朝かと思ったんでしょう ね、寝坊してしまったかと思いました。「遅刻する!」と思ったのですが、会社に遅刻じゃなくて、練習会に遅刻する・・・て思ったのは嫁にも言いませんでし たが・・・

 

今月末は菰野(こもの)ヒルクライム。初めての参加ですが、その後4月の伊吹山ヒルクライムと2戦をとりあえずの目標に頑張ろう。

2016年3月 4日 (金)

つれづれにダラダラ

もう1週間前ですが、土曜日K野塾で月ヶ瀬梅林まで行ってきました。
といっても最後はカコイッチと2人でしたが。
まだ早いと思っていた梅の花でしたが三分から五分咲きというところ。
カコイッチの案内で梅林の遊歩道まで乗り入れて20%の細い坂を登ってみる。
濃いピンクの紅梅はほぼ満開。勾配もきつい・・・
梅林で時間を食ってしまったので来た道を引き返して帰宅。
098

来週も行ってみようかな。

   *    *

日曜日は久しぶりのゴウレン。
冬の間シクロクロスに出ていたので、ゴウレン参加は12月以来かな。
はじめまして、の方もおられる。乗鞍ヒルクライムのチャンピオンカテゴリーで2位というK松さん。

えらい有名な人らしいんですが、私は正直全然知りませんでした。後で知ったのですが、サイスポの今月号に大々的に写真が載っていました。
乗 鞍ヒルクライムと言えばヒルクライム界の甲子園ともいえる大会で、そこのトップカテゴリーで2位になるということは、甲子園の決勝まで進出するくらいすご いことなんですよね。優勝した森本さんはテレビの「チャリダー」にも出ているのでよく知っていましたけど。2位の人が奈良にいたとは。
しかし、一流のクライマーは何と細いこと。身長は私と変わらないのに体重が10キロも違うんです。(もちろん軽いほうに)
僕の体重でも、178cm、67kgと一応標準体重以下に抑えているのですが、さすがです。
その日の大正池のタイムが17分台、平均300Wオーバーらしい。ちなみに私は22分ジャスト。平均パワーが240Wちょっと。まあ、お前と比べるなっちゅうことですが。
ゴウレンで20人もいると、先頭集団のトップと、私のように最終グループでちょろちょろしていると、出会うのは最初のライダーズミーティングと大石コンビニか最後の山城7くらいですが。
    *    *

大正池といえば、私はこのゴウレンでの大正池での平均パワーをFTPの参考値にしています。
持 久的パワーの基準値になるFTPを測定するには、一般的に20分間タイムトライアルをして、その時の平均パワーに95%をかけると、1時間の最大パワーに 変換でき、それがFTP値になるわけです。昨今流行りのパワートレーニングでは、FTPの値がトレーニングの指標になるわけですが、私はどちらかというと ペース配分の目安にしています。とくにヒルクライムでは、出だしで300Wも出すと、最後まで持ちません。理論的にはFTPパワーを守れば1時間で最高の タイムが出るはずですが、あげすぎたり、だんだん下がってきてあげられなかったり、そこいらが難しいところです。
大正池がちょうど20分くらいのTTになるのでその値で、こんなもんかなってなぐあいです。

ここ1年半くらいの大正池のタイムとパワーを抜き出してみました。

                                                                                                                                                                                             
大正池データ-
日付タイムavパワー(W)  95%AVmaxパワー(W)
2016/2/280:22:06243231 410
2015/12/130:21:43249237 405
2015/10/250:22:07259246 414
2015/9/270:22:05251238 463
2015/7/120:25:06206196 367
2015/5/100:20:46269256 461
2015/3/80:23:04240228 396
2015/2/220:23:23234222 397
2014/12/280:23:40247235 380
2014/12/140:22:13253240 429
2014/11/230:22:38242230 408
2014/10/260:21:50258245 425
2014/10/12 252239  
2014/8/240:20:27246234 439
2014/7/270:21:00260247 550
2014/6/80:21:59246234 455


これをみると一番いい時が2015年5月に269W(20分46秒)、その次が2014年7月の260W(21分00秒)。
それ以外はだいたい22から23分台で、240から250Wというところで、ほとんど進歩がない、という結論。時間があるときにもっと前のデーターも見てみようかな。

   *    *

つれづれにつづるついでですが、先日ジテ通の帰り、清滝峠を大阪側から登っていると、後ろからローディーがピュィーンと抜いていきました。
ヘロヘロ登っていた私は追いかける気力もなく見送ったのですが、帰宅後、stravaに落とし込んだログデーターを確認しました。
このstravaの面白いところは、flybyという機能で、走行データーに、その時間帯に近くを走っていた人のデーターが見られるということがあります。
何気にそのstravaのflybyをみていると、清滝でビュイーンと抜いていったローディーが、走る理容師、どすこい部屋のH方さんでした。どおりで早いはずです。
面白いですね。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »