2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 伊吹山ヒルクライム2016参戦記(レース編) | トップページ | GW2日目、いつもの土曜 »

2016年4月29日 (金)

GW初日・吉野ブルブルライド

先週、整形外科の診察で肩に入っているプレートを外す日取りを決めてきました。
5月に落車、鎖骨骨折から1年が経とうとしています。早いもんだ。
5月末は加賀ヒルクラ&エンデューロがあるのでその後、6月上旬に手術をすることにしました。
その時手術のための検査として心電図を撮りましたが、看護師さんが「いつもこんなに心拍低いんですか?」と。
「スポーツ心臓なんですぅ。」とさりげなく答えましたが、心の中でドヤ顔をした私でした。
ちなみに35拍/分でした。最近よくトレーニングできているので心拍も低いな。
マラソンなどの持久系の選手は心拍が低いですね。目指せQちゃんや。

●4/29、147km、6:49、1866m up

さてGW初日は張り切ってセミロングライド。昼ころには帰りたくて、きるだけ早朝出発することにしたので、時間の約束をしにくいし、そんな早い時間に誰も付き合ってくれないと思って、一人で行くことにしました。
行き先は吉野。吉野駅から大峰山の行者還岳までヒルクライムがあるとのことで、私は出ませんがコースを走ってみることにしました。25kmで標高1500mへ登る、長いヒルクライムです。

朝5時半に家を出ましたが、その時は少し肌寒くてウィンドブレーカーを来ていこうかとも思いましたが、少し走れば暖かくなるはず、と思ってきていかなかったのが大間違いでした。

吉野まではR24で最短コース。国道だけど、まだ車も少なくてフラットなので走りやすい。すいすい進むと思ったらおもいっきり追い風でした。

吉野には1時間40分くらいで到着。吉野駅の東側から登り始めます。いつもは西側のゲキサカを登るので、こちらを登るのは初めて。そんなにきつくなく広い道が続き、中千本、奥千本と登っていきます。桜の時期はこの道はいいだろうな。車が多くて走れないかもしれないけど。
途中道を間違えて少しウロウロ。大峰山へと向かう道に入ります。そこからは下りもあり、ツーリングならいいけどヒルクライムレースでの下りにしては危なそうな道です。
このあたりからだんだん気温が下がってきて、なんと1℃台。登っているのであまり寒くはないけど、帰りが不安になってきました。

20160429
行者還りトンネルまではまだ距離はあったのですが、帰りの時間を考えて途中で引き返しました。
そこからが天国への階段ならぬ地獄への下り坂。
だんだん寒くなってきて、指がかじかんで、胸から肩にかけて筋肉が縮こまってしまって、しまいにはブルブル震えてくる。
腕が震えるとハンドル操作が危なっかしくて、時々止まっては体をほぐしますが焼け石に水。この場合は氷に水・・・かな。
いっそのこと回れ右して、また登ろうかと思ったほどです。
吉野川まで下ってもまだ震えが止まらず、一生懸命こいでからだを温めようとしましたが向かい風が強く、体温が上がらない。コンビニで止まりましたが足が震えて歩くのもフラフラ。
大変でしたが、橿原あたりまで帰ってきたときはようやく温まってマシになってきました。
少し道に迷いましたが、向かい風でも気持ち(だけ)はガンガン踏んで帰りました。

おかげで、行き帰りは平坦路だったのにかなり脚にきました。
1時くらいには帰れるかなと思っていましたが、1時45分帰宅。
沸かしてくれていたお風呂が天国でした。
いろいろしんどかったけど、装備さえちゃんとすればこんなことはないし、今後の反省かな。いい思い出とネタにしておきましょう。

« 伊吹山ヒルクライム2016参戦記(レース編) | トップページ | GW2日目、いつもの土曜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊吹山ヒルクライム2016参戦記(レース編) | トップページ | GW2日目、いつもの土曜 »