2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年6月 6日 (月)

温泉ライダー参戦記、続き

ヒルクライムのタイムはトップと13秒差の23分12秒でした。
後でデーターを見ると300W~400W超えで加速していて、そんなパワーが長持ちするわけがなく、最後はたれてしまいました。抜いたあと300Wまでに抑えて最後に足を残しておくべきだったな。

さて、楽しい夜をすごし翌日はエンデューロ。
会場はホテルアローレという温泉ホテル前をスタートする、1周5kmの五角形周回コース。
道路はさほど広くなく、田園地帯の中を周回する。
直角コーナーと直線のフラットだが、スタートで一気に下り、向こう側で7%くらいを登るところがキモという印象。
試走時間以外にコースを回ろうとすると係員に止められたので、逆向きに往復してウォームアップ。時間になり試走を2周したら既にスタートラインにはたくさんの人が・・・
私が第1走なので、少し焦ったけど真ん中くらいに入れてもらいスタート待機。

スタートまでライダーズミーティングがあり、注意事項やコースの説明、団長の挨拶など。コースが狭く、やたら安全を強調している。気を付けないとコケるのはいやや!

スタートしてまず1周目は先導バイクについて、緩やかなペースでパレード。2周目の登りぐらいからペースが上がりリアルスタートになる。
多分先頭を畑中選手が引いていて、安全のために最初にわざとペースを上げて集団を分断させると、スタート前に説明があったけど、まんまと主催者の作戦にはまってしまい、前方で中切れぎみ。
頑張って追いかけたけど、登りを登りきったあとあたりから前の集団が離れていき、ついに追いつけない距離になってしまう。
私の場合、はっきり言って下りがヘタ。去年の落車の影響が有りどうしても下りが慎重になる。そのため、下りきったところの直角コーナーを立ち上がったところで前と間隔が開いてしまう。ダンシングで加速して追いかけないと離されてしまう。
それ以外の直角コーナーでもかなり足を使ってしまう。
それでも、そこそこのペースの集団で前に行き後ろに行きを繰り返しながら周回。
集団のペースがあまり落ちると嫌なので、平坦の直線では積極的に先頭交代に加わる。「回していこ!」と声をかけ、前に出て、肘で交代を促す。ジロの影響か、ちょっとかっこつけちゃったな。

ここは7%くらいの登り。
08

途中、畑中選手にラップされたけど、スピードの次元が違う印象。追いかける気にもならない。
下りからの直角コーナーで突っ込んで倒れている選手がいる。くわばらくわばら。ますます慎重になってしまう。
ほぼ予定していた時間をその集団でこなし、最後の半周あたりから右側から「次、ピットに入ります!」と言いながら前に上がる。先頭に出てそのまま最後の力を振り絞って加速すると誰もついてこないので、少し集団より前でピットインできた。特にソロの選手はペースのアゲサゲをしたくないので追いかけてこなかったんでしょうな。

ピットでO石君に交代。彼の1周目で私のいた集団に追いついたみたい。よしよし。あとは待つだけ。出番はないはず。応援にまわる。この日は天気が良くて暑い。40℃近くまで上がっていると場内のアナウンス。

O石→アマリン→KIMさんと順調につなぎ4時間のタイムアップ。
06

結果は総合ロードチームでは11位/127チーム中。
企業対抗の部で2位/31チーム中。
惜しかったけど1位と3分以上開いているのでしかたない。
企業対抗で優勝チームは1分間の企業アピールタイムをもらえるということで、うちの会社は世間的にはかなり騒がせているので、何を言おうか考えていたのにちょっと残念だ。
ヒルクライムとエンデューロの合計順位をポイントにした、総合順位は11位/98人となった。
企業対抗は1位のみ表彰対象なので、表彰式は出ずに温泉でゆっくりする。
じゃんけん大会も出ずに、とっとと撤収して帰路へ。

2日間でローカルな中にも、温泉とおもてなしの気持ちが溢れ、アットホームないい大会でした。欲を言えばヒルクライムはもう少し距離ときつさがあったほうがよかったかな。

BS NHK「チャリダー」の放送が楽しみだな。
7月9日(土)だっけかな。夕方6時です。

2016年6月 4日 (土)

温泉ライダー参戦記

ジロが終わりましたね。
山本元喜選手も無事完走できてよかった。
ブログも面白いし、それにしても毎日あれだけのレースをこなしながら毎日ブログを更新するというのが出来そうで出来ない、すごいことだと思います。

さて、それはさて置き、先週5/28(土)から29(日)で、石川県は加賀市で開催されたレースに参戦してきましたのでアップしておきます。

日曜日は4時間エンデューロで会社の自転車部4人で参加しました。
前日の土曜日にヒルクライムレースがあり、ダブルエントリーすると参加費が割引になるしせっかくだからとエントリーしました。

●5/28(土)立杉ヒルクライム

朝5時半にKimさんに迎えに来てもらい2人で出発。
3時間ちょっとで会場がある山中温泉に到着。駐車場から自転車で受付会場がある菊之湯へ。周辺は温泉街なのですが朝はそういう雰囲気がなかったかな。
会場ではNHKの「チャリダー」のテレビクルーが来ていました。

04
番組MCの朝比奈さんがバイクウェアー姿でうろついていました。ヒルクライムに選手として参加するみたいです。かわいいね。顔、ちっちゃいし。
大会MCが温泉だけに和服姿の絹代さん。あまりテレビでは見ることがないけどすっかり自転車タレントですね。昔NHKのテレビ英会話のMCをしていたときよく見ていました。どうでもいいけど。
旦那さんでプロライダー、チーム右京の畑中選手も来ていました。TOJには出てないんかよぉ・・・

受付後一度駐車場に戻ってローラーでアップ後、再び会場へ。
年齢カテゴリーごとにスタート地点までパレード走行。
レース規模としてはこじんまりしていて、50代は30人ちょっとほど。今回一緒に参加しているKIMさん、アマリンも同じ年齢カテゴリー。
カテゴリーごとの一斉スタートなので一番早くゴールした人が1位ということで、自分の順位がわかりやすい。
コースは9.6kmと短め。前半6kmまではほとんど平坦で2~3%の斜度で集団でロードレース状態。
前から10番目あたりでスタート。
先頭を引くのは嫌なので様子を見ながら少しずつ前へ上がる。3番目くらいに上がったところであっという間に集団のまま6km通過。
このあたりから登りが始まり、ようやくヒルクライムらしくなる。といっても後3kmほど。
息吹山ヒルクライムの時に知り合いになったジモピーのK合さんが前いたので、一気にパスして加速。
先頭に出て後続を引き離す・・・はずだったけど
何人かはついてきていて徐々にバラけていったようです。(KIMさん談)
あと2~3kmならある程度スパートしてもいいだろう、と思って一気にペースを上げたのですが後ろにひとりくっついてきている選手がいました。
どちらかというと追いかけるのは好きだけど、追いかけられるのはどうもプレッシャーがかかって好きじゃない。誰でもそうかもしれないけど、この時は特にそう思いました。
一気にあげたので心拍も急上昇したのもあって、ペースを落として後ろの選手を前に出す。
僕のペダリングと逆で、重いギアーをゆっくり回す人でした。クルクル回せばついていけると思ったのですが、少しずつ間があいてくる。あれよあれよという間にあと1km。最後はゆるくなるのでダンシングで加速・・・しようとするけどあいだは詰められず、結局13秒離れてゴール。情けないったらありゃしない。
勝ててたレースなのに弱さが出ました。残念だけどしょうがないな。

ゴールしたあと少し進むと休憩場所が有り、バナナ、スープ、まんじゅう、羊羹などをいただき、しばし仲間と検討をたたえ合う。K合さんが3位に入って嬉しい表彰台をゲット。

休憩後は来た道を下山するのではなく、まっすぐに進み川沿いを20kmほどサイクリング。下り基調で気持ちよく走れる。

会場に戻って、カニ汁などをいただきながら時間になると表彰式。
1位は山岳賞模様(水玉模様)のジャージとはいかず、ハンテン。負けたのは悔しいけど、これは着れないなぁ。
03

最後はじゃんけん大会。お米や酒や自転車が当たりますが全敗。

ヒルクライムが終わって、明日のエンデューロの受付をするために、エンデューロ会場に車で移動。こちらも温泉ホテルですが、結構遠かったな。
会場ではちびっこのストラーダ(ペダルがなく足でける自転車)レースをやっていました。

受付を済ませて、温泉入浴。気持ちええなぁ。
夜は明日のエンデューロチーム4人が揃って、アマリン家で前祝い。地もののお寿司が最高だね。楽しく盛り上がりました。

翌日のエンデューロはまた次に・・

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »