2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2016シマノスズカロードレース(チームエンデューロ)参戦記 | トップページ | 大台ケ原ヒルクライム2016参戦記・その2(レース) »

2016年9月22日 (木)

大台ケ原ヒルクライム2016参戦記・その1

レポートが遅くなって10日以上経ってしまいましたが、忘備録程度に記録しておきたいと思います。

9月11日、距離28km、標高差1240m、獲得標高(自己計測)1312m

タイム 1:22:23 
56歳以上カテゴリー 3位/69名
総合順位 81位/658名
激坂区間(7.5km、710m) 36:07 79位 

正直、この年齢で自己記録が出るとは思ってみませんでした。レース展開にも恵まれたのかもせれません。

大会前の4週前から1週前まで週に300~400kmのあいだで走り込めたので、練習量としてはいい感じ。ともすれば疲れを持ち越してしまうので、調子がいいか悪いかはよく分からない。1週前に十三峠を2本+暗峠+宝山寺という長短登り4発、69km/2100m登りをやったあとは、極力疲労回復に努めた。
レースの週の前半は無理しない程度に走りこみ、後半で休養というパターンのつもりが、雨降る詐欺にまんまとはめられて、天気予報で雨が降りそうなので電車で通勤したら降らず、しびれを切らして水曜日に大丈夫だろうとジテツウすると会社に到着する直前に大雨にあったり・・・。
予定していた通りはいかないものだけど、水曜日の疲れは木金ですっかり取れた。レース前はやりすぎるくらいならやらないほうがマシ、ということを僕の経験的大原則にしている。

2日前にひどい下痢になってしまい、通勤の乗換駅で2回もトイレに駆け込んでしまった。そういえば去年の大台でスタート前に急に下痢をしてしまい、まほろばチームの宿泊している「ふきや」のおばちゃんに正露丸をもらって事なきを得たことがあったなぁ。気持ち的にはプレッシャーもなにもないんだけど、体は正直に反応しているんだろうか。
念のためその日から晩酌のビールをやめて、食事も極力消化のいいものにする。間食もやめておく。それが、いい方に転ぶこともあるかも、とポジティブに捉えておこう。

大会前日、朝自転車を見るとタイヤがぺちゃんこでスローパンクしている。予備のチューブは1本あるのでとりあえず車に積み込み10時ごろ出発した。
途中橿原のスーパーで飲み物食べ物の買い出しついでの昼食。毎年のパターンになっている。

2時過ぎに受け付け会場に到着、受付を済ませる。シルクの店長がいたので、チューブを売ってもらう。とりあえずこれで交換して予備も確保できた。レース用の軽量チューブじゃないけど、考えようによっては重いチューブでもパンクしにくいからいいや、とここもポジティブシンキング。
宿泊地は会場から3~40分離れてえらい山道を登ったキャンプ地。嫁と2人の宿泊なのでなかなか宿が取れなかった。
201619
いつもなら夕方軽くサイクリングするんだけど、このキャンプ場を下ったら、レースよりきつい坂道を登らないと帰ることができない。ロッジの部屋にローラーを持ち込んで40分くらい回して堪忍してやった。
201620
スタート地点では前夜祭で盛り上がっている様子がFBで上がっているけど、今まで前夜祭に出たのは1、2度かな。

さて、レース当日。4時起床。4時半に朝食に行くと、大半が済ませていた。みんな、早っ!
5時前に宿を出て、受付会場の小学校に車を止め、軽くローラーアップの後、荷物を預けにスタート地点まで自転車移動。
周辺を軽く流しスタートを待った。

« 2016シマノスズカロードレース(チームエンデューロ)参戦記 | トップページ | 大台ケ原ヒルクライム2016参戦記・その2(レース) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016シマノスズカロードレース(チームエンデューロ)参戦記 | トップページ | 大台ケ原ヒルクライム2016参戦記・その2(レース) »