2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

Lack of riding 平日ノーライド

先週は疲れすぎたので、反省を活かして今週は火、木に乗ろう
と決めていました。
しか~し! 予定は未定。世の中思うようにいかないもの。
天気予報に惑わされて、帰りの時間に傘マークがあるとやっぱやめた、となって、結局たいしてふらずに雨降るサギにあったり。雨が降らない日に限ってほかの事情があったりで、結局ウィークデーはほぼノーライド。駅に預けている自転車で、会社までの5kmの通勤のみになりました。
最近、土日に頑張って足を使ったあと、2~3日後運動をしないのに朝階段を下りていると太ももが攣ってしまうことがあります。結構たびたび。病気でも怪我でもないので気にしてはないけど、なんでだろうと思います。筋肉の回復途中にミネラル不足になるんだろうか?よくわからないや。

さて10/29、土曜日はK野塾の日。

5人ほどでしたが、途中でみなさん用事があるとのことで、私一人になりました。
一人の時は競う相手がいないので、ワットメーターを見ながらSST(スイート・スポット・トレーニング)レベルで登ることを意識しました。激しくは追い込まないけど、サボらないペースという感じ。
月ヶ瀬の手前から広域農道を登り、布目~水間へ。
水間峠を下って少しいったところで左に曲がると、まだ行ったことのない新しい道に出ました。最近開通したみたいです。
中之庄トンネルという1km以上の長いトンネルをくぐり下ると、針へとつながる道に出てきたのでそこで折り返してまた登って帰りました。ちょっとだけ新しい発見でした。
Photo

この日は101km走って、2000mくらい登る。ええ感じやな。脚パンパンになったけど。

10/30(日)

LINちゃんからVIVA練に参加したいと連絡があり、じゃあ行こうということでしたが、無念の遅刻!こんな時に限って・・・
先回りして待ち伏せ作戦を取ったらLINちゃんからTEL、K野塾のロングライド組はいるけどVIVA練の人は誰もいない!
すると、K野塾の連中が前を通過。結局、LINちゃんと合流して皆さんを追いかけて、加茂ローで再合流成功。全員こっちに来たみたいですね。

13人くらいいてなかなか盛況。
岩船寺でUちださんが離脱、須川でN野さんが離脱。
残りで月ヶ瀬温泉まで。
2週間後にスズカエンデューロというなさんが絶好調で、岩船寺で刺され、上りという上りでことごとくついて行けず。俺はやっぱり弱んや・・・と再認識しました。
俺だって今週の七峠ラリーがあるけど、ピーキングも調整もなにもなし。完走するだけでも御の字かな。高強度の練習ができると割り切ろう。

20161030

月ヶ瀬で本隊と分かれて帰路につく。ボクとLINちゃんだけ帰るのかと思いきや、塾長となさん、H間さん5人で柳生経由、般若寺までノンストップ走。塾長となさんが先行し、それについていけない私は、LINちゃんをエスコートするという自己いいわけをしてゆっくり目に追走。般若寺でLINちゃんと別れ、昼頃帰宅。

96km走って、1600m登る。

あっ、そうそう、以前からBBあたりから激しく異音がしていましたが、クランクを外してちょこっと拭き取ってから、グリスアップ、締め直したら今日は異音が消えました。どうも、クランクのかみ合わせ部分のギザギザが摩耗しているようです。パワーメーターついてるし、クランク交換となると痛いなぁ。

だましだまし使うか。

K林さんから教えてもらったサイト。今日の走ったところです。気分はツール!

https://www.relive.cc/view/759960745

2016年10月23日 (日)

オーバーワーク

今週は脚に筋肉痛が残りダメダメな週末でした。

それというのも先週は土日月でプチ帰省してきたのでノーライド。
火曜日は職場に土産もあるし荷物になるので電車で通勤。平日は自転車通勤が唯一のトレーニングなので、ちょっと頑張って水、木、金と3日連続でジテ通しました。
夏から職場が変わったこともあり、距離が長くなって、行きが48㌔、帰りが多少ルートが変わって46㌔くらいで往復90㌔以上となります。
疲れが残るので2日続けることはなかったのですが、今週は思い切って3連ちゃん。
2日目から少し疲れが出てきて、3日目の帰りは流石にスピードが出ませんでした。

土曜日のK野塾は、曽爾高原までロングライドでしたが、僕は昼までには帰りたかったので途中の針でUターンして110㌔の距離でした。みなさんのいちばん後ろから付いていきましたが登りになると遅れてきて全くダメダメ。
帰りはKコイっちとU田さんの3人でしたが、笠置~須川の緩やかな上りは完全に遅れて一人旅、長いこと待ってもらいました。
家の近くまで帰ってきた東畑の登りは、最後の力を振り絞ってU田さんについていったのが極めつけで、脚がパンパン。

連日の乗り込みも練習としてはアリかもしれないけど、疲れを残したまま練習しても効果はあまりないんじゃないかな。間にリカバリーか休養を入れてしっかり走らないとダメだな。特に通勤用は重い自転車なので、スピードを出そうとすると回すより踏み込んでしまうので余計そう思います。

日曜日はゴウレンについていける気がせず、まほ練でアップダウンもきついので、ここは諦めて一人でリカバリーライドと割り切りました。

とりあえず登りのないコースということで、木津川サイクリングロードを流れ橋まで軽いギアーで踏まないサイクリング。抜かれても絶対追いかけず、100W台で巡航。

流れ橋まで来たので久しぶりだし写真でも撮ったれ、と立ち寄ったのですがいざ止まろうとしたら足がペダルから外れないじゃない。足を外側にひねればカチッと外れるはずが・・・あれっ?
そのままスローモーションのように立ちゴケ。
カッコ悪くて誰かに見られてないか、思わずまわりを見回してしまいました。転んでも脚は離れていないので仕方なく靴を脱ぎました。よく見るとクリートを止めているネジ3本のうち1本が無い。1本は外れてかろうじてペダルとのあいだに挟まっているけどネジ穴からは外れているので1本だけで止まっている状態でした。

流れ橋。写真が切れているけど右のペダルにシューズがくっついています。
201601023
携帯工具でこじて外そうとするも外せず、そのまま家まで乗って帰ることにしました。完全に意気消沈で超スローライド。時速も20㌔ほどで100Wまで行かないペース。
尿意を催すも、コンビニにも寄れず我慢しました。
家に帰ると玄関にネジが1本落ちていた・・・。
左右とも新しいクリートに交換してしっかり締め直しておきました。

とほほな週末でしたが、気持ちを新たに来週は頑張ります。ジテ通は火木かな。

蛇足ですが、流れ橋は奈良から京都に流れる木津川にかかり、京都府南部にある木造の橋ですが、時代劇の撮影にもよく使われる知る人ぞ知る橋です。台風や河川の氾濫の度に壊れて流されるので通称流れ橋と呼ばれます。

2016年10月 7日 (金)

大台が原ヒルクライム・追記

下山後、タイムが入った完走証がもらえますが、その時記念品としてバーエンドキャップももらえました。

1475820340132.jpg
1時間30分を切るとオレンジのキャップがついてきて、さらに上はゴールドがもらえるそうです。多分1時間20分だと思いますがさすがにそれは厳しいなぁ。

パワーの表示が出なかったのは、ガーミンのバイク設定がもう一台の方の自転車になっていたけだでした。
なーんだ、ですが、スタート前はナーバスになって冷静に考えられないですね。

大会が終わって気が緩んだか、ウィルス性胃腸炎になってしまって、体重がまた落ちてしまいました。
まあ、すぐに戻るだろうけど…

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »