2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017菰野ヒルクライム参戦記(レース編) | トップページ | 2017伊吹山ヒルクライム参戦記(レース編) »

2017年4月10日 (月)

2017伊吹山ヒルクライム参戦記(スタートまで)

2017年4月9日、伊吹山ヒルクライムに参戦してきました。

結果は、38分53秒、50~59歳のカテゴリーで15位でした。

積雪のためコースが短縮になり、10.7kmなので去年のタイムは目安にはなりませんが、去年の順位は20位だったので少しは良くなったかな。でも手放しで喜べるタイムではないな。

では、また来年頑張るために記録を残しておきます。

    ◆  ◆  ◆

当日は会社の自転車仲間KIMさんに迎えに来てもらい、5時半に出発。2時間弱で到着。
道中雨がぱらつくあいにくの天気だが、予報では徐々にあがってくるということで大丈夫そう。

車は受付会場から一番離れているけど、実際のスタート地点に一番近いメナード跡地駐車場に止めた。


大分車が入っている。受付近くには有料で駐車場もあるが、ここはスタート地点まですぐに行けるのでメリットはある。

仮説のトイレも大した混雑もなく使用できるし。
ただし雨で下が濡れていて、車が集中して通る出入口は泥んこ状態で、自転車を押して通るのにクリートに泥がついてしまうのが難点のど飴。

ということでバイクの準備をしてスニーカーのまま受付会場へ。

会場までは係りの人が立っていて、歩道を通るように言われるので仕方なく、グレーチングや段差、はたまた小さいガラス破片の障害物を乗り越える。結構デンジャラスだ。

受付を済ませて駐車場に戻り、ぼちぼちローラーアップ。

2017_02

年代別に集合するので、我々のカテゴリーはほぼ最終に近い。
10時過ぎにスタート地点に行けばいい。
ローラーしていると少し雨が降ってきて、中断。しばしの間車のシートに逃げ込むことも。

ローラーはパワーメーターがないので適当に回しておいた。

時間になったので受付でもらったビニール袋に、防寒用冬のジャージやロングタイツ、ウィンドブレーカーちょっとした食べ物を詰め込んで出発。
ちなみに荷物はこの袋に入れて、外にゼッケン番号と名前を書いておくことになっている。
この荷物バッグにレーススケジュールが書かれていて、これは便利だなと思う。
集合時間とかスタート時間とかがカテゴリーによって違うので、集合何時やったっけ、ということが多々ある。
年々改善しているわけやな。
バイクシューズもさっき書いた理由で袋に入れて、スニーカーで自転車に乗る。

スタート地点のある、伊吹山スカイラインの入り口付近には多くの選手がぞろぞろいる。

2017_03

少し暖かくなって、どうしようかと迷ったけど着けていたアームウォーマーを外して半袖になる。
下はひざ下までのレーパン。おっと、すね毛剃ってないわ・・・

右側に並んでいるトラックに荷物を預ける。トラックは何台もあるので自分の入れたトラックの番号を確認しておく。

軽量化のためにボトルは外して袋に入れた。30分くらいなので水分補給はスタートまでにしておけば事足りる。

40代、50代のカテゴリーの選手が並んでいたので、僕もその中に入ってなるべく前のほうに行く。

タイム計測はスタートラインをまたいだところがスタートなので、どこに並んでもいいのだけど 前のほうが走りやすいかなと思うし、有力選手は前にいるんじゃないかなという目算。
結局、前のスタートのカテゴリーの遅れてくる選手がぞろぞろいるので、大して変わらなかったかもしれない。

同じカテゴリーの寺さん、アマリンがいたので同じところで待機。
二人とも50代の新人さん(に近い)。僕は卒業まで少し。
50までは5歳刻みだけど、50以上は人数が減るので10歳きざみのカテゴリーになる。
5歳刻みにしてほしいな、正直。

出来れば寺さんについていければいいけど、そうは問屋が卸さないのはまた後で・・・

スタートまでタイヤをチェックすると、小さいガラス破片がタイヤゴムにめり込んでいた。
小さい2㎜くらいの異物も刺さっているのを発見。爪でほじくって除去。危ない危ない。
決戦用ホイール(レーシングゼロ)なのでタイヤの摩耗は少ないけど小さい傷は多い。
2年以上使っているのでそろそろ替え時かな。

とか何とかしながらスタートの合図を待つ。

レース篇はまたこの後で・・・・

« 2017菰野ヒルクライム参戦記(レース編) | トップページ | 2017伊吹山ヒルクライム参戦記(レース編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017菰野ヒルクライム参戦記(レース編) | トップページ | 2017伊吹山ヒルクライム参戦記(レース編) »