2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« GW総決算 | トップページ | 高原へ再び~曽爾高原ソロライド »

2017年5月17日 (水)

青山高原ソロライド

今の時期、寒くもなく暑くもなくサイクリングには最適の気候ですが、さしあたって
大きな大会がないので、のんびり少し長めのサイクリングがしたくなります。

とはいえ、休日の練習は午前中と相場(?)が決まっていて、100㎞程度になってしまいます。
少し長い距離を走るためには朝早めに出発して、午後の早い時間帯に帰宅できればそこそこ走れます。
先日の琵琶イチはまる1日かけましたけど、まあ年に1回か2回くらいのことなので良しとしてもらいましょう。

ということで、久しぶりにやや長めのサイクリングをしてきました。

 

5月14日(日)

前日土曜日が雨でノーライド。

日曜はゴウレンだけど、早朝に出発して、青山高原か曽爾高原のどちらかに行こうと思いましたが、直前まで決めきれず。

どちらも同じくらいの距離だし。

結局当日の朝、曽爾は秋のススキがいいので、青山高原にしました。
一人は寂しいけど、時間もはっきり決めていなかったし、早朝に集合をかけるのもはばかられたので一人で出かけました。

一応4時半に目覚ましをかけておいたけど、だらだらしていたら出発したのが6時前になってしまった、しまった。

朝はまだヒヤッとしていました。


西大寺を通り、静まっている早朝の平城宮跡が雰囲気よかったので写真を撮ることに。
そのとき、手が滑ってスマホを落としてしまい画面が割れ、画面は蜘蛛の巣状態。やっちまった~

気を取り直して、教育大から山に登り、三間~山添村へと。登りは淡々と。
山添村で曲がるところを間違えてなんだかキャンプ場を回って、元の道に出て来てしまいました。

名阪治田インターをくぐりR165を目指すのですが、そこでも後で見ると曲がらなくてもいいところを曲がってしまい、大きく遠回りをした見たい。
何度か止まってグーグルマップで確認したけど、このあたりでいつも迷ってしまうんですよね。

ようやくR165に出て、少しずつ登っていくと青山高原への分岐があり右折する。

高原道路に入ると空気が一変するような気がして、鳥の声もすがすがしい。
と思いきや、えっちらこっちら登ると、オートバイが音を響かせて抜き去ってきます。
オートバイのツーリングにもいいコースですね。

高原の頂上付近は伊勢湾から吹く風が強く、巨大な風車群がグルグルまわっていてなんとも壮観なながめで、何度来ても感動します。

上に行くと下ったり登ったりを繰り返して展望所で一休み。伊勢湾が見渡せ、風車が迫る。

ここまで、道の確認のために止まった以外はノンストップ(ノー休憩)で、補給食も走りながら薄皮アンパンをかじっていました。
残りのアンパンを平らげて帰路に就く。

帰りは大山田方面に下りますが、10%~15%の下りが続き、こちらから登るのもいい練習になりそう。
今度はこちらから登ろうかな。って、去年もそう思っていたような気がします。

R163に出て、伊賀上野方面に平坦路をサイクリング。
川沿いの広い道で、人数がいればペースが上がって気持ちいいだろうな。

大山田のファミマで休憩。サンドイッチとパンを補給。11時になっていたので、2時ごろに帰ると家に電話連絡。
嫁はいつものように昼には帰ってくると思っていたので、文句を言われたけど遅くなるのはしゃあない。
ほんとは確信犯ですけど・・・・

休憩後は伊賀上野を通って、R163を木津までひた走る。
R163に新しくできたバイパス道路ができていて、旧道は車が少なくて走りやすくなっていました。

結局1時半には帰宅。
行きに道に迷わなければ1時には帰ってこられたかもしれないな。

天気も良くいいサイクリングだった。
でもやっぱり何人かで走ったほうが、時間はかかるけど楽しいや。

20170514

蜘蛛の巣になったスマホを修理か買い替えか思案中。格安スマホなので、大手のキャリアだと高くて手が出ない・・・

走行距離:161km

走行時間:6時間40分

獲得標高:2,908m

« GW総決算 | トップページ | 高原へ再び~曽爾高原ソロライド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GW総決算 | トップページ | 高原へ再び~曽爾高原ソロライド »