2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年9月22日 (土)

大台ヶ原ヒルクライム2018レース編

9月9日
4時に携帯のアラームをセットしておいたけど、4時前嫁に起こされる。
去年は駐車場が一杯だったので4時半ごろに出発。朝はエネルギーゼリーを一飲みし、車の中でサンドイッチとおにぎり。
宿泊地の下北山村運動公園からスタート地点を通り過ぎて、上北山小中学校グランドに車を止める。30分くらい。
まだ暗いけど駐車場はそこそこ車が来ている。
駐車場で連絡して、アマリンに受付していた一式を手渡すことが出来た。
周りが暗くて見つけにくくて、電話しているとすぐ近くにいた。
5時過ぎて、買ったばかりのローラーを車の後ろにセットして軽く回す。
Dsc_0962
新品のローラー、ミノウラのフロントフォークを固定するやつ。なかなかよい。
ほっこり暖まったところで、受け付け地点へ頂上に運ぶリュックを預けに行く。
雨が降り出したり、又小ぶりになったり雲行きはずっと怪しい。
荷物を預けてまた車に戻って、最後に15分くらいもう1回少し負荷をあげて回しておく。
雨対策というわけじゃ無いけどスタートオイルを脚に塗っておく。
暑いときはあまりよくないかもしれないけど今日はいいかもしれない。
ウィンドブレーカーを羽織ってスタート地点に行き、すぐ近くに宿を取っている塾の連中の荷物と一緒にウィンドブレーカーを置いておく。
さてスタートはチャンピオン、MTB、女子が最初で、私はロード1組目だったので女子の2分後のスタート。女子優勝候補のリンちゃんに追いついたらいいななんて思う。
2018_00
すたーーーと!!
同じ組にN川さんやT川さん、M木さんがいて、N川さんの後ろについて行っていたけど間に入られたり、ウェットな路面で必要以上に慎重になっていたこともありだんだんN川さんの背中が遠のいて見えなくなる。
T川さんも前へ上がっていった。
序盤は平坦基調で狭い道路、濡れた路面、一列棒状で列は長くなる。
ドラフティングするけど前の自転車からしぶきがあがり顔や腕は泥だらけ。
まるで、シクロクロスやなぁ。なんて思う。
平坦区間から劇坂スタート地点の通過が20分くらいだった。ここまでは毎年ほとんど変わらない。
激坂区間からは出力を確認しながらペース維持。斜度がきつくなると出力が自然と上がってしい時々300Wくらい出てしまうので、250~260Wあたりをめどに平均で240Wくらいになるように出過ぎたら押さえて、落ちたらすこし気張る。とはいうもののそううまくいくもんじゃ無いけど。
オイルを塗った太ももがほっかほっかしてくる。
前を行くN川さんに追いついて追い抜く。
劇坂中盤でT川さん追いついた。いつも一緒に練習しているけど、勝てる気がしないのでしばらくは後ろについたけど調子が悪いのかペースがあまり上がらないので前に出る。
劇坂区間は10%以上が30分以上続き、斜度より、この長さがきつく感じる。
後で劇坂区間タイムを確認すると37分37秒、全体の85位だった。
去年より1分ほど短縮。結果的にはこの区間の短縮がトータルタイムの短縮になったようだ。
調子は悪くない。
後ろからゼッケン番号の大きい、時差スタートの選手に追い抜かれ出すがペースが違う。
練習仲間でいるも峠の頂上で差されるM木さんも同じグループだったので、後ろから追いついてくるイメージが強く、ついついカーブで後ろを確認してしまう。
雨はやんでいたけどかすんでいたのでよくわからないが、赤いジャージは見えていないので追いついてきてはいないよう。
来たら引いてもらえるかな、なんて甘いことをおもっていたんだけど。
だんだん腰が痛くなってくる。ここはがまんがまん。
感覚的だけど、心拍のしんどさはあまりなく、筋肉のほうがきつい。
ドライブウェイに合流すると斜度は緩み、時折平坦から下りも現れる。
ここはタイムを稼ぐのに、後ろから来る選手について行き、一人では出せないスピードでついて行きたいところだけどつききれず、一人旅になってしまう。
同じ事を何度か繰り返した。
風が強く一人で走ると下りでもきつい。
2018_04 
抜かれる方が多いけど、2分前スタートの女子選手を時々抜く。
ゴールが近づいた頃少年のような小さい選手を追い越したけど、女子の上位選手だった。
赤いコーンが現れ、応援の人も増えてきたのでゴール直前と言うことがわかったので、最後にもがいて出し切ることが出来た。
ゴール直後に係の人が計測チップを外してくれるところでリンちゃんがいた。追いつけなかったけど案外惜しかったんだな。女子のトップになったらしい。やったね。
後からさっき追い抜いた女子選手(チームグリーンロード)がゴールしてきて、リンちゃんと健闘をたたえ合っていた。
サイコンのタイムは1時間25分台。
公式タイムは1:26:02
去年より1分くらいは縮めることができたようだ。
頂上はかすんでいて寒い。急いで荷物を受け取り、建物の中で冬のジャージに着替える。ちょうど辻さんがいてリンちゃんも入ってきて雑談をする。
毎年恒例のにゅうめんが振る舞われていて、おかわりどうぞというお誘いに甘えて2杯いっとく。
周囲は真っ白!
Dsc_0965
雨はやんだけど真っ白け
Dsc_0963
寒いので第1陣でさっさと下山開始。
登るのも長いが下山も長くてブレーキを握る手がだるくなってしまうほど。
前を下っているマウンテンバイクのシートがない。
Dsc_0966
登ってるときに外れたらしいです。途中応援している人が預かっていたようで無事サドルを受け取っていたけど、取り付けできないのでずっとダンシングのまま下っていた。
下るにつれて気温が上がってきて、ようやく太陽が出てきて急に暑くなってきた。
下山して順位を確認。年代別2位だった。1位と約30秒差だけど去年よりよかったので納得。
Dsc_0977
表彰式まで時間があったので、車に戻り、グランドの隅にあった水道でドロドロの自転車を洗車。
着替えて片付けて車を近くまで移動し、食堂でカレーを食べる。
表彰式
まほろばRC、Y田君がチャンピオンの部で3位。すごい!
Dsc_0980
リンちゃんが実力通り優勝。チャンピオンジャージいいなぁ・・・ちょっとでかいけど
Dsc_0985
そして僕。念願の表彰台。2位でピース
去年は負けたまほろばRCのM原さんに勝てたのがうれしい。
副賞は紙袋の中に味噌、吉野杉の割り箸、お菓子など。う~ん微妙。気は心やな。
Dsc_0995
まほろばで3人入賞
Dsc_0999
今年一番の目標だったヒルクライムが終わった。
また来年まで頑張って練習しよう。
おしまい

2018年9月19日 (水)

ようやく大台ヒルクライム参戦記

今更ですけど、レースレポートです。
      ◆      ◆ 
9月9日、大台ヶ原ヒルクライム2018に参戦してきました。
結果は、1:26:02で年代別(56歳~65歳)2位でした。
去年が1:26:54で4位でしたので、タイムでは52秒短縮出来ました。
直前に関西を台風が直撃したり、当日の天候が悪かったのもありトップタイムも落ちていたので順位はまあラッキーだったかもしれません。
レースの一週間前の日曜はいつものメンバーと奈良の山を練習。その後は9/4(火)に台風20号が関西を直撃。会社に行ったのはいいけど電車は完全に止まるし、会社の車はゴロンとひっくり返るし、帰宅難民になりそうになりましたが、会社の人の車に乗せてもらって何とか帰宅できました。
こんな状況で大台ヶ原は大丈夫なのか心配になりましたが、道路も何とか使えるようになったようで一安心。
そんなこともあり、木曜日に通勤時に生駒駅まで自転車に乗った程度で、その週は全く乗ることが出来ませんでした。
まあレース前に焦って練習して疲れを残すんなら、何もしないほうがましと、開き直りました。
アップ用に使っている古いローラーが壊れたので、急きょローラーを買って、クリートがすり減ってガタガタだったので前日に交換。もっと速くやっとかないとあかんなぁ。
前日土曜日の午前中に家を出発して、郡山のアマリン宅によってリンちゃんの受付票を預かる。
途中にある橿原のスーパーで買い出し。
受付会場で2時頃僕とリンちゃんの受付を済ませて、嫁と2人で下北山村のスポーツ公園の宿へ。くつろいだ後1時間ほどさくっとサイクリング。
温泉、食事、9時過ぎには眠くなったので消灯。
前日くらい禁酒です。と言っても毎日缶ビール1本くらいしか飲まないけど。最近夜はあまり米を食べないけど、この日は2杯も食べてしまい少しもたれました。ご飯のおかわり自由だと貧乏人根性か、おかわりしないといけない気分になってしまいます。
明日はこのピチピチなレースフィットのジャージで走ります。
Dsc_0960

2018年9月14日 (金)

大台ヶ原レポートの前にちょこと鈴鹿

長いこと更新していなかったなぁ。
レースの時くらいアップしないと、と思って大台ヶ原ヒルクライムに参加してきましたので、レポートします。
と、その前にシマノ鈴鹿ロードに行ってきたのでちょこっと。
8月18日の鈴鹿ロード、2時間エンデュランス(今年はエンデューロがエンデュランスになっていました)に会社のチームで参加しました。
結果は4人チームで7位。一応は入賞してボトルをもらったけど、目標の表彰台には乗れなかったのが残念。
はっきり言って1走の僕が早々と集団からちぎれてしまったのが全てでした。
2走大石君→3走KIMさん→4走あまりん、とがんばりました。
集団の中で収まっていると外からどんどん上がられて、気がつくとほとんど集団後方に追いやられてしまいました。後から思えば足を使っても前に出ないといかん。安全ばかり考えていると知らない間に中切れしていて、集団は前方に離れていく。足を使って必死で追いかけるももう少しで追いつけずジエンド。下りであれだけ踏んだのは今まで無かったかも。
Dsc_0913
自分の弱点と課題が見えてきたかな。
また来年頑張りましょう。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年11月 »