2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 奈良6峠X120kmヒルクライムラリー参戦記2018(前半) | トップページ

2018年11月24日 (土)

奈良6峠X120kmヒルクライムラリー参戦記2018(後半)

●第4ステージ 樺の木峠 14分48秒 4.2km

このステージは斜度が緩くスピードコースで、たぶん5%程度。特に中盤は前の選手を風よけに使ってドラフティングするとかなりタイムを稼げるのですが・・・。

そんな作戦も前の選手についていければの話。表彰台を争うレベルの選手についていけず、結局単独走になる。

ただ、今年は少しコースが延長され、去年ゴールだった付近をさらに左折して急坂を登ったところがゴールになっている。
スタッフ曰く、距離が短く緩いのできついところを追加した、とのこと。

樺の木ゴール
2018hc9

ゴール地点でスポーツドリンクとカロリーメイトをいただく。軽食はスタッフカーに積んであるので安心。

ゴール後、折り返してステージまで足を休めながら五條へと下る。

五條でR24を横断したところ、次のステージの直前でコンビニ休憩。

プリンと大福を食べる。

Dsc_1134

栄養も補給したところで次のステージへ。

●第5ステージ 金剛トンネル 22分42秒 距離計測できず

後半徐々に脚が疲れてきているのでここのステージがキモになる。
斜度もそれなりにきつい。

パワーメータが表示しないので感覚が頼り。ケイデンスもわからないけど、とにかく一生懸命走るのみ。

原付に乗ったスタッフが「道路標識の5番の先がゴールです。」
と声をかけてくれるが、そのときの標識が25番あたり。

数字が徐々に減っていくけど、なかなか減らんやん。
10番くらいから標識ばっかり見ていた。

5番が見えて少し先にゴールの車が見えた。

金剛トンネルは少し先だけど、対向車も来るので安全なところをゴールにする必要があり、頂上ゴールというわけには行かないようだ。

ゴール後折り返してスタート地点へ下り、左折したところにエイド休憩。

ヤムヤムというパン屋さんで、参加者全員にコロッケパンとジャムパンがもらえる。
どっちもおいしかった。これが楽しみだったし、引換券をくれた方、ありがとう。

顔忘れたけど・・・。
休憩してたら前を素通りしていく選手がいたので、たぶんその方だと思う。

Dsc_1142

Dsc_1138

ヤムヤムでF原さん達とおしゃべりしていたら、出発が少し遅れたぞ。

次のステージまでは距離が長く少し道もわかりにくい。

山麓道路を通るが、登りが長いので足を使わないようにゆっくり走ったら、前のグループがどんどん先に行ってしまう。
ゆっくり走っている2人組に追いついたのでその後をついて行った。
どうも2人も道をよくわかってないようで、高取で左折しないといけないところを直進してしまう。2人は少し離れて先を走っていたけど、僕はおかしいなと思って引き返したけど、お二人は見えなくなってしまった。

三叉路で後ろから誰か来ないか待っていたら、ほぼ最後尾のスタッフバイクと数人の選手が通りかかったのでこれ幸いとついて行った。

無事高取ステージのスタート地点にたどり着いて、ようやくスタートできたのが制限時間ぎりぎり。

あの2人の行く末が心配だった。

●第6ステージ 高取城 23分23秒 5.6km

ここは、序盤はフラットで緩いのでスタートダッシュと行きたいところ。直前に、早い選手がいたので追いかけたけど、ずるずる離れてしまった。

林道に入ってからがきつい。林道で少し下るところがあり、観光客らしい路上駐車が何台かあり怖かった。

時間的に少しひんやりしてきたが、汗だらだらになった。

2018hc10

ああ、終わった。という思いでゴール付近は安堵の表情の人が多い。


折り返してスタートした明日香村まで最後のサイクリング。


明日香村、いい景色だ。
Dsc_1147


スタート地点明日香村に無事帰ってきてゴール。ゴール制限時刻が4時半だったけど、4時20分ころになってしまった。

張り出されているリザルトを確認。Cクラス3位になっていた。1位と2位はほとんど僅差で僕とは総合で7分くらい離れているので、まあ運良くもらったような物だ。
それでも表彰台はうれしいもの。
賞品にボトルをいただいた。

2018hc13

2位になった人は先月の吉野1峠ヒルクライムでも表彰台だった人だ。

撤収して帰る道が混んでいて、ノロノロ運転していたら右足が攣ってしまって悶絶。路肩に車を停めてストレッチで何とか持ち直した。

       ◆       ◆

今年も楽しい大会でした。
又来年も出たい大会の一つです。

おしまい

« 奈良6峠X120kmヒルクライムラリー参戦記2018(前半) | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良6峠X120kmヒルクライムラリー参戦記2018(前半) | トップページ