2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2007年8月27日 (月)

やっぱり暑かった鈴鹿

8/25(土)鈴鹿1日目

鈴鹿初日は2hエンデューロだけなので、ゆっくり家を出る。1時ごろ鈴鹿サーキットに到着。毎年サーキット内の駐車場は満車なので隣の民間駐車場に止めるのだが、偶然あいていてタダで止められてラッキー。駐車場代がもうかったと嫁さん喜ぶ。遊園地側の駐車場も選手は無料だが荷物を運ぶのに遠いので、毎年お金を払ってでも近くに止めていた。

受付を済ませてパドックの2階に陣取る。どこもかしこも一杯で2人分のスペースをようやく見つける。
↓シート1枚のささやかなスペース。

Vfsh0006

ゼッケンをkimさんに渡し、サーキットの外周道路に出てアップを開始するもあついあつい。走っていても風が熱風だ。

今回のエンデューロは会社のチームでkimさんとY岡君と3人。まほロバで同じチームなのでお互い実力は分かっている。とりあえず僕が1走でスタートラインに付く。集合場所に戻ってくるのが遅くなってkimさんがかわりに前のほうに並んでいてくれた。かたじけない!!相変わらず600人以上のライダーがスタートラインに並ぶとすごい光景だ。先頭にトドさん発見。挨拶する。

スタートしていきなりトドさんがトドさんが飛び出しペースを上げる。(ひ~)2周目くらいで吸収されたようだが、3,4周目くらいで見えなくなった。おそらくピットに入ったのだろう。kimさんから5周をノルマにされていたが、4周目くらいからきつくなる。集団の後方についていたが5周目のホームストレートで中切れ、お約束どおり遅れ出す。4周でピットしようという弱気の虫が誘惑してきたけどいかんいかんと5周目に入る。千切れた状態で1周5.1kmは超きつい。集団がだんだん離れて行った。へろへろになりながら5周終えピットイン。Y岡君にバトン(センサーバンド)を渡す。ピットで日陰に寝転んでしばらく動けなかった。気分が悪く頭がぐるぐる回った。同時に5周くらい集団についていけなくて情けない思いでくやしい。

5周、30.5km、44m06s、ave41.6km/h、(自己計測)

飲み物がぶ飲みし、頭から水をかぶり何とか持ちなおした。ビットにある液晶画面に途中経過がでて、我がチームは8位だった。Y岡君が5周でピットイン。単独で5周はきついだろうにたいしたものだ。個人TT状態だからね。kimさんと替わり、去年の記録は13周だったのでkimさんが3周で終わりなら、僕に回ってこないなととりあえず安心した。2時間のカウントダウンをして、2時間以降は次の周回には入れなく、順次ゴールしてくる。ゆっくりかみ締めながらゴールする選手やスプリントする選手、さまざまだ。

kimさんが帰ってきた。結局4周したようだ。えっ?と言うことは14周やないの。ひょっとしたらええとこいってるかも。と期待する。場内のアナウンスで我がチームが4位と聞こえた。やったね。入賞や!!僕のふがいない走りを後の2人ががんばったおかげと感謝感謝。

会社のチームみんなで写真を撮り、表彰ステージに入賞の賞状と賞品をもらいにいく。賞品は靴下、タオル、ツールボックス、ウィダー、の中からどれでも1つ取ってくださいとの事。ちょっと拍子抜けしたけど、やっぱり表彰台に登らなあかんってことやね。

後片付けして帰るころはすっかり日が沈みかけていた。鈴鹿のイオンで買出ししてその夜は爆睡した。

2007年5月19日 (土)

卓球60分耐久

昨日は自転車で通勤しようと着替えたけど、雨が降りそうなのでまた着替えなおして車で出社。根性無いなぁ。大して降らなかったのに。

それなれば帰りにローラーを1時間くらいこごうと思っていた。したら同僚が卓球して帰えろや、って言うもんだから2人で体育館へ。いつもながら誘惑に弱い。(だれかもっといい誘惑してくれ~)ぶっ続けで1時間もやってしまった。もう足ふらふらで集中力が無くなりだんだんイージーミスが増えてくる。汗びっしょりでした。

今日5月19日(土)は休日出勤。自転車で6時に家を出た。夜中に雨が降ったようで路面が濡れていてところどころ水溜りも。はねが上がってやだな。今朝一の仕事が一段楽したところ。帰りは少し遠回りしよう。

2007年1月14日 (日)

関西シクロクロス堺

Vfsh0108

今シーズン2戦目のシクロクロス。写真はチームメイトT津くん。3位入賞おめでとう!!

(まちがっても僕じゃありません)

暖かくて天気も良い。会場は堺の臨海工業地帯にあり、煙突から出る煙もまっすぐ上がっている。レースコンディションは最高かもしれない。加えてここのコースは極端なアップダウンが無くジグザグがあるとはいえ自転車から降りるところはシケインのみで、そんなにテクニックはいらないけどその分ほとんど全開走行を強いられる体力勝負の感がある。

到着してコースを1周して受付。その後もう一度試走。1周2.5kmくらい。結局4周位試走した。10時からキッズとレディース。10時半から僕の出るマスターとC3カテゴリー。今回はマスターが先にスタートし、1分後にC3の若者がスタートするというスタッフもびっくりの出だし。トップの人たちだけかもしれないけどそれだけマスターのレベルが高いということでしょう。名簿で40人ぐらいのエントリーだった。

スタートしてペダルをはめるのにもたもたしてる間に前はすごい人数になっていた。せっかく2列目に並んだのに・・・。1周目GOURENのK治木さんに抜かれ距離を開けられるが、とりあえずロックオン。しんどかったけどちょっとずつ距離は詰まっていって最後の直線で抜くことができた。2周目くらいになると息が上がってきてぜーぜー言い出す。3人くらいで抜きつ抜かれつを繰り返した。一度抜いたのにシケインで抜かれてまた抜き返す。このシケインがいやらしくのぼりに設定してあるので自転車を抱えてシケインを超えてもすぐ乗車できず、そのまま坂の頂上まで走ってあがらないといけない。3周目のシケインを超え坂の頂上まで行ってさあ乗ろうとしたら、チェーンが外れていた。デッドヒートしていた相手は先に行ってしまった。ちょうどそこが会場全体が見渡せる観戦ポイントで「おちついて!OK、(チェーンが)入った!」と声が飛ぶ。一応手を上げて答えた。ありがたいねぇ。何周目か忘れたけど、C3の先頭に抜かれた。おお、まほロバのT津くんがなにやら声をかけて抜いていった。付いていけばと思うもどんどん離れていった。そりゃそうだよね。結局彼は3位入賞。付いていける訳無いか。後何周するんだろと思っていると4周目5周目に最終のジャン。最後なので気合入れなおすも脚がいっぱいいっぱい。マスターは前も後ろも離れているようでスプリントせずゴール。いつのまにやら後ろに付いていたC3野郎が一瞬前に出たがおじさんはあわてないで大人のゴール。あいかわらずぜーぜーが止まらず苦しかった。まだ今でも喉がいがいがする。

ゴール後に気づいたのだけど右足のふくらはぎが痛む。シケインで自転車を担いだときペダルで強打したようだ。今日1日歩くのがつらかった。外傷は全くないけど来週の桂川は大丈夫だろうか?

リザルトが出てないので順位はわからないけど、苦しいけど楽しいレースだった。

本日の走行 25.7km、1時間30分、ave17.1km/h、Σ217km/月

2006年10月25日 (水)

鈴鹿エンデューロ

10/21(土)の鈴鹿4時間エンデューロのレポートです。
今年は21(土),22(日)の2日間にわたって開催され、土曜日は午前中Cリーグのロードレース、12時スタートで2時間と4時間耐久、日曜日は朝から4時間と8時間耐久となっている。朝が楽なので土曜日の4時間ロードソロの部にエントリーした。
10時ごろ鈴鹿サーキットに到着。車でパドックに入ることができたのでずいぶん楽だ。2時間に出るKIMさんと会ったので一緒にサーキットを3周ほどウォーミングアップ。まほろばから同じくロードソロ出場のY岡君とロードチームに出場のM本君といっしょにスタート最前列に並んだ。SKILL SHIMANOの選手3人を含む4人の招待選手がその前に並ぶ。2時間組は200mくらい後ろから時差スタートとなる。
スタートして招待選手を先頭にペースが作られ、何とかついていったが2周目ですでに千切れてしまう。第2集団らしき中にいたが、今度はくだりから上りに変わるバックストレートでインナーに入れたチェーンが外れ、やむなく停止して直している間にその集団からも遅れた。シケインの手前ののぼりで午前中のロードレースを終えた十三峠さんが応援してくれ、ありがたいしうれしいんだけど前についていけずいいところを見せられない。1周目にM本君のシートピラーが緩みサドルが一番下まで下がってしまって、後ろから見ているとおっさんのママチャリ状態で悪いけど笑えた。
1時間10分くらいで後ろから警笛を鳴らしながらバイクが来て大集団が抜いてきた。何とかこの集団に乗ろうとがんばったが1周でさよなら~。しばらく周回するうちに10人くらいの集団にパスされる。これが4時間のトップのようで、Y岡君もしっかり入っていた。2時間くらいから腰が痛くなってきてときどきストレッチをする。2~3人くらいで走ることが多く、回りにペースの合うものがいない時はホームストレートが向かい風なので結構しんどい。風除けに前の選手に追いついてもあまりにペースが遅いのでしかたなく抜いて自力で走ることもあった。去年よりサーキットの密度は明らかに低い。特に2時間過ぎてからはなおいっそうだ。次第に疲れてきて足に乳酸がたまっていき攣りそうになる。しまいには足の裏がしびれてきた。普段でも休憩せずにロングライドしたときなることがある。ただ、今日はレースだから休むわけにもいかない。我慢するしかない。そうこうしながら周回を重ねるうち、天気がよかったので水分の消費も多かったか、残り40分くらいに2本つけていたボトルの中が空っぽになってしまった。これは結構こたえた。残り30分くらいから元気が出てくるものだが最後の踏ん張りがきかない。最終周は時計を見ながら計算するが、4時間丁度くらいでゴールできそうだ。ちょっとがんばって4時間以内にゴールラインをまたげばもう1周できることになる。ただこのときはモチベーションが下がりきっていてゴール前ストレートでカウントダウンが始まりゴールライン直前で4時間終了となり、正直ほっとした。
結果は23周(1周5.821km)ロードソロの部9位だった。10位以内に入ってるとは思っていなかったのでびっくり。入賞は6位までなのが残念。ベストラップ賞が貼り出されてあって、僕は10位だった。Y岡君は2時間までトップ集団について、結果3位表彰となった。ベストラップも4位と大健闘。おめでとう~!!
リザルトを見ると日曜のトップのほうが周回数が多いが、これは実力が劣るというよりも人数が少なくて、集団走行の効果が弱いのでペースも落ちていると思われる。ちぎれると一人で走る時間が長くなってしまう。サーキットはママチャリあり、リカンベントあり、仮装あり、マウンテンバイクあり、小さい子供ありと自転車なら何でもありの雰囲気でなかなか楽しかった。(後で思えるんだけど・・)
これで今年のロードレースは終わり。そろそろシクロのことも考えないと。

2006年9月19日 (火)

ピーピー

昨日はちょっと疲れがあったので練習せずだらだら。昼に前から一度行ってみたかったラーメン屋で「無鉄砲」というところに行った。20分くらい待ってようやくありつけ腹減ってたし、うまかったので調子こいて替え玉まで頼んでしまって・・。そのせいか、それとも夜食べたかつおのたたきが悪かったか、夕べからおなかがごろごろ、ピーピー。今朝も調子悪かったが、午後には治まった。どっちかというと便秘気味の私としては珍しいことでした。

夜は、ジムでエアロバイク50分。マフェトンペース(180-年齢)の心拍目標で軽めに回すが、ちょっとオーバー。負荷は160W固定。

明日は天気よさそうなのでチャリで出勤しよう。

2006年5月10日 (水)

十三峠

せっかくの休暇なのに朝から雨。来週試験があるので本でも読んでいたが、外の雨が上がりそうでやたら気になる。昼前には雨は完全にやんでいた。よっしゃ、いこかといそいそ支度し12時ごろ家を出た。出かけに嫁が「今日は用事あるからはよ帰ってきてや!2時間やで!!」「へいへい」心の中では「そうはイカの○ん○まやでぇ」

通勤用に使ってるシクロバイクで出かけた。パンクしにくい太くて重いタイヤを履いている。

コースは砂茶屋~R308~室の木~平群~十三峠~大竹(折り返し)~十三峠~平群~生駒~富雄~自宅

室の木と十三峠を奈良側と大阪側からの、3回の峠。室の木を下ったところで後輪がパンク。釘が垂直に刺さっていた。これじゃあどうしようもないや。それにしても、バイクがやたら重く感じた。ギア比は軽いんだけど・・。

家に帰ったのが3時過ぎ。1時間以上遅刻。やっぱりそうはいかんかった。

約60km走行。

2006年5月 7日 (日)

はじめの一歩

今日からブログをはじめます。

大好きな自転車のことを中心に気長に続けられればと思っています。

まず手始めにこのGWの練習の整理から。

4/29(土)easy ride 50km

4/30(日)出勤 チャリ通 往復45km

5/1(月)easy ride 木津川自転車道 65km

5/2(火)hill climb系 室の木峠、信貴山のどか村、十三峠、70km

5/3(水)出勤 チャリ通 往復50km

5/4(木)練習なし

5/5(金)LSD 奈良~三間峠~布目ダム~月ヶ瀬~伊賀上野~信楽~和束~奈良

5/6(土)easy ride 高山サイエンスタウン~天王方面 27km

5/7(日)朝から雨、今日は乗らない

長時間乗ることができなかったのが残念ですが、

ちまちま隙間に走れてまあまあってとこかな。

Pict0020_s_1写真は月ヶ瀬です。

その他のカテゴリー